2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'04.24 (Mon)

2017年3月・奈良旅行 今井町③

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

3/19(日)


今井町その③です。
今井町散策マップ。
imaimap2.jpg

中町筋からスタートです。
r-DSC09430.jpg

旧米谷家(マップF)
r-DSC09427.jpg
屋号は「米忠」、金物商を営んでいました。18世紀中頃の建物で後に、内蔵や蔵前座敷を増築したそうです。見学無料。

r-DSC09429.jpg
説明看板。

内部。
r-DSC09431.jpg r-DSC09433.jpg
特徴的な形をしたかまどです。勾玉の形になっていて機能性を重視した造りになっています。

r-DSC09435.jpg r-DSC09434.jpg
煙出しが両面に開いているのは比較的新しい町屋なのだそうです。そう言えば今西家などは片側だけでしたね。

音村家
(マップE)
r-DSC09437.jpg r-DSC09436_20170411000846923.jpg
屋号は「細九」、隣り合う旧米谷家と同じく金物商を営んでいました。見学は要予約で200円。17世紀後半に主屋が建てられ、だんだんと増築されていったようです。珍しい「一口竈」(出土した遺構をもとに復元)が置かれているそうですが、おそらく今井まちや館にあったかまどと同じタイプだと思います。

上田家
(マップD)
r-DSC09438.jpg
今西家と同じく惣年寄りをつとめていました。見学は要予約。
屋号は「壷屋」。江戸時代初期には酒造業も営んでおり、有力商家と共に「今井札」を発行するほど優れた経済力を持っていました。大工町筋の南側に位置し、西面にも道があって角地に建っています。上の写真は西面の道から撮ったもの。

r-DSC09439.jpg

r-DSC09441.jpg
写真左手が大工筋。棟札から1744年頃の建築と見られています。入母屋造、本瓦葺で、2階の軒は低く、内部は北側に土間、南側は整形六間取り。今西家と同じで周囲の町屋に比べるとかなり立派な造りになっています。時間があれば見学も考えたのですが、ここの時点で今井に来て既に2時間が経過していましたので却下となりました。

r-DSC09442.jpg
大工町筋。このあたりまで来るとほとんど観光客がいません。

ここからは北尊坊通りです。
吉村家(旧上田家)(マップJ)
r-DSC09444.jpg r-DSC09443.jpg
屋号は「壷八」、飲み屋さんみたいですが肥料商を営んでいました。非公開。

山尾家(マップK)
r-DSC09445.jpg r-DSC09446.jpg
屋号は「新堂屋」。幕末には、町年寄を勤めた大商家。現在は今井まち衆博物館新堂屋として見学可能(要予約、400円)。明治10年明治天皇の今井行幸に随行した木戸孝允卿が投宿した時に使用した調度品まどが展示されているそうです。

r-DSC09449.jpg r-DSC09450.jpg
竹細工屋さんと銀行。銀行も町並みに溶け込むようなデザインにしてあるのでしょうが少々苦しいですね。

ここから中尊坊通り。
河合家(マップG)
r-DSC09457.jpg
屋号は「上品寺屋(じょうぼんじや)」で酒造業を営んでおり、現在も造り酒屋さんとして営業なさっています。見学は1階だけなら100円、2階までなら300円(2階は要予約)。杉玉がいくつもぶらさがっていますね。丸窓もなんだか可愛らしい。今井町の中では二階建ての町屋は珍しく、18世紀中頃の比較的早く二階建てになった町屋だそうです。

r-DSC09454_2017041100565228c.jpg r-DSC09452.jpg
正面に回る前、建物の東側を見ているときに「ああ、造り酒屋さんだな」と思いました。

高木家(マップH)
r-DSC09459.jpg r-DSC09458.jpg
屋号を「大東の四条屋」と呼ばれる四条屋の分家、本家の酒造業を助け、後には醤油屋も併せて営んでいました。建物は19世紀頃の初期頃で、2階部分は19世紀末期に整備したものです。見学は要予約で300円。幕末期の上層町屋。

町の通りの半分も歩いていないし町屋の内部見学もあまりしていないのに気付けば3時間ほど経っていました。全然時間が足りません(苦笑)。今井町はおしゃれなカフェや土産物屋さんだらけの観光地(倉敷の美観地区はすっかりそんな感じです、苦笑)と違って静かで落ち着いた雰囲気なのが魅力の町でした。メインストリートよりも人々の生活観が感じられる路地なんかもなかなか味があって良いです。そう言えばアルママの大好きだった朝ドラ「あさが来た」のロケ地にもなっていたのだと帰ってから気付きました。「え~?町を歩いている時に教えて欲しかった~」と言われましたが気がつかなかったんだから仕方がないじゃない。また是非歩きたい町のひとつですね。

さぁ、これで1泊2日の旅行は終了です。朝から歩きっぱなしでまさに足が棒状態でしたが、車を置いたのが橿原神宮だったので後はもう黙々と歩きました。この日の万歩計は24,000歩。本当によく歩いた気がします。お疲れなのにこの後3時間以上アルキング号を運転して帰ってくれたアルパパには本当に脱帽と感謝です。いつも楽しい旅をありがとう。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

19:35  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★奈良を訪れてくださり、ありがとうございました。

久しぶりに、サイトを拝見しました。皆さん、お元気に旅を続けておられるご様子に安心しました。アル先生ご存命中から拝見しております。旅のレポートのレベルの高さに感心しております。
もうすぐ、アル先生のご命日ですね。皆様がこうして、家族仲良く元気に旅を続けておられることが、アル先生の喜びになると感じます。アルキング号もまだまだ現役で走っているようで、これからも旅のご報告を楽しみにしております。皆様お元気で。
JN | 2017年04月25日(火) 12:57 | URL | コメント編集

★JINさんへ

わが家は昔から奈良にはよく行っていたんですが
アルキング号になってからは駐車場事情もあってあまり行かなくなっていました。
久しぶりに行ってみてやっぱり奈良は素敵な所だと感じましたね。
まだまだ行きたいところがいっぱいです。

実はアルがいなくなり、アルキング号を手放して普通に旅館に泊まる旅行をしようかという話も出たことがあります。でもやっぱりアルとの思い出が詰まった車で旅を続けたいという気持ちが強かったです。掃除をしても相変わらずキャンピングカーの中はアルの毛があちこちから出てきますし(笑)

明日から長期旅行に出る予定でいます。旅先でアルの命日を迎えることになりますが、アルを偲ぶ思いもしっかりと持って行こうと思っております。
アル姉 | 2017年04月29日(土) 12:01 | URL | コメント編集

★アルキング号走ってて良かった。

アルキング号が、まだ旅行の主力なんですね。これからも乗り続けてほしいです。実は私のJN号、トヨタライトエースも32万㎞走行(20年)でまだ現役です。仕事も旅行もいつも一緒で、たくさんの思い出も詰まっています。まだまだ行けそうそうです。奈良から日本海側ルートを走行して、北海道まで行く計画をたてています。いつ実現するか、車が保つかはわかりませんが、これからも乗り続けます。アルキング号からアル先生の毛が出てくるのは辛いですね。もっと生きたかっただろうなと思います。その分もどうかアルキング号で旅を続けて下さい。また奈良にもおいで下さい。
JN | 2017年05月09日(火) 17:47 | URL | コメント編集

★JNさんへ

アルキング号は今年で8年目、走行距離もたいしたことがないので、これからまだまだ頑張ってもらわなくてはなりません。
JNさんのライトエースは20年選手なんですね。しかも32万kmとは脱帽ものです。本当に大事に乗ってこられたんですね。JNさんが大事にしてきた車ですからきっともっともっと頑張ってくれるんじゃないでしょうか。JN号で北海道に行けることを祈っています。

奈良にはまた行きます!駐車場やら道路事情やらが厳しいですが大きな場所に停めて歩けば何とかなりそうなのでぜひ行きたいです。
アル姉 | 2017年05月11日(木) 01:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/468-87b41832

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |