2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014'05.21 (Wed)

GW伊豆旅行その5 大室山

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55(レンズ:TAMRON AF18-250mm)
担当:アル姉

この記事はGW伊豆旅行その4 伊豆シャボテン公園②の続きです。

5/3(土)
s-DSC02967_20140517191201508.jpg
モビリティパークにて。この日も5時起床。コインランドリーでお洗濯などしつつチェックアウトは8時半。キャンプ場の詳細は後日です。

3日のルートはこちらになります。
root5-3-2.jpg
前日に行きそびれた大室山にどうしても登りたいというアルパパ。最初にもらった予定表はこの日、修善寺・浄蓮の滝・天城峠となっていたはずなのですが、せっかくなので行きたい場所には行くべきだろうと予定変更です。この日は伊豆スカイラインは通らず相模灘沿いの135号を通りました。さすがに休日とあって渋滞までは行かずともそこそこの混み具合でした。

大室山
s-DSC02968_20140517191815e8d.jpg
10時前には到着したもののすでに第一駐車場は満車で第ニもほぼ埋まっていました。人気スポットなんですね~。さてさて。今日こそリフトに乗りますぞ。料金は大人(中学生以上)500円、小人250円です。シャボテン公園のチケットで割引あり。

s-DSC02971_20140517192352234.jpg
実はこのリフト、ワンコokです。
大型犬の乗車はご遠慮ください。“小型(中型)犬はダッコして乗車できます。”とのこと。
アルは一応中型犬ですが車椅子は必須ですし、滞在時間によってはバギーも必要になります。抱っこして荷物を持ってリフトに、というのはちょっと厳しい。何よりも高所が大嫌いのアルにリフトなんて想像以上のストレスがかかってしまうのでお留守番してもらいました。

山頂に着くと小型犬がほとんどですがわんこ連れだらけでした。皆リフト怖がらないのかな・・・。そしてなんと、車椅子のコーギーちゃんに遭遇。山頂で景色を眺めるより先に何だか不思議なご縁で吸い寄せられるように話しかけてしまいました。
s-DSC02976_20140517192354da4.jpg
車椅子になった原因はアルと同じで変性性脊髄症。年齢も進行の度合いもアルと同じでした。車椅子のコーギーちゃんをよく抱っこしてリフトに、と思いましたが、この子は10kgと軽めで身体もとても小さかったし、車椅子は”ポチの車イス”さんのかな、うちのよりコンパクトで運びやすそうでした。100均の椅子カバーを靴下にされているそうですがすぐボロボロになるとのことで、ラバーシューズ+ビニールテープ補強がなかなかリーズナブルだとおすすめしておきました。お互い頑張りましょうね~。

で、ふと余裕が出てあたりを見回したら・・・。
s-DSC02989.jpg
あらら、富士山が見えてた。大室山は今日にして正解だったと大喜びのアルパパとアルママ。

s-DSC02992.jpg s-DSC03001.jpg
大室山というのは伊豆東部火山群の活動の一端として約4000年前に噴火した単成火山で標高580mほどの山です。眼下にはゴルフ場や別荘地が広がります。この伊豆高原の別荘地は大室山の溶岩流によってできた台地です。

s-DSC03013_20140518230823b7b.jpg
直径300mのすり鉢状の噴火口は外周約1kmほど。ぐるっと一周できます。ちなみに噴火口はなぜか観光客向けのアーチェリー場となっています。

s-DSC03006.jpg s-DSC03002_2014051823011275e.jpg
むむ、伊豆高原の向こうに見えるのは伊豆大島ではありませんか?2日後、この伊豆大島近海を震源とする地震が起きましたがこのあたりはさほど揺れませんでしたね。

s-DSC03023_20140518230339eae.jpg s-DSC03024.jpg
昨日行ったシャボテン公園だ~。真ん中の変な鳥さんがサボテン温室の入り口でした。4000年前に噴火したとき大量の溶岩流を噴出したのはシャボテン公園のある岩室山と森山なのだそうですよ。

s-DSC03030.jpg
時期が時期だったので山頂にはこんなものも。大室山山頂でたなびく鯉のぼり、なかなか素敵ですよね。

s-DSC02998.jpg
アルパパはよほど大室山に登って富士山を見たかったらしく、噴火口をぐるっと一周する間に何十枚も写真を撮っているようでした。よく飽きないなぁ・・・。

s-DSC03021.jpg
大室山噴火口中腹(東側)に、浅間神社がまつられています。祭神は大山祗神の子女盤長姫命(いわながひめのみこと)で富士山頂の祭紀である木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の姉にあたります。 この姉妹に関して不仲だったことは有名な話。ですから、大室山に登って富士山を褒めるとたたりがあるなんて言われているそうです。ちなみにこの日大室山山頂では突風が吹き荒れ、帽子が飛ばされそうになったり風に煽られてよろける人も出ていました。富士山を褒めたせいかしら 富士山も素敵でしたが、私は大室山を下から眺めるのが好きだったりします。とても可愛らしくて綺麗な山なんですよ。

s-DSC03034.jpg
リフトで下山。上りのリフトを見ていたらかなりの数のわんちゃんがいました。しかしすれ違うわんちゃんの表情が恐怖で引きつっていることに気付き、やはりアル先生を連れてこなくてよかったと言う結論に。そりゃ怖いよねぇ

s-DSC03047.jpg
富士山、この日はここが見納め~。

s-DSC03055_20140518231824ab7.jpg
お留守番してくれたアル先生に、わんちゃん用クッキーのお土産です。とっても美味しそうな匂いがするのでアル先生もヨダレがとまらない様子でした。

さくらの里
s-DSC03061.jpg
大室山山麓40,000㎡に広がる広大な敷地に約40種の桜が植えられ、さくら名所100選の地にも認定されている公園がありました。

s-DSC03057.jpg
ね、大室山って美しいでしょ~。最初阿蘇の米塚に似てるなと思ったのですが、こちらのほうがなんとなく女性らしい印象。

s-DSC03063.jpg s-DSC03062_20140519230056f57.jpg
こういうのがあると、あぁ、火山なんだなぁとしみじみ思います。

s-DSC03067.jpg
ささ、アル先生、お待たせしましたっ。

s-DSC03070.jpg
いっくじぇーっ。

s-DSC03077.jpg
ふぃぃぃ、休憩。今日は暑いよぅ。

s-DSC03081.jpg
でも気持ちがいいね~。

s-DSC03082.jpg
アル先生隙あり!ハグハグ攻撃だぁ。
やめて、くるちぃ

s-DSC03089.jpg
アルパパに連れ去られました

このあとは下田方面へ。逆方向は渋滞しているのにこっちはスイスイ流れていてこれまた楽勝ムードでしたがさすがに道の駅は大混雑で満車でございました。下田は訳あってカメラなしなのですが、一応次回スマホ画像で記事を書きたいと思います。次回はアップまでにちょっとあいちゃうかもしれませんがまた~。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:36  |  中部  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

G・Wで旅した鹿児島の「道の駅 きんぽう木花館」横に、木花咲耶姫の像がありましたよ。
説明板を読んで、姉妹をセットで婚姻に出す方も出す方だけど、姉だけ返した木花咲耶姫の旦那さんはとんでもない人だなぁと思った次第ですv-388

アル先生と同じ症状のコギちゃんにお会いされたのですね。
縁を感じますね。その子も頑張っていると思います。
お留守番のアル先生にも伝わったと思いますよ。

リフト…天橋立でリフトに乗りましたが、ダグはパパにしがみついていました。高いし動くし揺れるし、そりゃ怖いでしょうねv-404
信歩 | 2014年05月24日(土) 13:19 | URL | コメント編集

観光地ではよく、ワンちゃんOKのリフトに出会います。
何度か乗りましたが、ワンちゃんも引きつるかもしれませんが
飼い主も真剣です。
犬を落とさないよう、自分が落ちないよう。
ま、あまり楽しめるものではないと思います。
その点、ロープウェイは箱の中なので安心ですが。

大室山のアーチェリー、あそこまで下りたり登ったりが
とても大変そうに思えます。
上り下りできない人はアーチェリーはしないのかもしれませんね。

車いすのコーギーちゃん、親近感わきますよね。
ただでさえ、同種の犬を見ると親近感が湧くのに
車いすまでいっしょとは。
ぜひ、アル先生とご対面してほしかったのですが、残念です。

訳あってカメラなし。先日カメラが壊れた自分にとっては気になりますね~
mametaro | 2014年05月25日(日) 08:55 | URL | コメント編集

★信歩さんへ

ニニギノミコトはかなりの酷い男ですよね。
神話の中のお話はけっこうとんでもないエピソードが多くて驚かされます。

アルと同じ症状のコギちゃんは今や日本中に何百匹といるのですが
こうして実際に会うと切なさと愛しさが込み上げてきますね。
GMのコギちゃんと飼い主さん、皆頑張ってます^^

ダグくんはリフト経験があるのですね。
アルはたぶん暴れちゃうので危険すぎます・・・
わんこokの乗り物が増えてもわんこ的にはいい迷惑なのかもしれません(苦笑)
アル姉 | 2014年05月26日(月) 00:01 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

> 観光地ではよく、ワンちゃんOKのリフトに出会います。
意外と多いのですね。
お店などやテーマパークなどでワンコokなのは嬉しいですが
高所はわんこ的にありがた迷惑な気がします。
確かにロープウェイはいいですね。
でも条件の明記をもう少ししっかりしてくれないと
十国峠などわかり辛いこともあり残念でした

同種のわんちゃんに親近感がわくのは皆さん一緒のようですね。
アル先生とこの車椅子のコギちゃんが対面していたら・・・
お互い近づくと車椅子がぶつかり合って大変そうだなぁと思いました(笑)

下田の件ですがカメラは無事です(*´﹀`*)
アル姉 | 2014年05月26日(月) 00:08 | URL | コメント編集

★お会いしたかったな

ときどきですが、読み逃げしてました。
久しぶりに訪れてみたら、あら、伊豆へ・・・。
岡山から遠くまでいらしてたんですね。
そして、GW、同じ時期に私も伊豆にいました。
伊東が実家なものですから、5月2日から6日まで。
そして、3日と4日は伊豆高原界隈でお友達とランチ。
とっても近くにいたんですね。
伊豆でしたら小室山をおすすめしたのにな。
もう少しコンパクトで、バギーのまま頂上まで上がれます。
うちもそうしてきました。
今度いらっしゃる時はぜひ。
それまでアルちゃん、元気でいてください。
うちも頑張ります。
ちびママ | 2014年06月01日(日) 11:22 | URL | コメント編集

★ちびママさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
伊東がご実家なんてうらやましい。とても素敵な場所でした。
ブログを少し拝見しましたが現在は大阪にお住まいのようで、
私たちが伊豆にいた時期にいらっしゃったとは偶然ですね~。
実は大室山に行く前にちょこっと渋滞にはまってしまい、
そのとき小室山の横を通りました。
「大室山じゃなくて小室山にする?」なんて話をしていたのですが、
小室山のほうもツツジ祭りで大変混雑していましたので予定通り大室山に。
お話を伺って小室山にも行きたくなりました(*´ω`*)

koroちゃんもmikanちゃんもシニア犬と呼ばれる年齢なのですね。
わんこも長生きになって病気や症状や色々出てきますが
最後まで付き合っていけるのも幸せだと思いながら暮らしています。
老犬だということを忘れてたまに無理をさせてしまうので
気をつけながら、アル先生ともども頑張っていきます。
アル姉 | 2014年06月01日(日) 20:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/366-a7f85445

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |