2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012'03.03 (Sat)

丹波旅行【一日目:丹波篠山】

一泊二日の近場旅行に味をしめつつあります。なんて呑気に構えてたらブログ更新してなくてスポンサーの記事が登場してしまいました。いやはや・・・旅行以外に記事書かないからなぁ
画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。

2012/2/25(土)~2/26(日)
総走行距離:385km
目的地:丹波篠山・播磨中央公園
車中泊地
 2/25 道の駅北はりまエコミュージアム(兵庫県西脇市)
使用カメラ:ソニーα55+レンズ:SIGMA DC 17-70mm
       Panasonic DMC-FX70


2/25(土) 

WS000119.jpg
今回向かったのは黒豆とデカンショ節で有名な丹波篠山です。この日はあいにくのお天気、雨雲を追いかける形になってしまったので急いでも仕方がないな~。というわけで高速道路は利用せずにゆっくり下道を使って移動しました。

5時間ほどかけてノロノロと移動し篠山に到着したのはお昼過ぎ。何とか雨も上がったように見えましたが、またいつ降り出してもおかしくないような空模様。2時間前後の街歩きを予定していたのでアル先生は篠山城跡の駐車場でアルキング号と一緒にお留守番です。ごめんね。

篠山城跡
DSC03435s-.jpg
大手口表門跡

篠山城は慶長14年(1609)、徳川家康が大阪城の豊臣秀頼と西国諸大名を監視する布石として築城させた平山城。普請総奉行は池田輝政、縄張奉行は有名な藤堂高虎です。 城域を外堀内堀の二重の堀が同心状に取り囲み、外堀の内側に三の丸、内堀の内側に二の丸と本丸が連郭式になっている構成で、本丸に天守台はあるものの天守は建造されませんでした。外堀の外周は1辺約400メートルで、東・北・南に馬出が設けられ、今でも東と南の馬出が綺麗に残っています。

DSC03437s-_20120303084044.jpg DSC03438s-.jpg
内堀と石垣、そして犬走(いぬばしり)。野面積の石垣はかなり立派で美しいです。

DSC03440s-.jpg DSC03442s-.jpg
左:表門跡 右:中門跡

DSC03443s-.jpg 
表門、中門ときて鉄門(くろがねもん)の奥に大書院資料館の玄関があります。鉄門の真下で写真を撮ったらしく門の影も形もありませんが(苦笑)

DSC03444s-.jpg
大書院は天守閣のなかった篠山城の中核をなす建物で廃城令の折も難を逃れ保存されましたが、昭和19(1944)年に火災により焼失してしまいます。現在公開されている大書院は2000年に復元されたものです。入館料大人400円、高校・大学生300円、小・中学生200円。

DSC03446s-_20120303093939.jpg
二の丸跡から見た大書院。

P1020602s-.jpg P1020604s-.jpg
二の丸跡庭園。

DSC03449s-.jpg
本丸跡に祀られている青山神社。今回は本丸跡や天守台をスルーして街歩きに行ってしまったのでまた是非たずねたいと思います。

DSC03450s-.jpg
三の丸と南門、そして南馬出。 馬出とは虎口(城の出入口)の外側に曲輪を築いて防御力を高めたもの。土塁が残った馬出は貴重で日本で唯一なのだそうです。

さてさて、篠山市の観光情報サイトで印刷してきた地図を片手に街歩き開始です。
3562012-3.jpg
篠山市内にはいくつか駐車場がありますが我が家が停めたのは篠山城跡の大手門前駐車場で一日200円也。場所によっては1時間200円だったり無料だったりしますので事前に調べておくと吉。

sasayama-2.jpg
篠山は篠山城を中心に御徒士町武家屋敷群・河原町妻入商家群一帯が国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。オレンジの部分がその地区でピンクのラインがアル姉たちが歩いたコース。東馬出を取りこぼすとかけっこう残念なことになってしまいました・・・。一人だったらきっとぐるぐると外堀周りを回ったんですけど、アル姉だけの趣味を押し付けるわけにもいかないのが難しい所。

さてさて一応マップを印刷してきたのですが
P1020610s-.jpg
観光案内所で綺麗なパンフレットをゲット。印刷してきたものとまるで同じだったけど(笑)

観光案内所の向かいには何やら素敵な建物。
大正ロマン館(MAP⑦) 公式サイト
DSC03460s-.jpg DSC03461s-_20120303101815.jpg
旧篠山町役場を保存利用した観光拠点となる施設でレストランやお土産物屋さんがあります。よし、帰りもココに寄ろうと決めて出発。

青山歴史村 (MAP⑥)公式サイト
DSC03462s-.jpg
篠山藩主青山家の別邸であった「桂園舎」を利用した歴史博物館。大人300円、大学・高校生200円、中学・小学生100円。
ちなみに篠山市内の歴史美術館・武家屋敷安間家史料館・青山歴史村・篠山城大書院の入場券がセットになった券があり2箇所以上入るなら絶対お得です。大人600円、大学・高校生:300円、中・小学生:150円

お徒士町武家屋敷群 (MAP③)
DSC03466s-.jpg DSC03468s-.jpg
詳しい説明は・・・篠山市のホームページをご覧ください。pdfですがこちら

DSC03472s-.jpg DSC03475s-.jpg
お徒士町というくらいだから徒士(徒歩で戦う武士)の武家屋敷の並ぶ町並み。茅葺屋根の武家屋敷が並ぶ静かな通りでした。

DSC03478s-_20120303103521.jpg
茅葺ではない家もけっこうありますが全体的にはいい雰囲気。

武家屋敷群の中にも共通入場券を使える場所があります。こちら。
武家屋敷安間家資料館 (MAP④)
P1020622s-.jpg DSC03479s-.jpg
単独だと大人200円、高校・大学生100円、小・中学生50円。安間家は篠山藩主青山家の家臣で、「高12石3人扶持」の禄を得る下級武士の一家。標準的な徒士住宅で、茅葺で曲屋形式の母屋と瓦葺の土蔵が残っています。

続いてお徒士町通りの一本横の通りに行くと。
小林家長屋門 (MAP③)
DSC03487s-.jpg P1020623s-.jpg
篠山藩第12代藩主青山忠裕が老女小林千衛のために修築した屋敷の長屋門。 間口17.3m、・奥行3.6m。

篠山藩校跡
DSC03491s-.jpg
南馬出遺構を囲む薬研堀の西南角部の一角にある藩校の跡。

南馬出土塁
DSC03493s-.jpg P1020631s-.jpg
篠山城跡でご紹介した南馬出の土塁です。

南外堀に沿って東に向かいますと
DSC03495.jpg
スルーしてしまった天守台の高石垣が見えます。あーん、また行きたいな・・・

そしてさらに東へ進んだ地区にあるのが
河原町妻入商家群 (MAP⑭)
DSC03501s-.jpg
この入口付近にも駐車場がありました。無料っぽかったけどどうなのかな。

DSC03505s-.jpg DSC03514s-.jpg
商家群といえばついこの前に脇町に行きましたがまったく違う印象ですね。脇町のようなうだつのある商家はほとんどなく袖壁(袖壁をうだつと言うこともあるようです)が多く見られました。

P1020637s-.jpg DSC03508s-.jpg
ちなみに・・・入口からすぐの場所に篠山市の指定文化財になっている建物が2つあるのですが、ずっとその場所にたたずんでいるお兄さんがいたので正面からカメラを向けるのがはばかられて撮れませんでした。西坂家はかつて醤油屋さんを営んでいて篠山城下町の妻入り商家群を代表する建造物。川端家は入母屋造り平入りの商家。右の写真の向かって右手前が川端家住宅。妻入り・平入り・入母屋とか何よ、わけわかんないよ。という方はこちらを参照ください。pdfです。

P1020641s-.jpg P1020643s-.jpg
DSC03510s-.jpg DSC03512s-.jpg
商家群の中にはお土産屋さんや骨董屋さんのほかに能楽資料館や丹波古陶館なんかもありました。

商家群をぶらぶら歩いた後はデカンショ通りを目指してうろうろ・・・
P1020644s-.jpg P1020645s-.jpg
お土産物屋さんや飲食店の並ぶ通りや商店街以外はまるで人気がありません。

DSC03521s-.jpg
おっと、みーつけた。

DSC03519s-.jpg
篠山の町にはデカンショ節の歌詞が書かれた街灯があちこちにあります。さて、デカンショ節って実はアル姉はよく知らないんですが、デカンショとは、「デカルト」「カント」「ショーペンハウエル」の略なのだそうですね。元々みつ節という民謡だったものがなぜそんな歌詞になり、旧制一高で歌われるようになったのか何だか謎です。

DSC03523s-.jpg P1020647s-.jpg
この歌詞は・・・酒屋さんの横に。

歴史美術館 (MAP⑨)
DSC03527s-.jpg

春日神社
 (MAP⑧)
DSC03528s-.jpg DSC03532s-_20120303122330.jpg
奈良の春日大社から分霊された神社。秋祭りには4基の神輿の巡行、9台の山鉾、7台の太鼓神輿の練り込みがあるそうです。

DSC03502s-.jpg
山鉾のうちの1つ鳳凰山が河原町妻入商家群の入口にあったのを思い出しました。京都の山鉾の三分の二ほどの大きさだそうですが三分の二ってなかなか立派ですよね。

さてさて、そんな感じでほぼ一周してきましたぞ。・・・ん
DSC03536s-.jpg
なんか視線を感じると思ったらイノシシさんじゃない。篠山はイノシシ料理も有名なのですね。よく見たらあちこちにイノシシの文字。お土産物屋さんにはイノシシカレーなんてのも売ってました。

DSC03537s-.jpg
最後は大正ロマン館に戻ってお土産に霧いもや黒豆饅頭などを買って街歩き終了となりました。

この日は西脇市まで戻り、道の駅北はりまエコミュージアムで泊まることにしました。次回はその道の駅の紹介です。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

18:58  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

春も近くなり、いよいよお出かけですね。

丹波篠山、行ったことはないのですが黒豆は
お世話になってます。

ここにも武家屋敷があるんですね。
各地の観光情報を見ていると
実にたくさんの武家屋敷があることを知らされます。
それも、地方の方が大事に残されていることに
驚きます。
mametaro | 2012年03月05日(月) 09:11 | URL | コメント編集

★こんにちは(*゚▽゚)ノ

イノシシ、素晴らしいです。
こんにちはです(*゚▽゚)ノ

城址も素晴らしいですが、城下町も綺麗に残されていますね♪
以前、岡山城の付近を古地図で歩く内容の本を読みましたが、痕跡を探るよりも、こうしてはっきり残っているほうがいいですよね~(笑)

ゆうさんの影響か、キャンピングカーは手が出ませんが、少し大きめの車の買い替え検討中です~。
藤崎 | 2012年03月05日(月) 09:56 | URL | コメント編集

★Re: タイトルなし

■mametaroさん
本当は出石に行くつもりだったんですが
今年は特に雪が深そうだったので丹波篠山だけになりました。
もう少し温かくなってから行きます。

武家屋敷の保存というのは行政だけでなく住人の方の努力がとても大きいのですよね。
ここ最近保存地区などを歩くようになって
地元の古い町並みなどもまた改めて歩いてみたいなと思うようになりました。
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年03月05日(月) 23:17 | URL | コメント編集

★Re: こんにちは(*゚▽゚)ノ

■藤崎さん
いのししのお肉って食べたことがないんですが美味しいのでしょうかv-361

古地図による痕跡探しの街歩きもなかなか楽しそうが
はっきりと目に見える形で昔の建物が保存されてるのは単純に楽しめますね。
下津井、玉島、足守、備中高梁、吹屋、勝山、牛窓など
城下町に限らず古い町並みって歩いてみるとほっとしますv-290

> ゆうさんの影響か、キャンピングカーは手が出ませんが、少し大きめの車の買い替え検討中です~。

おぉ、車中泊もできるような車でしょうか。
大きな車で楽しい旅が出来ますようにv-290
アル姉(犬沢ゆう) | 2012年03月05日(月) 23:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/190-6dcd7147

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |