2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'06.05 (Wed)

真庭市勝山の町並み その1

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉 

6/2(日)

梅雨入りしたのになかなか雨が降りませんね。でも6月最初の土日は晴れるでもなくすっきりしないお天気でした。行楽日和とは言えませんが梅雨が明けてしまうとアル先生に厳しい時期になってしまうため日曜日に近場へお出かけしてきました。今回も岡山県内の日帰り旅行ですが、意外と知らない岡山県の観光地の魅力に目から鱗です。というわけで、昨年の大山キャンプの帰りに通った勝山に行ってきましたよ~。

出雲街道の宿場町として繁栄した勝山は岡山県北部真庭市(蒜山高原の南)に位置します。美作勝山藩二万三千石の城下町であり、土蔵や白壁、格子窓の古い町並みが残ることから、昭和60年に岡山県で初めての「町並み保存地区」に指定されました。

駐車場は何箇所もあるはずなのですが、下調べが不十分だったため一番手っ取り早い駅前の観光駐車場にアルキング号をとめて歩くことにしました。
s-P1030757.jpg s-P1030754.jpg
姫新線中国勝山駅、こじんまりとした駅です。ありがたいことに勝山の観光駐車場はどこも無料なんですよ。

駅には観光案内所もあるのでガイドマップをもらってきました。
katsuyama-map_20130603120822.jpg
右下が中国勝山駅。赤く色を変えているルートを歩きましたが全行程3キロ弱です。黄色いラインは出雲街道。

s-DSC09109.jpg
中国勝山駅の目の前に見える檜舞台のゲート。

s-DSC09117.jpg s-DSC09118.jpg
勝山は木材の町としても有名。ウッドストリートと呼ばれる新町商店街。比較的新しく見える檜のアーケードは平成8年に作り直されたのだそうです。歩道には硯に用いられる地元産の黒い“高田石”がちりばめられていました。駅前から町並み保存地区までのルートを特産物で固めるとはなかなかの趣向です。日曜日の午前10時くらいだったんですが観光客がほとんどいません。でも地元の車はめちゃめちゃ通るのでわんこ連れにはちと厳しい。生活道路なので仕方ないですけどね。

s-DSC09115.jpg
ショーウィンドー内のセントバーナードくんに興味津々のアル先生。その子は動かないから諦めてよ・・・。

s-DSC09121.jpg
檜舞台の終点の交差点。左手に見える立派な建物は文化センター。右手に曲がると町並み保存地区です。でもちょっとまっすぐ進んで旭川へ向かってみます。

s-DSC09123.jpg
対岸に見えるのは木の駅と呼ばれる木材ふれあい会館です。

引き返して町並み保存地区へ。
s-DSC09125.jpg
遊歩百選にも選ばれた町並みはとても綺麗に整備されています。

s-DSC09127.jpg s-DSC09128.jpg
くすりと笑ってしまったり何だかほんわかするような川柳がたくさん掲げられたお店がありました。御食事処かなにかでしょうかね。

s-DSC09140.jpg
くんくん、何だかいい匂いがするワン と思ったらパン屋さんですよ。自家製の天然酵母を使用したパン作りをなさっているオーナーさんが良い水を求めて千葉から移住し勝山で再開したのがこのタルマーリーというパン屋さんです。美味しそうな匂いにヨダレが出ちゃいそうなアル姉でしたが、アル先生もいるしちょっと無理かなぁとスルーしちゃいました。

s-DSC09137.jpg
こちらはあかりのギャラリーKEN工房さん。素敵なステンドグラスが目を惹きます。

勝山の町並み保存地区は"のれんのある風景"が有名なのに意外と多くて残念だったのが定休日のお店。
s-DSC09129.jpg
こちらは隔週で日曜日が定休日の和菓子屋のきくやさん。暖簾はしまわれたままです。観光客が少ないから日曜定休にしちゃうのか、日曜定休のお店が多いから観光客が少ないのか、ちょっと悩んでしまいました

s-DSC09133.jpg s-DSC09145.jpg
商店以外の一般のお宅もそれぞれに暖簾を下げていてその数は80だったか100だったか・・・。

s-DSC09141.jpg
”のれんのある風景”の生みの親ともいうべきお店がこちら。ひのき草木染織工房さん。何か町に特徴をということで自らの店の軒先に暖簾をかけたことをきっかけに、商店、工房といったお店だけでなく、一般の民家までもその姿勢に賛同し、皆さん自主的に自費でのれんを制作して軒先に下げているのだそうですよ。

s-DSC09147.jpg
郵便局ではありません。切手・印紙を取り扱う和紙のお店、市瀬屋さん。郵便番号入りの暖簾が面白いですね。

s-DSC09149.jpg
御食事処 郷宿さん。江戸時代の公事宿で、近郷の村役人の宿泊所だった建物です。

s-DSC09151.jpg
来た道を振り返ってみます。あれま、観光客いませんね

s-DSC09156.jpg
郷土資料館の暖簾は美作勝山藩の藩主三浦氏の家紋。

s-DSC09159.jpg s-DSC09152.jpg
三浦坂と呼ばれる坂。高台には勝山文化往来館ひしおとカフェうえのだんがあり、若い女性たちがそちらへ向かっていくのが見えました。素敵なカフェから見下ろす勝山の町並みにも抹茶パフェにも興味がありましたが我慢我慢。旅行の醍醐味は現地の美味しいものを食べることだという方も少なくないですよね。でも我が家はなかなかそうはいかないのです

s-DSC09162.jpg s-DSC09161.jpg
北を向いても南を向いても人が映っていませんが、観光客が皆無というわけでもなくちらほらいるんですよ~。町並み保存地区のど真ん中にある中町駐車場にはけっこう車が停まっていました。アルキング号でこの道を走るのは気が引けるのでやっぱり駅にとめて正解ですね~。

うーん、このあたりがちょうど真ん中でしょうか。途中ですがいったんここで分割しちゃいま~っす。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:47  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おぉ~ これが勝山地区ですか。
いい雰囲気出してますねえ、大好きです。
今回、拡大して何度も見たのが川柳。
サラ川は有名ですが、ここも引けを取りませんね。
こんなすてきな町並み、ぜひとも歩いてみたいものです。
mametaro | 2013年06月05日(水) 22:58 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

日曜日とは思えない観光客の少なさでしたが
勝山の町並み自体はとても素敵でした。
定休日の商店が少なければ言うことなかったんですけどね。
この川柳のお店、写真以外にも川柳がたーっくさんあったんですよ。
面白かったのでゆっくり読んでいたら
川柳の読めないアル先生に怒られちゃいましたけど。
アル姉 | 2013年06月06日(木) 08:48 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/275-7a246740

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |