2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010'05.14 (Fri)

九州旅行【四日目:宇佐】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事はこちら
九州旅行【一日目:やまなみハイウェイ】
九州旅行【一日目:くじゅうやまなみキャンプ村】
九州旅行【二日目:阿蘇 前編】】
九州旅行【二日目:阿蘇 後編】】
九州旅行【二日目:歌瀬キャンプ場】
九州旅行【三日目:高千穂】


四日目:5/3(月)
道の駅やよい(9:00発)----佐伯IC-宇佐IC(東九州自動車道・大分道・宇佐別府道路)---宇佐神宮(観光、昼食 11:00-13:30)---国道10号---道の駅豊前おこしかけ(休憩)---苅田北九州IC(東九州自動車道)---北九州JCT---(16:00、関門道)---(中国道)---(山陽道)---玖珂PA(18:00夕食)---玉島IC---自宅(23:00着)

4日目、最終日の朝を道の駅やよいで迎え、最後の観光予定地である宇佐へ向かいます。佐伯市から宇佐市まではかなり距離があるので高速を使いました。

s-IMG_3357.jpg
今日もお留守番確定のアル先生、移動中もずっと寝ています

宇佐神宮
s-DSC02583.jpg

全国四万四千社と称する八幡宮の総本社です。御祭神は八幡三神と呼ばれ、
 一之御殿:八幡大神(はちまんおおかみ)
 二之御殿:比売大神(ひめおおかみ)
 三之御殿:神功皇后(じんぐうこうごう
上記三柱の神が上宮・下宮に祭られています。
一之御殿の八幡大神とは応神天皇のこと。二之御殿の比売大神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)の誓約によって誕生したとされる神で、多岐津姫命(たぎつひめのみこと)・市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)・多紀理姫命(たぎりひめのみこと)の三女神のこと。筑紫の宇佐嶋(宇佐の御許山)に天降られたと伝えられています。そして、三之御殿の神功皇后は応神天皇の母神で日本書紀によるとお腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま朝鮮半島に出兵して新羅と戦ったとあります。

WS000020_20100514195420.jpg
見づらいけど①~⑮まで写真の場所に記しをつけてあります。

①表参道イチイガシ並木
s-DSC02541.jpg
駐車場のすぐ横には表参道商店街があり、

②鳥居③機関車
s-DSC02542.jpg s-DSC02548.jpg
一つ目の鳥居を潜ると左手に宇佐参宮線26号蒸気機関車が展示されています。

④神橋
yorimo.jpg
寄藻川にかかる神橋を渡ると

⑤大鳥居
s-DSC02555.jpg
広い参道と立派な朱色の大鳥居が見えてきます。この大鳥居の右手には古代蓮の咲く(7-8月)初沢の池と宝物館がありました。

⑥手水舎
s-DSC02556.jpg
ここで呉橋からの裏参道と合流します。左手奥に見えるのが手水舎です。手と口を清めてお参りに向かいます。

⑦春宮神社
s-DSC02559.jpg
祭神は応神天皇の御子神である菟道稚郎子命。

⑧祓所
s-DSC02561.jpg
ここで勅使奉幣祭をはじめ大祓式などの祭典の祓の儀を行うのだそうです。さすがに神聖な雰囲気のある場所でした。

⑨八幡鳥居と宇佐神宮叢
s-DSC02562.jpg s-DSC02567.jpg
上宮へ続く八幡鳥居を潜ると、宇佐神宮社叢(国指定天然記念物)と呼ばれる鬱蒼としたイチイガシの杜の中を石段が続いていました。

⑩宇佐鳥居
s-DSC02568.jpg
この木造の鳥居には額束はなく、台輪を柱上に置く形式で宇佐鳥居の原型となっているそうです。

⑪西大門
s-DSC02573.jpg
宇佐神宮の景観の中でも有名です。桃山風の構造を持つ門。

上宮・南中楼門
s-DSC02576.jpg
別名勅使門といいます。これを本殿と勘違いする方がいるようですが、本殿はこの中にあり参拝者は入れません。一之御殿・二之御殿・三之御殿、それぞれの御殿の前からこの南中楼門の回廊越しに参拝できるようになっています。拝殿のようなものでしょうか?

一般的な参拝の作法と言えば二礼二拍手一拝ですよね。でもここ宇佐神宮の参拝方法は出雲大社と同じで二礼四拍手一拝です。上宮の一之御殿から順にこの作法で参拝します。

s-DSC02587.jpg
一之御殿の拝殿?から。見えているのはニノ御殿前にある申殿。

普通なら中には入れないわけですが・・・なんと、4/28~5/5まで特別拝観が実施されているとのこと。一之御殿の御祭神である応神天皇(=八幡大神)の1700年式年記念行事だとか。特別拝観は2003年以来7年ぶり2回目のことですからかなりラッキー 迷うことなく拝観決定。
s-DSC02591.jpg
西中門前で拝観料500円を支払うと、宮司さんから御祓いを受けてから中へ入ります。ここから先は戴帽禁止・撮影禁止・携帯電話禁止です。

見事な八幡造ですが撮影禁止のため参拝記念に戴いた絵葉書をスキャンしました。
usahonden.jpg
本殿は八幡造で国宝に指定されています。八幡造とは切妻造・平入りの建物が前後に二棟並ぶ形式で横から見ると屋根がM字になっています。後ろの建物を内院、前の建物を外院といいます。内院には御帳台があり、外院には御椅子が置かれ、いずれも御神座となっており、御帳台は神様の夜のご座所であり、椅子は昼のご座所と考えられているそうです。神様も昼と夜とで移動するというのがなかなか興味深いですよね。

社殿図
shadenhaidenzu.jpg
向かって左から一之御殿・二之御殿・三之御殿と横一列に並び、二之御殿の前には申殿という神楽殿があります。そしてそれぞれの神様の“脇殿”と称する小社殿が配置されています。
 春日神社(一之御殿脇殿):祭神 天児屋根命
 北辰神社(二之御殿脇殿):祭神 造化三神(アメノミナカヌシ・タカミムスヒ・カミムスヒ)
 住吉神社(三之御殿脇殿):祭神 住吉三神(ウハヅツノオ・ナカヅツノオ・ソコヅツノオ)
北の回廊には室町時代からの神輿が展示されています。東大寺にいった神輿だったのでしょうか?繊細な刺繍と飾りが素晴らしかったですが、やはり年月の流れを感じる傷みはありましたね。

⑬若宮神社
s-DSC02598.jpg
国指定重要文化財。御祭神は仁徳天皇など皇子五柱。ここで亀の甲を焼き吉凶を占っていたといいます。除災難・厄難の神様として有名。

下宮
s-DSC02599.jpg
下宮も御祭神は上宮とまったく同じです。

伊勢神宮が外宮→内宮の順に参拝するように、宇佐神宮は上宮→下宮の順に参拝します。片方だけしか参拝しないのはあまりよろしくないとのこと。上宮に比べると参拝者も圧倒的に少なく静かです。華やかさはありませんがアル姉下宮の方が落ち着いて好きでしたね~。古くは上宮が皇族や位の高いもののため、 下宮が庶民のためということだったようなのでアル姉が下宮を好むのもなんだか納得できますね。庶民だもの

⑮呉橋
s-DSC02606.jpg s-DSC02617.jpg
鎌倉時代より以前からある西参道の屋根がついた神橋。こちらも特別開放されていました。

以上がアル一家がお参りした場所ですが、数多くの摂社がある宇佐神宮ですから隅々まで見ようと思ったら一時間じゃ足りません。ただ、この日けっこう汗ばむ陽気だったので一人お留守番させてるアルのことが気になって、アル姉は呉橋を見終わったところで駐車場目指してひとり猛ダッシュ 汗だくになってアルキング号のドアを開けたら、外より涼しい車内でアル先生はすやすやおやすみになっていました ただいまーと声をかけてみるとフンっと鼻息を一つ。ぎゃ、またふててる それにしても、キャンピングカーってもしかしてけっこう涼しいのかな?普通の車だと窓を開けておいても中がかなり暑くなるのになー。

周辺情報
宇佐ICから約15分。国道10号線に出て別府方面へ。玖珠ICから1時間。国道387号線を宇佐方面へ。国道10号線沿いにあり巨大なのですぐわかります。駐車場は国道10号線沿いと西参道側にあり、料金は普通車400円。10号線沿いの方はゴールデンウィーク中の混雑の中でもまだまだ停められる余裕がありました。年間150ほどの大小さまざまな祭典が行われるそうなので御祭のときに行ってみたいですね。

帰路へ
宇佐神宮の駐車場で昼食も済ませ、午後1時半自宅を目指して出発です。翌日午前中にアル姉は整体の予約を入れているので、なんとか4日の朝までに帰ってもらわなくてはなりません。

とかいいつつ、日本一おもいやりのあるトイレで有名らしい豊前おこしかけ【駐車場:普通車72台、大型車10台、身障者用4台】という道の駅に寄って見たかったアル姉。トイレ休憩を兼ねて寄って貰い
SBSH0083.jpg
イチジクソフト(300円)を無事げっと。めちゃ美味しい 
あ、ちゃんとトイレチェックもしましたよ。鏡が多いのは女性には嬉しいです。でも開駅当時ならともかく、今となってはこのくらい綺麗なトイレというのは珍しくないですね

さて、来る時に間違って下りた苅田北九州空港ICから高速道路に入り、あとはひたすら走るだけ。
s-DSC00124.jpg
午後4時、関門大橋を渡り本州へ。アルパパがんば

玖珂PAで夕食をとったのが午後6時頃。その後広島付近で少し渋滞したらしいですが(アル姉寝てたから知らないの、笑)、午後11時過ぎに無事自宅に辿り着きました。総走行距離1324kmに及ぶ九州旅行無事終了です。最終日も10時間以上運転していたアルパパ、タフすぎてびっくりです。お疲れ様でした。感謝感謝ですでも九州旅行から帰った翌日には既に次の旅行計画(しかも同月)を口にしていたアルパパにアルママもアル姉も少しひいてしまいました。ゆっくりしようよ・・・(苦笑)

それにしてもやっぱり九州はイイですね 残念ながら新緑のくじゅう・阿蘇にはまだ早かったけど、中国地方の山や高原とはスケールが違うからか本当に気持ちよかったです。今度九州に行くときは南九州に行ってみたいです(って、20年位前に行ったことあるけど

この旅行でシーズン中に観光地に行けばいくらでもキャンピングカーがいることがわかったアル姉なのでした。キャンカーってそんなに珍しくないのねー。さて、毎度の事ながら長ったらしい旅行記はこれで終了です。読んでくださった方、ありがとうございました


にほんブログ村参加中。クリックしてくださるとしっぽ振って喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

22:42  |  九州  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

宇佐神宮って、またまたへ~!です。
昨年、八幡宮の総本社とも知らず中津市から耶馬渓に行ってしまいました。
近い将来大分~宮崎を再訪したいと考えていますので、詳しい参考書とさせていただきます。
特別拝観もラッキーでしたね。
それにしても、いつもながら凄いレポート!

豊前おこしかけに泊まりましたが、トイレが有名!?だったのですか。

アルパパさん、翌日には次の旅行の計画って気持ち分かりますよ!!!
きっぽう | 2010年05月16日(日) 21:45 | URL | コメント編集

■きっぽうさん
耶馬溪もいいですよね。
紅葉の時期にいってみたいです。
いつも簡潔に書けない旅行記を読んでくださってありがとうございますv-406
宇佐神宮、とても綺麗ですし、気持ちのいい杜があるので機会があれば是非^^

きっぽうさんも旅行が終わったらすぐまた次の旅行に出かけたくなるタイプなのですね(笑)
お元気で何よりですv-278
アル姉(犬沢ゆう) | 2010年05月17日(月) 20:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/55-2b2473c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |