2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'11.28 (Thu)

DM治療日記その22+α

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

今回も2回分。

11/20(水)
26回目の健笑館(岡山県倉敷市)の様子。

11/16(日)に鳴門ウチノ海総合公園に遊びに行った後だったので(レポはまだです、汗)ちょっと心配でしたが、取り立てて悪いという場所はないようでした。
s-DSC02522.jpg
お口がむずむず。思わずペロリ。

s-DSC02526.jpg
ただ右半身があまり使えていないため筋力が低下しているとのこと。左足の負担増です。今回は右半身を重点的にみていただきました。

その他車椅子の車輪の角度が作った当初と比べて変わってきているのではないかというご指摘をいただきました。毎日使っているとあまりわかりません。写真などをくらべると言われてみれば確かにと言う感じ。ガチャガチャ音も大きくなっているので一度メンテナンスに行ったほうがいいかも。

11/28(木)
本日分、27回目の健笑館(岡山県倉敷市)の様子です。

s-DSC02769.jpg
今回もプチおでかけ(11/24、吉備高原)後の施術なので心配なアル姉。でも先週より左前足の疲れは軽減されている模様。それでも右が弱いことにかわりはないのですが・・・。

ここのところアルはかなり前輪駆動気味になっています。前は破れまくっていたラバーシューズも破れなくなりました。地面を掴んで蹴る、という動作ができなくなっているからです。最近は足指の甲で蹴っていることが多く、お散歩も後半になると蹴るというかもうズリズリズリズリ、前足中心で後足は惰性で動いているような感じに。
s-DSC02779.jpg
でも先週も言われたのですが、触った感じ筋肉や神経の状態は後足が動かないという感じの状態ではないそうなのです。今でも後足の肉球をくすぐるとかなり強い力でイヤイヤというように蹴り返してくるんです。冬の寒い間、そういう刺激を与えてあげるのは冷え対策にもいいそうなのでこれからもちょっと悪戯していこうかな。

今日は施術の最後のほうで、先生が後足から気を送ると顔の筋肉がもぞもぞと小刻みに動き、足もかなり活発に動いていたのが印象的でした。あまりに面白くてカメラを持つのも忘れて見入ってしまいました。そして私に見られていることに気付いたときのアルのびっくりした顔も面白かった(笑)

車椅子のメンテナンスはどうしようかな。預けることになったら困ってしまうしもう一台作る?なんていう話もチラホラ・・・。

おまけ
11/20に久しぶりに玉野市の深山公園に行きました。ここはわんこは園内禁止なのでアルを飼い始めてからはほとんど来なくなっていました。
s-DSC02533.jpg s-DSC02535.jpg
カモさんがいっぱいでした。イノシシが出るようで池の周りのメインコース以外立ち入り禁止に。

s-DSC02565.jpg s-DSC02545.jpg
本当に久しぶりだったので、猫ちゃんのあまりの多さにびっくり。調べてみたらこんな記事が・・・。

2013/09/25 14:00 【山陽新聞】
玉野・深山公園に捨て猫200匹 愛護団体の不妊・去勢も後絶たず

 玉野市田井の深山公園で、捨て猫が相次いでいる。少なくとも200匹以上が居着いており、これ以上増えるのを防ぐため動物愛護団体が不妊・去勢手術に取り組むが、後を絶たないのが実情。公園を管理する市は「動物の遺棄はれっきとした犯罪。絶対に捨てないで」と呼び掛けている。26日まで動物愛護週間。

 広さ約200ヘクタール(東京ドーム約40個分)と広大な深山公園。何匹もの猫がわが物顔で歩き回り、路上や草むら、ベンチの上など至る所で寝そべったり座ったりしている。いずれも人懐こく、首輪をしている猫もいて、そのほとんどが捨て猫とみられる。ロシアンブルー、チャトラ、シャムなどペットとして人気の種類もいる。

 岡山動物愛護会(岡山市)が昨年5月、生息数を調査したところ、約200匹を確認。インターネットで呼び掛けて集めた寄付金約100万円を元手に、これまで180匹以上に不妊・去勢手術を施した上で公園に戻した。体の弱った一部の猫などは会員が自宅で一時的に保護し、里親を探している。

 ただ、その後も捨て猫は増えるばかり。今月施行された改正動物愛護管理法は、むやみな動物の遺棄に対する罰則が50万円から100万円に引き上げられ、飼い主の責任をより重くした。園を管理する玉野市都市計画課は「今後は警察と連携し、遺棄の防止に努めたい」としている。


私が散歩している間にも30匹以上の猫ちゃんを見かけた気がします。そして愛護団体関係の方なのでしょうか、何人もの方が猫ちゃんたちにお水やご飯、薬などをあげているのを見ました。

s-DSC02571.jpg s-DSC02543.jpg
s-DSC02541_201311282227077db.jpg s-DSC02557.jpg
s-DSC02599_201311282205464d1.jpg s-DSC02607.jpg

「猫にエサをやらないでください」という看板があちこちにあります。でも人間のエゴで捨てられて増えていった猫ちゃんたちに罪はないですよね。命ですよね。紅葉を見ながらお散歩でもしようかなという軽い気持ちで来たら、色々考えさせられてしまいどんよりした気持ちになってしまいました。

s-DSC02575.jpg
犯罪です、よ!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

23:02  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/339-42c38241

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |