2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016'09.29 (Thu)

2016年9月秋 車旅 3日目 大山祇神社 その1

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ
関連記事:2016年9月秋 車旅の再開

9月19日(月)
大山祇神社ご参拝の記事を書こうと思ったのですが、不可解なことがあり、調べているうちに色々なことが判ってきたので、三回に分けて紹介しようと思います。
その1では、大山祇神社をさっとご紹介します。
その2は、宝物館のご紹介。
その3で、大山祇神社の謎に挑みます。ちょっと大袈裟かな。

この日も、大雨警報です。雨の振り出す前にお参りしようと、朝食を済ませると早々に「多々羅しまなみ公園」を出発。向う先は、大山祇神社の隣にある「道の駅・御島(みしま)」。小さな道の駅ですから、少し遅いと、駐車場所を探すのに苦労しますが、流石に朝早いので、ガラガラ。一番奥に駐車しました。
DSC06245.jpg

さあ、お参りしましょう。

DSC06250.jpg
二の鳥居です。一の鳥居は港にあるらしいですが、そちらには行っていません。

r-DSC06252.jpg
境内案内図。
境内の摂社・末社にはあまり表示板がありません。これをさらっと眺めて、境内を回るとさっぱり判らないことになるので注意が必要です。

DSC06254.jpg DSC06255.jpg
総門と「日本総鎮守」の額。

DSC06257.jpg
狛犬さんも威厳がありますね。

DSC06259.jpg DSC06260.jpg
アル姉が、「こちらに引っ張られる」と行ったところには、「能因法師 雨乞の楠」。樹齢 3000年の楠ですが、既に枯死しています。

DSC06262.jpg DSC06263.jpg
その奥に何やらお社が。玉乗り狛犬。何となく愛嬌がありますね。
この大山祇神社、お社や祠があっても説明の立札がない。ということで、何やら、お社が・・・です。後で、宇迦神社と判りますが、ここが謎の場所です。その3をお楽しみに!

更に進むと広場の奥に、有名な大楠。ものすごいエネルギーを感じますね。大山祇神社は、これを感じるだけで十分満足です。

r-DSC06258.jpg
DSC06265.jpg
乎知命お手植えの楠。天然記念物、樹齢2600年。
乎知命は、饒速日尊(ニギハヤヒノミコト)の十代目に当たり、七歳の時に 応神天皇より伊予国 小市の国造に任ぜられたとあります。また、大山祇神社を奉祭してきた越智氏は、この乎知命に源を発する氏族のようです。
※ ニギハヤヒノミコトは、スサノオノミコトの子で、最初に大和に統一政権を作った人(神?)。古代史が書き換えられる前の真のアマテラス。正式な名は、「天照国照彦天火明櫛甕玉饒速日命(アマテルクニテルヒコアメノホアカリクシミカタマニギハヤヒノミコト)」、セオリツヒメと夫婦神。ふふっ、舌噛みますよね。

DSC06264.jpg DSC06268.jpg
十七社(諸山積、大気、千鳥、倉柱、轟、阿奈波、比目木邑、宇津、御前、小山、早瀬、速津佐、日知、御子宮、火維、若稚、宮市)、17神が祀られています。早瀬神社は、祓戸四神の一柱、人気の瀬織津比売を祀っています。瀬織津比売は先に述べた通り饒速日尊の妻神です。

DSC06271.jpg
大山祇神社ご由緒。四国で唯一の大社だそうです。

DSC06273.jpg
神門は修理中です。

r-DSC06275.jpg
拝殿。

DSC06276.jpg
本殿前には金色の狛犬。金色の狛犬は初めて見たなぁ。

DSC06286.jpg
8:40ごろ、朝のお勤めが始まりました。

r-DSC06278.jpg
本殿と上津社。
本殿に向って右に上津社、左に下津社があり、ご祭神は、本殿 大山積神、上津社 雷神、下津社 高籠(たかおかみ)神が祀られています。
大山祇神社の古文書によると、孝霊天皇のとき、世の乱れを治めたいと大国主命に祈ったところ、大国主命が夢に現れ、「世の中が穏やかになり、民が従うようになることを望むのならば、最初にオモダルカシコネノミコトを柱神として崇めて上位に据える必要がある。崇められることで大山積神となる」とお告げがあったそうです。つまり、大山積神は元々の神ではなく、創られた神のようです。そして、16年掛けて神社を造営し、更に3年の後、719年に大山積神はここに鎮座しました。
何故、ここに日本総鎮守が造営されたかというと、当時の大和朝廷の勢力範囲は、九州から近畿までで、この大三島が丁度真ん中だったのではないでしょうか。

DSC06282.jpg
本殿裏の「姫子邑(ひめこむら)神社」。大山積神の娘である木花咲耶姫とその二人の子、火々出見命、火須勢理命を祀ってあります。

境内には、多数の摂社、末社がありますが、他は省略します。


次に境内を出て、「生樹(いきき)の御門」で有名な奥宮に向います。境内からは歩いて 10分程の距離です。

DSC06294.jpg
御門へ向う途中に見えるご神体山。岩が沢山見えます。古代の信仰の場でしょう。

r-DSC06296.jpg
見えてきました「生樹の御門」。

DSC06297.jpg r-DSC06303.jpg
主幹と副幹からなり、根回り31m 樹齢 3000年。真ん中がトンネルになっていて通り抜けできることから、御門と呼ばれるのですね。帽子を被ったアルママは頭をぶつけていましたよ。

DSC06306.jpg
門をくぐり抜けると、30mほどで奥宮。
?・・・お寺ですな!

神仏混淆時代の名残で神宮寺を奥宮といっているのですね。
ご本尊は、阿弥陀三尊(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)です。

この後、アル一家は、宝物殿で多数の国宝・重文を拝観することに。
長くなるので、一旦ここで切りますが、拝観券に載っていた境内見取り図を。
20160928193856f50_201609282135529ce.jpg

境内見取り図。
最初からこれがあれば、境内配置がよくわかったのに!!
宝物殿を見ようという人は、先に宝物殿に行ってこの見取り図を手に入れた方がいいかも。

その2 宝物館につづく。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり - ジャンル : 旅行

21:04  |  四国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.24 (Sat)

2016年9月秋 車旅の再開

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

シルバーウィークは秋雨前線の影響でお天気には恵まれませんでしたね。でも台風16号が速度をゆるめてくれたので、アル一家は予定通り計画していた秋の旅行に出かけてまいりました。今回の目的地は三瓶山と大山祇神社。三瓶山は出雲大社に参拝するときには必立ち寄ったアルとの思い出の場所。そして大山祇神社はアルキング号購入後初の車中泊旅行の目的地の一つだった場所です。車中泊旅行の再開には最適な場所だと思いました。アルの体はもうここにはないけれど、気持ちはいつも一緒なのでアルの写真をアルキング号に載せて出発です。
r-DSC06185.jpg

2016/09/17(土)~9/19(月)
総走行距離:約500km 
燃費:約10km/l
目的地:三瓶山・大山祇神社
車中泊地:
 一日目 三瓶山北の原キャンプ場(島根県大田市)
 二日目 道の駅多々羅しまなみ公園(愛媛県今治市)


ルート

https://www.google.com/maps/d/edit?hl=ja&mid=1sZ6WaY0K6xtsXAWtO952WbDdR-w

9月17日(土)
久しぶりの遠出です。三瓶山までは山陽道と中国やまなみ街道を使います。中国やまなみ街道は平成27年3月22日に全線開通した無料の高速道路で尾道松江線のことです。SAの代わりに道の駅がいくつかあるので快適に走れます。何度か道の駅で休憩をとりながら約4時間で三瓶山の北の原に到着。長時間連続でキャンピングカーに乗るのが久しぶりだったのであちこち痛くなりました。アラフォーだもんなぁ

r-DSC06154.jpg r-DSC06132.jpg
北の原キャンプ場。夕方から雨、そして翌日も雨の予報だったのでタープを張るのはやめておきました。一戸建てのお宅だと濡れたテントやタープを乾かす場所には困らないのでしょうがマンションでは乾かす場所がないので濡らせないのです。

夕食の準備まで時間があるので県立自然館ヒサメルの周辺を散策することにしました。アルともお散歩した場所です。
r-DSC06156.jpg r-DSC06160.jpg
どんよりした空模様ですが何とか雨は降らずにもっています。標高550mほどの山の上とあってすっかり秋の装い。

r-DSC06163.jpg
姫逃池。秋に来るのは初めてです。いつもは初夏だったので雰囲気が違うなぁ。

DSC03248s-_20100801100206.jpg s-DSC09431.jpg
2010/07/18   2013/06/30

s-DSC09420.jpg三年前  r-IMG_4004.jpg現在
池の周囲の木道は新しくなっていました。6年前にはアルが足を滑らせて落っこち、3年前にはアルを抱っこして歩いた懐かしの木道だったので少し残念ですが歩きやすくなりました。

r-DSC06157.jpg r-DSC06184.jpg
マツムシソウ。他にも秋の植生の一部が看板に紹介されています。

r-DSC06166.jpg r-DSC06169.jpg
池の奥にある散策コース。ここも思い出の道です。

r-DSC06173.jpg s-DSC09346.jpg
一人で先に進んじゃったアルが迷子になってしまってるんじゃないかと、不思議な気持ちになりました。はDM診断を受けて間もない3年前のアル。この頃はまだまだ一人で元気に歩けてましたね。

だんだん雨が降りそうな気配になってきましたがアルパパが歩みを止めません。理由はほどなくしてわかります。
r-DSC06182.jpg r-DSC06178.jpg
三瓶山を望む北の原で一番大きな広場に出ました。隅っこには大きな岩が転がっています。位置的には道路を挟んでキャンプ場の西側になるのかな。

s-DSC09444.jpg
我が家で遺影に使っているアルの写真はこの場所で撮られたものです。アルキング号にもこのアル君が乗っています

r-DSC06180.jpg
同じ石は見つけたのですが角度が合いませんねぇ。いくつかの石には動かされた形跡がありました。3年という月日は長いようです。

1時間ほどの散歩を終えて三瓶自然館サヒメルへ。
r-DSC06187.jpg
三瓶自然館サヒメル (トリップアドバイザー提供)
化石の展示やプラネタリウム、天体観測会などもある施設。テンピーという可愛らしいキャラクターのグッズもたくさん売られています。

r-DSC06188.jpg r-IMG_4009.jpg
今回は夏の企画展の最中で「ジュラシック・シー」(大人1000円・小中高生200円)をしていました。首長竜の骨格標本などもあるようで心惹かれましたが、時はすでに夕刻、夕食の準備もあるし本館ホールに展示されているオフタルモサウルスの化石だけを見て、隕石の欠片と琥珀を購入して帰りました。

天気予報どおり夕方からは雨になりました。他のキャンパーの皆さんは雨の中でもきっちりテントやタープの設営なさっていますが、我が家はアルキング号の中と炊事棟の往復でお料理です。雨中キャンプを楽しむようなアウトドア一家ではないのでなかなか面倒でしたね(苦笑)
r-DSC06195.jpg
アルにご飯を取られないように悪戦苦闘する必要も無い、ゆったりとした夕食タイムでした。嬉しいような寂しいような・・・ですね。このあと、夜が更けるにつれて雨が勢いを増し、雷もゴロゴロ キャンプ場のある大田市では大雨洪水雷注意報が出ていました。お隣の市町村では大雨警報が出てたかな。アルキング号の天井を打ちつける雨音もとても大きかったので睡眠不足になってしまったアル姉でした。そしてアルキング号にトラブル発生。今回の大雨で雨漏りが発覚しちゃいました(苦笑)。6年も経ちますからコーキングやり直しておかないといけない時期は来てるんですが、ついに来たかって感じですね。幸い寝具に影響が出る場所ではなかったので今回はさほど被害はありませんでした。次回の旅行までにアルパパがきっと何とかしてくれるでしょう。

過去の三瓶山:2010/07/18の三瓶山2013/06/.30の三瓶山
元気なアル先生の動画もあります。

9月18日(日)
r-IMG_4011.jpg
夜半過ぎに小ぶりになった雨は朝になっても降ったり止んだりを繰り返していました。北の原キャンプ場のチェックアウトは11時。雨の中テントを撤収するキャンパーもちらほら。濡れたまま持って帰って自宅で干すのかな。メンテナンスなど大変そうです。アル一家は車内さえ片付ければすぐ撤収できまるずぼらキャンプなので楽ちんです

r-DSC06199.jpg r-DSC06198.jpg
帰る前に三瓶山を一周。西の原では何かの合宿なのか雨の中をずぶ濡れでトレーニングです。前の日は北の原でも同じ集団がランニングをしていました。

2日目の目的地は愛媛県今治市の大三島。来るときに北上した中国やまなみ街道を今度はひたすら南下していきます。前線がしっかりかかっていたため天気は雨、しかもかなりの豪雨です。
r-DSC06203.jpg r-DSC06205.jpg
吉舎~三良坂ICまでは大雨のため通行止めとなってしまい下道を走ることになりました。184号沿いの川もご覧の有り様です。連日の大雨でかなり水かさが増していました。この日の雨で多数の県で浸水被害が起きていましたね。

吉舎ICからは尾道道へと戻り、そのまましまなみ街道へ。
r-DSC06209.jpg
大雨で休憩を長めに取ったりもしたので4時間ほどかかりました。雨の中で移動ばかりの日はつまらないですの~

r-DSC06213.jpg
大三島、道の駅多々羅しまなみ公園に到着。多々羅大橋は建設当時は世界一の斜張橋と言われていました。しまなみ街道といえばサイクリストのイメージが強いですね。雨が降っていてもたくさんのサイクリストで溢れていました。この道の駅の近くにはサイクリストの聖地もあります。

r-ama.jpg
道の駅から見える小さな島は甘崎城跡。日本最古の水軍城跡で、のちに藤堂高虎の弟・ 藤堂大学頭がいたと伝えられています。石垣の一部や基底部はまだ残されていて干潮の時にだけ姿をあらわすので、大潮のときはお城好きの人が押し寄せるんだそうです。私も見たかった

大三島での観光目的は大山祇神社なのですが、道の駅でふらふらしていたのでゆっくり参拝するほどの時間もありません。小雨もパラパラ・・・翌日雨があがるのを信じてこの日はゆっくり温泉につかることにしました。
r-DSC06220.jpg
道の駅から数分の多々羅温泉。シャンプー・トリートメント・ボディソープなどは持参すれば310円で入れます。シルバーなら250円。

r-IMG_4026.jpg
再び道の駅に戻り車中泊の準備。車の中で簡単に調理をして夕食の準備。道の駅で買ったおやつとおつまみも食べながら大河ドラマを見るというゆる~い夜になりました。アルがいるときは朝も早くからアルの散歩、お昼も散歩、夜も散歩。そして雨が降ればアルのレインコートや車椅子の手入れ、アル自身の手入れと時間に追われながら旅行をしていました。アルがいないとこんなに時間があまってしまうなんて・・・と少し寂しい気もしましたが、老夫婦と虚弱体質のアラフォーの体には優しくなったかもしれません。ベッドも一人で広々でした

さて、3日目はいよいよ大山祇神社ですが、神社が得意なアルパパに任せようかな。その後また改めてキャンプ場と道の駅の紹介記事を書きたいと思います。お付き合いありがとうございました

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

21:00  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.09 (Fri)

7月 天領祭り

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

お久しぶりのアル姉です。連日35度の暑い8月がやっと終わり、少しは涼しくなってきたのでしょうか。このままではアルパパにブログを乗っ取られそうです。先日9/4に東京ディズニーシーが15周年を迎えたというニュースを聞いて思い出しましたが、7月に倉敷でもディズニーシーのパレードがあったんですよ~。その時の写真を少しご紹介。

7月23日(土)
ポケモンGoが解禁された翌日の7/23、倉敷では天領祭りが行われ、東京ディズニーシー15周年スペシャルパレード“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”が開催されました。ディズニーシー15周年を記念してミッキーが全国15都市でパレードをするというこの企画、めでたくその15都市のひとつに倉敷も選ばれていました。コレは行くしかないでしょう!ってことで普段は行かない天領祭りに行ってみることになりました。

パレードの開始時刻は16:15、アル一家が倉敷駅に着いたのが15時過ぎ。
r-150.jpg r-DSC05881.jpg
風はあるものの30度を超えています。人ごみの中ひたすら待ちます。天領祭りに何十年も来ている方もこんなに人が集まるのは見たことがないとおっしゃってました。さすがのネームバリューですね。

パレードが開始になってもアル一家の陣取った場所まではなかなか・・・。音楽だけが聴こえる中ひたすら待ちます。
r-DSC05884.jpg r-DSC05883_20160903202003e0a.jpg
近くにいた女の子たちから黄色い悲鳴が上がるとともにパレードの先頭が見えてきます。
きゃー、ミッキー

r-DSC05885.jpg
ほぼ20年ぶりの生ミッキー&ミニー。かわいい~

r-DSC05891.jpg r-DSC05896.jpg
ザ・イヤー・オブ・ウィッシュのために特別制作されたドリームクルーザーⅢ。

r-DSC05900.jpg
後ろにいるのはダッフィーとシェリーメイ。テディベアらしいもこもこ感がキュートです。

r-DSC05902.jpg
あ~ん、行ってしまう・・・ 「行かないでミッキー!」と叫んでる子もちらほら。

r-DSC05904.jpg
でも続いて来るのは15周年仕様のドリームクルーザーⅡです。

r-DSC05905.jpg
ドナルド&デイジー。

r-DSC05909.jpg
デールとプルート。

r-DSC05911.jpg r-DSC05914.jpg
ドナルドとデイジー、チップとデール、グーフィーにプルートとたくさんいて目があちこち忙しい。

パレード自体は30分くらいのものだったんですが、あまりの人の多さに一緒に移動するなんて不可能でした。見られるのは自分の目の前を通る数分間だけ。写真も撮りたいけどやっぱり生でしっかり見ておきたいと思ってしまいましたので写真は少なめです。ディズニーシーって開園からもう15年も経ったのですね。シーはまだ未経験なので一度行ってみたいなぁ。

至福の時が過ぎ、段々と人が減っていったところで天領祭りの音楽隊のパレードが。
r-DSC05919.jpg

r-DSC05922.jpg r-DSC05926.jpg
暑い中でも動きはキビキビして格好良い

r-DSC05929.jpg
沿道の観客の中にはわんちゃん連れの方もちらほら。うひゃ~、大丈夫かなぁ・・・暑いよねぇ 30度を超える夏場、人混みの中にアルを連れて行くことが皆無だっただけに、お祭りのわんこ連れさんには割と驚かされます。うちは過保護すぎたのかな

倉敷ならではのすいんきょや千歳楽などもお目見え。
r-DSC05931.jpg r-DSC08146 (2)
すいんきょと千歳楽。千歳楽(せんざいらく)は、岡山県沿岸部に見られる形態の太鼓台で、神輿の巡行にお供する役割を持つものです。アル一家の地元ではお馴染みの形ですが全国区ではないと聞いてびっくりしています。

美観地区へ移動。
r-DSC05934.jpg r-DSC05935.jpg
喫茶店エル・グレコと大原美術館。

r-DSC05939.jpg r-DSC05950.jpg
車で通り抜けることはあっても家族で美観地区に観光に来ることはめったにありません。今回はお祭りの最中だったし人も多かったのでゆっくりはできませんでしたが美観地区って素敵な所だなぁと改めて思いました。そう言えばポケモンGO解禁日の翌日だったため、そこらじゅうにトレーナーさんがいてとても印象に残りました。アイテムがもらえたりするポケストップっていうのがあちこちにあるし、モンスターもたくさん出現するようです。今頃はもう落ち着いてるかなぁ?

このあとは商店街の土曜夜市へ行って小腹を満たして帰宅となりました。暑くてバテたけど楽しかった~。これも我が家の場合アルがいたら出来なかったことかな。もっと涼しくなったら美観地区を普通に観光してみたいなぁと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

22:03  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT