2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017'05.25 (Thu)

福岡旅行④  2日目 柳川町歩き 

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

5/1(月) 柳川町歩き
御花北門で下船したあと、午後からであれば無料の送迎バスがあるのですが、午前の場合はタクシーかバスを使うことになります。でも舟から見た散歩道があまりにも気持ちがよさそうだったので「歩いて帰りたい」とアルママ。御花から三柱神社までをお堀に沿って歩いて帰ることにしました。

DSC00118_20170513192908bfd.jpg
御花を出発。

DSC00121.jpg
途中までは白秋道路を歩きます。

DSC00120.jpg DSC00123.jpg
生家から中学までの通学路が白秋道路として整備されています。お堀を見ると次から次へとどんこ舟がやってきます。私たちが乗った一便は乗船客も少なくとてもゆったりと乗れたのですが、この時間帯に見かけるどんこ舟はどれもぎゅうぎゅうで写真を撮るのも大変そうな状態でした。

DSC00125.jpg
壇一雄文学碑。「リツ子・その愛」「火宅の人」で有名な直木賞作家・壇一雄氏の碑で、有明潟睦五郎の哥が刻まれています。

DSC00126.jpg DSC00128.jpg
白秋道路をしばらく歩くと日本の道百選の道標。白秋道路をそのまま歩くと外堀沿いの遊歩道となりますが、川下りと同じコースを内堀沿いに歩くことにしました。日本の道百選の水辺の散歩道を目指します。

DSC00129.jpg
散歩道を歩いていると数々のどんこ舟とすれ違います。船頭さんの軽妙なトークや歌声が聞こえてきて、乗客の歓声もあがっていて楽しそう。ちょっと前までは自分もあんな風に涼やかに舟に乗っていたのになぁ・・・と炎天下の中を歩きます(苦笑)

DSC00131.jpg
若いイケメンのお兄さんからいぶし銀の老年まで船頭さんも色々です。歌声もちょっと音痴の人からリクエストしたくなるほど上手い人まで様々。道を歩いていると自分が乗った舟以外も楽しめる感じがします。

DSC00132_20170513200003d65.jpg DSC00133.jpg
日吉神社。柳川の総鎮守。大きなお福さんが迎えてくれました。

DSC00134.jpg
劉寒吉うなぎ供養碑。船上からはあまりよく見えなかったのですがうなぎと河童の絵も描かれていますね。柳川の名物と言えばうなぎ。うなぎが大好きなアルパパも少し食べたそうにしていましたがアル姉は苦手なので却下ですよ。毎年7月には供養祭が行われるそうです。

DSC00139.jpg
日本の道百選の碑。新緑の柳とどんこ舟が絵になります。

07.jpg
アルパパはお堀とどんこ舟を撮るのに夢中で道の写真が一切ありませんでしたので、ちょっとお借りしてきました。一部整備中で通行止めになったりもしていましたが日本の道百選というのが納得できる気持ちのいい散歩道です。

DSC00140.jpg
この辺りはどんこ舟から見た景色と同じくらい、無駄なものが視界に入らず美しく感じられます。

DSC00141.jpg
並倉。

DSC00143.jpg
大正創業の粕漬屋さん。

DSC00145.jpg DSC00146.jpg
二ツ川と外堀に作られた水門。来るときはこの下をどんこ舟で通りました。

DSC00149.jpg DSC00150.jpg
さすがに初夏の日差しの中を歩くというのは暑いですね。どんこ舟で堀をめぐったときの涼しさが噓のようです。

DSC00151.jpg
らんかん橋と乗船場が見えてきました。

三柱神社
DSC00154_20170514230502f3c.jpg DSC00157.jpg
実はこのらんかん橋、三柱神社の参道橋になっています。三柱神社は初代柳川藩主 立花宗茂公、岳父である戸次道雪公、妻である誾千代姫の三神を祀ったことから、三柱神社と称します。

DSC00160.jpg
拝殿。平成17年に放火されたため、拝殿(平成20年12月竣工)・唐門・楼門・回廊を全焼し、現在復興中とのことです。

DSC00162.jpg DSC00163.jpg
熊本地震でも被害を受けたりとなかなか大変だったようです。

参拝を終え柳川とはお別れです。昼食後、次なる目的地吉野ケ里遺跡へと向かいました。次はアルパパにバトンタッチです。








スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

06:13  |  九州  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT