2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011'05.15 (Sun)

京都北陸旅行【Part6元伊勢外宮・内宮】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事: 京都北陸旅行【Part1嵯峨野】 【Part2琵琶湖~山中温泉】 【Part3福井】 【Part4天橋立・籠神社】 【Part5天橋立・松並木
P泊道の駅 山中温泉ゆけむり健康村 シーサイド高浜

5/1(日)曇り 午後

籠神社が元伊勢と呼ばれていることは前の記事でも書きましたが、京都府福知山市の大江山南麓にも「元伊勢」と呼ばれる神社があります。伊勢神宮は元から伊勢にあったのではありません。『日本書紀』によれば伊勢の現在の場所に鎮座するまでに二十数か所の土地への遷座を行なったとされています。その二番目の遷座地とされるのが「丹波乃国吉佐宮(よさのみや)」と呼ばれ、午前中に天橋立で参拝した籠神社がそうでした。そしてまた、この日午後から向かう豊受大神宮、皇大神社も同じく吉佐宮であるとされているのです。

まずは元伊勢外宮とされる豊受大神社から。

元伊勢外宮:豊受大神社
DSC06244s-.jpg DSC06245s-.jpg
9号線と由良川支流に挟舟岡山に境内があり、9号線に面して参道入口があるのですが・・・少し寂れてわかり難いです。

主祭神:豊受大神
     相殿に日子番能邇々杵命(ひこほのににぎのみこと)・天児屋根命・天太玉命

摂社:多賀之宮・土之宮・月宮・風宮
末社:三十七社(名称は省略させてください)

御由緒(豊受大神社由緒書による)に
 当社は旧号を与佐宮と称へ、宮殿を建立され天照大御神を奉斎された時、同時に豊受大神を合わせ祀られたのが創始で、豊受大神を御主神として仰奉り、境内末社には全国の名神大社の神々が奉斎されています。
とあります。やはり「よさの」宮のなのですね。

DSC06246s-.jpg
黒木鳥居をくぐるとその奥に境内が広がっています。黒木鳥居といえば野宮神社もだったなーと思ったらあそこは今はコンクリの偽物なんですね。こちらはちゃんと本物の生木を用いた黒木鳥居です。

拝殿
DSC06247s-.jpg
拝殿の左右には、別宮の多賀之宮と土之宮。

本殿
DSC06250s-.jpg
社殿は茅葺の神明造。鰹木は9本、千木は外そぎ。本殿の後ろには龍灯の杉。

DSC06256s-.jpg DSC06257s-.jpg
奥にある龍灯の杉よりも手前にあるこの捩れた杉が気になります。小さいままだとわかりにくいかもしれないのでクリックしてご覧下さい。時計回りに捩れているのがわかると思います。どうやったらこういう形になるんでしょう。

DSC06248s-.jpg DSC06249s-.jpg
本社社殿を取り巻くように、境内の左右・後方にコの字形に境内社(四社の別宮(多賀之宮・土之宮・月宮・風宮)、三十七の末社)が並んでいます。

訪れる人も少なく随分寂れた印象の神社でした。なんとも物悲しい・・・。

続いて少し北に鎮座する元伊勢内宮とされる皇大神社へ。

元伊勢内宮:皇大神社
DSC06260s-.jpg DSC06261s-.jpg
豊受大神社に比べると駐車場も随分大きいですし、参道や境内を見ても人の手がよく入っているんだなという印象でした。(駐車料金は人の良心に任せた無人箱で300円) 長い参道も綺麗に整備されていて気持ちが良いです。

主祭神:天照皇大神
摂社:天手力雄命社・栲機千々姫命社
末社:熊野神社、興玉神社など七十九社(81という説も)

『倭姫命世記』に、崇神天皇39年、天照太神を奉じた豊鋤入姫命が鎮座地を求めて但波(丹波)国へ遷幸し、吉佐宮を築いて4年間奉斎したと記すが、社伝によれば、当神社はその旧跡であり、天照大神が吉佐宮から遷座した後もその神徳を慕った人々が引き続き伊勢神宮内宮の元の宮として崇敬してきたといい、元明天皇朝(707-15年)に社殿を建立したという。(Wikipediaより)

DSC06262s-.jpg
参道の途中にあった麻呂子親王御手植杉。他にも何本かあったようだが枯れてしまい、元気なのはこの1本だけ。

DSC06288s-.jpg
真名井の池。

DSC06285s-.jpg DSC06284s-.jpg
御門神社と金のなる石。叩くといい音がしました。

長い参道を進んでやっと
DSC06264s-.jpg
黒木鳥居が見えてきました。

拝殿
DSC06265s-.jpg
拝殿の左右には脇宮の栲機千千姫神社と天手力雄神社が並ぶ。

本殿
DSC06275s-.jpg
こちらも社殿は茅葺の神明造。鰹木は10本、千木は内そぎ。

DSC06266s-.jpg
拝殿と栲機千千姫神社の間に龍灯の杉がありましたが、樹齢二千年と推定される御神木なのに火事で焼けたせいでもうほとんど枯れてしまって生きている部分はわずか・・・。

天皇神道・岩長姫命社
DSC06274s-.jpg
岩長姫命(木花開耶姫の姉)をお祀りしている所は少ないのだそうです。

拝殿・本殿を取り巻く境内の周囲には、末社79社が鎮座しています。境内社が整然と立ち並びかなりの迫力でしたが・・・アルパパ全然写真に収めてませんでした。がっかり。皇大神社を取り巻く杜は”ここが元伊勢です”と言われると納得せざるを得ない不思議な空気を持っていました。

ちなみにこの皇大神社の近くには奥宮とされる天岩戸神社があるのですが、今回は残念ながらそこまで行く元気がありませんでした。この日はひたすら神社巡りな一日になってしまいましたが、強風にも負けずアルパパはとても満足気でした。雨男というのは聞きますが風男というのもあるのでしょうか。アルパパが行きたい所に行くといつも強風です・・・。

このあとアルキング号にもうひと踏ん張りしてもらい、道の駅農匠の郷やくので車中泊です。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

17:19  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/135-15203769

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |