2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014'06.27 (Fri)

祖母 一周忌

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーDSC-RX100
担当:アル姉

6/26(木)
s-DSC04673.jpg
昨年他界した祖母(享年91)の命日でした。ささやかではありますが自宅にて一周忌の法要を。
今までの法事は全てセレモニーホールを利用していて、自宅での法要というのは初めてのこと。準備が整うまでになんやかんや遠回りをしました。お花の配達も直前まで届かなかったり(お花屋さんが配達を忘れてた)、さらには法要当日に届かなかったものまでありました。段取りの悪さに祖母も呆れていたかもしれませんね。

s-DSC04650.jpg
会うと必ずアルを可愛がってくれた祖母ですから、法要がはじまるまでアル先生も祭壇の前にいました。しかしさすがに出席者やお寺さんが到着するまでには退場してもらって隔離。彼が去ったあとはやはり抜け毛だらけ。掃除機とコロコロを使って部屋中を必死で掃除し直したのは言うまでもありません。

自宅に家族以外の人間がいると落ち着かないはずのアル先生が、この日はとてもおとなしく家族全員でびっくりしてしまいました。よくカワハギロールをくれたおばあちゃんの法事だし、色々と察してくれたのかな。

s-DSC04680_2014062717014818e.jpg
法事に間に合わなかった御供えのアレンジメント。

s-DSC04689.jpg
本来法要が終わったら祭壇は片付けるべきなのかもしれませんが、まだお花も綺麗なので(それどころかユリはこれからです)、狭いお仏壇ではなくしばらく広々とした祭壇にいていただくことに。祖母は花が大好きな人でしたからね。

大きな一軒家ならともかくマンションでの法要というのはなかなか大変なんだなぁと思いましたが、アットホームな感じで良い法要になりました。ただ、法要の間ずっと正座になることはすっかり失念しており、親戚共々足をモゾモゾさせることになって終わってからみんなで笑ってしまいました。来年は祖父の七回忌と祖母の三回忌がありますが、この雰囲気だとまた自宅かな。

法事のあとの御食事会は倉敷シーサイドホテルの金波楼。造船のサノヤスが経営するホテルのため、コンビナートの中というとんでもなく不思議な立地ですが金波楼の会席は格別でした。また今度普通に御食事に行きたいな。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

18:03  |  ぽつりと独り言  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お久しぶりです。
我が家はみんな元気です。

法要、おつかれさまでした。最近は葬儀も法要もひと昔前とは
ずいぶん、形式も変わってきたし、いろいろなやり方があるものだと感じます。
自分としては、それでいいと思いますし、形式にこだわることに
あまり意味を見いだせません。

我が家も母親の三回忌は親戚一同集まり、料亭を使いましたが、それ以降、父も母も法要は我が家です。
正座もなにもありません。本当に家族だけが集まって
楽しくやっています。
そんな姿を見せてあげるのが法要の一つの意義のようにも思います。

よく父親が知人の葬儀に参加して、自分を送ってくれる人がどんどん少なくなっていく、とこぼしていましたが、
残された家族が仲良く元気で送ってあげられれば最高の
葬儀になると思っています。

きっとおばあちゃんもみなさんの元気な姿を見て
安心されたことでしょう。

素敵な花ですし、できるだけずっと飾っておいてあげてください。
mametaro | 2014年06月29日(日) 15:58 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

こんにちは。皆さんお元気で何よりです。
mameちゃんがどんどん元気になるので嬉しいですね。

今回は出席できる方が少なかったので自宅でという形にしたのですが
関係者以外いないというのは魅力的ですね。
今後も自宅ですることが増えるかもしれませんが、
準備のために皆がバタバタしてアル先生が落ち着かないのが難点です。

お寺様が楽にしてくださいというので男性は正座を崩したりもするのですが
女性はなかなかそうもいきません。
次回は正座クッションを用意しておこうかしら。

フラワーアレンジメントはカサブランカが現在満開となっています。
法事に合わせて満開になるようにするべきなのか悩みますが
とても綺麗なので祖母も喜んでくれていると思います^^
アル姉 | 2014年07月01日(火) 10:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/375-07eaad74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |