2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017'07.11 (Tue)

仙酔島 (6/17)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

6/17(土)仙酔島
ブログにアップするのは6年ぶりになります。広島県の仙酔島・鞆の浦に行ってきました。
IMG_2863.jpg
(昨年1月。鞆の浦 福禅寺・對潮楼より)

DSC01303.jpg DSC01298.jpg
鳳凰のような雲を見つけご機嫌のアルパパ。実は梅雨入り宣言のあった直後だったんですが本当にいいお天気です。ボンネットバスは鞆の浦の定期観光バス。ノスタルジックでいいですね。今回一番遠いけれど一番大きな鍛冶駐車場に駐車したのですが、いつのまにか立体駐車場化されていてアルキング号で来ていたら危ないところでした。ちなみにこの日の足はアウトランダーです。

仙酔島は有名なパワースポット。その昔、宮島厳島神社・大鳥居建立の第一候補地だったといわれている場所です。そして鞆の浦は崖の上のポニョのモデルになったことで有名な街です。2011年8月の記事はこちら
DSC01305_20170630230758459.jpg
福山市営渡船「平成いろは丸」に乗って仙酔島へ。大人往復240円です。

sensui.png
仙酔島マップ。

DSC01309_20170630232232858.jpg DSC01308.jpg
鞆の浦から仙酔島まで渡る5分ほどの間に必ず目にすることになる弁天島。

DSC01321_20170630231934001.jpg
渡船場近くにある海食門。

仙酔島には小弥山•中弥山•大弥山•御膳山があり、山頂に展望台や神社が祀られています。まずは桟橋近くの御膳山展望台へ。
DSC01322.jpg
行啓記念碑。大正十五年五月二十四日 昭和天皇が皇太子の時にこの場所で鯛網を観覧されたとのこと。なぜか東郷平八郎の書です。

DSC01324_20170630233428262.jpg
そしてここからは弁天島を眼下に見ることができます。対岸はもちろん鞆の浦。いろは丸がいる場所が渡船場です。

DSC01323_20170630232825b61.jpg
弁天島の説明看板。船をチャーターすれば上陸することもできると聞きましたが簡単には行けない場所のようです。

DSC01327.jpg
続いて御膳山を下から見てみます(さらに背後は弁天島)

DSC01328.jpg DSC01329.jpg
御膳山の岬にあった海食門は平成20年に壊れてしまったようです。溶結凝灰岩。

DSC01338.jpg
電磁波をアースできるという浜、田ノ浦へ。夏は海水浴場として賑わいます。目の前に見えるのは皇后島。

DSC01331_20170701001202462.jpg DSC01330.jpg
神功天皇が仙酔島に渡る前この島に船をこぎ入れ小舟に乗り換えて移動したことから、「皇后島」と名付けられたそう。まるで入り口のような入り江があります。

DSC01389.jpg P018396198_480.jpg
またこの田ノ浦周辺には二つのお宿があります。人生の変わる宿「ここから」と国民宿舎「仙酔島」。「ここから」には現天皇陛下が、皇太子時代(昭和42年)にご宿泊した貴賓室があります。一度中へ入ったことがありますが景色も素晴らしく素敵なお部屋でしたよ。

しかし今日は国民宿舎の方へ。
DSC01333.jpg IMG_6206.jpg
風花さんというレストランで腹ごしらえ。鯛の兜煮がとても美味しかったです。6年前よりメニューが減った気がするのは気のせいかしら?

お腹いっぱいになったので散策再開。
DSC01343.jpg DSC01342_20170701002921d21.jpg
断層からわかる様々な大地の動き。

DSC01346.jpg DSC01345_20170701003143b12.jpg
仙酔層(頁岩・砂岩・礫質砂岩からなる地層)。

DSC01355_20170701003148e34.jpg DSC01354_20170701003146ddc.jpg
断層と海食洞。

DSC01356.jpg
五色岩。仙酔島で一番有名なスポットでしょうか。

DSC01357_20170701003932386.jpg DSC01358.jpg
青・赤・黄・白・黒の5色の岩が海岸に延々と1キロに渡って続いています。そうそう、瀬戸内海の真ん中に位置する仙酔島は潮の満ち引きの高低差、満干差が4メートルもあるのだそうです。昨年1月に訪れた時は遊歩道を渡れないほど潮が満ちていて苦労したのですがこの日はかなり引いていて悠々と散策できました。

DSC01361.jpg DSC01360_2017070100472558d.jpg
島全体がパワースポットとも言える仙酔島の中でおすすめだという場所がここです。五色岩よりさらに進んだ場所にあります。若い女性がたまにこのくぼみに入って瞑想していることがあります。この日は誰もいなかったので独り占め~。

DSC01368.jpg
彦浦。3時間で自分の役割・役目に気づく場所と言われていますが、アル一家がいたのはせいぜい10分でしょうか(苦笑)

DSC01369.jpg DSC01373.jpg
しかもアルママは石を探して遊んでるし、アル姉は石を投げて遊んでるしだめだこりゃ。

DSC01367.jpg DSC01374.jpg
アメンボサイクルなるものがありました。とても楽しそうです。感謝の塩、ここは仙酔島の塩工房です。

DSC01375.jpg
山の中へ続く遊歩道。

DSC01376_201707010059439e0.jpg
赤岩展望台。

DSC01377_20170701010222e32.jpg DSC01382_201707010102230fe.jpg
途中にあった不思議な木。生命エネルギーが噴出してるみたいです。

DSC01383_20170701010448c26.jpg
実はこの日、風邪気味で朝は調子が悪かったのですが、仙酔島にいる間は本当に気持ちがよくて風邪もどこかへ行ってしまいそうな気分でした。とは言えちょっと山登りはしんどかったのでごく普通に短時間のコースを回りました。

DSC01384.jpg DSC01385_201707010105402a9.jpg
中弥山・大弥山への登山口。またの機会に、と言いながらなかなか登れずにいます(苦笑)

田ノ浦に戻ってきました。
DSC01387.jpg IMG_6213.jpg
携帯電話基地局アンテナの立つマンションに住み、PCだのスマホだのを使いまくるアル姉。電磁波まみれなのでアースさせてもらいました。勢いあまって水にまで入ってしまいましたが暑い日だったので冷たくて気持ちがいい。

DSC01390_20170711230104e70.jpg
もっとぼーっとしていたい気もしましたが鞆の浦でも行きたい場所があったのでしばらく涼んだ後再び平成いろは丸で鞆の浦へ戻りました。

おまけ
DSC01332.jpg
仙酔島にある看板。「おかえりなさい」このひとことに何だかほっとする島です。ありがとう。たっぷり充電したよ。また帰ってくるね。

鞆の浦は次回です。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

23:05  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/494-0dc04a6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |