2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010'03.24 (Wed)

四国旅行で初体験続々【二日目:強風の恐怖編】

二日目:城観光編に続きまして二日目:強風の恐怖編をお送りいたします

恐怖の高速走行、松山道
朝から出ていた強風注意報。風は強いけれど汗ばむほどの陽気だし、宇和島城を訪ねたお昼頃は「やっぱり風が強いけどいいお天気で気持ちいいね」くらいで済まされていました(後で聞いたらアルパパはもうこの時点で運転がけっこう大変だったとのこと、汗)。ところが、大洲城を訪ねた夕方にはもうかなり風の威力が増しており台風のような雰囲気に。強風の中の高速は避けたかったのですが車中泊予定の道の駅「小松オアシス」まで一般道を使うとさすがに遅くなりすぎるため大洲ICから松山道へ。

松山道走行中の様子。サードシートから運転席を映したものです。アスペクト比おかしいですが・・・(苦笑)

恐怖の幕開けでございます。3/20は全国的に大荒れで強風により多数の負傷者が出た日です。残念なことに死者まで出ました。よりによってそんな日に、キャブコンで高速道路を走ることになろうとは・・・。松山自動車道は山の中を走っています。多数のトンネルと谷があり、谷の橋梁部分では山から風が吹き降ろしハンドルを取られふ~らふら。揺れ出すとなかなかおさまりません。電光掲示板には「横風注意」の文字と共にひっくり返る車の絵。乗用車なら笑って見ていられたかもしれないけどアルキング号は洒落にならない、ホントにひっくり返るんじゃないかという恐怖にアル姉はびくびく。そんな中、安全走行のアルキング号を追い抜いて前に入ってきたハイエースくん、強風に煽られあっという間に路肩まで押し出されていました

それを見たアルパパとアルママが異様なテンションで盛り上がっていましたが、アル姉は泣きそうだったよ・・・。二人ともなんでそんなに余裕で楽しそうなの。

道の駅 小松オアシス
IMG_2848.jpg IMG_2851.jpg
(翌朝21日に撮影)
二日目の宿泊地は松山自動車道沿いにある道の駅小松オアシス(普通車:139台)。石鎚山サービスエリアに隣接し、高速道路だけではなく、一般道からも利用が可能です。

IMG_2847.jpg IMG_2845.jpg

キャブコンと風の相性の悪さに泣きそうになりながら(アル姉だけですがね)小松オアシスに到着したのが18:00頃。一般道側から入った駐車場にはチャンプやレオバンクス、アトムなどキャンカーも数台。辺りはもう薄暗くなっており、到着後程なくして雨も降り始めました。夕食をとりながらテレビを見ていたら強風のニュースばかり。雨も風も激しくなり、雷も鳴り始めてしまいました。強風波浪雷注意報の文字に一抹の不安を覚えつつも、この日の最高気温は25度を超えていたため、どうしてもお風呂で汗を流したかったアル姉。前日に攣って痛んだままの背中も気になったので、雨が小降りになった隙を狙って併設される「椿温泉こまつ」に一人で向かいました。

利用料金400円。男湯と女湯の入れ替えがあるそうですがアル姉がいったときは
 女性---松の湯:大浴場、ドライサウナ、寝湯、露天風呂(ヒノキ)、水風呂
 男性---椿の湯:大浴場、ミストサウナ、季節湯、露天風呂(岩)、水風呂
になっていました。実はアル姉、ホテルや旅館以外の日帰り温泉やスーパー銭湯は未経験。ドッキドキです。何を持っていってどうすればいいのかもよくわからず緊張しながら入館。券売機で入浴券を買ったところで石鹸を車に忘れたことに気付き購入する羽目に・・・。シャンプー・トリートメント・洗顔料・タオル・化粧水などは持っていったのにな、惜しい手ぶらでもお金さえ出せば買えますがもったいないよぅ。温泉慣れしてらっしゃる方はMyお風呂セットも格が違ってて面白かったです。私も次からあれくらいの準備をしてこなくては・・・。

嵐の夜、20:00を過ぎていましたがお客さんもそこそこ。皆さんきっとSAや道の駅利用者だったのでしょうね。寝湯で座高が足りず苦しんだり、雨に降られながらも露天風呂に入ったり、温泉初体験を楽しんでいたらあっという間に1時間以上経っていました。気持ち良かった~

お風呂にも入ってあとは寝るだけと思ったら・・・恐怖体験再びです。夜が深まるほどに風は強さを増し、アルキング号が揺れる揺れる。耳栓をしても雨音が酷いし、シェル部分の軋み音もひどい。そして何よりも地震の様な揺れが怖くてたまりませんでした。この日アル姉は何を思ったかバンクで寝たのです。明らかに下よりよく揺れます。そして寝返りの弾みでライトのスイッチを押すこと3回(笑)もう二度とバンクでは寝るものか

深夜1:00、車を停めた位置がもろに風を受ける場所だったため我慢できなくなり、少しでも風を避けられる山側へと移動。風の当たる向きが変わったので少し揺れも和らぎ、何とか眠ることができました。翌朝「全然眠れなかった」と言うアルママ。寝息がしっかり聞こえていましたよ。そして「怖い怖い」と言いつつしっかり5時間以上寝たアル姉。いやでも本当に怖かったんだって、信じて(笑)

小松オアシスのある西条市では20日に最大瞬間風速25m/sを記録していましたが、アルキング号は無事春の嵐を耐え抜くことができました。停まってれば大丈夫なんだね、よかった~。二日目は本当に風との闘いになりました。大変だったのはハンドルを握るアルパパでしょうけれど、怖がってたのはアル姉。そして不思議なことに普段は風を怖がるアル先生が何故かアルキング号の中ではまったくもって平気そうでした。

IMG_2850.jpg
翌朝黄砂でくすむ小松オアシス。お散歩中のアル先生、思いっきり見切れてますよ

三日目はまた後日


にほんブログ村参加中。クリックしてくださるとママが喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ  
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

18:52  |  四国  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんわー。
キャンピングカーに乗りだして、横風とわだちには、驚かされました。
なかなか慣れません。
それと、有料駐車場のひさし?屋根?、あれは一体何メートルなんでしょう?
高さ制限の表示してほしいですね。
ペケ田 | 2010年03月24日(水) 19:42 | URL | コメント編集

すごい風でしたねぇ
我が家もしまなみ海道のPAで吹かれながら一夜を明かし、
瀬戸中央道が一部二輪車通行止めと聞いて
もしや、ここも通行止めになるかも と、未明に走り出して、橋の上でビュービュー吹かれ、よろよろしながら四国にたどり着きました。
大型トラックが右隣を追い越して行く時のフワッと感には余り動じませんが、強風やわだちで、ハンドルが取られて車が流れていくのは、何度経験してもなれません。
キャンパラナー | 2010年03月24日(水) 22:20 | URL | コメント編集

いやーホントに揺れてますね。冬の日本海で船に乗ってるような気分になりましたよ。
でもアル君にとっては揺りかごのような気分だったかも。
それにしてもアル姉さんの旅行記読み易いですね。
師と仰いで真似したいけど、そこまでの文才はないしv-394トホホ
きっぽう | 2010年03月25日(木) 11:05 | URL | コメント編集

★Re: タイトルなし

■ペケ田さん
こんばんは^^
話に聞いてはいましたが、わだちと風の影響は実際に経験すると驚きますね。
父はだいぶ慣れたと言ってますが私はまだまだびっくりします。
わんこも慣れてしまったのか余裕そうです。

駐車場のゲートのひさし、本当に高さ制限の表示が欲しいですよね。切実です。
毎回四苦八苦させられていて、いっそのことひさしなければいいのにと思います。
乗用車だと雨の日に大変有難いんですがキャンカーには・・・(苦笑)
アル姉(犬沢ゆう) | 2010年03月25日(木) 20:49 | URL | コメント編集

★怖かったです

■キャンパラナーさん
なんと、キャンパラナーさんも四国にいらしてたんですね~。
21日に松山の手前でエレキングを見かけたのですがさすがにあれは違ったかな(笑)

我が家の場合しまなみ街道を通って帰れるかどうかが不安でした。
少しでも風が弱まらないかとお昼過ぎまで今治から松山の間をふらふらしてたおかげで
だいぶましにはなりましたがわ、だちと強風はかなりの強敵ですね。
アル姉(犬沢ゆう) | 2010年03月25日(木) 20:57 | URL | コメント編集

★ありがとうございます

■きっぽうさん
アスペクト比が狂って少し縦長になっちゃってるのでよけい揺れてみえますが
本当に船に乗ってる感覚でしたよ~。酔うかと思いましたv-406
私がキャーキャーいう横でアルはすやすや眠ってましたね~。
坂道のカーブみたいに横Gがかかる揺れ以外は平気みたいです。

私の旅行記、いつも長すぎて読みづらいなーと反省しているのですが
お褒めいただいて光栄ですv-343
ありがとうございます~。
アル姉(犬沢ゆう) | 2010年03月25日(木) 21:00 | URL | コメント編集

21日の朝に松山道で小松オアシス(石鎚SA)を上り方向に通過しました。
8:00すぎぐらいでしょうか。
「ここでよくお風呂にはいるよねぇ。」 といいながら
寄らずに通り過ぎました。
再接近していたのですね。
あそこで、「寄ろうか。」なんて言ってたら遭遇していたかも知れません。
不思議 不思議・・・・

うちのエレキングは普通のエレキングです。
見分けつかないですね。

そうそう、リアベッドのところに2つ、運転席側のサイドに小窓をつけてます。(夏に頭が涼しくていいんですよ)

お風呂セットはぜひ ご準備ください。
私のお風呂セット というよりは お風呂バッグは

100均で買ったスポーツバッグ風の中くらいのバッグに

 着替え

 タオル

 レジ袋2枚(洗濯物用とぬれたタオル用)

 めがねケース(ロッカーの中はおしくら饅頭状態なので)

 液体石鹸(固形だと乾きにくいので)+リンス入りシャンプーを
百均の小さなボトルセットに入れて装備

 すぐの取り出せるように、100円球2枚を入れたキーホルダーのようなものをバッグのもち手に装着(靴箱用の100円です。子どもと自分ので2枚)

出発する前から泊数に応じて着替えを入れておき、お風呂についたら、そのバッグを取り出すだけで、準備完了です。便利ですよ。家族4人分のお風呂バッグをめいめいが持ってエレキングから出てきたら、それがキャンパラナー一家です。
キャンパラナー | 2010年03月27日(土) 05:04 | URL | コメント編集

★びっくり

21日の8:00くらいといったら遅めの朝食をとっていた頃です。
あの強風の中の松山道を走ってらっしゃったとはv-363
お互い中国地方ですからいつかどこかですれ違うかもしれないですね(笑)
私にとって初の外湯があそこの温泉だったのですが400円て安い方なんですね~。
温泉情報誌なんかを見ててどこも高いなーと面食らっています。

お風呂バッグの詳細を教えてくださってありがとうございます。
参考にさせていただきますv-411

>  すぐの取り出せるように、100円球2枚を入れたキーホルダーのようなものをバッグのもち手に装着(靴箱用の100円です。子どもと自分ので2枚)

なるほど!コレは便利。
私なんて靴箱とロッカー、両方でいちいちお財布を出し入れしてオタオタしてしまいましたv-406
外湯めぐりの師匠と呼ばせてくださいv-353
アル姉(犬沢ゆう) | 2010年03月27日(土) 22:27 | URL | コメント編集

師匠とよばれるには 難ありです。
泉質や効能など、「つるつるするねぇ。」とか
「塩っぱいねぇ。」以外は、わかりません。
ごめんなさい。

ですが、楽しみ方についてはわが子に伝授している最中です。
もちろん公衆浴場のマナーも・・・
子ども二人も長風呂です。

キャンパー旅のポイントはどこを観るかも肝心ですが、
お風呂と停泊地も大きなポイントですね。
計画を立てるときはこの2つを重要視して立てています。


キャンパラナー | 2010年03月28日(日) 21:35 | URL | コメント編集

★泉質や効能は二の次な私です

■キャンパラナーさん
気持ちよく入れたら私はそれで十分なのでやっぱり師匠です
気になるのはやっぱり所持品とマナーですかね~。

うちは両親がお風呂好きではなかったせいで
私がお風呂好きに目覚めるのも遅かったです。
キャンパラナーさんのお子さんは幸せですね♪

ゴールデンウィークに九州に行こうと思っているのですが
私が選ぶポイントはお風呂の重要度が上がっているのに対し
両親二人はシャワーでいい派なのでうまく噛みあいません(苦笑)
アル姉(犬沢ゆう) | 2010年03月29日(月) 22:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/32-99c35488

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |