2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'11.22 (Fri)

大山・広島東部旅行【二日目:竹原 憧憬の路】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55、DSC-RX100
担当:アル姉

関連記事:大山・広島東部旅行 準備編、【一日目:大山】、【二日目:備北丘陵公園


11/2(土) 竹原 夕方

DSC02342.jpg DSC01362.jpg
この日、車中泊を予定していたのは広島県の竹原市にある道の駅竹原でした。知り合いのキャンパーさんにこの土日に竹原では憧憬の路というライトアップがあるという話は聞いていたので、多少の混雑はある程度覚悟していました。ただ、本来の憧憬の路は前の週の10/26(土)27(日)がメインだったので、11/2(土)3(日)はおまけ程度にとらえていたのですが、この考えが甘かった・・・。

備北丘陵公園から一般道をくねくねと走ること2時間半、道の駅に着いたのは17時前でした。しかし道の駅は既に満車で臨時駐車場である小学校にまわされてしまいます。憧憬の路を見終われば空くだろうし、そうしたら道の駅に移動しようかと言いつつとりあえず町へ。
DSC01321.jpg
ライトアップは既に始まっていますがまだ人は少ない感じ。

DSC01323.jpg DSC01324.jpg
憧憬の路は10年ほど前から始まったライトアップイベンドなのですが、竹原市のシンボルである竹にロウソクの明かりを灯し、町をライトアップするというもの。

地蔵堂付近
DSC01331.jpg DSC02336.jpg

DSC02326.jpg DSC01326.jpg
ろうそくの灯りというのは何とも言えない優しい温かみがありますね。

松阪邸
DSC01339.jpg DSC02362.jpg
豪商のお屋敷。普段なら入場料が200円かかるのですがイベント中は無料公開されていました。

DSC01345.jpg DSC01342.jpg
松阪邸の庭の竹あかり。

歴史民族資料館・町並み保存センター
DSC01354.jpg DSC02373.jpg

DSC01350.jpg DSC01351.jpg
願掛け灯籠。

修景広場と憧憬の広場。
DSC01359.jpg DSC01355.jpg
ロウソクで書かれたようこそ竹原への文字。

DSC01357.jpg DSC01360.jpg
さすがにライトアップはロウソクの灯りばかりではないようですね。

DSC01352.jpg DSC02385.jpg
竹灯りはとても綺麗だったのですが、半分も見ないうちにアル姉がダウンしてしまいました。人混みはもともと得意ではありませんが、何だかすごく気疲れしてしまったのです。普通にライトアップを楽しみたくても、誰かが常にどこかでカメラを構えていて、あ、今自分邪魔になってるかもと気を遣ってしまいますし、自分が写真を撮るのも何だか申し訳なくて途中でやめました。

比較的若い男性集団が多く、普通にライトアップを楽しんでいる方やカメラが趣味という方々が集まっているにしては何かがおかしい・・・という違和感を覚えたのですが、理由は後になってわかりました。この竹原を舞台にした「たまゆら」というアニメがあるそうで、そのファンの中には作中シーンと同じ場所で写真を撮りたい、とかさらに言えば同じ角度でそのシーンを再現したいという方々が多くてとても賑わっていました。この11/2,3のライトアップはアニメイベントに合わせて追加されたという話も聞きましたので、私たちはアニメのおかげにあずかったわけですね。

DSC02388.jpg
どっぷり疲れて全部見ることなく臨時駐車場の小学校へ帰還。車は減るどころか増えています。そしてあちこちに痛車※が!なんとアルキング号のお隣の車もそうでした。
※痛車とは、車体に漫画・アニメ・ゲームなどに関連するキャラクターやメーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付けたり、塗装を行うなどして装飾した自動車である。(Wikipediaより)

いつまで待っても道の駅の駐車場が空く雰囲気はなかったし、あれだけ人がいては車中泊は無理そうだなということで、来る時に通り過ぎた道の駅よがんす白竜まで30キロほど戻ることになってしまいました。

竹原観光は翌日改めてすることにしました。それはまた次回。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

21:04  |  中国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ろうそくの灯り中心のライトアップは暖かくていい感じですね(^_-)-☆
竹原の街並みも風情が有って柔らかいろうそくの灯りとよくマッチしてます!
それにしてもアニメファン(オタク?)の集まりと一緒になるなんてちょっとついてなかったですね~(-_-;)
自分も以前道の駅で夜中に痛車に回りを囲まれた事あります^_^;
もっちゃん | 2013年11月22日(金) 22:22 | URL | コメント編集

★もっちゃんさんへ

私の場合ろうそくの灯りってお仏壇くらいでしか使わないので
こういうライトアップはとても新鮮でした。
そもそもあまりライトアップイベントに行かない方なので得した気分(笑)
こうやってアニメのファンが集うことで観光客も増えているそうなので
そんなに悪いことではないと思うんですが
一時的なものにならずずっと愛されないと意味がないかなぁと思います。
だってもしかしたらそのせいで来なくなった人もいるかもしれませんものね。
竹原を舞台にしたアニメを大事に思うならマナーも大事にしていただきたいです。

痛車は旅先で何度か見かけていますが
私はその度に興味深々で見ています。
囲まれるとちょっと圧倒されそうですね。

アル姉 | 2013年11月23日(土) 22:57 | URL | コメント編集

お久しぶりです。岡山、楽しんできました。
もう少し時間をかけてゆっくり楽しみたかったのですが
今回は決まった予定に合わせなければならず、
ちょっと残念でした。
必ず、また来たいと思います。
ろうそくの灯りだけでも、やさしくて幻想的なのに
竹がいい味を添えて素敵です。
こちらでは美濃和紙で有名な、美濃の町で
あかりアートが開かれます。
これは灯りそのものより、美濃和紙で作った
灯籠というか、あかりを包む和紙の優しさや現代アートが
メインです。
それとか、足助町の「たんころりん」も有名です。
あっそれから京都東山もいいですね。
行ったことがないので一度ぜひ行ってみたいです。
どこもくらがりを素敵な空間へ変えてくれますね。
mametaro | 2013年11月29日(金) 10:25 | URL | コメント編集

大変でしたね(^^;)
最近は「聖地巡礼」とやらで、アニメやドラマの舞台になったところで記念撮影をする方が多いそうです。
お友達は某アニメが大好きで、大分から関東まで車で行きましたもんね。(ちなみにチワワ6頭が一緒だったので車です)
あ、もちろん痛車じゃないですよ。

大分の竹田市や臼杵市でも似たようなイベントがあります。以前、実家の近くの臼杵市のイベントに行ったことがありますが、街中が違う空間に変わってしまっているようでした(^^)
信歩 | 2013年11月30日(土) 00:42 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

おかえりなさいませ。
帰りがなかなか大変だったようでお疲れ様です。
勝山と吹屋、私もお気に入りの町を楽しんでいただけて何だか嬉しいです。

あかりアート、mametaroさんのブログで拝見した記憶があります。
美濃町はうだつの町並みですよね~。
部分照明に和紙を使うだけでもかなり雰囲気が優しくなりますから
和紙とろうそくの組み合わせは最高ですね。
足助町は愛知県ですよね。
アルの身体に負担を掛けないようにこれからは近場が増えると思うので
行ってみたい場所があってもなかなか行けそうにありません。
近場を発掘するのもまたいいものだとは思いますが^^
アル姉 | 2013年11月30日(土) 09:59 | URL | コメント編集

★信歩さんへ

大分から関東までとはかなりアグレッシブな御方ですね(笑)
道の駅たけはらに停まっていた車も遠方からの方が多かったです。
実在する町が舞台になっているとやっぱり行ってみたくなるのでしょうね。
大好きな作品ならなおさらでしょう^^

アニメではないのですが倉敷市は
漫画とタイアップした観光PRキャンペーンを展開しています。
人気があるのかどうかは知らないのですが・・・。
アル姉 | 2013年11月30日(土) 10:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/335-50655b4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |