2016年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016'08.22 (Mon)

温羅伝説を訪ねて(後編)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アルパパ

改めて【吉備津神社】
中編では、吉備津神社をご紹介する記事の中で、桜井識子さんのブログを引用しました。
http://ameblo.jp/holypurewhite/entry-12086338916.html
桜井さんは、吉備津神社には、騒然とした異空間があり、神様にお会いすることが出来なかったと述べておられます。アルパパは、縄文の神々が封印されているに違いないと断じましたが、その後、凛さんという方のブログに思いがけない一文を見つけましたので、ご紹介しておきます。
http://ameblo.jp/blissofgaia/day-20151015.html
http://ameblo.jp/blissofgaia/day-20151020.html
どうやら、封印されていた方々は、無事、光の世界に戻られたようです。めでたし、めでたし! それにしても、どちらも、2015年10月の記事。お互いに直接の面識はなく、日本とオーストラリアに離れたお二人の見えない世界での見事な連係プレーに拍手です。


【楯築遺跡】
さて、やっと、楯築遺跡です。ここは、吉備津彦命が温羅と対峙して陣を敷いたところといわれています。古墳の上には、不思議なストーンサークルがあり、その石を楯にして温羅の矢を防いだという伝説の場所です。
楯築遺跡
場所は岡山自動車道が山陽自動車道から分岐する岡山JCTの少し南です。
矢喰宮、鯉喰神社、そして造山古墳(地図の左上)が2km範囲内にあります。

楯築遺跡は、弥生墳丘墓と古墳群からなっています。弥生墳丘墓というのは、前方後円墳が出来る前の段階といわれており、この楯築遺跡の弥生墳丘墓は、規模的には全国でも最大級のものだそうです。
DSC08340.jpg DSC08343.jpg 
DSC08350.jpg DSC08361_2016082219551649e.jpg
矢喰宮には、温羅は吉備津彦命の矢に対して、大きな岩を投げて対抗したと書いてありましたが、あの岩が飛んできたら、この楯では何とも防ぎようがないですね。
DSC08354.jpg
丁度、座るのによさそうな石も。
DSC08358_20160822195514200.jpg DSC08362_20160822195517baa.jpg
真ん中にはお社があります。       昔は、ここに楯築神社があったそうです。

そしてそのご神体は、今は、ここに収められています。
DSC08363_20160822195518870.jpg DSC08345.jpg
何とも不思議な石ですが、頑丈な窓もない収蔵庫の中で、普段は目にすることはできません。人の目にはよく見えませんが、写真にはきれいに写りました。

ここから少し南にいくと、王墓山古墳があります。
DSC08373_20160822195540418.jpg

DSC08369_20160822195520a52.jpg DSC08372_20160822195538550.jpg
ここには、石棺があります。

更に南にいくと、
DSC08386.jpg DSC08384_2016082219554364e.jpg
真宮(シンミヤ)神社。

DSC08383_20160822195541c12.jpg
近くには磐座も多数。

このあたりは、山の中に散策路がよく整備されており、気持ちよく歩けます。
ただ、駐車場は少なく、キャンピングカーの駐車は難儀しそうです。


ついでに【造山古墳】
全長350m、全国第4位、天皇陵以外では最大の前方後円墳。5世紀半ば頃に作られたものといわれています。
DSC08395.jpg DSC08396_2016082219560212d.jpg
知らぬ間に、立派な駐車場と吉備大王の像ができていました。
後方の小山が古墳。左手が前方部、右手が後円部です。

DSC08397_20160822195604c2d.jpg DSC08399.jpg
前方部には荒神社。

DSC08400_201608221956073c6.jpg
神社の境内には、石棺がありますが、石室は後円部にありますから、ここまで運んできたのか、別の古墳のものか、古墳が未調査なので不明のままです。また、この石棺は阿蘇溶結凝灰岩で九州からわざわざここまで運んできたもののようです。岡山県の他の古墳の石棺も阿蘇山の石が多く使われていますが、昔の人はどうしてそんなに遠方から、しかも、どうやって運んできたのでしょうね?

DSC08413.jpg DSC08406_20160822195622970.jpg
前方部から見た後円部。       後円部から見た前方部。

DSC08405_20160822195620568.jpg DSC08410_20160822195624b4d.jpg
平らな後円部。後円部から北を望む。あの山の麓には秀吉の水攻めで有名な備中高松城跡があります。
後円部が平らなのは、羽柴秀吉の毛利攻めの際、毛利方が陣地を設けるために頂上を平らにしたことによるものと考えられています。このとき、後円部の周囲に土塁を築き、さらに郭を2カ所、竪堀を3カ所設けているのだそうです。

この古墳の被葬者は誰か、古代吉備にはどんな王国があったのか、温羅とは誰だったのか、いつか謎の解ける日は来るのでしょうか。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

21:06  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.17 (Wed)

温羅伝説を訪ねて(中編)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アルパパ、カメラ:SONY DSC-RX100

ちょっと重過ぎるテーマを選んでしまったようで、続きを書き上げる気が中々起こらないのですが・・・。頑張ります。

改めて【鬼ノ城】
何かすっきりしない。もう少し鬼ノ城に関する情報はないかと、辿り着いたのがこの記事。
http://ameblo.jp/holypurewhite/entry-12023248213.html
有名なブロガーなのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、「ひっそりとスピリチュアルしています」の桜井識子さんのブログ記事です。
縄文時代もずっと昔、この山の麓に住んでいた人々が、里を追われてこの山に逃げ込んでひっそりと暮していたところを、更に追詰められて滅ぼされてしまった。
なぜ、ここで、そっと暮させてくれないのかという悲しみのエネルギーが未だに強く残っている上に、更に、ここにはいくつものエネルギーが重層的に複雑に重なり合いながら残っているようです。縄文人、渡来人、大和勢力(別の渡来人)・・・等々。

【吉備津神社】
温羅を退治した吉備津彦命が祀られている山陽道屈指の大社。吉備津彦命はここに陣を敷いたそうです。ここでも、先に桜井識子さんのブログ記事を紹介しておきますね。
http://ameblo.jp/holypurewhite/entry-12086338916.html
信じる、信じないは皆様にお任せします。

引用のブログが長いので、さっといきます。
DSC08338.jpg
この字は、犬飼毅によるものです。

DSC08336.jpg
矢置岩。吉備津彦命が温羅と矢合戦をしたときに弓と矢を置いたといわれている岩。

DSC08331.jpg
拝殿・本殿に続く石段。

DSC08324_20160817202302a06.jpg
石段を登りきると、拝殿前には、茅の輪が。左・右・左とくぐって進むのだとか。

DSC08308.jpg  DSC08292.jpg
拝殿は一まず素通りして回廊の方へ。長く美しい回廊です。

DSC08306.jpg  DSC08297.jpg
向かう先は、回廊の途中、この階段の上にあります。

DSC08298.jpg DSC08299.jpg
岩山宮。ご祭神、建日方別(たけひかたわけ)神。吉備国の地主神にまずご挨拶。
上のブログを読まれた方は、この神様が不機嫌であることをお知りになったと思いますが、何故か?ご興味がお湧きになるようでしたら、次の木花万乃さんのブログをお読みいただければと思います。
http://696.kibanamano.net/archives/50108997.html
(木花万乃さんは児島の地を離れ、現在は宮崎県に住んでおられます。)
これも読んでいただくと大変なことが書いてあるのが、お分かりいただけると思います。
温羅は吉備の先住民で出雲の血をひく者のようであり、建日方別神は、その出雲族の神であるが、封印されており、猿田彦神と同一神ではないかということ。
ここまで来ると、このあたりに住んでいた先住者(原日本人)は、温羅(渡来系出雲族)を避けて鬼ノ城山に隠れ住み、更に温羅は大和勢(別の渡来系)によって滅ぼされたという構図が垣間見えてきました。ですから、鬼ノ城は、最終的には大和勢力によって整備されたものなのでしょう。

岩山宮へご挨拶を済ませ、先に御釜殿へ。
DSC08300.jpg DSC08301.jpg
この建物の中にお釜があります。

DSC08305.jpg
御釜殿の鳴釜神事に向かう神職。妙にうれしそうです。

拝殿で参拝です。
DSC08310.jpg

参拝を済ませ、拝殿横の広場へ。
DSC08318.jpg
吾国唯一の様式にして日本建築の傑作「吉備津造り(比翼入母屋造)」の勇壮な社殿。
拝殿と本殿が一体となった美しい建物、国宝です。

DSC08313.jpg
広場南にあるご神木の大銀杏。

二番目のブログで、桜井識子さんは、吉備津神社の神様はシェルターの中に隠されていて、まったくお会いできなかったと書いていますが、よ~く判りましたね。吉備津神社は、温羅の祟りを恐れて、これを封じ込めるための神社だったということが。そして、本当の歴史は封印されており、我々は、偽りの歴史の上に暮しているということも。

引用の3つのブログをお読みいただいた方、お疲れ様でした。

もう一つ残る楯築遺跡は、更に後編でご紹介します。

つづく。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

19:40  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.11 (Thu)

岡山県森林公園

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アルパパ、カメラ:SONY α55、DSC-RX100

7月16日

DSC05829.jpg
岡山県森林公園は、アル一家お気に入りの場所ですが、アルが歩けなくなってからは訪れていません。2014年7月以来、2年振りの来園となりました。

森林公園地図
今回は、管理センターから、赤い線に沿って左回りに歩きました。いつも説明文の長いアルパパですが、今回は、サッサッと写真を並べていきます。

DSC05715.jpg
いつもお馴染みの看板です。

DSC05716.jpg DSC05717.jpg
管理センター前に電気柵が。猪が掘り返した跡なのかなぁ?
管理センターでは人形がお迎えです。

DSC05718.jpg DSC05719.jpg
いつも、このカラマツ園地でお昼ご飯にします。

DSC05726.jpg DSC05723.jpg

DSC05732.jpg DSC05734.jpg

DSC00384.jpg DSC00388_20160810212421bfa.jpg
カラマツ園地の隣の湿原です。

DSC05737.jpg DSC05736.jpg
名木100選(岡山県の?)。推定樹齢500年のオオヤマザクラ。サクラの咲く頃にきて見たいですね。

DSC05742.jpg DSC05744.jpg
何と、ヒノキが育っています。 抱擁しあう木。        

DSC05747.jpg
気持ちのよい道が続きます。

DSC05748.jpg DSC05749.jpg
砂鉄を集めて鉄を作ったたたら遺跡と、鉱滓です。

DSC05751.jpg DSC05755.jpg
六本杉。

DSC05757.jpg DSC05767.jpg
六本杉から、ボーズ原谷に道をとります。だらだらと上り坂が続きます。
やっと、源流近くに辿り着きました。

DSC05766.jpg DSC05770.jpg
途中までのつもりが、アル姉に引き摺られて、ぶなの平園地に向かうことに。
最後の急坂を登ります。道沿いのブナが曲がっているのは、地滑りのためなのでしょうね。

DSC05774.jpg DSC05777.jpg
本日の最高地点、960mです。ここから、熊押し滝へは下り坂になります。

DSC05782.jpg
ここにも、名木100選「森林公園の大ブナ」があったようです。向こうにひっくり返っていますね。ここだけ、ぽっかりと空が開けています。

DSC05787.jpg
こんな風に葉をいっぱいに茂らせていたのでしょうね。ブナの葉に降り注いだ雨は、葉っぱから枝、枝から幹を伝って地面に浸み込んでいきます。ですから、雨降りの後のブナの幹は暫くはびしょ濡れです。

DSC05786.jpg
登山客に踏まれて、ブナの根がすっかり剥き出しになっています。

DSC05790.jpg
川のところに出てきました。ここから熊押し滝の始まりですが、何で「熊押し」というのでしょうね。

DSC05792.jpg DSC05803.jpg
どうやったら、こんなに見事に直線状に割れるのでしょうか。

DSC05804.jpg DSC05805.jpg
渓流沿いでは、キビタキの美しい囀りが聞こえています。目を凝らしてみても姿を捉えることはできませんでした。

DSC05809.jpg DSC05814.jpg

DSC05815.jpg DSC05817.jpg
熊押しの滝を後に、かえで園地へ向かいます。 登山道入口。

DSC05822.jpg
思い出深い丸太橋(後でお楽しみ)。

DSC00396.jpg
かえで園地。アマゴです。この辺りには多い。

DSC05825.jpg DSC05828.jpg
まゆみ園地ですが、これはマユミではなくて、大きなトチノキです。     トチノミ。

今日は、自然の氣をいっぱい頂きました。
これにて終了。


付録 【アルくん in 森林公園】
アルにとっても森林公園は想い出いっぱいの地です。

●2012年11月
DSC07096.jpg DSC07095.jpg
冷たそうだし、水は苦手だな。            えっ! そこ通るの!!

DSC07101.jpg DSC07104.jpg
怖いよ。               もう少しだぞ!(真剣な顔だなぁ)。

DSC07106.jpg
結構、橋の幅、広いんですけどね。 

DSC07184.jpg
落ちるよ。そんなところに上っちゃダメだって!

DSC07194.jpg
 ふーっ、お疲れ様。一日、よく歩きました。   


●2013年8月
DSC00426_20160810212424967.jpg DSC00428.jpg
冷たくなくっても、水は嫌だって!          どうしても入れっていうの。

DSC00438.jpg DSC00449_20160810212440b68.jpg
いやだなぁ。ほんとに、ちょっとだけだよ。       んっ、意外に面白いかも。

DSC00457.jpg DSC00500.jpg
何度も行ったり来たり、そんなに楽しいの?  今日も楽しかった。満足、満足。


●2014年7月
DSC04536.jpg
行くじぇー。

DSC04563.jpg
パパ、大丈夫かなぁ。落とさないでよ。

DSC04571.jpg
ちょっと休憩でござる。。

DSC04577.jpg
さあ、もうひと頑張り歩くぞ。

DSC04591.jpg
男前に写せよ!

DSC04639.jpg
バカだなぁ。それで、隠れてるつもりかな。

DSC04649.jpg
それにしても、今日もよく歩いたなあ。

DSC04672.jpg
ふぅー。お疲れ様でした。

おしまい。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

00:08  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT