2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016'10.23 (Sun)

山口旅行 Part3 (2日目 その1)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アルパパ

10/7(金)
【青海島】
今日は、盛だくさんに予定を詰め込んでいるため、7:00過ぎには道の駅おふくを出発。青海島観光のため、仙崎港を目指します。40分ほどで、仙崎港に到着しましたが、

DSC06677.jpg

早過ぎて、青海島観光汽船の乗り場はまだ開いていません。港の駐車場は、半分を潰して工事中。道の駅ができるらしい。
待つこと暫し、やっとオープンしましたが、何と、本日はうねりが大きいため、一周コースではなく、短い折り返しコース(赤嶺コース)とのこと。がっかり。港の辺りは波も穏やかなのですが・・・。

青海島観光コース
色がわかりにくいですが、マップの左半分を上まで行って折り返すショートコース。
8:40の出航です。

DSC06549.jpg
どれに乗るのかな?
来たのは、オレンジ色の小さな船でした。朝早いので、乗り込んだのは、10人ほど。 
海上アルプスといわれる北海岸に行かないので、見せ場もないのですが、写真をさっと紹介します。

DSC06564.jpg DSC06568.jpg
花津浦。牛の鼻の先という意味と、愛しい我が子を抱いて朝鮮を眺めた須佐之男命が、離れづらいと言われたためともいわれています。

DSC06580_2016101711071380c.jpg DSC06597_201610171107141b4.jpg
小瀬戸。

DSC06594.jpg

DSC06589.jpg
筍岩。赤嶺コースの折り返し地点です。ここまで来ると、うねりに小舟が翻弄されます。アル一家のように、凄いスゴイと喜んでいる人もいれば、不安そうに椅子の手摺をしっかり掴んでいる人もいますが、片道25分、あっという間でした。


消化不良な感じですが、アル姉が、青海島自然研究路というのがあって、陸側から海上アルプスが見られるというので、そちらに行くことにしました。観光マップのキャンプ村というあたりです。

DSC06619.jpg
ここは、渚100選に選ばれています。

DSC06623.jpg

DSC06628.jpg
遥か向こうにポツンと見える岩が、先ほど舟で巡った筍岩です。

DSC06635_20161017112359317.jpg
変装行列?

DSC06637_2016101711255162f.jpg
十六羅漢(小さい岩の行列)。

DSC06642.jpg

DSC06650.jpg
象の鼻。

DSC06664.jpg

ここで1時間ほど歩き、昼食も摂ったので、時間は押し気味。アル姉が盛んに金子みすゞの詩を口ずさむのですが、残念ながら次へ向うことに。

仙崎マップ
時間があれば、是非、みすゞ通りの散策を。仙崎のお土産は、何といっても「かまぼこ」です。1本750円ぐらいとちと高いですが・・・。

次に向かうのは、仙崎からあまり遠くない千畳敷。標高333mの海辺の小高い山の上です。海から一気の登りに、アルキング号は喘いでいます。ご苦労様です。

【千畳敷】
DSC06681.jpg

DSC06685.jpg

DSC06687.jpg

DSC06706.jpg
ただただ、一面の芝生。他に何もありませんが、とても気持ちのよい高原?です。

DSC06680.jpg
ここからも筍岩が見えますね。

かなり、空模様が怪しくなってきたので、急いで次へ向うことに。
次は、元乃隅稲成神社。CNNが選んだ日本の美しい風景31選に入ったこともあって人気なのだそうです。このあたりからは、細い山道ですが、ウィークデイにもかかわらず、多くの車とすれ違いました。

続く

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

06:32  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/429-7aafef33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |