2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'05.27 (Fri)

萩・津和野旅行【Part2自転車で萩観光・前編】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:萩・津和野旅行 【Part1萩城跡
道の駅 【萩往還

5/20(金)
萩城跡の観光後、駐車場の隣のお土産屋さんで自転車を借りました。1時間200円です。
P1020019s-.jpg

ここでふと不安が過ぎる・・・アルママって自転車乗れるの
20年くらい自転車には乗っていないと言ってましたが
P1020010s-.jpg
さすが母車の運転免許を持たない身で2人も子育てしただけあって、身体に染み付いているようです。後ろに子供、前カゴには重い買い物袋をのせてびゅんびゅん走ってましたもんね(笑)

さて、自転車で回ったのはこんなコース
WS000081_20110525210618.jpg
萩城跡からまっすぐ西に向かい、菊屋家住宅を経て松下村塾・松蔭神社へ。そこから引き返して木戸孝允旧宅や高杉晋作誕生地など名所に寄りながらの約8kmです。

DSC06388s-.jpg DSC06389s-.jpg
気持ちのいい道路です。この道路は大きい方ですね。もう一本中に入ると御成道という武家屋敷らしいたたずまいの細い道があったりするのですが、自転車なので徒歩の方の邪魔になっても困りますから我慢。

DSC06392s-.jpg
萩といえば夏みかん。土塀石塀の向うに夏みかんが見えました。

B.菊屋家住宅前
DSC06394s-.jpg
外堀を過ぎたところで御成道(現田町商店街)に合流。この住宅の脇の道路が菊屋横丁。高杉晋作の誕生地がありますが、とりあえずそのまま真っ直ぐ西に向かっちゃいます。

自転車だと本当に楽ちんであっという間に松蔭神社に到着。

c.松下村塾(松蔭神社内)
DSC06399s-.jpg DSC06402s-.jpg
幕末に長州藩士吉田松陰が講義した私塾。松陰の叔父である玉木文之進が天保13年(1842年)に設立したのが始まりだそうです。著名な門下生には久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、入江九一、伊藤博文、山県有朋などがいます。アル姉は木戸孝允(桂小五郎)や井上馨も松下村塾の門下生だと思いこんでましたが違いました・・・。幕末の日本を動かした人物たちがこんな小さな講堂で一同に学んでいたのかと思うと何だかすごいですね。

P1020011s-.jpg
社会科見学でしょうか。小学生が一生懸命レポートを書いていました。

こちらも同神社内にあります、吉田松陰幽囚ノ旧宅
DSC06405s-.jpg DSC06407s-.jpg
木造瓦葺き平屋建て、家自体は立派ですが松陰が幽囚されていたのは東側の3畳半一室のみ。なぜ松蔭は幽囚させられたのか。吉田松陰は下田でアメリカ軍艦による海外渡航を試みます。しかし失敗して牢に捕えられ、萩に送られて野山獄に入れられました。安政2年には出牢しますが自宅で幽囚の身となり、読書のかたわら家族や弟子に書を講じ、それがやがて松下村塾での教育に発展したのだそうです。

松蔭神社
DSC06409s-.jpg
言わずもがな、吉田松陰を祭神とする神社。隣には末社である松門神社があり、門下生が祀られています。

さて・・・松蔭神社に来たら是非これを食べてみてねと山口の友達に言われたので
P1020012s-.jpg
買ってみました、松蔭だんご思ったよりもデカイ・・・
甘めの味噌ダレで美味しいです。でも食べ切れなかったので手伝ってもらいました。

おなかいっぱいになったところで(アル姉だけですが)引き返して萩城下町の名所に寄ることにします。松蔭神社の近くにも様々な名所がありますが・・・アル先生を何時間もお留守番させたくないのですよねぇ。ちっちゃいわんこならカゴにのせられるのに、残念。

自転車で萩観光・後編につづく。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

17:52  |  中国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

松蔭だんご・・・・・・おおおおおおたべた~~~~い
昔の家の作りは風情が有り、いいいいい感じですね
そうそう、ECでクーラー要らないかも
こんな家でノンビリしたよね
かつき^^ | 2011年05月28日(土) 13:07 | URL | コメント編集

★美味しかったですよ^^

■かつきさん
お団子はかなり食べ応えがあっておやつにはヘビーでしたv-356
萩って古民家をエコ(古)民家として再生させる取り組みをしているそうですよ。古民家暮らし、ちょっとあこがれますね。
アル姉 | 2011年05月29日(日) 12:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/140-f4643c23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |