2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017'05.31 (Wed)

福岡旅行⑥ 2日目 吉野ヶ里遺跡 そのⅡ

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

「南のムラ」でのんびりし過ぎました。残り時間を考えると、これから後は、大急ぎで見て回る必要がありそうです。

吉野ヶ里map②

次に向うのは、二重環壕の内側、「南内殻」と呼ばれる、王や大人(たいじん)と呼ばれる主要閣僚たちが住む中核部分ですが、そこへは、「倉と市」と呼ばれる交易ゾーンを通って行きます。

「倉と市」
DSC00238.jpg
少し小高いところから俯瞰した「倉と市」の全体像です。
この一画には、交易に関連する「市の倉」、「貢物の倉」、「市楼」の他、市の管理者である「村長(むらおさ)の住居」、市の秩序を守るための「兵士の詰所」等、多彩な建物が建ち並んでおり、全体は外環壕に囲まれています。

DSC00221.jpg DSC00223.jpg
兵士の住居と兵士の倉。

DSC00229.jpg DSC00234.jpg
市楼と兵士の詰め所。市楼は、ここで開かれる市を管理する建物。一階で、市への参加許可証が発行されます。二階には、市の開催を知らせる太鼓があり、兵士たちが見張っています。

DSC00224_20170515152539040.jpg DSC00227.jpg
稲籾の倉。

「倉と市」を見終わったあと、「倉と市」と「南内郭」の間の壕と柵で囲まれた、細長い部分を通ります。ここは、「倉と市」から切り離され防御されており、大切なものが保管されています。

DSC00239.jpg
左手が「市」、右手の柵の奥が、王の住む「南内郭」です。

DSC00242.jpg 
まずは、貢物の倉。

DSC00244_20170515154545ec9.jpg DSC00245.jpg
原料の倉。

DSC00248.jpg 
武器の倉。貢物の倉と外観は一緒です。中に収められたものが残っていなかったら、区別は困難ですが、どうだったのでしょう。

DSC00249_20170515154549c7d.jpg DSC00250.jpg
武器の倉の中には、槍、弓矢、刀、防具等があります。


「南内郭」
急いで、「倉と市」を見終え、いよいよ、王の住いである「南内郭」に入ります。
DSC00252_20170515155902e1e.jpg DSC00253.jpg
南内郭は、内環壕と土塁で防御されており、更にその奥に見える柵の中が王の住いです。壕を掘った土を盛上げて土塁を作り、その上に柵を設けています。厳重です。

DSC00256.jpg
物見櫓から俯瞰した南内郭。手前の柵の中が王の住いです。少し、大きいですが、外観は一般の住居と特に変りはありません。向こうにも、物見櫓が見えます。この南内郭には、物見櫓が 4つもあります。矢傷を負った兵士の骨が出土されているところを見ると、やはり、相当、物騒だったのでしょうか。

DSC00270-2.jpg
王の家。

DSC00266_2017051516132173d.jpg DSC00267.jpg
「王の家」の内部。南内郭の中の更に柵で囲われた一角には、王の家、王の妻の家、王の娘夫婦の家があります。
ここに限らず、「発掘した柱の穴の跡から、どうやって家族関係がわかるのだろう?」と突っ込みたくなりますが、それはそれ、つまりは遺跡テーマパークのファンタジーなのでしょう。

この「南内郭」内は他にも「大人(たいじん)」と呼ばれる主要閣僚と家族たちの住いがあります。

DSC00279.jpg
右に見えているのが、祭祀担当の大人の家(後向き)。正面がその妻の家。大人の家の向こうは王の家。

DSC00257.jpg
軍事担当の大人と妻の家。
他にも、裁定と外交の大人の家がありますが、裁定と外交の大人は、妻の家が分かれていません。

DSC00275.jpg DSC00271_20170516153035636.jpg 
 
DSC00283.jpg DSC00287.jpg
1800年前、政治は、既に、機能分化していたのですね。

その他。
DSC00261_201705161545396d2.jpg DSC00286_20170516154538670.jpg
左は煮炊屋の内部。王や大人の食事は、ここで作られて、それぞれの家へ運ばれます。
右は集会の館。王や大人がここで儀式や話合いをします。

DSC00273.jpg DSC00274.jpg
織物の原材料。染色技術も進んだものを持っていました。
公園内では、火起こし、脱穀始め、色々な体験ができるゾーンがあります。一日掛けるだけの時間があれば、楽しめそうですね。

やっと、南内郭が終り、これからハイライトの「あの建物」がある北内郭へと向います。

つづく。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

15:45  |  九州  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT