2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011'05.06 (Fri)

京都北陸旅行【Part2琵琶湖~山中温泉】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事 京都北陸旅行【Part1 嵯峨野】

4/29(金)午後:曇り
嵯峨野観光を終えて向かった先は琵琶湖大橋レインボーロード。大原経由で回っていったのですが三千院付近の駐車場がガラガラだったのが印象的。やっぱり観光客少な目?

さて、琵琶湖大橋を渡る前に道の駅びわ湖大橋米プラザでお昼休憩。

画像 050s-s- 画像 046s-s-
←道路側から                  琵琶湖側から→

154台 [大型車19台/普通車135台]
なかなか立派な道の駅です。

なんで米プラザなんだろうと思ったら近江米を使ったレストランやお惣菜・近江米そのものの販売もしているのですね。近江米のお赤飯を購入しましたが美味しかったです

DSC06063s-.jpg
建物のすぐ裏手には琵琶湖が広がっています。やはり葦が生えていますね。

DSC06064s-.jpg
琵琶湖大橋

画像 043s-s-
こんな感じで水はとても綺麗。

「道の駅利用以外での駐車は禁止」と色んな所に書かれていましたが、釣り人に向けたものでしょうか。この建物の裏手ではたくさんの釣り人が糸を垂らしていました。

さて、琵琶湖大橋を渡ったら栗東ICから名神に乗ります。
画像 057s-
と、あれに見えるは近江富士?野州川だからたぶんそう

近江富士に別れを告げ、さー、宿泊地の山中温泉へGO。アルパパがんばれーっ。
と思ったら黒丸PAでまさかの運転交代・・・。皆命知らずだなぁ

景色を楽しむ余裕なんてないアル姉を尻目に助手席で無意味に写真を撮りまくってるアルパパ、まー、小憎ったらしいわ。80~85km/hキープで安全運転です。

DSC06067s-.jpg
正面に見えるのは伊吹山。このあと米原JCTから北陸道に入ります。

DSC06074s-.jpg 名称未設定 1
そうそう、途中でこんな車に抜かれました。他にも何台かありましたねぇ。どこまで届けるのでしょうか、どうぞお気をつけて。

北陸道を走ってるうちに敦賀湾が見えてきた~
ちょっと休憩がてら杉津PAに入ってみました。高速道路はアクションが少ないから体が固まっちゃうのよね~。
DSC06078s-.jpg DSC06083s-.jpg
この杉津PAの下りには夕日のアトリエと呼ばれる展望台があり、「愛のハートロック」と名づけられた鍵が無数につけられていました。恋人の聖地なんだって~、家族連れで記念撮影しちゃってるアル姉ってどうよ

気を取り直して再びアルキング号を走らせます。宿泊地である山中温泉までは残り70kmほど。福井北ICで北陸道を降り、そこからは一般道です。高速道路の緊張感から解放されやっとゆったり運転できると思ったのも束の間、それは突然やってきました。

アクセルを踏んでも加速しない

勝山街道から国道416号線に入り、そこから山中温泉を目指して上って行くのですが、上り坂で急に失速。
40km/h、35km/h・・・30km/h、ついにはメーターは20km/hに。
これはあきらかにおかしい。ハザードを点けて路肩に停車。

違和感を感じたときすぐに気付いたのはコレ
P1010947s-.jpg
見えにくいかと思いますが左が排気ガス浄化装置警告灯、そして右はエンジン警告灯
排気ガス浄化装置警告灯が点灯して暫くするとエンジン警告灯も点灯した感じです。

「排出ガス浄化装置」とは、ススが一定以上堆積したときに燃焼させるという装置で、カムロードに限らずハイエースやトヨエースなどのディーゼルエンジン車にもついています。兄弟車だから当たり前ですが・・・。

実はこれに加えて旅行前からアッパー油量警告灯が点灯していたりして、それが途中から点滅に変わっていたので、その影響もあるのかもしれません。しかしまぁ、とにかくエンジン警告灯がつくというのはなかなかやっかいです。

坂道でベタ踏みしようがしまいが勾配が急なら40km/hも出ないレベル。山中温泉まで残り10kmほどだったのですがここからは延々と上り。アル姉ではちょっと不安すぎるのでアルパパと再び運転を交代。ハザードをつけて後続車に道を譲りつつも何とか山中温泉ゆけむり健康村に到着したのでした。

申し訳ないと思いつつ、連休中でお休みであろうデルタリンクのIさんの携帯に電話をして事の次第を説明。ススがたまって処理しきれなくなったためコンピュータがセーフモードのような状態にしてスロットルを制御しているんだそうです。テスターで強制排出してリセットすれば大丈夫と言われたのですがトヨペット福井も石川も5/5までずっとお休み。ネッツやカローラ店で何とかなるかなぁと不安を抱えたまま山中温泉ゆけむり健康村で一夜を明かすことになるのでした。

ちなみにこのトラブル、どうやら珍しいことではないようで、スマホでちまちま検索したら出るわ出るわ・・・ハイエースやトヨエースの3000ccディーゼルでも同じトラブルがたくさん上がっていました。しかも修理に出しても再発するらしく、根本を何とかしないとダメなんじゃないかという気がしてしょうがない。

※5/6 近所のトヨペットに修理に出しました。そのお話はまた後日

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

17:54  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なにはともあれ無事が一番ですね。アルキングは3リッターとは、非力なガソリン車から比べるとうらやましいです。原因がはっきりわかればよいですね。
ペケ田 | 2011年05月06日(金) 19:26 | URL | コメント編集

★すすがたまるって

すすがたまるって、そんなに新しいうちにすすが
たまっていたら、これから先何回も同じ現象が
出ちゃうのかな?うちのは旧型の2.5DTだから
安心なのかな?いずれにせよ最近のトヨタさん
はなんだかな~
step0805 | 2011年05月06日(金) 20:54 | URL | コメント編集

■ペケ田さん
3リッターのディーゼルターボはかなりパワフルで頼もしいのに・・・思わぬ落とし穴がありました。
リコール情報を調べたらこのトラブルものっていたのですが
具体的な解決策はなく、保証期間が延長されるというだけのものでした。
一応強制排出用のスイッチを付けましたが再発の可能性は否定できません。
アル姉 | 2011年05月06日(金) 21:27 | URL | コメント編集

■step0805さん
同じ症状の方がたくさんいるとはいえ、皆さんは走行距離がけっこういってるんで、2万キロもいってない我が家のカムロードで発生されて、これから何度も起こるのではたまったもんじゃありませんv-406

旧型の2.5DTではどうでしょうね。
トヨタではDPRシステムを採用した3.0DTでよく起きるという話でした。他社でも日野の大型トラックでもよくあるのだそうですが、ダイナ・トヨエース・ハイエースなども調べたら日野のエンジンなのですね・・・。
アル姉 | 2011年05月06日(金) 21:33 | URL | コメント編集

★排気ガス強制用スイッチ

日野の大型トラックというコメントで、レスします(*^^)v
以前勤めていた会社が、10tの大型でした。排気ガス強制スイッチ、最初から付いていました。
よく点灯していましたよ。それも高速の急坂で(+_+) マニュアルでは、ただちに停車し、20~30分のアイドリング状態で、消灯します、って書かれています。
マルチビジョンに煤のモニターがありましたので、前もってスイッチを押して対策はしました。
煤はよく溜まると聞きますが、スイッチを付けたらいいと思います!(^^)!
ひろ | 2011年05月08日(日) 21:04 | URL | コメント編集

★つけました^^

■ひろさん
コメントありがとうございます。
やはり日野が開発したシステムということは日野の大型トラックにもよくあることなのですね。確かに日野レンジャーのページなどを見ると煤堆積量がわかるモニターがありますね。うらやましい!しかも最初からスイッチがついているとはバッチリじゃないですか。
トヨタでもコースターには最初からスイッチがついているようでしたが・・・カムロードやハイエースにはなぜないのか。。。

今回うちもカムロードにスイッチをつけました。部品自体もたいした値段ではないし、なんでデフォルトでついてないのか不思議ですv-393

これからは今まで以上にインジゲータの点滅によく注意しながら走らなくてはですね。
アル姉 | 2011年05月09日(月) 13:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/128-cf113ced

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |