2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016'11.12 (Sat)

島根旅行 Part1

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

11/3(木) 島根旅行一日目 その1

【アルキング号修理完了】
10月の山口旅行は、雨漏れとバッテリー不良に悩まされましたが、10/30に修理完了しました。
雨漏れは、応急対策で漏れが 1/4程度に減ってはいましたが、ルーフ周りのコーキングをやり直しました。バッテリー不良の方は、ついに、発電機の始動もできなくなり、色々と調べた挙句、バッテリーの陽極に接続している端子の腐食による接触不良と判明。端子を磨いてOKとなりました。

今回の旅行は、アル姉希望の石見銀山とアルママ希望の松江フォーゲルパークが軸ですが、島根・出雲といえばスサノオノ命、アルパパは、これに神社をちりばめて旅はスタートしました。

【須佐神社】
島根県出雲市佐田町須佐
ご祭神:須佐之男命
7:30に自宅を出発し、途中、休憩や昼食を挟みながら、12:30に到着。こんな山の中の小さな神社なのに参拝者の多いことに、ちょっと驚き。後で調べたら、スピリチュアルカウンセラーで有名な江原啓之さんが、ここを第一級パワースポットとして激賞したとか。なるほどね。

『出雲国風土記』に、須佐之男命が各地を開拓した後に当地に来て最後の開拓をし、「この国は良い国だから、自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と言って「須佐」と命名し、自らの御魂を鎮めたとの記述がある。古来須佐之男命の本宮とされた。社家の須佐氏は、須佐之男命の子の八島篠命を祖とすると伝える。(Wikiより)

DSC07244.jpg
鳥居

DSC07246.jpg
亀さん

DSC07247.jpg
隋神門

DSC07250.jpg
拝殿

DSC07255.jpg
本殿

DSC07263.jpg
大杉。樹齢1300年のご神木。ご神木のエネルギーを頂こうと、多くの人が、ここで手をかざしていました。
江原さんが紹介して以降、樹皮を剥がして持ち帰る不心得ものが増えたため、柵を巡らせたとか。大杉の根の上にはお賽銭が沢山ありました。

DSC07265.jpg
大杉と本殿。アル姉によると、大杉ではなく「本殿に白い光の柱が立っている」そうで、ここは間違いなく、第一級のパワースポットのようです。

DSC07266.jpg
大杉さんの木精(こだま)。大杉の葉を塩井(しおのい)の霊水で清めたお守り。600円。

DSC07272.jpg DSC07273.jpg
塩井。 ここの水は稲佐の浜に通じており、潮の満ち干によって水位が変動し、僅かに塩味がするとか。塩辛いというほどではありませんが、確かに真水ではありません。

【境内摂社】
DSC07267.jpg
稲荷社。境内末社としてどこにも、必ずといっていいほどあるのが、稲荷社。

DSC07279.jpg DSC07283.jpg
天照社。道を挟んで、須佐神社の向かいにあります。何となく、寂れた感じが漂っていますが、アル姉が反応しました。アル姉は、時々、寂しい神様に呼ばれて話を聞いているようなのです。何でしょうか? 「黒い穴が見えて、エネルギーが吸い込まれた」そうです。須佐神社境内の高い波動も、道を隔てたこちらの社には届いていません。天照社の神様は、アル姉に境内の高い波動を届けてほしかったのですね。アル姉は、天照社の神様にエネルギーを上げてしまったので、みんなで、もう一度、須佐神社の境内に戻り、拝殿と本殿を一回り。エネルギーをリチャージして次の目的地、日御碕に向います。


【稲佐の浜】
DSC07284.jpg
稲佐の浜。須佐神社の塩井と通じているという稲佐の浜ですが、今日は通過します。
ここ稲佐の浜は、大国主命の国譲りで有名なところです。天津神を代表して交渉に臨んだのは、経津主(フツヌシ)神。フツノミタマという霊剣をここに逆さま(柄を下)に突き立てて、その切っ先の上に胡坐を掻いて座ったといいますから、大国主命はさぞかし肝を冷やしたことでしょう。あっけなく戦意を喪失し、「どうしたらいい?」と自らは意思を放棄して、息子たちの意見を聞くことに・・・。
フツノミタマは 3日目にまた出てきますので、覚えていてくださいね。岩の上に見える社もパワースポットとして有名なところです。


Part2につづく。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり - ジャンル : 旅行

19:24  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/437-7e0784ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |