2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012'11.16 (Fri)

岡山県立森林公園へ

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。

11/9(土)岡山県立森林公園
s-DSC07080.jpg
昨年の11月は中旬までかなり温かかった記憶があるのですが今年は寒くなりましたねー。さてさて、11/9(土)アル先生のリハビリに岡山県立森林公園へハイキングへ行ってまいりました。森林公園の紅葉はだいたい10月中旬下旬が見頃なので既に終わった感が漂っていましたがふかふかの落ち葉でアル先生も楽しそうでしたよ~。

sinrinmap.jpg
岡山県立森林公園は標高840m~1,100mの中国山地に位置し、北と西は鳥取県との県境になっている公園で、広さは334haもあります。遊歩道は全長約21km。
http://www.ombara-kogen.com/sinrin-hp/

この森林公園、岡山県民や鳥取県民にはお馴染みの公園だと思いますが、今回およそ9年ぶりの訪問となりました。前回の訪問はアル先生がまだ1歳に満たない頃。そのとき入口のところに「ペット禁止」の看板があったため、それ以降は来なくなっていました。ところがもう何年も前からわんこokだったそうで、勿体無いことをしました。久しぶりすぎて道中の苫田ダム(2005年運用開始)周辺があんなに綺麗に整備されているなんて知りませんでした。179号線の奥津渓バイパスにびっくりです、どれだけ浦島さんなのやら

さてさて、到着したのはちょうどお昼時だったわけですが、駐車場はいっぱいです。天気予報が晴れでも山の天気は気まぐれ、翳ってしまうと寒いっ。温度計を見ると8℃あるかないかっていうくらい。
s-DSC07067.jpg
お昼ご飯はとりあえず車の中で・・・。アル姉せっかく張り切ってお弁当を作ったのにちょっとしょんぼりです。

s-DSC07070.jpg s-DSC07234.jpg
腹ごしらえも済んだし出発です。

s-WS000169_20121116183738.jpg
園内マップ。公園入口にある管理センターで簡単な解説つきの地図をもらえます。公園の外周、内部に張り巡らされた遊歩道は全長21km。まぁ、ここは登山スポットですよね。アル姉も子供の頃はよく軽登山をしました。尾根筋の山々を縦走するのがおすすめです。

s-DSC07085.jpg
でも今回はアル先生のリハビリですし、登山はパスで・・・。アル先生の様子を見ながらてくてく散歩することにします。

s-DSC07092.jpg s-DSC07120.jpg
先にも触れましたがここの紅葉の見頃は10月下旬あたりまでですから園内は落ち葉たっぷりです。そうそう、森林公園といえばアル姉としてはこの時期のマユミ園地が楽しみだったのですが、今年は猛暑で実が落ちてしまったそうです。本当は真っ赤に色づいた実をつけてとても美しいのですけどね。(※写真はマユミ園地ではありません)

まずは熊押し滝に行くことにしました。
s-DSC07106.jpg
途中こんな感じの小川があってアル先生にはなかなかの難関。

s-DSC07095.jpg s-DSC07098.jpg
困った。そしてアルパパを見る。
だっこしゅる?

s-DSC07101.jpg s-DSC07104.jpg
しません。木製の橋がかかっているのでそこを渡ります。高い所が苦手なアル先生にはちょっと厳しいけど頑張りました。

s-DSC07118.jpg s-DSC07123.jpg
コケが綺麗です。お、しばらく進むと階段出現。何となく思い出してきたけど熊押し滝までの道って平坦じゃなかったんだ~。アル先生大丈夫かな。

s-s-DSC07126.jpg
あ・・・。

s-DSC07131.jpg
大丈夫そうですね

s-DSC07137.jpg
こちらが熊押し滝。大小6つの滝から成ります。

s-DSC07144.jpg
記念撮影しようにもおとなしくはしてくれません。怖い顔になってるよー。

s-DSC07141_20121116105149.jpg
でもちゃっかりごほうびはもらう。太るぞっ

s-DSC07152.jpg s-DSC07166.jpg
熊押し滝より先はさらなる上りなのでここでUターン。歩き始めて45分ほど経過。休憩は挟んだものの、けっこうな上りだったしアル先生が心配でしたが、元気いっぱいリードを引っ張り、あちこちが気になって仕方がない様子。

s-s-DSC07184.jpg
橋の上からアル先生をからかう意地悪なアル姉。アル先生は高い所が嫌いですが、他の誰かが高い所に上っていても危ないから降りておいでよーと必死に訴えかけます。

s-DSC07177.jpg s-DSC07206.jpg
ふかふかの落ち葉の道はアル先生の足腰にもとても優しいです。

s-DSC07195.jpg s-DSC07200.jpg
公園全体としての紅葉の見頃は過ぎているとはいえ、カエデなどは綺麗に色づいていますね。かえで園地は見事でした。

s-DSC07190.jpg s-s-DSC07202.jpg
久しぶりのお出かけにノリノリのアル先生は写真を撮っているアルパパを無視してドンドン進んでしまいます。振り返っても見えないくらい離れちゃったのでベンチを見つけてちょっと休憩。ほら、アルパパ追いついたよー。

s-s-DSC07205.jpg s-DSC07203.jpg
おたからこう湿原。オタカラコウはキク科の多年草で湿地に生育します。夏から秋にかけて黄色い花をつけるとここは一面黄金色になるのです。もちろん今の時期はこんな感じ・・・。

このあともみじ滝に行こうかと思っていたのですが、いくらアル先生が歩く気満々でもさすがに歩かせすぎはまずいのでまたまたUターン。

s-DSC07213.jpg
いぼた園地。

s-DSC07215.jpg s-DSC07214.jpg
鮮やかな赤もいいけど黄色も綺麗ですね。

s-DSC07216.jpg
からまつ園地。針葉樹の紅葉も見たかったのですが見事に落葉済み。落ち葉がふかふかしていて歩くととても気持ちがいいです。

s-DSC07217.jpg
からまつ園地の奥には名木100選に選ばれているオオヤマザクラがあります。たたら跡の少し先の橋の修復作業をしているようだったので引き返しました。小雨も降りだして寒くなってきていたので潮時です。

s-DSC07235.jpg s-DSC07236.jpg
管理センター内でちょっとほっこり休憩。温かいお茶を無料で提供しています。

s-DSC07238.jpg
そして暖炉も。この日はけっこう寒かったので暖炉の周りには人だかりができていました。

s-DSC07225.jpg
2時間弱のハイキングを終えてもまだまだ歩きたそうなアル先生。やる気があるのはいいけど無理は禁物よ~。ちょっと歩かせすぎたかなという不安を吹き飛ばすほど翌日も元気いっぱいだったのでご安心を。

今回は管理棟周辺の平坦な遊歩道を中心に歩きましたが、アル姉のお気に入りはもみじ平~千間平なので機会があったら軽登山したいなぁ。アル先生はもうお年なのでさすがに縦走に連れまわすわけにはいかないですけどね。ちなみにアル姉たちが遊びに行った翌週、寒波の影響で14日には5~6cmの積雪が!びっくりですね。雪の森林公園も行ってみたいかも。

今回のベストショット
s-DSC07089.jpg
ふとシャッターを押したらアル先生がコーギーらしからぬお顔に

さて、来週は久しぶりの旅行。長崎・佐賀に出かけてきますっ。まったね~

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

21:58  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すごい公園ですね。もう公園と呼ぶにはふさわしくない気がします。
愛知県では、万博跡地の万博記念公園が似てますが、
ここまでの内容はありません。ちょっとうらやましいけど、
ここまでの規模だと十分楽しめる自信がありません。
一日では無理じゃないかと思えちゃいます。

小川を前にしたアル先生と、橋の上に向かって吠えるアル先生が
とっても可愛いです。
mametaro | 2012年11月17日(土) 09:44 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

◆mametaroさん
私は幼児期から年に何度もこの公園に遊びに行っていたので
「森林公園」と名前がつく公園はみんなこんな感じだと思っていました。
でもここまで自然のまんまの公園はあまりないのかもしれません。
そもそも公園と名前がついているけど
レクリエーション施設があるわけでもなく
人間が五感を使って自然を楽しむ場所ですね。

小川を前にして本当に困ってたようです(笑)
からかっちゃかわいそうだと思ってもついついからかってしまって
ダメな飼い主ですねー。
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年11月17日(土) 21:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/240-3c032962

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |