2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'11.07 (Thu)

越前・若狭旅行記 【三日目:小浜西組重伝建地区】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55、DSC-RX100
関連記事:秋の越前・若狭旅行 準備編 , 【一日目:平泉寺白山神社】、【一日目:越前大野 前編】、【一日目:越前大野 後編】、【二日目:一乗谷朝倉氏遺跡 前編】、【二日目:一乗谷朝倉氏遺跡 後編】、【二日目:気比の松原・三方五湖】、【三日目:熊川宿】、【三日目:瓜割の滝・鵜の瀬
担当:アル姉

10/13(日)
瓜割の滝・鵜の瀬と名水めぐりを終え、嶺南の小浜市へ向かいました。小浜市といえばオバマ(候補)を勝手に応援する会でも有名になりましたね。12日、13日に小浜では「OBAMA食のまつり」なるものが開催されていたため(2日間の来場者数は5.5万人)、ただでさえ少ない駐車場がどうなってるか不安でしたが食まつりの方は臨時駐車場もあって我々は小浜公園の駐車場に無事アルキング号を停めることができました。
DSC02161.jpg DSC00861.jpg
小浜での観光目的は小浜西組という重要伝統的建造物群保存地区です。江戸期に京極家は小浜城の築城を開始しすると同時にこれを中心とした町づくりを進め、中世の頃には武家と町人が混在した小浜の町は町人地として整備されることになり、東・中・西の3組に分けられました。

小浜西組重伝建地区
obama000.jpg
十数年前に観光に来たときには八百比丘尼伝説くらいしか知らなかったのですが、それもそのはずで、小浜西組が重伝建に選定されたのは平成20年6月のことだそうです。小浜西組地区(約19.1ha)には、町家、離れ、土蔵、寺社建築物、西洋建築など様々な建物があり、1988年の大火以降の建物が主体となっているようです。

DSC02162.jpg
町歩きを開始した当初は上にある散策マップをまだ入手していなかったので、数少ない看板を頼りに手探りで歩き始めました。とりあえず海側から常高寺前まで続く道を南へ進み、そこから東へ行って途中にある町並み保存資料館でマップをもらおうと町歩き開始です。

DSC02163.jpg
軒先にさるぼぼがかかっているお宅が多いのですがさるぼぼって飛騨高山だけじゃないんですね。

DSC00864.jpg
常高寺前。帰りに寄ることになりますがとりあえずここで曲がり東へ向かいます。

DSC00865.jpg DSC00874.jpg
浅間地区、鹿島地区の町並。歩いていると何だかどこにでもありそうな普通の道に見えて、ここが重伝建地区なのか不安になります。電柱もかなり目立ちますし狭いのに車の往来が多く歩きづらいです。重伝建に選定されたのが最近ということもあり、建築・改築に規制を受けなかった家屋もたくさんあるようでこの通りはあまり統一感がありませんね。

DSC00872.jpg DSC00867.jpg
しかしここは間違いなく丹後街道だし重伝建地区。この道の南側にはずらっとお寺が並んでいます。

DSC00866.jpg DSC00870.jpg
DSC00871.jpg DSC00873.jpg
ポロポロと点在する町屋だけを見ていると袖壁うだつに千本格子と趣は十分なんですけどねぇ。

DSC00876.jpg
町並み保存資料館。鹿島地区にあります。やっとマップをもらえると思ったらお昼休憩で不在という貼り紙があり鍵もかかっていました。しょんぼり。

DSC00878.jpg DSC00882.jpg
資料館のお隣も典型的な造り。「紙」と書かれたこの吹安さん、小浜紙を販売してるお店で軒先にはガッタリもありますね。吹安の横に丹後街道の道標がありましたが見事に見切れてました(苦笑)

DSC00880.jpg
小浜の町歩きの間アル先生はどうしてたかというと、一応こうして元気に歩いております。

DSC00884.jpg DSC00888.jpg
道標横で丹後街道は鍵の手に曲がっていて、南東の突き当たりには八幡神社。このあたりまでが重伝建地区。そして八幡神社のお隣には八百比丘尼(人魚の肉を食べて八百年間生きたといわれる尼僧)が入定したといわれる洞窟のある空印寺があります。アル一家は前に来たことがあるので人魚伝説はスルー。

DSC00885.jpg
小浜でも改築中のお家を発見。

DSC00894.jpg DSC00895.jpg
八幡神社から引き返してきっとお昼休憩は終わっているだろうと町並み保存資料館へ。明治時代の小間物屋を改装した資料館の中には資料展示コーナーなどがあり、散策マップもやっとゲット。資料館の方に見所を聞くと西の隅の方にある「三丁町」と「常高寺」を薦められました。マップを見ると両方スルーしてきたことが判明(笑) 少し歓談すると小浜が重伝建に選定されたとき参考にと倉敷などへも訪問なさったと教えてくださいました。「ここは看板も少ないしわかりにくいんですよ」というお言葉に、確かによくわかりませんでしたと苦笑いのアル姉。もう少し何とか改善していただければと思います。

続きは折りたたみます。
町並み保存地区の目玉はまだなので是非御覧くださいませ。

【続きを読む】

DSC00896.jpg
町並み保存資料館から出ると退屈そうにアルとアルパパが待っていました。ちなみに後ろの建物は大正時代の建物で鹿島会館。犬矢来の前で待っている姿に何だか笑ってしまいました。

元来た道を戻り常高寺前に到着。
DSC00917.jpg DSC00916.jpg
常高寺前の階段には「ちりとてちん」のロケ地という看板がありました。NHKの朝ドラでしょうか。さぁ、行こう!と思ったら階段と山門に間にJR小浜線が通っているらしくまっすぐ行くことはできません。よく見ると石段の上を電車を通る時刻表までありました。アル先生とアルパパにはお留守番してもらいましょうかね。

DSC00900.jpg DSC00901_20131027200023d57.jpg
天満宮横の細い連絡通路を通り、小浜線のガード下をくぐります。車ではこちらからは行けませんので国道からアクセスしましょう。

DSC00902.jpg
ガード下をくぐると滝の水と呼ばれる名水がありました。昔から近所の方が飲用してきたようで「ふくいのおいしい水」にも選ばれましたが、昨年大腸菌が検出されたとかで現在は生での飲用は控えるようにと注意書きがありました。

常高寺
DSC00905.jpg
さきほど見えていた山門にやっと到着。常高寺というのは浅井三姉妹の次女であるお初の方ゆかりのお寺です。大河ドラマなどで記憶に新しい方もいるかもしれませんが、お初の方は京極高次の正室となった女性で、高次の死後には剃髪・出家して常高院と称しました。その常高院が夫を弔う菩提寺として建立したのが常高寺です。江戸で亡くなった常高院の墓所もここにあります。

DSC00914.jpg
本堂。十数年前に再建されたばかりの本堂なので新しいですね。


DSC00919.jpg
山門と階段がJRにぶった切られていたのにも驚きましたが、案内板を見ると墓所が国道27号でぶった切られているのがわかります・・・。

DSC00908.jpg DSC00909.jpg
以前は国道を横切って直に行けたようですが、横断歩道などのない場所を横切るのは危険ということで数年前に墓地までの遊歩道「お初しあわせの道」が整備されました。国道27号の後瀬山トンネルの坑口の上を通るもので上ったり下ったり階段ばかりで少し疲れます。

DSC00911.jpg
常高院墓所。

さて、丹後街道に戻ります。
DSC00921.jpg

丹後街道を南西へ向かい、JRの高架にぶつかったとことで一本西の通りに入ってまた海側へユーターンすればそこが三丁町です。
三丁町
DSC00924.jpg DSC00925.jpg
DSC02166.jpg DSC00928.jpg
やっと重伝建ぽい景観の通りにつきました。実は小浜公園を出てからすぐに「三丁町こっちって書いてあるよー」とアル姉はずっと言ってたんですけど華麗にスルーされてしまい、最後にやっとくることができましたよ・・・トホホ

DSC02169.jpg DSC00926.jpg
かつての茶屋街だった場所でべんがらの千本格子や出格子家や料亭が軒を連ねています。とにかく狭い路地なので写真を撮るのも大変。一方通行で助かりました。それにしてもさるぼぼがいっぱいだー

DSC02171.jpg DSC00936.jpg
三丁町もちりとてちんのロケ地だったのか看板が立っています。このあたりはもうアル先生をドッグバギーに乗せていたのですが、2枚目、油断したのか表情が死んでますね

DSC00938.jpg DSC00942.jpg
「町並みと食の館」は明治期の建物。元料亭酔月。入館無料だと後で知りました。入ってみたかったなぁ。

DSC00943.jpg
そして見つけた庚申堂です。町歩きを始めてすぐに見つけたさるぼぼのお家は三丁町からすぐ近くだったんですよね。あぁ、遠回りして謎が解けた。今まで見てきたさるぼぼは庚申信仰の身代わり猿というわけです。

DSC00947.jpg
あ、この看板・・・私来るときに見たんですけど!これを指差しながら「ねぇ、こっちじゃない?」って言ったんですけどね。まぁ、最後にちゃんと行けたからいいか。

DSC00950.jpg
最後に小浜湾。綺麗な公園が整備されていました。

これであとは帰路に!と思ったらまだ途中に舞鶴が残っているのでした。続きはアルパパです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:42  |  北陸  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★初めまして!

初めてコメントさせてもらいます。
キャンカーでワンコ連れ旅行に行くのが一番の楽しみのもっちゃんといいます。
今までもブログは読ませて貰ってたんですが読み逃げばかりで(^^ゞ
今回我が家と同じ日に小浜にいかれてたんですね!!
といってもうちは「OBAMA食のまつり」目当てでしたが。。
小浜にこんなとこがあるなんて知らなかったんで勉強になりました。ホントいつも詳細な旅行記で感心しています☆
それではこれからも素敵なブログをよろしくお願いします♪
もっちゃん | 2013年11月09日(土) 08:55 | URL | コメント編集

★もっちゃんさまへ

◆もっちゃんさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
私もキャンカーでわんこと旅行に行くのが一番の楽しみです。
わんこを飼い出してから8年、
キャンカーが来るまで旅行なんてしなかったのでなおさらです。

なんと、もっちゃんさんも同じ日に小浜に行かれてたんですね。
「OBAMA食のまつり」の
臨時駐車場のたくさんの車を見て圧倒されながらも
単なる町歩きだけして帰りました。
我が家は貧乏旅行なのでなかなか現地の美味しいものにはありつけません(苦笑)

長ったらしくてまとまりのない旅行記ですが
これからもどうぞよろしくお願いします^^
アル姉 | 2013年11月09日(土) 18:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/328-5472950a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |