2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013'10.10 (Thu)

四国カルスト 【大野ヶ原】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY DSC-RX100、α55
担当:アル姉
この記事は姫鶴荘の続きになります。たかが日帰り旅行なのに何度にも分けてごめんなさいね。これがラストですからお付き合いくださいませ。

9/21(土)
karstmap3.jpg
最後は大野ヶ原の紹介です。四国カルストの西端の地域で標高1,100m~1,400mの石灰岩台地です。県道383号線で姫鶴平から西へと進んでいきます。地芳峠では国道440号線との分岐がありますので、左手に伸びる細い上り坂へ進んでください。大野ヶ原までの道はけっこう狭かったですね。退避スペースもそこそこありますが片方はガードレール、片方は溝という素敵仕様の場所でのすれ違いは神経を使います。

観光メインの場合、ポニー牧場やミルク園のあたりがお勧めスポットだと思いますが、そのあたりは観光サイトさんにお任せしましょう。私たちが行ったのは大野ヶ原にある源氏ヶ駄馬と呼ばれる地域です。その昔、無数の白い石灰岩の姿を見た平家の残党が、白馬に乗った多勢の源氏が自分たちを取り囲んでいるものと見間違え、慌ててこの地から退却したことに由来するとか。ちゃんと三角点も存在する山なのでちょっと行ってみることに。

県道383号線で大野ヶ原に向かっていると、笹ヶ峠の手前にT字路がありますのでそちらを左に。

大きな地図で見る
写真を撮り損ねたのでグーグルさんに協力していただきましょう。

s-DSC01483.jpg
しばらく道なりに進んでいくと、斜面に見えてくるのが白黒の乳牛さんたち。実はここも姫鶴牧場が放牧をしている場所でなのです。

s-DSC01486.jpg
docomo中継所のアンテナが稜線に見えます。たしか途中にT字路があって中継所や源氏ヶ駄馬まで続く車道(農道)もあったのですが、源氏ヶ駄馬が何でどこを指すのかも分かっていなかったし、角度的に曲がりにくかったこともあり直進してしまいました。

結果行き着いた場所は一夜ヶ森の駐車場。
s-DSC01493.jpg
お恥ずかしい話、ここが一夜ヶ森の駐車場だと気付いたのは帰る直前で、一夜ヶ森が何かもわかっていませんでした。この行き当たりばったり感が何とも言えず残念ですが、気持ちのいい景色だったのでアル先生も出動です。

s-DSC01489.jpg
ラバーシューズ装着中。これをつけなきゃお散歩できないことは理解していますが、あんまり好きじゃないのよね。

s-DSC01497.jpg
無事装着。出陣前のひとふんばり?

s-DSC00095.jpg
準備万端じゃっ。うーん、農道のわだちの方が車椅子のトレッドより狭いなぁ。

s-DSC00098.jpg
悪路続きで申し訳がないです・・・。人間には絶景なんだけどアル先生は地面しか見えないからねぇ。

折り返しますね。
アル先生のイイ顔があるので良かったら続きも読んでやってください。

【続きを読む】

s-DSC01494.jpg s-DSC00091.jpg
上を見ればのどかな放牧風景と、石灰岩の群れ。なるほど、これが白馬に乗った源氏の大群に見えたわけですか。勝ち目がないと思っちゃうよねぇ・・・。

見下ろす景色がこれまた素晴らしい。
s-DSC00090.jpg s-DSC00103.jpg
どっちのカメラでもパノラマ写真が撮れたはずなのに何故撮ってないのか。カルスト特有のドリーネもしっかり見えます。

s-DSC00106.jpg
これが一番分かりやすいかな。左手前にある傷のような窪みです。あ、細長いのはウバーレっていうんでしたっけ。

ちなみに、一夜ヶ森というのはこちら。駐車場からでもたぶん見えます。
s-DSC00101.jpg
草原の中にあるこんもりとした小さな森。一夜ヶ森は入らずの森とも呼ばれています。弘法大師が修行中に野宿をし、翌朝目覚めると一夜にして森ができていたとか。農道は森まで続いていますがアル先生の負担を考え遠くから拝むだけで帰りました。

s-DSC00110_20131005205124e07.jpg
わずか30分足らずのお散歩でしたが楽しんでいただけましたでしょうか。
うむ、くるしゅうない。もっと行けるぞ。
という勢いでしたがさすがにもうダメ~。

s-DSC00113.jpg
帰り支度中に振り返ったらこんな感じのテンションに(笑)
今度はもっと道のいい場所を選んでこようね。姫鶴平でキャンプもいいかな?

※今回アル姉たちが微妙に行きそびれた感じの源氏ヶ駄馬ですが、お山へ行こう!というサイトさんのかなり詳しい記事がありますのでそちらを御覧くださいませ。大野ヶ原周辺のこと、四国カルスト全般にわたって詳しく紹介なさっています。

さて、時計と見ると16時を過ぎています。日帰り旅行だからさすがに帰宅の時間ですよ。
s-DSC00121.jpg s-DSC00118.jpg
足を洗って帰り支度。

map2_201309240848368ea.jpg
大野ヶ原からの帰りも林道を使います。上りは東津野城川林道の東線を使いましたが下りは西線になります。ここで何故だか、アル姉が運転することになってしまいました。二車線ですが草木の茂るとても素敵な道でしたよ・・・。この林道がまた何度も何度も愛媛県と高知県を行ったり来たりします。あまりにもしつこいナビのお知らせにちょっっぴりイラっ

s-DSC01535.jpg s-DSC01529.jpg
何とか無事197号線まで下りまして、ひたすら東へ。津野町の道の駅布施ヶ坂に着いたのは18時前。閉店寸前の売店でちらし寿司などを買い込み夕食となりました。この道の駅、トイレがめちゃめちゃ綺麗です。全部ウォシュレットだし個室は広くてそれぞれに手洗い場がありました。かなり寂しいところにあるので車中泊向きとは言いがたいですが(苦笑)

s-DSC01528.jpg s-DSC01550.jpg
裏手に農村公園なるものがあって小川の流れる小道があったのでアルも最後のお散歩。あとはあなたは寝るだけでいいわね。

この後、知らない夜道をトラックに煽られながらも半泣きで走り、愛媛県境手前でアルパパにバトンタッチ。22時に無事自宅へ到着することができました。日帰り旅行はアルランダーさんでも十分行けることが判明しましたね。居住性はともかく機動性は断然上ですから当然かな。ただ、半分以上を運転することになったアル姉の感想としては、なんだかキャンピングカーの方が楽だなーという印象が強いです。シートの差とスピードによる緊張感の違いでしょうか。これからは日帰り旅行もちょこちょこ増えそうなのでアルランダーさんにも慣れないとなぁ。でもとりあえず、次回はアルキング号さんで3泊3日の旅に行ってきます ここまで四国カルストレポにお付き合いいただきましてまことにありがとうございましたっ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

17:29  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/316-be0e641b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |