2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'03.17 (Fri)

鴨方町歩き その②

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉
2/12(日)

2回にわけるほどでもなかったかな(苦笑)
その②ではかもがた町屋公園周辺のスポットの紹介です。
kamogatamap.jpg
町屋公園にあった看板。

鴨神社
r-DSC08988.jpg r-DSC08994.jpg
平安時代に京都の加茂大明神を勧請して建立されたと伝えられています。
その①で紹介した宮の石橋で有名です。

r-DSC08987_20170310213922f4a.jpg
拝殿。

r-DSC08990_20170310213924740.jpg
本殿。

r-DSC08991.jpg
鴨神社のある稲荷山の山頂に忠魂碑と広場。

r-DSC08993.jpg
風が強く肌寒いもののなかなかの眺めでした。

r-DSC08995.jpg
下まで降りて・・・鴨方往来にある鳥居。

浄光寺
r-DSC08999.jpg
浄土宗鎮西派のお寺。

r-DSC08998.jpg
浄光寺の向かいには、西山拙斎の居宅至楽居跡と私塾欽塾跡の看板。 西山拙斎は、「鴨方に過ぎたるものが三つある。拙斎、索我、宮の石橋」と歌われる江戸時代後期の儒学者。

鴨方陣屋跡
jinnya0.jpg
現在は黒住教となっているようです。

r-DSC09000.jpg
石垣と井戸は当時のもの。黒住教と書いてあったので入らなかったのですが井戸があったのならちょっと見てみればよかったな。

r-DSC09001.jpg
鴨方陣屋跡の背後の鴨山は備中守護職細川氏の居城であった鴨山城跡です。昔は石が転がってるだけで何もなかったのだけど、今は城跡らしくわかるように整備されているという話だったので今度来たときは山頂まで行ってみます。

長川寺
r-DSC09003.jpg r-DSC09005.jpg
曹洞宗の禅寺。室町時代には鴨山城主細川氏の菩提寺となりました。

r-DSC09004.jpg
長川寺の境内にある龍宮門。旧正伝寺の山門で、明治から昭和にかけては鴨方高等学校が建っており、校門として使われていました。

西山拙斎の碑と墓
r-DSC09013.jpg
西山家の墓所にある西山拙斎の頌徳碑と墓。

r-DSC09012.jpg
説明看板。

その他
r-IMG_5032.jpg
現在の鴨方往来。

r-DSC09002.jpg r-DSC09016.jpg
少々肌寒い日でしたがそこかしこに春を感じられる町歩きでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

21:31  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★はじめまして

はじめまして

突然のコメントで失礼いたします。

私は岡山市在住の、同じくアラホォーで両親と暮らす栄養士です。

我が家の愛犬のシェパードもあなた様のコーギーちゃんが闘った同じ病を発病しています。

ご家族と支えあいながら闘うご様子をブログで拝読し、県内にも自分と同様に苦しんでこられた方がいらっしゃるんだと思わずコメントさせて頂きました。

本当に毎日、辛いです。愛犬の体の変化を側で見ているのは。

治してやれない無力さにやりきれなくて…。

もしもよろしかったら返信下さい。




マッキー | 2017年03月21日(火) 19:25 | URL | コメント編集

★マッキーさんへ

初めまして。
コメントに対するお返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
メールで、と思ったのですがエラーで送れませんでしたのでこちらに。

変性性脊髄症はシェパードとコーギーに多い病気だと言われていますね。
マッキーさんのシェパードちゃんはおいくつでどんな進行状態なのでしょうか。
我が家の場合、下肢が少しおかしいなと疑い始めたのが10歳半の頃、
引き摺り始めたのが11歳の頃でした。
そしてその夏には車椅子を作り、前足の麻痺までは1年ほど余裕がありました。
車椅子になってからも一緒に旅行に出かけたり
お散歩に出かけたりしていましたが、
4輪の車椅子ですら動けなくなってからは
何もしてやれない虚無感でいっぱいでした。
呼吸が難しくなり酸素室に入れてしまってからは
外へ連れて行くこともできなかくなったので
桃や桜の枝を見せたりして何とか外の空気を感じてもらおうとしました。

日々進行していく病状を目の当たりにされれば
とても辛いお気持ちになりますよね。
本当に・・・痛いほどわかります。

我が家では昨春アルを看取りましたが、
人間がどんなに辛くても
そばにいて撫でてあげたり声をかけてあげることが大事だと感じました。
マッキーさんのシェパードちゃんが今どの段階なのかわかりませんが
どうか目をそらさず1日1日を大事にしてください。

コーギーと違ってシェパードの場合身体も大きいでしょうから
介護をするご家族の身体の負担も相当なものだと思いますが
どうか御自愛下さいませ。
アル姉 | 2017年03月26日(日) 01:12 | URL | コメント編集

返信ありがとうございます。

我が家のシェパードは今、発症1年5ヶ月です。

8歳半での発病でした。

おっしゃる通り、体が大きいので介護は大変です。
思う様にしてやれない憤りと不安、なんでうちの子が…

いつかこの子を失うと思うと怖くてたまりません。

せめて孤独は感じさせない様に寄り添う事を大事にしています。

励ましの温かい御言葉、ありがとうございます。
マッキー | 2017年04月03日(月) 22:21 | URL | コメント編集

★マッキーさんへ

若くして発症しているのですね。
今はまだ車椅子で動けている状態でしょうか。

何でうちの子が・・・そのお気持ち本当によくわかります。
でもアルを看取った今私に言えるのは
最初からこの病気にかかるとわかっていても
我が家はやはりアルを飼っていたのではないかということです。
他の子なんて考えられないでしょう?

悲しいことに病気になったらわんちゃんを捨てたり
手放したりしてししまう人がいますよね。
マッキーさんとご家族が一生懸命介護をしてあげているということは
シェパードちゃんにとっては幸せなことだと思います。
動物は「過去も未来もなく今その時を生きている」といいますよね。
ですからどうか失うことを恐れずに
今その瞬間で接し、愛してあげてください。
アル姉 | 2017年04月05日(水) 23:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/459-603108c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |