2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015'07.08 (Wed)

歯石除去+抜歯

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 

s-DSC07168.jpg
こんにちは、皆様お元気ですか?今年の梅雨は長くて嫌になってしまいますね。去る6月19日、アル先生が13歳にしてまさかの歯石除去&抜歯手術を受けました。6月上旬に歯の専門医の方に見ていただいたのですが、口腔状態があまりよくなく、心臓などへの負担を考えても手術をしたほうがいいだろうという結論になりました。今後のことも考えて磨けない奥の歯などはできれば抜いて欲しいと伝えたのですが、悪くない歯を抜くには時間がかかってしまうし無理のようです。

6/19手術日
0703.jpg
術前検査の血液検査結果、まずまずです。

午前9時半にアルを預け、祈るような気持ちで電話を待ちました。高齢な上にDMの進行もあるので麻酔のリスクは普通のわんちゃんより高いのです。午後3時頃に一度病院から電話が入り、抜歯に時間がかかり手術時間が延びているとのことでした。そして午後5時頃、手術が無事成功して麻酔からもさめ、酸素吸入器から離脱し自発呼吸できるようになったという連絡を受け、夜には三人揃ってお迎えに行きました。

0702.jpg
明細。今回はICUに入りました。悪くなった歯の抜歯が10本&歯石除去に加えて顎にあったイボ(出血あり)も取っていただきました。細胞針の結果、イボは脂肪の塊だろうということです。手術当日&翌日はさすがにお疲れでぐったりしていましたし、一週間以上顔が腫れてブサイクさんでしたが、今はハンサムですよー。

s-DSC07171.jpg s-DSC07175.jpg
犬歯のうちの1本は抜歯かもという話もあったのですが犬歯は4本とも残っていました。歯が思った以上に残っているので歯磨きも必死です。

s-DSC07186.jpg
ガーゼ歯磨きやサプリ、飲み水に混ぜるマウスクリーナーなどもまったく功を奏さず、恐ろしい速度で歯石が再付着するアルの口。今度の手術以降は少し歯ブラシを使わせてくれるようになったので今までよりは歯石がつきにくいかな。噛める歯がなくなったからというだけですが(苦笑)。 でも相変わらず裏側が無理なんですよねー。そして、術後2週間しても歯茎が腫れて出血している部分もあったので心配しているのですが病院に行ったら問題ないと言われました。むーん・・・。

0701.jpg
健笑館へも通っています。先日7/7で109回目だったかな?もう2年以上お世話になっているのです。知らず知らずに亜脱臼している後ろ足を治していただいたり、内臓下垂を調整していただいたり、病院通いのストレスを癒していただいたりと、アルの心から身体までお世話になっています。今回の手術も健笑館へ通っていなかったら無理だっただろうなと思います。ありがとうございました。

そうそう、健笑館で指摘されて我が家が今頭を抱えていることがあります。圧迫排尿による鼠径ヘルニアのリスクです。膀胱が安定していない状態で圧迫したり、尿を全部出し切ろうと力を入れすぎたりしているせいで、膀胱周辺の組織がかなりダメージを負っているそうです。既に鼠径ヘルニアっぽい前兆が出ているので今後どうやって圧迫排尿をしたものかと、家族全員がおっかなびっくりになっています。絞りきらずに途中でやめると数時間したらすぐおしっこしたいよーってなっちゃうんです。どうしたもんだろう

本日のアル先生は仰向け多めでお送りしました。なぜか仰向け写真ばっかり撮ってたので(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

09:39  |  わんこ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |