2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013'02.04 (Mon)

走行安定性

どうも、アルパパです。

s-DSC07502.jpg

キャブコンは走行安定性が悪いというのは常識なんでしょうね。
私の乗っているのはカムロードベースで、他の車を知らないのですが、他の車種も似たり寄ったりではないでしょうか。走行安定性といっても色々ありますが、最近、直進安定性について気付いたことがあります。


初めてこの車のハンドルを握ったとき、まっすぐ走らないことに驚いたり、高速道路で、大型バスや大型トラックに追い越される際の風圧による車のふらつき、更には、轍の乗り越えによるハンドルの取られにも、度肝を抜かれたことが思い出されます。

それでも、いつの間にか、気にならなくなっていました。慣れが半分でしょう。

それと、明らかに契機となった改造があります。それは、バッテリーのツイン化です。
エレキングは、元々は、左リヤタイヤの後にバッテリーを積んであり、更にその後方に予備ラックが装備されていました。ですが、重さ35kgもあるバッテリーをキャビンの最後尾に追加装着することは、コーナリング時のヨーモーメント増大、ピッチングにおける上下動増大等、走行安定性を悪化させることが明らかですから、根こそぎ、バッテリーを反対の右側、燃料タンクの横に移設することにしました。
これにより、重量のあるバッテリー2個、70kgがホイールベース間に置かれたわけで、ヨーモーメント、ピッチングの改善に効果があったと思います。なお、このとき、ソーラーパネルも設置したので、重量増加は+50kgになりました。


ここまでが、長い前置きですが、先日、久しぶりに直進安定性の悪さを感じました。
さて、何故? と思ったとき、もしや、と思ったのが、積載重量です。
燃料タンクは空に近く、エンプティランプが点いていました。
また、折から大寒の最中で、凍結防止のためすべての水を抜いていました。
水の積載重量はバカになりません。清水タンク、温水タンク、トイレの洗浄水タンク合わせると、満水にすれば120ℓにもなります。長距離旅行のとき以外、満水にすることはありませんが、それでも普段、50~80ℓぐらいは積んでいるでしょうか。

車が軽くなると、直進安定性が悪化するのではないか? 
直ぐに、燃料を満タンにしました。70ℓほど入りました。60kg弱の重量増加です。思ったとおり、それだけで直進安定性が回復しました。

次に、水を40ℓ追加してみました。
これで、直進安定性はいつも通り、特に意識しないでよい状態に戻りました。

結論:キャブコンは、重量物を積んだ方が直進安定性が増す!

直進安定性と積載重量がトレードオフの関係。
どこまでも、タイヤにとっては厳しい話であります。

s-P1030498.jpg
ぼくの体重も直進安定性に貢献してる?

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

19:31  |  キャンピングカー  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

「キャブコンは走行安定性が悪い。」
想像はできますが、やはりそうなんですね。

走行物体としてはどう考えても適切な形状とは思えません。
空力抵抗を考えると道理に逆行しています。

やはり車高が高い分だけ、燃料や水とで低い位置へ重量を
増加させるものがあればやはり安定するのでしょうね。
もちろんアル先生も安定化への貢献は大きいでしょう(笑)

我が車も販売されているままの形状とはいえ、
軽の特性でとりわけ風圧には弱いです。
強風が吹く海の上の橋を渡る時など、このまま海の藻屑となる
のではないかと思います。
また、高速で隣をトラックやバスが追い抜いていく時は
減圧で吸い込まれそうな恐怖を感じます。
これはmametaro一人では対応しきれません。
mametaro | 2013年02月05日(火) 10:37 | URL | コメント編集

★mametaroさんへのお返事

最悪の空力特性、高い重心、巨大な横壁、更にカムロードの場合は、フロントとリヤのトレッドが違うこと等々、悪条件が何拍子も揃い過ぎです。
カムロードの場合、キャビンのロールを抑えるためにリヤトレッドをフロントより広くしてありますが、これが轍路での直進安定性を損ないます。
フロントとリヤのトレッドが違うために、フロントタイヤが谷に入り、リヤタイヤが山に乗るような轍に入った場合、リヤタイヤも低い谷の方へ降りようとしてフラツキます。フロントが山、リヤが谷の場合は、フロントが谷へ降りようとしてフラツキます。
轍路でのフラツキだけは、構造上、どうしようもありません。

一方、空力特性を改善するためには、整流板なるものがありまして、これを取り付けるとかなり安定するそうです。
http://blog-imgs-43.fc2.com/a/l/k/alking/seiryuu.jpg
(コメントでは写真を載せられないのでURLですみません)
写真のように、バンクベッド下部のフロントとサイドに設置します。
用品として売っているようですが、アングル材を買ってきて、アクリル板をビス止めすれば、簡単に自作できそうです。接着は強力両面テープでOKでしょう。走行安定性と燃費にも好影響があるそうですが、トヨタの販売店などに持ち込むと、車検でクレームがつくかも?

あんまり格好よくもないですし、アル一家の場合、清水タンクの水量とアル先生の体重を頼りにすれば、何とか大丈夫そうです。
アルパパ | 2013年02月05日(火) 18:38 | URL | コメント編集

イロイロと考えてますね。

私は、青棒・ランチョ・増しリーフ(1枚もの)で、かなり改善されたと、思ってます。

後は、慣れですかね。
わだちで、たまにドキッとしますけどね。
やばいと、思ったら スピードを落とす これが原則です。

マイナス17℃の地より
ハラさん | 2013年02月07日(木) 08:50 | URL | コメント編集

★ハラさんへのお返事

まあ、走行性能としては最悪のキャブコンですから、色々工夫しながらやっていきましょう。
それも、楽しみの一つでしょうから。

北海道ですか。
ハラさんの車は、4WDのようですね。
羨ましい!

当方は、2WDですから、スノータイヤはあくまで思わぬ積雪に備えての装備。
積極的に雪道を攻めてみようという気にはなれません。
冬は行き先を探すのに苦労しています。
アルパパ | 2013年02月07日(木) 18:54 | URL | コメント編集

こんにちはです(^ー^* )

レースの世界のような話題でしたね♪
つい最近まで乗っていたロードスターも、助手席やトランクに砂袋を置いたりしてオーバーを抑えていました。
MR-Sの友人はフロントのトランクに砂袋でした。

乗る人数や、乗る場所、荷物…。

車の目的は変われど、手をかけていく場所がキャンピングカーもスポーツカーも変わらないのが、とても面白くて、いつも勉強させていただいています('▽'*)
藤崎 | 2013年02月07日(木) 20:01 | URL | コメント編集

★藤崎さんへのお返事

MR-S がオーバーステアなのは納得ですが、ロードスターもそうなんですね。
ライトスポーツカーらしく、オーバー気味に味付けしてあるのでしょうね。

私も、以前、ランエボⅥに乗っていたのですが、FFベースですから、そのままだと明らかにフロントヘビーで強アンダーです。
当時、ランエボはWRCを争っていた頃でしたから、このアンダーを打消すのに重装備をしていました。

リアには、AYC(アクティヴヨーコントロール)なるものが付いていて、比較的Rの大きな高速コーナーで外向きのヨーモーメントが発生すると、外側の後輪を増速させて外へ流されないようにし、
タイトコーナーでは、コーナー頂点からアクセルオンすると、フロントの機械式LSDが作動して、フロントノーズをぐいっと内側に向けさせる。
車がやってくれているのに、自分の腕がよくなったように錯覚します。
でも、今思い出しても、ちょっとワクワクしますね。

でも、キャブコンはスピードを控えめに、控えめに!
あれがコントロールを失ったら、とても立て直す自信はありませんから。
アルパパ | 2013年02月08日(金) 07:54 | URL | コメント編集

>アルパパさんへ
有難うございます、ランエボのシステムを初めて理解しました( ̄∇ ̄;)

ナビシートでしか体験したことが無いのですが、視覚でロードスターなら限界かなと思うような体勢に近づいてドキドキしているのに、限界にならないあの不思議な感覚は癖になりそうですねw(゚o゚*)w

でもキャンピングカーの高速は怖そうですよね…。
腕力が大切だったりするのかなと想像してみたりしてます。

そういえば…mametaroさんへの返信でご紹介されている整流板も、カナードと同じ種類のパーツですよね。
今はワゴン車に乗り換えてしまったのですが、ロードスターで覚えた知識の流用で快適化できるのかも!?と、ちょっと久し振りに燃えてきました♪

僕はアルパパさんのファンなので、また色々と更新お待ちしておりますO(≧∇≦)O
アル姉さん、良いお父さんで本当に羨ましいです♪
藤崎 | 2013年02月08日(金) 12:49 | URL | コメント編集

★藤崎さんへのお返事

カナードのようなもの。
そのとおりですね。


キャブコンの整流でもっと効果があるのは、
実は、リヤオーバーハング部の下です。

下を覗いてみると、あそこはパラシュートのようなもので、
前からきた空気を思いっきり堰きとめています。

あそこを大きな板で塞ぐと、安定性、燃費に効果絶大だと聞きます。

スペアタイヤが邪魔ですが・・・。
アルパパ | 2013年02月08日(金) 17:58 | URL | コメント編集

★参考になりました

こんにちは、ご無沙汰しております。
最近はゆっきりお話しする機会がなくなり残念です。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
アル姉さまにもよろしくお伝えくださいね。

お話しとても参考になりました。
いつになるかは分かりませんがキャブコンに乗れる日が来たらいろいろご指導くださいね。

あ、やっとフルマラソン完走できました。
もんべる(k-shiosu) | 2013年03月06日(水) 10:29 | URL | コメント編集

★もんべるさんへのお返事

2/24ですね。
日曜日には、アル先生の散歩のため国分寺にはよく出掛けるのですが、あの日は、吉備路マラソンの混雑を避けて、笠岡湾干拓地へ出かけていました。

それにしても、フルマラソンを完走とは素晴らしい。日ごろの鍛錬の賜ですね。
私などは考えただけで息苦しくなりそうです。

キャンピングカーの旅も多少の経験は出来ましたので、少しぐらいならアドバイス出来るかも知れません。その節は、いつでもお声掛けください。
アルパパ | 2013年03月06日(水) 19:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/259-d1919ee2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |