2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012'06.28 (Thu)

ACN大鬼谷オートキャンプ場

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
前回の記事大鬼谷6月キャンプで泊まったキャンプ場の紹介です。

大鬼谷オートキャンプ場 利用日:2012/06/09
s-DSC05294.jpg
所在地:広島県庄原市高野町南257
電話番号:0824-86-2323
サイト:オート115区画(ノーマル72区画、AC電源付17区画、水道・流し台付9区画、AC電源・水道・流し台付17区画)
期間:通年、13:00~翌12:00(宿泊施設は15:00~翌11:00)、デイキャンプ10:00~16:00
http://www.ogidani.co.jp/index.html

【サイト使用料】  ( )内は休前日・シーズン期間
オートサイト 
 サイトのみ72区画:3,700円(4,200円)
 AC電源付17区画:4,700円(5,200円)
 水道・流し台付9区画:4,300円(4,800円)
 AC電源・水道・流し台付17区画:5,300円(5,800円)
※1区画の定員は車1台、テント1張り、5名まで。1名増ごとに320円追加(7名まで)。車またはテントの追加は1,000円追加。

デイキャンプ
 1人:320円
 車1台:500円

ログハウス(6棟)・ログバンガロー(4棟)・ツリーハウス(1棟)・貸別荘(4棟)については公式サイトをご覧ください。

【施設】
管理棟、露天風呂、売店、サニタリー棟、温水シャワー(200円/4分)、ランドリー、炊事棟、トイレ、自動販売機、夜間照明、子供の遊具、ダンプステーション、MTBコース、テニスコート、ツリーアドベンチャーほか


広島県庄原市、中国山地の標高570mに位置するオートキャンプ場です。年末年始に雪中の年越しキャンプが可能なことでも有名。林間サイト・しらかばサイト・芝生サイトなど3種類のサイトがあり、電源・水道・流し台などの条件によりどこに割り振られるか変わってくる様子。

場内マップ(クリックして拡大してご覧ください)
WS000148_20120627194258.jpg
センターハウスを中心にAサイトエリア、Bサイトエリアと分けられており、私たちが行ったときはBサイトエリアは使われていまんでした。予約時に「電源・流し台付をお願いします」と言ったところ、「流し台が必要ですか?混んでないので炊事棟のそばの電源サイトではいかがでしょうか」とのお返事。なんでかなーと思っていたのですがこの図を見て納得。流し台付サイトはBサイトエリアにしかありません。私たちがどうしても電源・流し台付がいいというとBサイトエリアにあるシャワートイレ棟などを開けなくてはならなくなるから管理が大変になっちゃうのですね。利用家族が少ないときはAサイトエリアしか使わないようです。

s-DSC05289.jpg s-DSC05247.jpg
センターハウス。受付・各種レンタル・売店・露天風呂もここ。このキャンプ場は露天風呂付で、料金は大人300円・子供200円。日帰り、たとえばデイキャンプでの利用だと少し高くなります。営業時間は土・日・祝日の10時~17時30分(変動あり、シーズン中は平日も営業)。シャンプー・ボディソープ・ドライヤーなどは備え付けられていてタオルさえあれば入れる感じ。露天風呂は本当に気持ちがいいのですが洗い場も吹きっさらし状態なので正直寒いです。少なくともこの日は風が吹くたびに寒くて、アルママや他のお客さんたちと悲鳴をあげました(笑) でも200円/4分のシャワーよりは身体も温まるし、何よりゆったりとリラックスできるのでおすすめです

さて、場内の案内です。
s-DSC05292.jpg
まずはAサイトから。センターハウス前を通る舗装道路の両端がAサイトエリアになっています。向かって右が林間サイト、左が芝生サイト。

芝生サイト(Aエリア)
s-DSC05293_20120628124241.jpg s-DSC05254.jpg
電源あり(6区画)と電源なしの2タイプがあります。我が家が割り当てられたのは芝生エリアの端っこの方。ログバンガローエリアのすぐお隣でした。炊事棟の近くということでこの配置になったようです。芝生サイトに我々以外の利用者がいなかったため、ご覧のとおりすっかり子供たちの遊び場に。芝生サイトというものの芝生はだいぶはげていて砂地むき出し状態。ペグは深めに打ち込まねばならないし、車内に砂が上がりやすく苦労しました。キャンピングカーの出入り口とタープの向きを考えるとなかなか位置取りが難しかったです。

林間サイト(Aエリア)
s-DSC05238.jpg s-DSC05242.jpg
こちらも電源あり(7区画)と電源なしの2タイプ。デイキャンプを含め利用者の大半がこの林間サイトに集中していました。緑の木立と小川、やっぱり林間の方がロケーションはいいですね。

しらかばサイト。
s-DSC05235.jpg
電源付は4区画のみ。この日は利用者はゼロでした、おそらくBサイトと同じく大人の事情でこちらへの割り当てはなかったのだと思います。

ツリーハウス。
s-DSC05249.jpg
場内に唯一のツリーハウス。手前に見切れているのはログバンガロー(4人用)。ログバンガローは4人用2棟、5人用2棟あるのですが見事に全部埋まっていました。芝生サイトの写真を見ていただけるとわかると思いますが、ほとんどの方がテントを設営されています。ログバンガローはかなり手狭な感じがしたので納得です。

ログハウス。
s-DSC05234.jpg
6棟あるうちのひとつ。これはなかなかしっかりとしたつくりになっていますね。詳しくはこちら

トイレ棟や炊事棟の写真を撮るのをすっかり忘れていました・・・。炊事棟には給湯器があり、お手洗いには便座暖房がありました。これは冬季も営業するからなのでしょうね。もちろん今の時期でも使えます。生ゴミは炊事棟に専用のゴミ箱があり、その他のゴミは分別してセンターハウス横のそれぞれの収集ボックスへ。

さてお次はBサイトエリア。おそらくAサイトエリアよりあとに整備されたのでしょうね。設備面や区画の広さから言って申し分のない作りになっています。

林間サイト(Bエリア)
s-DSC05269.jpg s-DSC05275.jpg
電源・水道・流し台付17区画、水道流し台付9区画。キャンピングカーならやはりこちらを使いたいなという広さ。

s-DSC05264.jpg
林間サイトにあるシャワー・トイレ棟。ランドリーもあります。林間サイトにはすべて水道流し台がついていますから炊事棟はありません。施錠されて中へは入れませんでしたがAサイトのトイレ棟とは雲泥の差・・・。

芝生サイト(Bエリア)
s-DSC05266.jpg
電源も水道・流し台もありませんがこの開放感。難があるとすればセンターハウスまでが一番遠いエリアということでしょうか。

s-DSC05265.jpg
芝生サイトのトイレ・炊事棟。もちろん給湯器つき。

遊びなど
MTBコース。
s-DSC05256.jpg s-DSC05287.jpg
マウンテンバイクはセンターハウスで1h300円。1日1,500円でレンタルできます。アル先生が嬉しそうにコースを走っていました。リードを離すわけにいかないので一緒に走ってるアルパパが大変そうでした(苦笑)

小川遊び
s-DSC05240.jpg
場内を流れる小川には浅瀬がたくさんあるので、子供が遊ぶにはもってこいだと思います。夏休みや休日にはヤマメのつかみどりが行われるそうです。16:00から約30分、料金300円/1匹。

ツリーアドベンチャー
s-DSC05283.jpg s-DSC05284.jpg
s-DSC05258.jpg
詳しくはこちらをご覧ください。地上8メートル、木の上に作られた18種類のエレメントをクリアしていくというもの。一周約40分ほどかかるそうですが90分間遊び放題。キャンプ場で宿泊する場合お値段が一般より少し安くなっていて大人2,300円、子供1,500円。さらに家族割引もあるそうなのでお子様の思い出作りに是非。なお、身長115㎝以上であること、小学生以下のお子様は保護者が同伴することが条件のようです。ちょっとやってみたかったけど、命綱をつけてやるほどちゃんとしたモノなのできっとアル姉の身体ではもたない(笑)

他にも沢登りや渓流釣り、テニスコートなど大人も子どもも楽しめそうなコンテンツが盛りだくさん。冬季キャンプもちょっと憧れちゃいますよね~。また来たいな~と思えるキャンプ場です。そして次は是非ともBサイトエリアを使ってみたいななんて思いました。次回は帰りに寄った備北丘陵公園の紹介になります。ではでは

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : わんことおでかけ♪ - ジャンル : ペット

21:00  |  オートキャンプ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ここは本当に充実してますね。
オートキャンプだけでなく、遊びに来たついでに
オートキャンプって感じです。
キャンプは完全に主従関係の従ですね。

あまりオートキャンプ場を使ったことがないので
これだけの施設は知りません。
名古屋周辺でも作ってくれないかな。
こちらは雪も少ないので年中フル稼働できるのに。
mametaro | 2012年06月29日(金) 22:08 | URL | コメント編集

アル姉さんこんばんは。また来てしまいました(*^_^*)
サイトで寛がれてるアルママさん。優雅。

キャンカーで親孝行してますねー。
温かい家族の匂いがプンプン香って来ます。
かなり、理想的。

これからも、優しいブログUP楽しみにしてます。

えいじょう(おかやん) | 2012年06月29日(金) 23:20 | URL | コメント編集

★mametaroさんへ

■mametaroさん
こっちの方はレジャー施設の充実したキャンプ場は珍しくないかもしれません。
カヌーやパラグライダー、トレッキングなどのアウトドアから
国営公園(讃岐まんのう公園・備北丘陵公園など)に併設されていて公園も満喫できるキャンプ場など色々あります。
でもまだ10箇所しかオートキャンプ場を利用したことがないので知らないことだらけです。

名古屋からは少し遠いかもしれませんが愛知なら
つぐ高原グリーンパーク(愛知県北設楽郡設楽町)が人気があるみたいですよ。
天文台・川遊び・遊具・テニス・MTB・釣りなど色々遊びも揃っていました。
温泉がないのが残念ですが・・・。
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年06月30日(土) 16:09 | URL | コメント編集

★えいじょうさんへ

■えいじょうさん
こんにちは、いらっしゃいませ^^
優雅だなんて言われるとアルママ喜んじゃいますわ、ありがとうございますv-353

行きおくれの三十路娘ですから親孝行できてるかはかなり謎ですよーv-356
車中泊旅行をしていると理想的なご家族ってたくさん見かけますね~。
やっぱりキャンピングカーがあると家族でお出かけの機会も増えますし
家族の絆を強めるのかもしれませんね。
嬉しいお言葉をありがとうございますv-290
これからもスローペースではありますがブログを続けていきますv-278
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年06月30日(土) 16:14 | URL | コメント編集

アル姉さん、ブログ2010,12,13から
完読しました。
ヘタな小説や、旅日記より楽しかったです。

古事記か、日本書紀かの神々の名前
読むのに苦労しました[腟究��絖�:v-407]

長距離ひたすら走りぬくアルパパの体力、気力
スゴイですよ。”感動しましたとお伝えください”
えいじょう(おかやん) | 2012年07月01日(日) 22:27 | URL | コメント編集

★えいじょうさんへ

■えいじょうさん
こんばんは。
最初から全部読んでくださったとはv-356
読みにくいへたっぴな文章なのにありがとうございます。
下手なりに一生懸命書いているので楽しいと言ってもらえると本当に嬉しいです。

神様の名前は難しくて覚えきれないし振り仮名がないと読めません(苦笑)
一人の神様がいくつも呼び名を持っていたりするのでなおさら混乱しちゃいます。
最近あまり大きな神社へ参拝がないのでほっとしていたり・・・。
神社の記事が一番厄介なのですv-406

父もコメントを読ませていただいています。
どうもありがとうございます^^
北海道旅行を夢見る元気なシルバーです(笑)
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年07月02日(月) 23:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/214-19f1d2c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |