2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'08.30 (Fri)

DM治療日記その13

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

s-DSC00634.jpg
週末ごとに雨が降るのも困ったものですね。雨が降ると普段からただでさえ寝てばかりのアルの睡眠がさらに増えてしまってぜんぜん遊んでくれません。


8/29(木)

14回目の健笑館(岡山県倉敷市)に行ってきました。

s-DSC00626.jpg
三回連続で左中心に診ていただいてるので今回はどうしても右を・・・と頑張って右半身を上に横になってもらいました。アルは右半身を上にするのがあまり好きではなく、家でもずっと左半身を上にしているのでそのうち床ずれでもできるんじゃないかと不安でたまりません。それに、ここのところ気になっているのが右足の筋肉がもうほとんどなくなってしまっていること。車椅子では歩けているように見えても、車椅子なしでは右足はほとんど動きません。足先までの神経がぶっつり切れちゃってるんじゃないかというくらい無反応ですし油が切れた機械みたいにギシギシと固まっています。太ももの付け根辺りまでは力が入るのだけれど、その先は固まってしまって力が伝わりにくい状態になっていたそうです。

s-DSC00629.jpg
急速充電中。今日は息をしているのか心配になるくらい呼吸が落ち着いててびっくりです。ていうか、死体みたいです。旅行中なんかにもたまにあるんですよね。死んでるんじゃ?と不安になって揺すって起こしてしまいます。数週間前に痛めたらしい左足の先の方は順調に回復しているのですが、最近家の中を這って動くため左足の肉球の横が痛々しい感じになってきました。今のところ毛が禿げて少しブヨブヨと腫れています。硬いタコにでもなってくれればいいのですが・・・。

施術後、右足の動きはだいぶ良くなっていました。今日になってよく観察して見ると、力が入りにくいながらも右の足先を使って歩こうとしているように見えました。足先の感覚も少しよみがえっているのかつつくと反応があります。嬉しくてつついてたら「フンッ」と鼻息で怒られました

s-DSC00637.jpg
今週もお出かけは微妙かなぁ・・・。台風15号が近づいていますから皆さん十分気をつけてくださいませ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

20:18  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

一進一退ということば通りの状態でしょうか。
毎日様子を見ていると、逆に見えない変化というのが
あるように思います。
昨日と今日を比べても特に変化なし、と思っていても
長いスパンで見ると大きな変化があったりするものです。

たとえば(いいたとえではありませんが)
毎朝、鏡で自分の姿を見て昨日と何も変わっていないように見える日々が続いたのに、いつのまにか髪の毛がなくなっていたりして。

アル先生も、長い目で変化のようすを見てあげるのが必要かもしれませんね。
風邪をひいた時のように、今日、明日で回復するたぐいの
病気じゃないでしょうから。

いつまでも元気で一緒にいてくれるのが一番ですね。
鼻息で怒る元気があれば大丈夫。
私もmametaroによく同じことをされます。
mametaro | 2013年09月01日(日) 09:26 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

長いスパンで考えなくてはと思いながらも
実際目の前にいるアルの動きに一喜一憂してしまうんですよね。
今週の日曜日は久しぶりに備中国分寺へ行き、
坂もある道を1時間近く元気に歩きまわりましたが
翌日はその反動かぐったりという感じで見ていてドキドキハラハラの毎日です。

たとえ話の自分の姿、鏡を見たくなくなりますが
私なんて気付いたらしわが増えてしまっています(笑)

わんちゃんのあの鼻息で怒る感じ、
されるとちょっぴり嬉しいのは私だけなんでしょうか。
最近はアルに何をされても胸がキュンとしてしまうバカっぷりです。
アル姉 | 2013年09月02日(月) 17:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/301-addef81b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |