2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'02.11 (Sat)

庭瀬街歩き その②

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

1/22(日)

犬養毅生家と記念館の見学を終え、今度は街歩きです。駐車場は同じ場所を利用させてもらい、そのまま庭瀬城跡に向かって歩くことにしました。何の変哲もない普通の道を歩いてるだけなのですが知らない土地だと面白いですね。

r-DSC08885.jpg r-DSC08886.jpg
富山の置き薬の会社があったり、お庭でニワトリを飼っているお宅があったり、なかなか新鮮です。

niwase.jpg
庭瀬界隈のマップです。黄色いルートで回りました。

r-DSC08887.jpg
やがて庭瀬往来の町並み保存地区に到着。

庭瀬往来(鴨方往来)は、江戸時代に岡山藩によって岡山城下を中心に放射状に整備された6つの官道の内のひとつ。沿道には当時の面影を残す寺社や白壁の商家が並んでいます。金比羅への道を示した石の道標や石灯籠(常夜灯)も多く残っています。

r-DSC08888.jpg r-DSC08889.jpg
お薬屋さんだったのですね。

r-DSC08891.jpg
江戸時代創業の醤油やさん。

r-DSC08893.jpg r-DSC08892.jpg
庭瀬城の大手門だった場所。手前に町家、橋の奥に侍屋敷が並んでいました。左手には旧庭瀬港があります。

r-DSC08897.jpg
平成19年に復元された旧庭瀬港と常夜灯。

r-DSC08896.jpg
説明看板。

r-DSC08895.jpg

r-DSC08894.jpg r-DSC08898.jpg
「右 こんぴら」「左 吉備津」 もう一つはなんて読むのかしら。

庭瀬城跡
r-DSC08899.jpg r-DSC08900.jpg
住宅地の中にある水堀に囲まれた庭瀬城跡。

庭瀬城の築城については撫川城跡と一緒に後述します。江戸時代には庭瀬藩主の戸川逹安公2万9千石の居城となり、周囲に水を湛えた自然石の石垣に囲まれた典型的な沼城であったそうです。江戸時代初頭、四代安風亡き後廃藩となり、同地の二之丸に庭瀬藩庁を設け、庭瀬陣屋となりました。

r-DSC08904.jpg r-DSC08902.jpg
手前の中ノ島には八幡宮・弁財天・正一位 出世稲荷大明神が祀られています。

r-DSC08907.jpg
庭瀬城跡の碑。

r-DSC08908.jpg r-DSC08909.jpg
奥にあるのは清山神社。庭瀬藩藩主板倉氏祖にあたる板倉内膳正重昌ならびにその嫡子板倉主水正重矩が祭神です。

r-DSC08906.jpg r-DSC08914.jpg
水掘には庭瀬出身の大賀一郎博士によって発見された大賀ハスが植えられています。

続いて撫川(なつかわ)城跡を目指します。
r-DSC08919.jpg r-DSC08929.jpg
道中で見つけた撫川うちわの看板。撫川うちわ製作技術を再興した坂野定香・定和父子の邸宅があったはずなのですが、今は更地になっていました。現在でも撫川うちわは「三杉堂」が中心となって、技術の伝承と後継者育成に取り組んでいるそうです。夏が近くなるとローカルニュースでよくやっていますね。

撫川城跡
r-DSC08932.jpg
住宅地の中に現れた水掘と撫川城跡。典型的な沼城。築城は永禄2年(1559年) 備中国の三村家親が備前国の宇喜多直家に備える為に築かせたとされます。

r-DSC08922.jpg
説明看板。

撫川城と庭瀬城は戦国時代は1つの城であったと思われ、二つに分かれたのは江戸時代のことと言われています。慶長2年(1602年)戸川逹安が、東の庭瀬城跡の初代藩主として2万9千石を与えられたことにより中心は二ノ丸(庭瀬城)に移ります。延宝2年(1679年)、戸川逹冨が5千石を知行した時、城郭を割り、本丸と三の丸を合わせて撫川城を中心に撫川陣屋を置き、現在の二つの城跡の呼び名のもととなったようです。

天正10年(1582年) 羽柴秀吉の備中高松城水攻めの際には、毛利方の国境防備の城「備中境目七城」の一つとなり撫川城(庭瀬城)だけは秀吉の攻撃に耐え、1582年に毛利氏と羽柴氏が和睦するまで落城しなかったと言われています。境目七城は冠山城、高松城、宮地山城、鴨庄城、日幡城、松島城、撫川城(庭瀬城)。昨年の夏に備中高松城にも行ってきたのでまたそのうち記事をあげたいと思います。

r-DSC08921.jpg r-DSC08926.jpg
現存する野面積の石垣もなかなか見事。

r-DSC08920.jpg r-DSC08924.jpg
入口にある門は撫川陣屋総門を明治になって現在地に移築したもの。城跡公園には三神社と呼ばれる神社が祀られています。

r-DSC08936.jpg
撫川城跡をあとに再び庭瀬往来へ。またもや道標がありました。

こちらは庭瀬往来にある町並み歴史ギャラリー
r-DSC08937.jpg
r-DSC08938.jpg
r-DSC08939.jpg
庭瀬周辺の歴史についてのパネルがたくさんあり勉強になります。

r-DSC08941.jpg r-DSC08943.jpg
法万寺川にあった石灯籠は隣の信城寺に移設されて残されていました。

パンフレットにあったお勧めコースをだいぶショートカットしてしまいましたが庭瀬周辺を歩くのは初めてだったのでとても新鮮で楽しかったです。住宅地にありますが庭瀬城跡には広い駐車スペースもありました。また今度改めて行ってみようかな。
※庭瀬界隈の情報は@タウン吉備さんに詳しく載っています。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

13:52  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★こんにちは

こんにちはです(`・ω・´)ゞ

庭瀬にこんな古い町並みがあったんですね!
よく通るのに知らなかったです。
勉強になりました♪
藤崎 | 2017年02月18日(土) 14:54 | URL | コメント編集

★藤崎さんへ

こんにちは。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

古い町並といえば美観地区や吹屋などメジャーなところしか知らなかったのですが
探してみると色々あるものですね。
しっかりとしたパンフレットなども用意されていて驚きました。
お時間があれば是非散策してみてください^^
アル姉 | 2017年02月22日(水) 13:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/457-19e0a7e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |