2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'08.13 (Mon)

鏡ヶ成キャンプ場(休暇村奥大山)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
大山鏡ヶ成7月キャンプで泊まったキャンプ場の紹介です。写真が足りなかったので、一部昨年9月に撮影した写真を使用しております。

鏡ヶ成キャンプ場(休暇村奥大山) 利用日:2012/07/26
s-DSC05650_20120812124221.jpg
所在地:鳥取県日野郡江府町御机鏡ヶ成709-1
電話番号:0859-75-2300(予約は0859-75-2300)
サイト:オート29区画(AC電源なし)、オート10区画(AC電源付)、キャンピングカー5区画(AC電源付)
    テント専用約50張り収容、サイトはウッドチップと土
期間:5月上旬~10月下旬。チェックイン:13:00~20:00・チェックアウト:11:00
http://www.qkamura.or.jp/daisen/camp/

【サイト使用料】  
オートサイト(10m×10m)人数6人 車1台 まで
 AC電源なし 29区画:3,000円
 AC電源付 10区画:3,500円
キャンピングカー(トレーラー)サイト(15m×15m)人数6人 車1台 まで
 AC電源付 5区画:3,500円
テント専用フリーイト 人数5人 車1台 まで
 テント1張り1000円
※管理費はいずれも一人500円(4歳以上)
【課金形態】
 サイト利用料+日ごとに人数課金
なのですが、我が家の場合1泊+デイキャンプだったので サイト利用料3,500円+管理費500円×3人分+追加料金200円×3人分=5,600円 ですみました。2泊だと普通に(3,500円+500円×3)×2=1万円かかってしまうところなのですごく得をした気分ですね。デイキャンプのみの利用の場合の料金は公式サイトにも載っていないので問い合わせてみてください。

【施設】
 管理棟、売店、炊事棟、トイレ、温水シャワー(15分300円)、お風呂(休暇村奥大山の浴場利用、500円)、ランドリー(洗濯機¥150/40分、乾燥機¥100/30分) 、ファイヤーサークル、多目的広場ほか


大山主峰の南側に位置する標高930mの鏡ヶ成。ブナやミズナラの原生林に囲まれた自然豊かな場所にある、スキー場でお馴染みの休暇村奥大山のキャンプ場です。野鳥の声に耳を傾けながら夏場でも涼しく過ごせるおすすめスポットです。

場内MAP
map_20120812124836.jpg
オートサイトとキャンピングカーサイト、そしてフリーエリアやバイク用エリアなどがあります。電源ありのオートサイトとキャンピングカーサイトは料金は同じです。違いはサイズで、一般のオート10×10mなのに対してキャンピングカーサイトは15×15mになっているのと、道路とサイトが段差なくフラットで、車が出入りしやすくなっています。一般オートのほうでも十分な気がしますが我が家はアカゲラの2番を割り当てられました。ちなみにアカゲラ1~5とトチノキ5-6、そしてフリーエリアのブナはうっそうと茂った林や薮が近いため要注意かもしれません。夕方になるとかなりの数のブヨが出ます。アル姉はがっつり噛まれました。

キャンピングカーサイト
s-DSC05653_20120812235656.jpg s-DSC05656.jpg
アル一家の利用したアカゲラ2番とお隣のアカゲラ3番。ご覧のとおりかなりの草が生えております。

s-DSC05686.jpg s-DSC05704.jpg
ブナ林や笹が広がっていて雰囲気はいいのですが北側の木立の向うは道路になっているのが難点。

オートサイト
s-DSC05500.jpg s-DSC00189.jpg
アカゲラ付近のオートサイト。電源ありのトチノキ・ホオノキ。利用者がいらっしゃるサイトは写真に撮るわけにもいかなかったので、これだけですみません。右の写真の真ん中の建物はトイレ棟。場内に5箇所あります(管理棟除く)。清潔感は普通かな。虫が多くて嫌だという方もいらっしゃるようですが自然豊かなキャンプ場のトイレはこんなものだと思いますが違うのかな。トイレにいる虫の数はもみのきのほうがすごかったの気になりませんでした。

s-DSC00193.jpg
ホオノキの3番かな。電源なしゾーンのほうが木立もあって雰囲気がいいんですよね。右手にあるのは炊事棟。

s-DSC00195.jpg
ミズナラの?番。奥に見える炊事棟はその他の炊事棟より明るくて広々として見えました。

フリーサイト
s-DSC05662.jpg s-DSC00199.jpg
(左)ホトトギス (右)自然散策路から見たカッコウ。カッコウはほどよく木立もあり雰囲気は良さそうで、利用者は多いです。電源が必要なければフリーサイトのほうがおすすめかも。空いていれば十分な広さを確保できた上で、一般サイトより安くすみますからね。大きなキャンピングカーがフリーサイトを利用していましたが広々と使われててうらやましく感じました。うちもエアコン保険さえなければ・・・。

バイク専用サイト
s-DSC00184.jpg
道路の左側がバイク専用、右側はオート(ミズキ)

炊事棟
s-DSC05499.jpg
アカゲラ近くの私たちが使った炊事棟です。炊事棟が道路から少し下がったところにあって下りる場所が一箇所しかないので遠回りになって面倒でしたね。

s-DSC05496.jpg s-DSC05497.jpg
アル先生に内部チェックをお願いしました。
食べ物なかった・・・。
なぜかここだけ電気が夕方までつかずちょっと暗めでした。使い勝手は普通かなー。

キャンプセンター
s-DSC05682.jpg
受付・売店はもちろん、シャワーやランドリーもここ。場内に5箇所トイレ棟がありますが、綺麗さはここがピカイチ。

s-P1030018.jpg
トイレを写真に撮るのは気がひけたので洗面所をパシャリ。他のトイレでも不満はなかったのだけどここを使ってしまうと遠くてもキャンプセンターまで足を運びたくなります。

s-P1030016.jpg s-P1030015.jpg
シャワーは受付でお金を支払って専用メダルをもらい、メダルを投入してから15分間使用可能。お湯を止めてる間もタイマーは続行です。シャワー室は5つあり、貴重品ロッカーは無料。

その他
s-DSC05706.jpg
ファイアサークルと芝生広場。奥にある建物はバリアフリー対応のトイレ棟でその横のサイト(コルリ1~3)もバリアフリーになっています。

さて、このキャンプ場は休暇村奥大山のキャンプ場なのですが位置関係はこんな感じ。
s-WS000155.jpg
パンフレットに本館まで徒歩5分と書いてありましたが、キャンプ場内も広いので実際はもう少しかかります。というか、奥大山のホームページには徒歩10分とありました。随分違うじゃない(苦笑)。緑の点線はキャンプ場周辺にある自然学習歩道です。

s-DSC05514_20120813083040.jpg s-DSC05555_20120813083058.jpg
大山鏡ヶ成7月キャンプのレポで紹介したこの散策路ですね。キャンプ場にいても様々な虫を見たり鳥のさえずりを聞くことはできますが、是非ここも歩いてみてください。キャンプ場のすぐ横ですし全長もたいした距離はありません。

s-DSC05738.jpg s-DSC05722.jpg
休暇村奥大山本館と芝生広場。お風呂は本館まで歩いて行くことになります。受付自体はキャンプセンターで行います。本館までは徒歩5分だか10分だかはっきりしませんが、私とアルママの足では5分では無理でした。けっこう遠いわよねー。ハッキャンピングカーじゃない人は普通に車で行けばいいんですね。この芝生広場ではグラウンドゴルフをすることもできます。一人1セット300円。本館で申し込んでください。


思った以上に使える写真がなくて微妙な紹介になってしまいましたが、リピートしてもいいかなと思えるキャンプ場でした。朝晩の涼しさ、そして日中でも木陰の涼しさは抜群です。場内の清掃というかお手入れというかいまいち感はありますが自然が豊かなのだと思えばまぁ・・・。ただ、管理費500円の割りには、と感じる方が多いのも事実なようです。

s-DSC05564_20120813120957.jpg

そうそう、夏のキャンプ場を利用するにあたって忘れてはならないのはブヨ対策です。ブヨ、ブユ、ブト、様々な呼び方がありますが、ハエより若干小さい吸血性の憎い奴です。刺すのではなく噛むのでチクっとした痛みがあります。噛まれた直後は痒くないけれど翌日から赤く腫れてかなりの痒みを伴います。噛まれたときすぐ気付いた場合はポイズンリムーバーで毒を吸い出してやると悪化しないそうです。注射器みたいなあれね。アル姉はそんなもの持っていなかったので患部を爪で押して搾り出しました・・・。血も出るし痛いけど我慢我慢。おかげで子供の頃にブヨに噛まれた時よりは比較的腫れも少なく治りも早かったですがやっぱり痒いのよねー。長袖長ズボン靴下を履いていたとしても、薄手ならば容赦なく噛んでくれますので注意してください。虫除けスプレーなどはブヨにきかないモノが多いのでハッカ油・ハッカ水がおすすめだと知人に教えてもらいました。昨年二回利用したもみのき森林公園にはやぶ蚊やブヨがいなかったので油断しました。子供の頃に山キャンプと言えば毎回がっつり噛まれていたのに、その記憶はどこかへ消えていたようです。今度から持参しますわー。

もう1つ注意点があります。携帯電話に関してなのですが、 auとsoftbankは思いっきり圏外です。docomoは普通にいけるようです。これはキャンプ場だけでなく本館もです。不便ですねぇ。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : わんことおでかけ♪ - ジャンル : ペット

20:25  |  オートキャンプ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>野鳥の声に耳を傾けながら夏場でも涼しく過ごせるおすすめスポット

これは重要ポイントですね。とにかくこの暑さから逃れたい、
その一心で出かけている感じです。

>アル先生に内部チェックをお願いしました。
食べ物なかった・・・

アル先生のお仕事なんですか?役に立ったかな?

それと、ポイズンリムーバー、
そんなのがあるんですね。初めて知りました。
7月に乗鞍へ行きましたが、夕刻の池の撮影で
思いっきり噛まれました。
それから数日間、かゆみに悩まされましたが
これがあったらだいぶ良かったかもしれません。
mametaro | 2012年08月17日(金) 08:30 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

■mametaroさんへ
音ってけっこうポイント高いですよね。
鳥のさえずりや蝉の声、虫の音などなど
種類によっては暑く感じたり涼しく感じたり面白いなーと思います。

アル先生は・・・まったく役に立ってませんね、はい。
でもそこに居るだけで癒し空間になるのですっ。うわー、無理やりでした(笑)

ブユ対策は噛まれる前にしておかないと、と今回思いました。
噛まれて痒い痒いと思ってからあれこれ気付いても手遅れですよね。
7月の乗鞍なんてとてもうらやましいですが
乗鞍には・・・思い返せば酷い頭痛になった記憶しかありません(苦笑)
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年08月18日(土) 22:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/220-230ddc62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |