2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'07.04 (Thu)

DM治療日記その5

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

この一週間は法事で家をあけたりすることもあり、なかなか落ち着かない感じでしたが、後半は少しずつかまってあげる余裕ができたのでアルの笑顔も多くなってきた気がします。

しかしお散歩の状態はこんな感じでした。(7/1)

聞き苦しい声が入ってますがご容赦くださいませ(汗)

右の後足が後ろへ反ってしまうんですよね。ラバーシューズは一回り小さなものに買い換えました。でもこれって素材がゴムなのでひっかかりやすく余計反ってしまうのかなぁという感じ。出血はしないけどひっかかるのは良くないですよね。

s-P1030905.jpg
それでも、お友達を見つけたり、大好きなおばさまたちを見つけるとわりとしっかり歩いてくれます。相手がどう見ても退き気味なのは・・・気のせいじゃありません(笑) アルはわんちゃんに対しての態度がちょっとチンピラっぽいもんね。

7/4(木)
さてさて、7/4(木)6回目の健笑館(岡山県倉敷市)ですよ~。

s-P1030911.jpg
貫禄たっぷりの背中・・・。今回はまた腰の辺りの陥没が出てきているとのこと。長いこと陥没した状態でいたためちょっとしたはずみでまた戻っちゃうことがあるんだそうです。

一週間のアルの様子と、最近ちゃんと歩けないのでリハビリ用の足を固定しないタイプの車椅子を買ってはどうかという話が出ていることを伝えたところ、散歩を車椅子にしてしまうと余計歩けなくと言われてしまいました。ですよねぇ(汗) でも普通に歩かせると血が出ちゃうし、靴を履かせるとひっかかっちゃうし悩ましいです。

最近の施術では「足がクロスしないように」ということと「兎跳びがでにくいように」ということにポイントを置いていたそうで、確かに足のクロスは減りましたので納得です。兎跳びは・・・アルは子犬の頃から早足ができない子で、走るときは若干兎跳び気味でしたので年季が入っています。股関節形成不全気味の子がそういう走り方になっちゃうんでしたっけ。

s-P1030914.jpg s-P1030916.jpg
今日はわりと早い段階で左足から右足を触っていきます。そしてこの顔(笑)

先週紹介した腿の内側の筋肉のコリコリを触ったらちょっとびっくりしたのかアルが「ウワウッ」と声を上げました。もう一度嫌だと感じてしまうと記憶に残って次回から触れなくなるかもしれないということで、別のアプローチ。鼠蹊部?のコリコリを直に触るんではなく、外側の筋肉をほぐして動きをよくしていくことになりました。

s-P1030913.jpg
アルの右足は後ろ方向へは良く動くのですが前方向での上下の動きが悪いのです。人間で言うと腿上げみたいな感じ?ん・・・なんか違うか。ともかく、前方向へ引き寄せる力が弱いので後足が置いてけぼり食らって反り返ってしまうんですね。先生いわく、この筋肉に正しい動きをさせたいのだそうです。

最近はお散歩時間も減ってしまっているため、筋肉をつけようにもつかないんじゃないかと心配したんですが、時間の問題ではなく正しい動きで使えることが大事なのでそのあたりは問題ないのだそうです。アル姉も足首の動きが悪く自転車を進めてもらってますが間違った使い方で1時間乗るよりも正しい使い方で5分乗る方が効果があると言われ身を持って感じているので納得です。

今回先生に「アルちゃんのお尻が高いのは昔から?」と聞かれましたが、子犬のときからです。腰が高い子の方がヘルニアなんかにはなりやすいのじゃないかという話でした。足は短いのにお尻が高いアル・・・。腰の位置が違えば足が動きやすい方向も違ってくるのだそうです。後足の動きがちょっと他の子と違っていたのも体型からくるものだったのかぁ。

s-P1030918.jpg
1時間の治療の間ほとんどトローンとしてたアル。毎度毎度治療日記がほぼ寝顔です・・・。さて、右足をほぐしたあと、左右のバランスをとるためにもう一度左足を診て終了となりました。ありがとうございましたっ。

とりあえず車椅子は買わない方向で、なんとか爪や足を保護しつつ歩いてもらう努力を飼い主である私たちがしなくてはならないですね。今日はラバーシューズなしでお散歩させたら少しは裏返るものの比較的いい感じで歩けました。でも足の甲の部分が・・・ん~、難しいっ。誰かいい知恵をかしてくださいです

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

20:50  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは。
私も体調が優れず、”早退して「健笑館」に行ってみようか”と
考えながら、何とか1日を乗りきったけど、覚悟を決めて
「健笑館」に行ってたらお逢いしてたかも(o^。^o)


動画見ました。

足を前に振りだす事もですが、左右への踏ん張りも出来ていない感じせん?
他の3足でバランスを取っているんで分り難いけど、3足が前に進むから、
右足は、ついてってる状態で、右足は殆ど力が入らないか、力を入れないような・・・。
 アル先生、今迄の歩行パターンが体に、しみついてて、足が動いてるように見えるだけ?
コリコリは硬結と思われます。右足は殆ど動いてなくて、関節に不自然な力がかかっているような。

此処は、覚悟を決めて、アル先生の右足大転子辺り迄、ケケをそって、
テーピングと、バンテリン塗り塗りとかも必要なんとちがうやろか?。

シューズの為か、人間の足でいうなら、指の表側迄、地面に付いてしまってるように
みえました。痛いんじゃないんかな~。
フェルト生地を靴底にした摩擦抵抗が少ない、お手製の靴がいいんじゃないかな~。
夜中に小人さんが、やって来て、立派な靴を作ってくれる話し、在りましたよね。
アルママの寝床にフェルトと、完成図を置いてたら、小人さんが靴を作ってくれてたりせんじゃろか(o^。^o)


長々と書いてごめんなさい。ではまた。
えいじょう(おかやん) | 2013年07月04日(木) 23:49 | URL | コメント編集

★えいじょうさんへ

こんばんは。
健笑館は先生お一人ですしスケジュールが詰まっているので
当日いきなりは無理だと思います。
もし行かれるのでしたらちゃんとお電話で予約をとるのがいいと思います。

深い考察ですね。
アルの治療については先生にお任せしているので^^

シューズを履かせなくても指の表側を擦っちゃうんですよ。
それで出血してしまいます。
お手製の靴は耐久性に問題が出てきそうですが
我が家にアルママを助ける小人さんはいないのです。
あ、私が小人さんになるのか(笑)
アル姉 | 2013年07月05日(金) 19:59 | URL | コメント編集

お久しぶりです。
そちらも暑いでしょうね。名古屋は相変わらずの地獄のような暑さです。
昨日、今日と37℃超えで我ながらよく生きているものだと感心しています。
お体ご自愛ください。
さて、動画を見せてもらいました。これは本当にかわいそうですね。どんな方法でもいいので、治る手だてはないものかと思っちゃいます。
せめて散歩だけでも普通に歩けるといいですね。
治療の時のあのトロ~ンとした目つきは、気持ちがいいからだと思いますが、早く快癒の兆しが出てくるといいですね。
何もできませんが、せめて早期の回復をお祈りします。
mametaro | 2013年07月10日(水) 22:56 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

ご無沙汰しております。
名古屋の気温はよくニュースで目にしますね。
35度程度の岡山でよかったと思ってしまいました。

温かいお言葉ありがとございます。
完治した例のない病気なのでなかなか大変です。
病気の進行と先生の施術が追いかけっこ状態なのでしょうかね。
今日も治療のあとは足を引きずっても元気だけは復活していたので
治療を始めていなかったらどうなっていたのかとぞっとしているところです。
アル姉 | 2013年07月11日(木) 20:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/287-dcea1fd6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |