2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'02.08 (Tue)

ぴんち!頚椎椎間板ヘルニア

アルキング号のダイネットテーブル無事直りました。
ベッド展開もできます。

ところが・・・今度はアル先生が大変なことに
IMG_0485s-_20110208191300.jpg

1/29 左前足を痛そうに持ち上げる
  →翌日には治まる

2/2 散歩中に急に身体を捻ってから右前足を痛そうに持ち上げ、歩きたがらなくなる
  →翌日になっても治まらず

2/4 動物病院で診察、レントゲン撮影
  →処置:ステロイドの注射と錠剤処方

4日に撮ったレントゲンは綺麗で細菌感染や骨そのものに異常は見られないとのこと。前足に痛みや過剰な反応が出ているところから頚椎の付け根の方の椎間板ヘルニアではないかと言われました。散歩は排尿・排便だけに留め安静に。

8日にまた来て下さいと言われたので今日再び動物病院へ。
IMG_0471s-.jpg
動物病院の待合室。綺麗でしょ~。そして真っ白なでっかいわんこさんが・・・うっとり

前回診てくださった先生はお休みのため別の先生。やはり症状から見て頚椎の椎間板ヘルニアだろうという診断でした。MRIなどでもっと詳しく検査をするところまでは症状が酷くないので、とりあえずは6週間の内服薬とケージレストで様子を見ましょうと言われました。

前回お薬を頂いて二日後くらいからアルも平気そうにしていたのですが、強めのお薬だったのでその効果で痛みが消えているだけなのですね。薬のせいで痛みがないからって立ち上がろうとしたり遊びたがったりと困りモノで・・・どうしようかと悩んでいたのですが、先生曰く、ベストなのはケージレスト(排尿・排便時以外はケージ内で安静にさせる)もしくは部屋の中だけ(たぶん一部屋だけということでしょうね)。ストレスがたまるから排便・排泄のためにお外に連れて行くのは構わないと言われました。

今日はとりあえず一週間分のお薬(今度は少し弱め)を処方されました。また来週診ていただいて、少しずつ薬を減らしていくようです。それで改善されなければレーザー治療なども考えましょうと言われました。うう、なんだか大変なことになったぞ・・・
IMG_0479s-.jpg

ヘルニアとケージレストについて帰ってネットで調べたのですが、こりゃ我が家のアル先生はアウトだわ!!前回の先生はケージレストについてまでは仰らなかったので、激しい運動をさせないというだけで家の中ではアル先生が自由に動き回っちゃってました・・・。立ち上がったりジャンプしたりは厳禁なのにこれも毎日のように。

排尿や排便から帰ったらお風呂場で洗うのですが、そのときジャンプしてお風呂場の敷居をまたぐし、ケージも入口に段差があるので軽くジャンプして入ってる。おまけに机の上やサイドボードの上を見ようとして二本足で立ち上がることもしょっちゅう。アル先生のヘルニアが悪化しないように生活改善しなくちゃです。ケージも購入しなおさないとダメかな。

そうそう、アル先生この動物病院に通い始めてもう8年目なのですが、レントゲン撮影以降、嫌がり方が尋常じゃなくなってきてます(苦笑)。以前は検温以外さして抵抗しなかったのですが、今日なんてまず診察室に入らないし、入ってもドアをガシガシやって出たがるし、診察台の上からも飛び降りようとする始末。震えて泣いたり吠えたりとまぁ大変でしたいつもの先生じゃないのとアルパパがついてなかったからかもしれませんが、めっちゃストレスたまってそうで見てて可哀相でした

う~ん・・・そっか、ヘルニアか。恐れていたことが現実になっちゃった。前からちょこちょこ予兆らしきものはあったんだけど、半日とか1日で消えちゃうもんだからって放っておいたり、病院に行っても捻ったのかなって言われるくらいではっきり診断されなかったんだもの。でもやっぱり、飼い主の責任だよね。ホントにごめんね・・・

まだ軽度の段階なので内服薬とケージレストでしっかり安静にしてれば急激な悪化は防げるみたいです。今週末お出かけ予定があったのだけどキャンセルです。アル先生まったりしてようね。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : ウェルッシュ・コーギー - ジャンル : ペット

19:40  |  わんこ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★え~~~!

アル先生はヘルニアって診断だったんだ~(>_<)

そんなに悪かったのね!!!

リヴは次の日に治ってしまうので、病院までは行ってないけど狂犬病注射の時には、触診でヘルニアではないでしょうって事でしたよ。

早くよくなる事を祈ってます。

お大事にね。
リヴぱぱ | 2011年02月08日(火) 20:09 | URL | コメント編集

★ありがとう^^

■リヴぱぱさん
どうもありがとうございます。
リヴくんはヘルニアではないと診断されているならほっとできますね。

ヘルニアってコーギーにはけっこう多いので心配していたんですがいざ病院で診断されちゃうとずっしり来ますね。
薬のせいかどうか・・・今もアルが痛がりもせず動きたがるんで
両親があまり危機感を持ってくれないのが困りモノです。

私に出来る限りのことをして補助してやりたいと思います。
アル姉 | 2011年02月09日(水) 19:05 | URL | コメント編集

アル先生大変ですね・・・早く元気になってくださいね。

うちのはなちゃんも怪我に手術にいろいろあって一時期大変だったけど、手術で入院していた時は夜も眠れませんでした・・・

それにしても動物病院のわんこ、可愛いですね^o^ こういうでっかいわんこが家の中をノソノソ歩いてるのは憧れますね・・・まあ実家ではたまにはなが家の中に上がってはストーブの前でくつろいでますけど(笑)。
Masahiko | 2011年02月11日(金) 09:45 | URL | コメント編集

■Masahikoさん
ありがとうございます!

はなちゃんも色々あったのですね。
わんちゃんてペットっていうか・・・やっぱり家族なんですよね。
本当に心配で心配でたまらないですが、見た目には回復してるように見えるだけにどこまで制限すればいいのかに悩みます。

でっかいわんこ憧れるけど、実際に狭い我が家にあんなもっさもさの巨体がいたらと想像すると無理だなと・・・アル先生くらいでちょうどいい(笑)

はなちゃんはストーブの前でくつろぐのかぁ。かわいいなぁv-346
アル姉 | 2011年02月11日(金) 23:39 | URL | コメント編集

ご無沙汰してます。
アル先生大変でしたね。
どうしても関節関係にトラブルが多くなりますね。
安静にさせるにもなかなか難しいですね。
わが家はゲージを使わず自由にさせていますがゲージに
閉じ込めてもストレスが心配だし・・かと言って足腰に
負担を掛けたく無いし・・
とにかくアル先生が早く元気になる様に祈ってます。
お出掛けには一緒でなきゃさみしいですものね。
ひげP | 2011年02月12日(土) 19:29 | URL | コメント編集

■ひげPさん
こんばんは、お久しぶりです。
みかんちゃんはお元気でしょうか^^
年も年なので何かしらガタがくるのかもしれないですが
なるべくなら痛みのない生活をさせてあげたいものですよね。

我が家では普段人間の食事のときだけケージを使っています。
食事欲しさに二本足で立ち上がったり
立ち上がらなくてもお座りして絨毯をヨダレまみれにしてくれるので・・・
ケージに入れっぱなしだとストレスがたまってしまいますよね。
両親もこれを一番心配してつい甘くなります(^^;

ありがとうございます。だいぶ回復してきてると思いますのでご安心下さい。
アル姉 | 2011年02月13日(日) 22:31 | URL | コメント編集

アル先生大変ですね。
我家の愛犬ここ(トイプードル)も、両足の関節を手術しています。完治するまではかわいそうで見ていられませんでした。アル先生も早く完治して、また元気に遊びまわれるようになるといいですね。
step0805 | 2011年02月15日(火) 07:17 | URL | コメント編集

■step0805さん
こんばんは。
ここちゃんは両足の関節の手術を経験しているのですかっv-356
手術となるとやっぱり心配でしょうがないですよね。

アル先生はこの1週間痛がる様子もなく、じっとしていなさいという方が酷と思われるほどの元気っぷりです。今日は病院に連れて行く日だったのですが私が風邪でダウンしてしまい明日に持ち越しになってしまいましたv-406
アル姉 | 2011年02月15日(火) 19:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alking.blog12.fc2.com/tb.php/117-08c134fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |