2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013'11.09 (Sat)

越前・若狭旅行記 【三日目:舞鶴赤れんがパーク】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55、DSC-RX100
関連記事:秋の越前・若狭旅行 準備編 , 【一日目:平泉寺白山神社】、【一日目:越前大野 前編】、【一日目:越前大野 後編】、【二日目:一乗谷朝倉氏遺跡 前編】、【二日目:一乗谷朝倉氏遺跡 後編】、【二日目:気比の松原・三方五湖】、【三日目:熊川宿】、【三日目:瓜割の滝・鵜の瀬】、【三日目:小浜西組重伝建地区

131013舞鶴赤れんがパーク
今回の旅行の最後の立寄り地は「舞鶴赤レンガパーク」です。
舞鶴赤レンガパーク(舞鶴赤レンガ倉庫群)は、京都府舞鶴市の旧舞鶴海軍軍需部本部地区(現・舞鶴港ウォーターフロント)にある12棟の赤煉瓦倉庫をいい、文化財指定名称は舞鶴旧鎮守府倉庫施設というそうです。
建設は舞鶴の地に舞鶴鎮守府が創設された1901年から1903年の明治期に9棟、1918年から1921年の大正期に3棟が旧日本海軍によって建てられたそうです。

DSC00956.jpg
赤レンガパーク一帯の地図です。
アル一家は、赤レンガパーク駐車場へ入るところを間違って、地図右上の赤レンガ博物館駐車場という狭いところへ入ってしまいました。
そのため、赤レンガ1号棟である赤レンガ博物館から、2号棟、3号棟・・・9号棟と順番に見て回り、最後に赤レンガパーク駐車場に至りました。

中に入ることができるのは次の5つで、博物館は有料です。
赤れんが博物館は、旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫、重要文化財
赤れんが2号棟(舞鶴市政記念館)は、旧舞鶴海軍兵器廠予備艦兵器庫、重要文化財
赤れんが3号棟(まいづる智恵蔵)は、旧舞鶴海軍兵器廠弾丸庫並小銃庫、重要文化財
赤れんが4号棟(赤れんが工房)は、旧舞鶴海軍兵器廠雑器庫並預兵器庫、重要文化財
赤れんが5号棟(赤れんがイベントホール)は、旧舞鶴海軍軍需部第三水雷庫、重要文化財

DSC00997.jpg DSC00998.jpg
1号棟(赤れんが博物館)

DSC00957.jpg
左2号棟(市政記念館)、右3号棟(まいづる智恵蔵)

DSC00993.jpg
左3号棟、右4号棟(赤れんが工房)、奥5号棟(赤れんがイベントホール)

DSC00973.jpg
中へ入ることは出来ませんが、6~8号棟です。
赤れんがの舗装がおしゃれですね。

実は、アル姉は佐世保とか舞鶴というと妙にテンションが上がってしまいますが、その原因はこれです。
DSC00975.jpg DSC00978.jpg
草むらでかくれんぼしているわけではないのですが、これ以上近づけません。
大型補給艦のようです。425「ましゅう」、インド洋で米海軍の巡洋艦に燃料補給した艦艇ですね。

DSC00976.jpg
こちらは、ミサイル護衛艦ですね。アル姉によると、手前はミサイル護衛艦のこんごう型護衛艦「みょうこう」、所謂イージス艦。奥はヘリコプター搭載護衛艦のしらね型護衛艦「しらね」だそうです。

DSC00982.jpg
これはかなり古い、多分「はつゆき型?」といわれる第一世代の退役護衛艦でしょうか。
こういうのは、アル姉が詳しいですね。
アル姉:艦番号が消されているようですが「みねゆき」でしょうか。同型のはつゆき型「はまゆき」が最近標的艦として沈められました。転用されずに撃沈されるというのも悲しいものです。

実は、もう一時間ほど早ければ、今日は岸壁から間近で見学できたようです。
アル姉、残念でしたね。
もう一つ残念だったのは、あとから地図をよく見ると、途中の文庫山学園の坂を登ると、草むらのかくれんぼではなく、港が一望できたようです。これまた、いつものパターンです。

これで、今回の旅行は終了です。一路、自宅を目指して帰ります。
往きは渋滞で2時間遅れだったのですが、帰りもどうして、ちょっとした勘違いがあって、中々のものでした。
ナビは舞鶴道から吉川JCTで中国道を東に走り福崎JCTから播但道を経て姫路東から山陽道へ入るコースを示していましたが、アルパパはこれを完全に無視、吉川JCTで中国道を西に走り、神戸JCTから山陽道に入り、そこから西進するコースを選びました。
ただ、気になるのは、「神戸JCT通行止め」の電光掲示板。

DSC02210.jpg
「何のことだろうね?」などと呑気にのたまわっていましたが、やがて始まる自然渋滞。「ああ、東へ走ったのはまずかったかな」といいつつも辛抱、辛抱。そして、やっとの思いで神戸JCTに到着してみると、「あれ、山陽道に入れない!」、「そうだ、通行止めだもんね」。「おお、俺たちのことだったのか」というお粗末。

DSC02212.jpg
仕方ないので、そのまま直進すると、やがて3車線の中国道へ左から2車線の山陽道が合流して5車線になってきます。どちらも渋滞とはいえ、そこそこのスピードの中を、西宮北ICから高速道を下りるべく、一番左のレーンへと寄っていきます。いや~、大変でしたが、やっと高速道を下りることができました。ほっ。

root13.jpg
それからはよくわからないまま、今度ばかりはナビのいう通りに走ったら、六甲北有料道路を走って、気がつけば無事、山陽道の神戸北ICへ。はい、お疲れ様でした。



こんにちは、アル姉です。越前・若狭旅行記やっと終了です。たかか三日間の旅行記なのにながながと一ヶ月近くもかかってしまい申し訳ありません。いつもなら次回から車中泊した道の駅の紹介なのですが、11/1~11/3に行った大山・広島東部旅行の旅行記を先に紹介して行く予定です。どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

18:35  |  北陸  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

久しぶりにおじゃましました。
ちょっと日が経つとすぐに記事がたまってしまっていて
一度に3つの記事を読むのは大変だと思い知らされます。

それだけひとつの記事の内容が量も中身も濃密だということですね。

あっ、別に愚痴を言っているつもりはありませんので気を悪くしないでください。

毎朝テレビで天気予報を見ます。
愛知県は中部3県といって、愛知・岐阜・三重の天気予報が
セットで報道されます。
東海地方というと、これに静岡が加わります。
さらに、東海北陸と呼ぶと
富山・石川・福井が入ります。

NHKでは、この東海北陸の天気予報が報道されています。
長い前置きになってしまいましたが
要は福井は身近な県です。
なのに何も知らない自分がいます。
福井というとカニを食べに行くところ、というくらいの
認識でしかありません。

今回のアル先生のレポで少し福井に詳しくなった気がします。
琵琶湖へ行くのに木之本ICはよく使うのですが
その先へなかなか行かないというのが実情です。
これからは雪も舞うので厳しいかな。
いつか行ってみたいと思います。
重要伝統的建造物群保存地区って好きですから。

だらだらと長くなってしまいましたが、
量だけは3回分ということで(笑)
mametaro | 2013年11月11日(月) 11:49 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

アルパパも私も長文のレポが多くてダメですね。
素敵な写真があれば多くを語らずともそれだけで成り立ちそうな気がするんですが
うちの場合写真がもうぐだぐだなので(苦笑)

天気予報って旅先で見るとけっこう新鮮な驚きがあります。
福井では嶺北・嶺南という区分になっていることも初めて知りました。
九州に行ったときの桜島の降灰予報、霧島の降灰予報にもびっくりです。
岡山ではたいてい天気予報は香川とセットです。
中国地方でくくられることもありますが
ローカル番組だと岡山・香川の天気、ニュースがセットになっていますね。
瀬戸内海を挟んでいても我が家からも目視できるくらい近いので納得ですが。

> 福井というとカニを食べに行くところ、というくらいの
> 認識でしかありません。

私の知り合いに聞いても福井=カニというお返事がほとんどです。
我が家はあまり「食」に触れる旅をしないので
福井=カニと言われても正直ピンとこないのでした。
私は何度か福井観光をしていますが
都道府県の魅力度ランキング40位の福井、
正直もう少し上でもいいのになと思います。
な~んて35位の岡山県民が言っても微妙な感じでしょうか(笑)
我が家もまた暖かい季節になったら行ってみようかと話しています^^
さすがに冬の北陸はちょっと厳しそうですもんね。
重伝建、石川にもたくさんあるので、
次回はそちらに足を伸ばすかもしれません。
アル姉 | 2013年11月11日(月) 19:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/330-4e663125

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |