2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012'11.05 (Mon)

単独伊勢旅行日記【松阪と瀧原宮】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
今回も文章はアルパパ、地図や写真の埋め込み編集はアル姉です。

この記事は単独伊勢旅行日記【伊勢内宮と別宮】の続きになります。
isemap2.jpg

○第1日目(10月26日)
【松阪】
城好きのアル姉に合わせて、松阪城周辺の観光を組入れていましたので、松阪へ向かいます。

駐車場
s-DSC06801.jpg
お城の南東側に大きな松阪市民駐車場がありますが、ここは松阪市民病院の駐車場を兼ねているので、私の到着した9:40には既に満車でしたが、待つこと暫し、何とか押し込めました。

松阪城
s-DSC06777.jpg 
近江国の蒲生氏郷が伊勢国12万石余を与えられ、1588年に築城した平山城。旧領の近江商人を町の中心部に呼び寄せ、また、伊勢の豪商角屋氏を呼び寄せ商都松阪の礎を築いた。
その後、氏郷は小田原征伐の功により、1590年、会津60万石の大封を得て若松城に移った。その後、数代の変遷を経て、江戸時代の1619年に、南伊勢は紀州藩の藩領となり、松阪城には当地を統括する城代が置かれた。その後、天守以下の櫓や門等の建物は放置され、1644年には天守が台風のため倒壊、以後は天守台のみが残ることとなった。1794年には二の丸に紀州藩陣屋が建てられ、紀州藩領として明治維新を迎えた。

s-DSC06784.jpg s-DSC06789.jpg
s-DSC06792.jpg s-DSC06804.jpg

見所
城の石組み
s-DSC06776.jpg s-DSC06839.jpg
アル姉によれば、ここの石組は「刮目して見るべし」とのことで、写真をたくさん撮ってきました。

御城番屋敷
s-DSC06825.jpg s-DSC06828.jpg

s-DSC06831.jpgs-DSC06818.jpg
江戸末期、松阪城の警護に当たった紀州藩士の住んでいた組屋敷。100mほどの短い通りですが、石畳と槙垣が美しく、通りの突き当たりに城の高石垣がそびえています。

商都の証
s-DSC06848.jpg
松阪といえば松阪木綿。その木綿を扱った豪商の中でも屈指の豪商小津家の住宅が松阪商人の館として公開されています。他にも、三越で有名な三井家発祥地等があります。

本居宣長
s-DSC06852.jpg
古事記を解読したことでも有名な江戸時代の国学者本居宣長の資料館が、松阪城隠居丸跡地に、旧宅跡が本町にあります。

ざっと見るだけなら、1.5時間程度でしょうか。

【瀧原宮】
s-DSC06859.jpg s-DSC06877.jpg
午後からは、今日の宿泊地を目指し瀧原宮へ。
瀧原宮も元伊勢の一つ。詳しくは、過去記事 2011年伊勢旅行【二日目:伊勢】をご覧ください。
道の駅「きつつ木館」に車を止め、参道を奥へ向かいます。

s-DSC06861.jpg s-DSC06864.jpg
ここは自然林の中の別天地、神宮随一のご神気あふれる場所です。

参道脇のベンチに腰掛け、杉の巨木を眺めていると、眼の前を白い靄のようなものが絶え間なく流れていきます。これは、ご神気が見えているのか、単なる眼の霞なのか?

s-DSC06868.jpg s-DSC06869.jpg
瀧原宮、瀧原竝宮、若宮神社、長由介神社の順に参拝するのが正式。
なお、若宮神社、長由介神社の2社は瀧原宮の所管社で神宮の別宮ではありません。

s-DSC06857.jpg
瀧原宮の鳥居近くの杉の巨木。
老夫婦と比べるとその巨大さが判ります。

【阿曽温泉】
s-DSC01666.jpg
一人だと早いですね。14:30には本日の予定終了。
早いですが、阿曽温泉でゆったりと疲れを癒すことにしました。

地元の人と話をしていたら、「一人じゃ、旅行もつまらんだろうが」と。

【道の駅 おおだい】
s-DSC06882.jpg s-DSC06887.jpg

大きな地図で見る
お風呂も済ませ、16:00前には本日の宿泊予定地、道の駅「おおだい」に到着。
国道42号線に面しており、大きな駐車場があります。
隣に大きなスーパーマーケットもあって、便利なところです。
夕食を買い込んで、周りをブラブラ。道の駅の裏手に道を挟んで第二駐車場があります。
建物の陰で、国道を走る車の騒音も届きません。車をこちらに移動し、買ってきたワインやビールで、早々と一人酒盛りを始めました。ちょっとだけ寝て、と目覚めれば夜明け前。


一日目はこれにて終了。一人だとあっという間にスケジュールをこなしてしまうのですねぇ。松阪城はアル姉が行きたかった場所だったので写真をたくさん頼みました。何十枚も撮ってくれたのにあそこがない!ここがない!と文句の多いアル姉。いつか自分で行きたいものです。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:07  |  中部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

一人たびはいかがですか?
振り返ると自分にはひとり旅経験がないように思います。
羨ましいようなさみしいような、どちらなんでしょうね。

三重県はお隣の県にもかかわらず、あまりいくことがありません。
せいぜい四日市あたりまででしょうか。
なにぶん、他へ行くのに比べるとアクセスに難ありです。
我が家から、名神 東名 東海北陸 の高速はすぐに乗れて、
その後の行き先も多方面に行けるのですが、
見え方面だけは途切れてしまいます。

もう少しすると名神と第二名神がつながるので、
便利になると思います。三重が近くなるのはそれからでしょうか。
mametaro | 2012年11月06日(火) 20:32 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

アル先生の散歩だとか、食事のときのアル先生との攻防だとか、
三人分の寝床の準備だとか、何だかんだの口喧嘩だとか、
みんなで行くといつもバタバタしているようで大変ですが、
やっぱりみんなで行く方が楽しいと思います。

それでも、時に、一人旅もいいもんですね。
これからも、時々、行ってみたいと思います。


三重方面ですが、岡山からだと伊勢までは高速道で一直線です。
のんびり走るアルキング号でも、休憩抜きだと5時間で行けます。

名古屋方面からだと、東名阪道から伊勢道に乗り継いで
2時間程度で行けると思います。
伊勢は、新緑の時期がエネルギーに溢れていて素晴らしいですよ。
5月がお奨めです。
アルパパ | 2012年11月07日(水) 10:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/237-3fbc8127

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |