2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014'07.03 (Thu)

DM治療日記その29+針生検

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

実は先週の法事の後、アルの脇腹に大豆くらいの大きさのしこりを発見し、7/1(火)に動物病院へ行って検査をしてもらいました。皮膚の下にあるしこりは触るとぷにぷに動くもので嫌な感じはしなかったのですが、もしもこのことがありますからね。針生検をしてもらった結果脂肪腫だとわかりました。場所的にも今のところ不都合はないので手術などはしません。

そしてその翌日の7/2(水)、お休みすることなく健笑館(岡山県倉敷市)へ通い続け、早いもので気付けば56回目です。

s-DSC04632.jpg
先週と今週はペタンと正面に伏せをした状態でみていただいてます。先週アルを降ろしたらたまたまこの形になり、左右のバランスなどを見やすいということで今週もペタンと伏せです。

左の脇腹にできた脂肪の塊、先生の手にかかると小さくなってしまうから不思議です。時間が経つにつれてまた元の大きさに戻ってしまいましたが。今後もこういう脂肪の塊やらしこりやらができることがあると思うので気をつけてチェックしていこうと思います。

s-DSC04635.jpg
それにしてもアル先生のこの形、見てると可笑しくて笑ってしまうんですが。この体制だと歩き出しが楽みたいです。寝転び方によっては歩き出せる体制がなかなか整わず、家の中での移動が少し辛そうになってきました。お外の散歩でもやる気がなかったり暑かったりでバテてしまうと、すぐに伏せをしてのんびり休みながらのお散歩になってしまうため、アルパパはそろそろ4輪にしたがっています。

アル姉が連れているときは前足も元気そうなのでもう少し2輪のままでいきたいのですけどね。健笑館の先生もまだまだ2輪推奨。アルママはどっちの意見もわかるという曖昧な態度。みんなの意見が一致せず苦戦しております(苦笑) 今もっている車椅子は4輪にしてしまうと自力では方向転換できないタイプの前輪(キャスターなし)になってしまうのです。それに4輪にしてしまうと前足をあまり使わなくなって余計弱ってしまうのでは?という心配も。正しいタイミングの見極めってどうしたらいいのでしょうね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

15:02  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>4輪にしてしまうと前足をあまり使わなくなって余計弱ってしまうのでは?
わかりますね~ 何も言わないワンちゃんのこと。
いつ、どうしてやるといいのかがさっぱりわかりません。
私も他人事ながら、前足が使えるときは使うといいと思うのですが。
何はともあれ、近くでずっと見ている飼い主さんの判断が
一番正しい気がします。
病院通いで思ったことですが、診察の第一歩である問診は
見ている人の目に頼る部分が大きいですからね。
mametaro | 2014年07月04日(金) 08:55 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

父も口では早く4輪にと言いつつも
まだ2輪で頑張らせてあげたいと様子見な部分もあるようです。
アルは気持ちの乗り具合で歩き方がまったく違ってくるので確かに難しいのですが
やはりまだ前足は元気そうに見えます。
動物病院の先生は車椅子に関してはノータッチなので
家族と健笑館の先生で意見をそろえていかなくてはと思います。
アル先生の気持ちがもっと理解できたらいいのになぁ・・・。
アル姉 | 2014年07月05日(土) 19:39 | URL | コメント編集

確かに迷いますよね。
よかれと思ってしたのに…ということもありますから。

アル先生を一番近くで見ていらっしゃるご家族の判断なら、アル先生も納得されると思います。

余談ですが、私も最終的に判断に迷うときはアニマルコミュニケーションを受けてうちの子の声を聞いてもらってます。
質問に対する回答がそのまま帰って来るとは限りませんが、参考になることもあるので。
ただこの手のことは「信じる」・「信じない」というのがどうしてもありますので余談ということで…v-398
信歩 | 2014年07月23日(水) 15:21 | URL | コメント編集

★信歩さんへ

お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
うちの場合、家族の中でも意見が分かれてしまうのが一番問題ですね。
アニマルコミュニケーションですか。
そういうセッションを受けてみるのも方法の一つかなとは思います。
健笑館の先生は動物の気持ちを読み取るのにも長けていらっしゃる方なので
そのあたりも信頼させていただいているのですが
実際に世話をしていると人間の都合で楽な方法を考えてしまうのですよね。
未熟な飼い主です。
アル姉 | 2014年07月25日(金) 19:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/376-e685db0e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |