2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'12.27 (Fri)

2013伊勢旅行記その1

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55
担当:アルパパ

2013/12/19(木)~12/21(土)
総走行距離:954km
燃料:92リットル 
目的地:伊勢神宮
 12/19(木) 移動のみ
 12/20(金) 内宮・猿田彦神社ほか(宿泊地:道の駅おおだい
 12/21(土) 外宮・大神神社・箸墓古墳 


2013年も押し迫ってきましたが、12/21~23の3連休を利用して本年最後の旅行に出かけました。といっても、アル姉は年末・年始を控えての体調不安から、老齢のアルも寒さへの順応が不十分で身体が冷え気味ということでパス、アルママもアルの世話があるのでパスして、結局、アルパパの一人旅となった次第です。行く先は、恒例の伊勢参り+奈良の大神神社。3連休に加え、いつものように、前日の12/20は休暇を取って12/19の夕方から出発です。
毎年、通い慣れた伊勢までの道ですが、今回はスムーズそのもの。そのままだと、19日中に伊勢までついてしまう勢いだったのですが、伊勢道・嬉野PAで宿泊、高速道の夜間割引をしっかり使いました。

12/20(金)、いつものように、内宮からお参りです。やっぱり、今年は式年遷宮で大人気の伊勢神宮、昨年はほとんど車の影もなかったのですが、6:50頃の駐車場には既にちらほらと車が。

DSC01770_2013122719421722e.jpg
これは、7:30過ぎ、参拝を終えて戻ってきたときの写真ですが、この方たちは日の出を待っています。7:00前からずっと待っていました。

DSC01771.jpg
皆さんの目線から見るとこんな感じですね。一の鳥居の枠の中に朝日が昇ってくる。いい構図なのでしょうが、アルパパはこういうことにはあまり辛抱強くないので車に戻りました。

それでは、内宮、もう何度もレポートしているのでサクサクと写真を紹介します。

DSC01749.jpg
7:00の五十鈴川の禊場。結構な人でしょう。

DSC01752.jpg
内宮のお参りは、まず、この瀧祭神から。新しくなっていますね。ここで、今年一年のお礼と感謝。

DSC01755.jpg
風日祈宮(かざひのみのみや)。ここでも、今年一年のお礼と感謝。

DSC01757.jpg
ご正宮。今年一年のお礼と感謝。お礼と感謝を捧げることにより、自分をリセットします。そして、新たに次の一年に向かってスタートです。古い建物はまだ残っていました。聞くと、2014年の春から解体とのこと。

DSC01762.jpg DSC01763_201312271942142cb.jpg
御稲御倉(みしねのみくら)、外幣殿(げへいでん)
御稲御倉は神田で収穫された稲穂が収められています。単なる収蔵庫ではなく、内宮第6位の宮でもあります。
外幣殿には古神宝が収められています。外幣殿は外宮にもありますが、外宮では板垣の内にあるので、写真には収められません。

DSC01766_20131227194216c62.jpg
荒祭宮。左手には、既に、次の20年を待つ御敷地が整えられています。

内宮の参拝を終え、次に向かったのは、内宮に近い猿田彦神社。
ご祭神は、勿論、猿田彦大神ですが、猿田彦大神の裔である大田命が、倭姫命の御巡幸に際して、猿田彦大神が聖地として開拓された五十鈴の川上にある宇遅(宇治)の地をお勧めし、そこに皇大神宮(内宮)が造営されたそうです。

DSC01774.jpg
猿田彦神社、拝殿。

DSC01773.jpg
鳥居が八角形をしているのがわかるでしょうか。

DSC01776_2013122719433902d.jpg
たから石。この船形石は宝船を連想させ、船の上に蛇が乗っているように見えるので特に縁起がよいとされています。蛇は多くの場合、神またはその使いであり、龍に通じるものです。

DSC01778.jpg
神社の裏手にはご神田があります。

さて、次は内宮・別宮(わけのみや)月読宮へ参ります。

DSC01781.jpg DSC01785.jpg
手前が月読宮、奥から伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮、写真には写っていませんが、手前に月讀荒御魂宮と4つの宮が並んでいます。内宮には天照大神が祀られていますが、父神である伊弉諾尊、母神である伊弉冉尊はここにしか祀られていませんし、兄弟神である素戔嗚尊はどこにも祀られていません。不都合な真実が隠されているのでしょうか。

DSC01784_20131227194343a37.jpg
月読宮の新宮はただいま建造中です。

DSC01788_20131228083249c79.jpg DSC01791.jpg
少し離れたところにある倭姫宮。

ここから、南に20kmほど移動して内宮・別宮、伊雑宮へ向かいますが、サクサクといいながらも、長くなるので一度ここで切りましょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

20:11  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/343-6f844978

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |