2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017'04.29 (Sat)

鳥取西部旅行 2

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

妻木晩田遺跡②
妻木晩田遺跡案内図

妻木山地区
DSC09536.jpg
洞ノ原地区を見終わり、次に管理棟の東に位置する妻木山地区を見ました。
ここは、2世紀後半から3世紀前半の集落で、1つの小さな村を復元してあります。また、「発掘体感ひろば」もあり、発掘体験あそびができるようになっています。

DSC09537.jpg DSC09538.jpg

DSC09570.jpg
ここで、古代体験キャンプをしてみたら楽しそうだ。

DSC09540.jpg DSC09551.jpg

DSC09572_2017041913434742d.jpg DSC09573_20170419134348a61.jpg
復元された中では一番大きいぐらいの住居です。本当にあったかどうかは判りませんが、中二階を作ってありました。結構、住み心地がよさそうですね。

DSC09545.jpg

発掘体感ひろば
DSC09555_20170419135929dff.jpg DSC09556_201704191359311b5.jpg
こういうのがいくつもありますが、これは畳19畳もある大型住居跡です。2世紀後半ごろの建物ですから、フトニ大王が、吉備から出雲に攻込んで来た頃です。その頃は、この辺りが中心だったことになります。フトニ大王の出雲侵攻については、鳥取西部旅行 3で詳しく説明します。

DSC09560.jpg DSC09559.jpg
建物の中には、発掘現場が保存されています。

DSC09563_201704191406560e3.jpg DSC09564_20170419140657156.jpg
ここには、2世紀後半から、3世紀前半にかけての 3つの住居跡が重なりあっています。同じ土地が繰り返し利用された様子が見て取れます。

土器の野焼き
DSC09552.jpg
弥生式土器はこのようにして焼かれたのですね。


妻木新山地区
ここは、妻木晩田の里山を再現した地区で、復元住居等はありません。

DSC09609.jpg DSC09599.jpg
尾根筋の散策路が続きます。

DSC09594.jpg
散策路の途中から、南に孝霊山を望む。左手に見えるのは妻木山地区の復元住居と発掘体感ひろばの建物。
孝霊山は、フトニ大王(孝霊天皇)がこの山の東麓に王宮を構えて住んだことから王の名に因んで付けられたものです。王宮は大山町宮内にあり、その跡には、高杉神社が建てられています。


仙谷地区
DSC09600.jpg
妻木晩田地区の墓域は、洞ノ原地区 → 仙谷地区 → 松尾頭地区の順番に作られており、仙谷地区は2世紀末から3世紀前半に造られた墓域です。ということは、2世紀末から3世紀前半に掛けては、住居は妻木山地区に、墓は仙谷地区に造られていたことになります。古墳の内、仙谷1号墳は他の古墳と少し離れた場所にあり、一辺 17mの妻木晩田遺跡最大の四隅突出型墳丘墓だということですが、残念ながら、現在は発掘途中なのか立入り禁止になっています。

DSC09601.jpg

DSC09602.jpg
仙谷2・3・5号墳は、日本海を一望する絶好のロケーションに造られています。


松尾地区・松尾頭地区
この二つの地区は、妻木晩田地区の南、大きな道路を隔てた向こうにあり、発掘途中なのか見ることはできませんが、管理棟「弥生のやかた」の展示物の中に垣間見ることができます。この遺跡群の最盛期であることが判ります。

DSC09477.jpg
王族クラスの住居。ちゃんと立壁と立派な両開きの扉があります。

DSC09476.jpg
神殿。巫女がご神託を告げている風景でしょうか。

DSC09478.jpg
鉄器を作っている作業風景です。

松尾地区、松尾頭地区に復元住居ができて公開されたら、是非、また来たいと思います。

DSC09534.jpg
冗談で「ムギパンダ」といっていたら、アル姉は最初はそう信じていたようでしたが、本当にパンダのキャラクターがあったので、ビックリ。

おまけ
DSC09484.jpg
洞ノ原地区でヘビさん。天気もよかったので、蛇だって散歩がしたいのでしょう。
そして、新山地区を歩いていたときにも、アル姉が「ヘビッ!」というので、「どこに?」きょろきょろと見渡すと、何とすぐ足元に、しかもマムシ! 遊歩道と同じ色。「ヒェーッ」。 カメラを構える間もなく、草むらへ。いやぁー、本当、踏みつけなくてよかった。足元もしっかり見ないとね。

次は、フトニ大王の王宮跡に建つ、高杉神社です。

つづく。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

16:00  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/471-be3eb702

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |