2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'04.20 (Thu)

2017年3月・奈良旅行 今井町②

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

3/19(日)


今井町その②です。
重伝建、今井町散策マップ。
imaimap2.jpg
前回、南からぐるっと回って今西家を見学し本町筋を通りました。

r-DSC09382.jpg
続いて一本南に行ってみます。虫籠窓の形もいろいろあって見ていてあきません。

r-DSC09386.jpg
御堂筋。こちらは電柱が目立ちますが、見所の多い通りです。

豊田家(マップB)
r-DSC09384.jpg
丸に木の紋ですね。要予約で見学可能。200円。根は入母屋造、本瓦葺で軒は高く、2階軒は出桁造り。 寛文2年(1662)の建築で古くからある上層町屋。

r-DSC09383.jpg
説明看板。西の木屋(材木商、牧村家)で大名貸しや藩の蔵元等をつとめた。

称念寺(マップI)
r-DSC09387.jpg r-DSC09388.jpg
寺内町として成立した今井町の中核となった寺院で、寺内町の形成、発展を支える町政全般の拠点。浄土真宗本願寺派。
r-DSC09385.jpg
遠くから見ていて本堂が見えないなぁと思ったら完全に覆われていて解体修復中でした。完成は東京オリンピックまでにはという話でした。

案内所兼休憩所
r-DSC09389.jpg
称念寺の向かいの案内所ではボランティアの方が今井町や修復中の称念寺についての説明をしてくれましたので、解体中の本堂の写真なども見ることができました。

中橋家(マップC)
r-DSC09390.jpg
屋号は「米彦」、もちろんお米屋さんですね。内部は非公開。

r-DSC09408.jpg
説明看板によると、19世紀前半頃に正面上部に低い「つし2階」が増築された中規模な町家のようです。

r-DSC09410.jpg r-DSC09412.jpg
香ばしいような良い香り、お醤油屋さんを発見しました。旅行に行くたびに醤油を買おうとするアル姉に、アルママからダメ出しが出てしまいました。残念。

r-DSC09414.jpg
南北の細い筋。見忘れた所があったので本町筋にもどってみることに。

今井まちや館(マップ③)
imai1.jpg
18世紀初期頃の町家ですが、明治以降は、空家の期間も長く破損がひどかったそうです。8000万円ほどの修復費用をかけ、資料にもとづき当初の姿に復元。古材を再利用しつつ耐震、防火施設の充実をはかりながら再建したもので無料公開されています。

r-DSC09417.jpg r-DSC09420.jpg
内部。厨子(つし)二階の部分に上がらせてもらえます。厨子とはロフトのようなものです。案内のおばあちゃんがそう何度も力説するのです。外から見たとき虫籠(むしこ)窓が見える町屋はたいていこの厨子があります。

r-DSC09418.jpg r-DSC09416.jpg
文化財指定はないのですが、なかなか立派な町屋で予約なしで気軽に雰囲気を味わえるのは魅力的です。一口竈も珍しいですしね。

r-DSC09425.jpg
本町筋。やはり少し道がずれていて見通しはききません。

r-DSC09426.jpg
郵便局も町屋風。

続いて一本北の中町筋へ。もう一回分割です。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

19:35  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |