2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'12.10 (Sat)

島根旅行 Part11 松江フォーゲルパークその2

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

島根旅行 Part10 松江フォーゲルパークその1の続きです。

11/5(土) 三日目
ペンギンのお散歩を見た後はパラダイスホールへ。
r-DSC07898.jpg r-DSC07899.jpg
エボシドリ

r-DSC07900.jpg
オオハシ。エサやり体験をしようと思ったのですが一気に団体さんが押し寄せてきてしまったので断念。お腹が空いていれば腕にのってゆっくり食べてくれますが、エサやりしたい人が多かったりすると全然きてくれないので注意。

水鳥池
r-DSC07905.jpg
ハクチョウ、カモ、アヒルなどがたくさんいます。冬になると渡り鳥もやってきて数が増えるそうです。もちろんエサやりができますよ。

r-DSC07907.jpg
フクロウの飛行ショーが始まる時間がせまっていたのでここは駆け足で通り過ぎてしまいました。

センターハウス フクロウの飛行ショー
r-DSC07909.jpg
最初の温室です。入口と反対側がフクロウショーのステージになっています。


r-DSC07922.jpg
ワシミミズク

r-DSC07938.jpg
ショーの中では一番大型で羽音もすごいです。

r-DSC07950.jpg
四隅など良い場所に座れば頭のすれすれを飛んでいくので間近に見ることが出来て迫力も満点です。

r-DSC07973.jpg r-DSC07982.jpg
まだショーに出始めたばかりのインコくん。ピンボケです・・・。まだ慣れていないのかかなり自由な飛行を見せてくれました。

r-DSC07986_20161122125401b40.jpg
ケープワシミミズク

r-DSC07994.jpg
アルパパ、今回は良い写真が少ないよ~。

r-DSC08006.jpg
この子は小型でとても静かにふわりと飛びます。

ショーが終わるとフクロウの腕乗せ体験が始まります。小型のフクロウは子供たちに人気ですが我が家は大型のフクロウへ。
r-DSC08013.jpg
一人200円です。1kg近いワシミミズクさん、ずっしり重いです。

r-DSC08033.jpg
腕乗せのあとは背中を触らせてもらえます。ふんわり柔らかくて優しい手触りです。

r-DSC08014.jpg
間近で見るミミズクさんは本当に可愛かったです。

r-DSC08036.jpg
メガネフクロウ。今回はこの子は飛ばなかったのかな。

ショーの後、駆け足で見てしまった場所へ戻っても良かったのですが、次の予定を考えてこのまま進むことにしました。
r-DSC08044.jpg

r-DSC08048.jpg
これだけの花を入れ替えながら一年中維持して行くのは大変でしょうね。

r-DSC08043.jpg
センターハウスはおすすめ撮影スポットが2つあって、一つがここです。幸せの椅子。

r-DSC08053.jpg
もう一つはこの幸せのハート。季節柄やはり花が少し小さいし量も少ないかもしれません。

r-DSC08045.jpg r-DSC08046.jpg
r-DSC08047.jpg r-DSC08049.jpg
温室なのであたたかすぎて、お花の匂いもあいまってちょっとくらくらしますがとても綺麗です。

r-DSC08060.jpg
この日は鳥フェスというのが行われていて、色んな鳥グッズも販売されていました。

ショーの時間に翻弄され駆け足で見て回って2時間半くらいでした。エミューや羊などもいるので本当はもう少しゆっくり見たかったかなぁ。でもペンギンさんのお散歩とフクロウさんの腕乗せ体験に大満足したのでこれでフォーゲルパークはおしまいです。予定より早く切り上げたのでこのあとはお昼ごはんを食べて松江イングリッシュガーデンに行ってみます。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

14:33  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/448-8d2b83b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |