2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013'10.04 (Fri)

DM治療日記その17

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

s-DSC01629.jpg
四国カルスト旅行記の途中ですが恒例のアレです。この一週間は法事でのお留守番や兄夫婦との遭遇など、アルには少しストレスフルな一週間になったかもしれません。前足を触られると嫌がったりするのも気になります。10月最初の健笑館(岡山県倉敷市)、今回で通算19回目です。

10/3(木)
秋らしくなってきたなーと思っても突然暑い日があったりで、アルもなかなか大変そうですがこの日は涼しめの一日でした。アル姉がおとなしかったからか、アルも先週と違って落ち着いています。お昼前だったのでちょっぴり腹減りモードでしたけどね。
s-DSC01576.jpg
天高く馬肥ゆる秋、食欲は旺盛ですがフードがヒルズのメタボリックスなので少しずつスレンダーになるアルです。ここ数日前足を触ると嫌がっていたのですが、先生が相手だと嫌がらない(*´ω`*) 先週は左前足を触る時間がなかったため、四国カルストでの荒行(?)の疲れが残ったままの状態でした。それをリセットしていただきます。

人間でも同じなのですが背中に疲れがたまると手に力が入らなくなりますよね。動物でも同じらしく今週は前足を使うのがしんどそうでした。余談ですがアル姉は健笑館に通う前、自分で自分の腕を持ち上げるのもしんどかったし握力も10kg前後まで落ちていましたが。今はアルを抱きかかえることも可能ですし握力は女性では高めの30kg近くまで復活しています。

背中から首にかけてほぐしていただいていると、アルがとろーんとしてきました あまりに気持ち良さそうでそれを見ているアル姉もなんだか

s-DSC01219.jpg
先週言われた車椅子の改良をちゃんとやったので(後述します)その報告と、アルの足に変な影響がないかというのを聞いてみました。エネルギーがよく反応する場所はあるけれど、悪い反応ではないということで、アル姉の改良が改悪にはなっていないことにほっと一安心。

施術を終えてアルを連れて帰るときが飼い主としてはとても辛い時間だったりします。帰る気が微塵もないのです。遠くに遊びに行ったときに「帰るの嫌だもん」ってなってるのと同じ状態のアルを抱きかかえて車に乗せるんですが、耳がペターンてなって表情がとても悲しそうです。それだけアルが好きな場所であること、元気に夏を乗り切れたことを健笑館に感謝です。ありがとうございます。



さて、車椅子の改良、再チャレンジです。先週の記事を御覧ください。
s-DSC01591_20131004102613b38.jpg
結束バンドをまた全部外しちゃいます。

s-DSC01593.jpg s-DSC01595.jpg
巻いてあるクッション材を取るとこうなってました。糸を全部ちょん切って広げて縫い直せばいいだけ、と思っていましたが、リングの太い部分の長さにはあまり余裕がない上に、今まで縛っていた部分の強力なクセが抜けないため、内径を5mm広げるだけで精一杯でした。

これで右と左の差は1cmから5mmに・・・。でも、実は最初からリングの高さにもかなりの差がありまして、それがなんとなく納得がいかなかったので、もう片方も同じように外して今度は5mm詰めてみました。
s-DSC01601.jpg
角度に気をつけながら結束バンドで固定。とりあえず内径はこれで同じになりました。

s-DSC01604.jpg
高さも揃ったかな。アルパパがやったほうが上手くいくと思うのですがとりあえずアル姉の改良で様子見です。



ある日のアル
アルおいでー。
s-DSC01689.jpg
なーに?おやつ?

アル姉は爪切りをしたいのです。
s-DSC01681.jpg s-DSC01654.jpg
なのに気付くとこうなっていて、すっかり甘えたさんモード。

s-DSC01682.jpg s-DSC01687 (1)
子犬の頃はよくひざの上に載ってたなぁと思い出したら何だか降ろすのが惜しくなってしまいました。爪切りはまた後で。しばらくおやすみなさいかな。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 犬のいる生活 - ジャンル : ペット

19:13  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今「犬から聞いた素敵な話」を読んでいます。
ある日のアル の写真を見てて話の内容を思い出してました。
読んでると涙が出てきます。
お薦めですよ。
読んだ後はmametaroがよけい大好きになります。
mametaro | 2013年10月08日(火) 17:54 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

半年ほど前に書店でパラパラっと立ち読みし
ぶわっと涙が出てその場で泣き出しそうになったので慌てて購入した一冊です。
mametaroさんのコメントを読んで久しぶりに読み返しました。
泣くもんかと思ってもやっぱりボロボロ泣いてしまいますね。
真っ赤になった目で鼻をすすりながらアルを抱きしめたら
仕方がないなーという感じでちょっと顔を舐めてくれました。
昔は私が泣くともっと真剣に舐めてくれてたのに
最近は若干面倒くさそうになのが気になります(笑)

アルに対する”大好き”の気持ちがアルにも届いてるといいな。
アル姉 | 2013年10月09日(水) 20:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/315-b6277261

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |