2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017'07.21 (Fri)

鞆の浦 (6/17)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

鞆の浦 (6/17)
tomo.png
今回は鞆の浦の穴場というかあまり人は行かないかもしれないスポットを巡ることにしました。
沼名前神社と安国寺です。しかしその前にどうしても行きたかった園福寺にも寄ってもらいました。

DSC01398_20170712222553e90.jpg
道中に見つけた鞆ノ津ギャラリーありそ楼と千鳥食堂。

DSC01399_20170712222555f83.jpg
ありそ楼さんは大正にできた築100年の木造三階建てを利用したギャラリー&カフェ。様々なイベントに場所を提供されているそうです。味わいがありますね。

DSC01400_2017071222412423b.jpg
細い路地。この階段の先に圓福寺があります。

DSC01401_201707122301124f8.jpg DSC01403_20170712230114a87.jpg
崖の上レストラン ボス・キャット。猫をモチーフにした看板がとても可愛らしいです。

DSC01408.jpg
そしてさらに階段を上ると圓福寺。鞆の浦のお寺と言えば福禅寺が有名なのですが、こちらもある理由でとても人気のスポット。「ウルヴァリンSAMURAI」のロケ地にもなりましたがアル姉のお目当ては・・・。

DSC01405_201707122309067c8.jpg DSC01406_20170712230908c20.jpg
この猫ちゃんたちです。面倒をみているボランティアの方にもお話を伺うことができました。猫を飼いたいと言われたらたまらないと思ったのかアルパパは圓福寺でいっさい猫ちゃんに近づいてきません。結局この一週間後にまるに一目惚れするわけですが、何が起こるかわからないものですね。

DSC01407.jpg
伸び伸びと幸せそうに見えますが、猫を迷惑に思う人がトラバサミを仕掛け被害にあい、3本足になってしまった猫ちゃんもいました。

DSC01418_20170712231140d75.jpg
ボランティアの方々餌やり・避妊去勢手術・トイレの設置などの活動をなさっています。

DSC01420.jpg
募金箱。少しだけど入れされてもらいました。我が家は保護猫を迎えることはあきらめましたが保護猫・保護犬活動などをなさっている方々に協力していくことができればと思っています。

DSC01411.jpg DSC01417_20170712232545ea1.jpg
ちなみに圓福寺は猫だけのお寺ではありません。景色もなかなかのものです。仙酔島と鞆の浦のシンボルである常夜燈が見えます。

DSC01419_20170712232043767.jpg
名残惜しいけれどアルパパの行きたかった神社へ向かうことに。

e10f17f73d61841c71a07f8e7aafa8c1.jpg DSC01421.jpg
いろは丸事件の賠償の交渉が行われた場所。いろは丸事件というのは日本で初めての蒸気船同士によっておきた衝突事故。坂本龍馬率いる海援隊の乗り込んだ蒸気船「いろは丸」が紀州藩の蒸気船「明光丸」と鞆の浦沖で衝突したというものです。後で知りましたが現在は旅館として営業されており1階は宮崎駿監督がデザインしたレストランになっているそうです。


DSC01422.jpg DSC01423.jpg
鞆の津の商家。主屋は江戸時代末期の建築。無料公開中でしたが時間の都合でパス。

DSC01425.jpg
鞆の浦と言えば薬味酒の保命酒が有名ですが実はアル一家は一度も飲んだことがありません。鞆の浦には4軒の醸造元があり、こちらは入江豊三郎本店さん。

DSC01429_201707130017203f6.jpg
てくてく町歩きしながらやっと見えてきた鳥居。

DSC01433_20170713001821b8f.jpg
沼名前神社。「ぬなくまじんじゃ」と読みます。難しいですね。

DSC01436_20170713001904e17.jpg DSC01437.jpg
神門と狛犬さん。もう片方の狛犬さんは植え込みに隠れて視界が悪そうでした。

DSC01441.jpg
拝殿。沼名前神社は、明治に渡守神社(わたすじんじゃ)・鞆祇園宮(ともぎおんぐう)を合祀し、『延喜式』神名帳の記載にならって「沼名前神社」と改称したもの。


DSC01444_2017071301173844a.jpg
本殿。2柱を祭っており、主祭神が大綿津見命(おおわたつみのみこと) - 旧渡守神社祭神、相殿神が須佐之男命(すさのおのみこと) - 旧鞆祇園宮祭神。

DSC01447_20170713011741e71.jpg DSC01446_20170713011739e8b.jpg
拝殿の左右に建つ石灯篭の周りには小さな十二支たちがたくさん並べられていました。

DSC01452_201707130117425ec.jpg
たくさん並べられた力石。

DSC01456_20170713012745464.jpg DSC01455_20170713012743254.jpg
豊臣秀吉遺愛の能舞台があるというので楽しみにしていましたが内部は見ることができませんでした。かつて京都伏見城にあったものを、福山城主・水野勝成が二代将軍・徳川秀忠より拝領し、それを沼名前神社に寄進したとのこと。分解して移動できる組み立て様式の能舞台で国指定の重要文化財になっています。

DSC01442.jpg
境内から望む仙酔島の中弥山、大弥山。この神社はちょうど仙酔島に向けて真正面になるように建てられているのですね。

DSC01430.jpg DSC01459.jpg
沼名前神社の参道で「国宝安国寺釈迦堂」という碑を見たのでそちらに行ってみることに。鞆の浦はどこも綺麗に石畳が整備されていて歩いていて気持ちがいいですね。

DSC01460_20170713014209f58.jpg
突き当りが安国寺。無人で拝観料を入れる箱が置かれていました。一人150円。

DSC01474_20170713014505a1a.jpg
釈迦堂正面から。重要文化財。塀との距離が短すぎて全体が入りません。

DSC01472.jpg DSC01473.jpg
釈迦堂裏手から。

DSC01464_201707130143529b4.jpg
木造阿弥陀如来及び両脇侍立像(重要文化財)
木造法燈国師坐像

国宝という碑がありましたがwikipedeliaによると
昭和2年(1927年) - 釈迦堂が重要文化財(当時の国宝)に指定される
昭和17年(1942年) - 阿弥陀三尊像、法燈国師像が重要文化財(当時の国宝)に指定される
とあるので、当時の国宝であって現在は重要文化財のようですね。

DSC01466_20170714220837900.jpg DSC01469.jpg
法堂(方丈)跡と作庭家・重森三玲が復元修理した枯山水の庭園。庭園は室町時代の造園。慶長四(1599)年、安国寺恵瓊による修築時に蘇鉄が植樹されたと言われています。

DSC01475.jpg
気が付けばもう夕方でした。お馴染みの鯛ちくわを購入して帰路へ。

DSC01478.jpg
帰宅時の空。本格的な夏を迎える前にたっぷりとお散歩を楽しめる有意義なお出かけになりました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

23:38  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/496-744ced3c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |