2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'10.29 (Sat)

山口旅行 Part5 岩国その1

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

10/8(土) 岩国へ
3日目は道の駅蛍街道西ノ市を出発し、高速道路を使って一気に岩国へ向かいました。
map-park_2016102010003197b.jpg
利用した駐車場は錦帯橋のたもとの河川敷でキャンピングカーでも楽々駐車できます。300円也。

錦帯橋
宝元年(1673)第三代岩国藩主吉川広嘉により創建されたもので、現在の橋は四代目。 錦川に架かる五連のアーチを描いた木橋で、長さ193.3m幅5m。 木と木の組合せによって支えられ、巻金とかすがいが使われています。日本三名橋や日本三大奇橋に数えられている有名な橋です。技術などの詳しい説明は【錦帯橋】岩国市公式ホームページをご覧ください。
r-DSC06844.jpg
木造でこれだけ立派で美しい橋なんて見たことがないです。川の流れを整えるために敷かれている石畳もとても美しい

r-DSC06847.jpg r-DSC06849.jpg
今日はじっくり観光する予定だったので錦帯橋・ロープウェー・岩国城のセット券を買いました。セット券は大人940円・小人450円です。参考所要時間 は約1時間30分〜2時間と書いてありました。まだ朝も早いので観光客はまばら。ゆっくりと橋を渡ることができました

槍倒し松
r-DSC06867.jpg
槍倒しは「やりこかし」と読みます。橋を渡ってすぐの橋のたもとにある老松です。参勤交代で大名行列が藩の要所を通る時は、槍を倒すのが礼儀でしたが、岩国はわずか6万石の小藩のためか大藩は槍を倒さずに通ってしまうのだそうです。そこで、わざと立派に成長した松の木を橋のたもとに植え、嫌でも槍を倒すようにさせたという話です。岩国武士の負けず嫌いを表す逸話ですが史実がどうかは謎です。

巌流ゆかりの柳
r-DSC06868.jpg
佐々木巌流小次郎は宮本武蔵との勝負に敗れましたが、小次郎の「つばめ返し」の剣法は天下無双であったということです。吉川英治氏は小説『宮本武蔵』のなかで、岩国で産まれた小次郎は、母からの家伝の長光の刀(一名物干し竿)を授かり、この辺りの柳とつばめを相手に独りで工夫し、努力を重ね、遂に『つばめ返し』の術を編み出したと記しています。(看板より)

町歩きは後回し、橋を渡ってまず向かったのは岩国城に行くためのロープウェーです。
r-DSC08597.jpg r-DSC08598.jpg
15分間隔での運行です。お隣には岩国美術館。戦国時代の武具と刀剣などが展示されているそうですが今回はパスかな。

r-DSC06872.jpg r-DSC06874.jpg
ロープウェーからの眺め。岩国城土居跡に整備された吉香公園と旧目加田家住宅が見えます。反対側は同じく土居内に建てられた旧藩時代の櫓を模した錦雲閣とお堀。

r-DSC06887.jpg
頂上にある案内板。

r-DSC06879.jpg r-DSC06880.jpg
広くて綺麗なバリアフリーの道もありますが、ここはあえて山道コースで。

r-DSC06886.jpg
残念ながら現存の遺構ではないと思われますがやはり登城するなら石垣を見ながらがいいです

r-DSC06892.jpg r-DSC06904.jpg
大手門と二の丸広場(花木園)

岩国城天守
r-DSC06888.jpg
岩国城は、初代岩国領主吉川広家によって慶長13(1608)年に作られた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山山頂に位置していました。3層4階の桃山風南蛮造りでしたが、築城後8年で一国一城制により取り壊されました。現在の天守は、昭和37(1962)年に再建された4重6階の鉄筋コンクリート造の天守です(外観復元)。

r-DSC08536.jpg r-DSC06895.jpg
内部は武具などの展示館になっています。

r-DSC06902.jpg
錦帯橋の模型。裏の構造がよく分かるように鏡に反射させています。

天守の展望台から
r-DSC06900.jpg
錦帯橋と錦川。この日はお天気が下り坂の予報で、すでに霞がかかっています。

r-DSC06905.jpg
外へ出ていかにもな看板を入れて一枚。なんだか安っぽくなってしまいました

r-DSC06904_20161020165524ce1.jpg
旧天守台。

r-DSC06908.jpg r-DSC06909.jpg
平成7年(1995年)に発掘復元され、現存・修復・復元(1996~2003年)の三層から成っているようです。 なぜここに天守を復元しなかったのかというと、観光的な問題で、錦帯橋から見える今の位置に復元したのだそうです。

r-DSC06912.jpg
旧天守台と北の丸の間にある空堀。北の丸の東側には現存遺構と思われる石垣群があるようですが、あまり道がよくないようだし雨も降ってきたのでここで引き返しました。あとで調べたらなかなかに立派な遺構だったので行かなかったことを少し後悔。お城好きの人は是非足を伸ばしてくださいね

r-DSC06917.jpg r-DSC06920.jpg
帰りは広い道を帰り、大釣井(おおつるい)も見ることが出来ました。築城と同時に作られた大井戸で、非常脱出口であったとも言われるそうです。

r-DSC06916.jpg
ちなみに岩国城は名城100選のうちのひとつでした。

続きはまた次回。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

19:20  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.26 (Wed)

山口旅行 Part4 (2日目 その2)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アルパパ

10/7(金)

【元乃隅稲成神社】
元乃隅稲成神社といえば、
元乃隅稲成
この写真。青い海と赤い千本鳥居のコントラストですが、生憎、雨の降りそうな空模様。

さて、この神社ですが、初代祭主岡村斉の枕元に一匹の白狐が現れ、「吾をこの地に鎮祭せよ」と述べたのが1955年のこと。島根県津和野の太皷谷稲成神社から分霊されて建立されたのが創建の始まりという新しい神社です。1987年から10年かけて奉納された123基の朱色の鳥居が、「龍宮」から100メートル以上に渡り並んでおり、アメリカのニュースチャンネルCNNが2015年に発表した「Japan's 31 most beautiful places」]の一つとして選ばれたことで人気化したようです。なお、「稲成」と書くのは、全国4万社の稲荷神社のうち、この2社だけだそうです。

r-DSC06723.jpg
一の鳥居。龍宮側にあります。

r-DSC06740.jpg

r-DSC06732.jpg
駐車場の目の前にある鳥居ですが、こちらが裏参道出口側の大鳥居です。
高さ4mの中央上部に賽銭箱が設置されていて、見事賽銭を投げ入れることが出来れば願いが叶うと言われており、アルママも挑戦していました。

【龍宮の潮吹き】
さて、一の鳥居の先、海に切り立った断崖に龍宮の潮吹きと言われるところがあります。海の荒れた日には、打ち寄せる波が、飛沫となって吹き上げることからそう呼ばれていますが、この日は、そこそこに海が荒れていましたから、一応、潮吹きが見られました。

DSC06716.jpg
判るでしょうか。短いレンズを付けていたので、迫力のある写真は撮れませんでしたが。


【東後畑の棚田】
アル姉が、近くに棚田100選があると言い出したので、雨が降り出した中、一車線の山道を辿って東後畑の棚田へ。標高200mの山間から、海に向って棚田が広がっています。稲刈りは終わり、畦道は草ぼうぼうという状態で、残念ながら期待はずれでした。ベストシーズンは、田植えが終わり、水が張られた田圃の向こうに、イカ釣り船の集魚灯が輝いているという初夏の夕暮れ時。大勢のカメラマンが訪れるようです。

r-DSC06749.jpg

DSC06751.jpg DSC06744.jpg
隣接して、溜池100選の深田ため池というのがあります。棚田への水の供給元ですね。

このビューポイントには4台分ほどの駐車場がありますが、どうしたことか、アル一家が車を停めて景色を眺めていると次から次へと車がやってきて、大混乱に。早々に引き上げましたが、ここから150mほど西に行くと、20台停められる立派な駐車場があります。みんな、東からやってくるようで、こちらは駐車車両ゼロでした。


【角島】
角島は今回の旅行のハイライトの一つ。日本一長い無料の橋です。

角島
是非こういう青い海を見たかったのですが、無情にも雨は強くなるばかり。
奥の手は、雨の神様と龍神様にお願いして、雨を降り止ましてもらうのみ。

というようなことを言いつつ、角島大橋に到着しました。
まずは、本土側から角島大橋の写真を。

DSC06785.jpg DSC06760.jpg

DSC06772.jpg
何となんと、雨が上がって薄日が差してきましたが、海は鉛色ではないですが、欲を言えば、今一つ青さが足りませんね。

DSC06792.jpg
雨の神様と龍神様に感謝しつつ、橋を渡って、角島灯台へ向います。

DSC06815.jpg

DSC06809.jpg
角島灯台。16:30閉鎖ということで登るのは諦めました。大理石でできているそうで、無塗装の灯台は、日本で2基だけだとか。きれいな灯台です。

DSC06810.jpg DSC06816.jpg
灯台前の庭園と海へと続く門。

DSC06817.jpg
アル姉が、「海の方が気になる」と言い出したので、そちらへ。

DSC06820.jpg
雲間から陽の光。

DSC06821.jpg
暫く歩くと、こんなところに鳥居が・・・。「何じゃろうか」と石囲いの中に入ってみると。

DSC06823.jpg
誰がお祀りしたのか、龍神さまがお祀りされていました。
雨を降り止ませていただいたお礼と、本州最西端の地で、日本をお守りいただいているお礼を述べて、本日の日程を終了。宿泊地の道の駅・蛍街道西ノ市に向います。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

21:15  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.23 (Sun)

山口旅行 Part3 (2日目 その1)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アルパパ

10/7(金)
【青海島】
今日は、盛だくさんに予定を詰め込んでいるため、7:00過ぎには道の駅おふくを出発。青海島観光のため、仙崎港を目指します。40分ほどで、仙崎港に到着しましたが、

DSC06677.jpg

早過ぎて、青海島観光汽船の乗り場はまだ開いていません。港の駐車場は、半分を潰して工事中。道の駅ができるらしい。
待つこと暫し、やっとオープンしましたが、何と、本日はうねりが大きいため、一周コースではなく、短い折り返しコース(赤嶺コース)とのこと。がっかり。港の辺りは波も穏やかなのですが・・・。

青海島観光コース
色がわかりにくいですが、マップの左半分を上まで行って折り返すショートコース。
8:40の出航です。

DSC06549.jpg
どれに乗るのかな?
来たのは、オレンジ色の小さな船でした。朝早いので、乗り込んだのは、10人ほど。 
海上アルプスといわれる北海岸に行かないので、見せ場もないのですが、写真をさっと紹介します。

DSC06564.jpg DSC06568.jpg
花津浦。牛の鼻の先という意味と、愛しい我が子を抱いて朝鮮を眺めた須佐之男命が、離れづらいと言われたためともいわれています。

DSC06580_2016101711071380c.jpg DSC06597_201610171107141b4.jpg
小瀬戸。

DSC06594.jpg

DSC06589.jpg
筍岩。赤嶺コースの折り返し地点です。ここまで来ると、うねりに小舟が翻弄されます。アル一家のように、凄いスゴイと喜んでいる人もいれば、不安そうに椅子の手摺をしっかり掴んでいる人もいますが、片道25分、あっという間でした。


消化不良な感じですが、アル姉が、青海島自然研究路というのがあって、陸側から海上アルプスが見られるというので、そちらに行くことにしました。観光マップのキャンプ村というあたりです。

DSC06619.jpg
ここは、渚100選に選ばれています。

DSC06623.jpg

DSC06628.jpg
遥か向こうにポツンと見える岩が、先ほど舟で巡った筍岩です。

DSC06635_20161017112359317.jpg
変装行列?

DSC06637_2016101711255162f.jpg
十六羅漢(小さい岩の行列)。

DSC06642.jpg

DSC06650.jpg
象の鼻。

DSC06664.jpg

ここで1時間ほど歩き、昼食も摂ったので、時間は押し気味。アル姉が盛んに金子みすゞの詩を口ずさむのですが、残念ながら次へ向うことに。

仙崎マップ
時間があれば、是非、みすゞ通りの散策を。仙崎のお土産は、何といっても「かまぼこ」です。1本750円ぐらいとちと高いですが・・・。

次に向かうのは、仙崎からあまり遠くない千畳敷。標高333mの海辺の小高い山の上です。海から一気の登りに、アルキング号は喘いでいます。ご苦労様です。

【千畳敷】
DSC06681.jpg

DSC06685.jpg

DSC06687.jpg

DSC06706.jpg
ただただ、一面の芝生。他に何もありませんが、とても気持ちのよい高原?です。

DSC06680.jpg
ここからも筍岩が見えますね。

かなり、空模様が怪しくなってきたので、急いで次へ向うことに。
次は、元乃隅稲成神社。CNNが選んだ日本の美しい風景31選に入ったこともあって人気なのだそうです。このあたりからは、細い山道ですが、ウィークデイにもかかわらず、多くの車とすれ違いました。

続く

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

06:32  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT