2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017'03.29 (Wed)

2017年3月・奈良旅行 法隆寺① 西院伽藍

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

いつも、遅れ々々の記事ですが、3月18・19日、奈良旅行にいってきました。
今回、奈良に決めたのは、前回の記事「鴨方町歩き」で紹介したように、鴨方町家公園内の「高戸家住宅」の元型が奈良県橿原市今井町にあると知って、「じゃあ、本家の今井町を訪ねてみよう」ということになったわけです。
それだけでは勿体ないので、近くでどこか・・・。ということで、一日目は法隆寺を訪ねることにしました。

3月18日 法隆寺
9:00に倉敷の自宅を出発、途中、休憩を挟みながら法隆寺に到着したのは、13:30。
「法隆寺は何度か訪れているのですが」といいながら、前回の訪問は 1997年4月でしたから、20年振りです。詳細までは、覚えているような、覚えていないような・・・。

車を駐車場に停め、早速、参道ですが、
DSC09117.jpg
家族一同、「記憶にないよねー」と頼りないスタートです。

DSC09119.jpg
南大門(国宝)。ここら辺りから、記憶が蘇り始めました。

法隆寺については、みなさんよくご存知と思いますので、さらっと説明します。
法隆寺は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財を有する。(Wikipediaより)

DSC09124.jpg
南大門を潜ると次は中門が、見えてきま・・・せんね。折悪しく、修理中のようです。

中門
見えていれば、こんな感じです。中門(国宝)は、仁王像(国宝)とエンタシスの柱および万字崩の高欄・人字形割束等、見所が多いだけに残念です。

拝観料を払って西院伽藍の中に入ります。1500円、最近値上げになったようです。値上げ前は 1000円。いきなり、50%アップ! 値上げの理由は、観光客が減って維持費が賄えなくなったからだそうですが、一般の経済原理から言うと、需要が減ったら値下げでしょうが・・・。

境内図
などと呟きつつ、早速、観てまわります。

DSC09143.jpg
五重塔(国宝)。倒れ掛かっているわけではありません。毎度々々、歪んだ写真で恐縮です。レンズはズーム一本で済ませたい。できるだけ軽くて、しかも広角から望遠までと欲張ると、まあ、こんなもんです・・・。
塔の高さは 31.5m、初層内部の四面には塑像の仏教譚(国宝)がありますが、暗いのと、仏教譚そのものをあまりよく知らないのとで、観てもピンとはきませんでしたが、何とか北面の釈迦涅槃だけは理解できます。

五重塔・内部北面 a02-thumb.jpg
涅槃に入った釈迦を囲んで、お弟子さんたちが嘆き悲しんでいる様子がリアルに表現されています。ガイドの方が、「この中に、阿修羅がいるのですがお判りになりますか」といっていました。お判りになりますでしょうか。

建物内部は写真撮影禁止なので、建物内部の写真はすべてパンフレットからのコピーです。

DSC09136.jpg
金堂(国宝)。手前は五重塔。

DSC09138.jpg
柱に龍が巻きついています。おっと、よく観ると、中門では観ることのできなかった万字崩の高欄・人字形割束をここで観ることができますね。

そして金堂内には、
金堂・釈迦三尊
ご本尊は釈迦三尊像(国宝:623年)。アルカイックスマイル、飛鳥仏の特徴がよく出ています。他にも、薬師如来坐像(607年)、四天王像、毘沙門天と吉祥天立像と多くの国宝があり、更に、

金堂壁画・阿弥陀浄土
金堂といえば壁画が有名ですが、残念なことに 1949年の火災で焼失。焼失壁画は収蔵庫に保管されており、金堂内に嵌めこまれているのは再現パネルです。

DSC09139.jpg DSC09150.jpg
経蔵(国宝)、鐘楼(国宝)と西院伽藍を取囲む回廊(国宝)。回廊の柱はエンタシスです。

DSC09154.jpg
講堂(国宝)。

講堂・薬師三尊
講堂内には、大きな薬師三尊像(国宝:990年)があります。

DSC09158.jpg
講堂を出たところから見た五重塔と金堂。手前は、枝垂桜と梅。梅の花は終わりですが、桜が咲くと綺麗でしょうね。五重塔は本当は傾いている?

DSC09161.jpg
西院伽藍の最後に中門の覆屋の写真を一枚。修理が終わるのは 2018年のようですね。

いや、本当に国宝だらけです。西院伽藍を出て、次に宝物殿の大宝蔵院へ向います。ここは、更に々々、国宝・重文だらけですが、一旦、ここで切って続きは次回へ。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

21:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT