2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016'11.30 (Wed)

島根旅行 Part9 木綿街道3

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

11/5(土) 三日目、その3

DSC07753.jpg
べんがら板壁の家。

DSC07756.jpg
加藤醤油店。

DSC07757.jpg
明治時代のガラス。どんな景色を見ていたのでしょうね。

DSC07758.jpg
ここにも一式飾り。

DSC07760.jpg

DSC07761.jpg
国の登録文化財、本石橋邸。建設は、1750年頃。「切妻妻入り塗り屋根」の町家。巨大な庭石を配した出雲流庭園は見ごたえありだそうです。見学申し込みは隣の木綿街道交流館へ。200円。
出雲流庭園というのがあるのですね。足立美術館の庭園は凄いけれど、あれももそうなのかなぁ?

DSC07762.jpg
木綿街道交流館。いつもながら、朝早すぎて、まだ開いていません。駐車場はここだけ、2~3台。

DSC07764.jpg
裏庭。

DSC07765.jpg
木綿の実といえばいいのかな? 街角のあちこちに鉢植えがあります。

DSC07767.jpg

DSC07768.jpg
いや~。情熱が伝わってきますね。「醤油愛す」。岡茂一郎商店。
ポスターに「本物のしょうゆとアイスの絶妙のハーモニ~」と書いてあるのが、読めるでしょうか。しょうゆアイスがあるんですね。流石に寒かったので、アルママが「食べたい!」とはいいませんでした。

DSC07771.jpg

DSC07769.jpg
醤油仕込みの一式飾り。これも岡茂一郎商店の心意気です。

DSC07770.jpg
「一式飾りの由来」で木綿街道の締めくくりとします。

次は、ちょっと割り込み記事があります。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

20:20  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.28 (Mon)

島根旅行 Part8 木綿街道2

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

11/5(金) 三日目 その2


DSC07687.jpg
【木綿街道】・・・公式HPから
島根県の東部に位置する出雲市平田町。東に宍道湖、東西を貫流する船川と水路に恵まれたこの地域は、古くから商家の荷を運ぶ市場町として利用されてきました。とくに、江戸末期から明治初期にかけて、「平田木綿」は、大阪や京都で良質の木綿として高く評価され、遠方との取引が行われるようになりました。その後、船川周辺は木綿の集散地として多くの船が往来し、賑やかな市場町として発展しました。街道には多くの商家が軒を連ね町の繁栄を支えました。船川に隣接する新町、片原町、宮ノ町周辺は、綿花流通の道として使われたため、「木綿街道」と呼ばれるようになりました。
 鉄道や交通の発展とともに、木綿街道は次第に使われなくなりましたが、 当時の賑わいを偲ばせる「酒蔵」や「しょうゆ蔵」などの商家、旧家の建物が残っており、下町情緒を今に伝えています。  街を歩くと目にとまる「黒瓦」や「なまこ壁」、「格子窓」の連なる二階建妻入り造りの町家は、平田独特の建物です。現在、古い街並と今の暮らしがほどよくとけ込む「木綿街道」は、しっとりと落ち着いた風情を楽しめる貴重な場所となりました。

【片原町・新町界隈】
南北の大通りを東に渡ると片原町です。
DSC07686.jpg
オナガガモです。街中のこの船川に鴨が飛来するんですね。それどころか、白鳥も来るらしい。このあたりの人々にとって、それはありふれた冬の光景なんですね。

DSC07733.jpg

DSC07734.jpg

DSC07736.jpg DSC07735.jpg
來間屋生姜糖本舗。創業1715年、日本生姜糖元祖。出雲市まちづくり景観賞受賞。

DSC07737.jpg

DSC07739.jpg

DSC07740.jpg
持田醤油醸造工場と販売店。先月の柳井に続いてここでも、また、醤油を買いました。3年熟成醤油。やや甘めです。

DSC07744.jpg
DSC07745.jpg
酒持田本店。

DSC07746.jpg

DSC07748.jpg

DSC07749.jpg DSC07747.jpg
DSC07776.jpg
岡屋小路とかけ出し。舟で着いた荷をここで降ろし、小路の奥の店まで運んだんですね。

DSC07751.jpg DSC07752.jpg

丁度、曲がり角まで来たので、ここでもう一回、分けます。

Part9へつづく。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

20:39  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.26 (Sat)

島根旅行 Part7 木綿街道1

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

11/5(金) 三日目 その1

DSC07671.jpg
今日は、盛り沢山な日程です。7:00に、最初の訪問地、出雲市平田町の木綿街道に向けて出発しました。

木綿街道の駐車場・・・ここには、駐車場らしい駐車場はありません。木綿街道交流館に2・3台とめられますが、ストリートビューで見ると、キャンピングカーにはちょっと狭そうです。そこで、アル一家は、土曜日なのを幸いに、近くの出雲市役所平田支所にとめることに。土日祝限定ですが、木綿街道までは、歩いて5分ほどです。

最初は、木綿街道の一角にある宇美神社へのお参りから。

【宇美神社】
主祭神は布都御魂神(ふつのみたまのかみ)。稲佐の浜でフツヌシノ神が、逆さまに突き立て、その切っ先の上に胡坐を搔いたというあの霊剣。その剣に宿る御魂がご祭神なのです。また、神武東征の際、一行が熊野まで来た時に大熊が現われて、神武と兵士たちは皆気を失ってしまいましたが、この時、神武は天から降ろされた剣を得て目覚め、その剣で、熊野の荒ぶる神々を切り伏せ、兵士たちは意識を回復したというのは有名な話です。その時に天から降ろされた剣がこのフツノミタマで、この靈剣は、現在、奈良県天理市の石上神宮に祀られています。

また、この宇美神社はスサノオノミコトが育った場所であるという説があります。現在の宇美神社がある場所は、昔は入海でした。宇美神社は最初は、塩津(平田の北の日本海側)の海岸沿いにあり、その後、現在地の北側の愛宕山の麓に移り、更に、現在のこの地に場所を移しています。これは、人々の南下とともに神社も移動したことを示しており、まず、塩津がスサノオの両親が最初に大陸から流れ着いた場所、そこでスサノオを生み、少しずつ南下して開拓を進め、穏やかな入海(現在の宍道湖)付近まで移動して、ここでスサノオが育ったのだろうというのです。

また、「フツ」というのは、モンゴル語でスサノオの父を言い、スサノオのことは「フツシ」というのだという説があります。

もう少し剣の話を続けると、この「フツシ」に因んだ 「フツシノミタマ」という靈刀があります。これは、スサノオがヤマタノオロチを退治した時に携えていた刀で、父(神話では、イザナギ)から授かったものと言われていますが、この刀でオロチの尾を切った時に刃こぼれし、これを怪しんで探ったところ、尾から一振りの剣が出てきました。これが「アメノムラクモノツルギ」です。この剣は、天に献上されますが、その後、ヤマトタケルノミコトが東征するとき、この霊剣を与えられ、この剣で草を薙ぎ倒して、窮地を脱したことから、後に、「クサナギノツルギ」と呼ばれるようになり、三種の神器の一つとして、現在は、熱田神宮に祀られているとされています。

この「フツシノミタマ」は、又の名を「オロチノアラマサとかアメノハバギリノケン」と呼ばれることもあり、各地の祇園神社などで、ご祭神として祀られていることがあります。「フツシノミタマ」は、現在、奈良県天理市の石上神宮で「フツノミタマ」と共に、本殿に奉安されています。

※ 剣と刀・・・剣は両刃で、突いて使うもの。 刀は片刃で、切るためのもの。刃を上に向けて腰に刺します。 太刀は刀の古い形で、そりが強く、刃を下に向けて腰に刺します。フツノミタマは剣、フツシノミタマは刀でいいのかな。草薙の剣は見た人がいないと思われるが、名前からすると剣?

なお、「フツノミタマ」と「フツシノミタマ」は、歴史上の書物でも、混同されて使われていますので、気を付けないと混乱します。

いずれにせよ、この宇美神社もまたスサノオに関係の深い場所なのです。

説明が長くなったので、あとは、写真をさっと並べます。

DSC07689.jpg
鳥居、神門。

DSC07694.jpg DSC07695.jpg
狛犬。                亀は燈籠を載せられて苦しそう~。

DSC07697.jpg
拝殿。

DSC07705.jpg
本殿。

【摂社】
数々の摂社がありますが、一際立派なのが、天満宮。
DSC07723.jpg

【数々の石たち】 境内には色々な石たちが祀られていますが、
DSC07707.jpg

DSC07709.jpg DSC07710.jpg

宇美神社の不思議はこの石。
DSC07712.jpg
何か、メッセージを発しています。「絵文字あるいは神代文字のようなもの」が流れ落ちて見えるのですが、 残念ながら、意味が判りません。

【境内の一式飾り】 ここは一式飾りという陶器の食器を用いた人形で有名らしいのですが、宇美神社の境内にもありました。
DSC07699.jpg DSC07720.jpg
DSC07721.jpg DSC07717.jpg


木綿街道は南北の大通りを挟んで、東西に分かれています。宇美神社のあるのが西地区で宮の町といいます。
宇美神社の近くだけ、続けて紹介しておきます。

【木綿街道・宮の町界隈】

DSC07731.jpg

DSC07729.jpg DSC07730.jpg
島根県景観賞受賞の小村亭。

DSC07732.jpg
元麹屋さんの室内。通りから見ることが出来ます。

DSC07726.jpg DSC07727.jpg
宇美神社の前にも一式飾りが。龍と虎。


木綿街道・東地区の紹介は、次のPart8 にします。

つづく

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 神社めぐり - ジャンル : 旅行

12:00  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT