2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013'12.31 (Tue)

2013伊勢旅行記その5

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55
担当:アルパパ
前記事:2013伊勢旅行記その4

大神神社の後に、もう一つ向かう先が残っています。大神神社から程遠くないところにある箸墓古墳です。ここは駐車場がなさそうなので、片道2kmを歩いて訪ねることにします。

DSC01961.jpg
こんな標識がありました。

DSC01963.jpg
道すがら望む三輪山。

DSC01962_20131229081822e61.jpg
振り向けば、箸墓古墳もすぐそこです。

DSC01964_201312290818251dc.jpg
近くに来ると、古墳が大きすぎて全貌がつかめません。

DSC01968.jpg
ここが前方部の正面ですね。
箸墓古墳。第7代孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲媛(やまとととひももそひめ)命の陵墓とされており、宮内庁の管理下にあるため、立入りはできません。卑弥呼の墓ではないかとも言われていますが、調査もできません。
箸墓の由来は、日本書紀に書かれています。孝霊天皇の皇女である倭迹迹日百襲媛は大物主神の妻となりましたが、夫である大物主神は夜にだけ訪れて姿を見せません。そこで媛は夫に姿を見せてほしいと頼みました。すると翌日、大物主神は櫛笥(くしげ:櫛や化粧道具を入れておく箱)に入った小さな蛇となって現れました。ところが、それを見て媛が驚いた為、大物主神は怒って三輪山に隠れてしまいました。媛はこのことを後悔し、陰部を箸で突いて自害しました。このため、媛を葬ったこの墓を箸墓と呼ぶようになったのだそうです。この日本最古の巨大古墳は、昼は人が作り、夜は神が作って完成したとか。

夫神である大物主は三輪山に祀られ、妻である倭迹迹日百襲媛命は直ぐ近くの箸墓古墳に葬られていることになります。

この倭迹迹日百襲媛命をご祭神とする神社が、アル一家の住む岡山県にはあります。まずは岡山神社。岡山城本丸の地に鎮座する古社ですが、ここでは主祭神として祀られています。それから吉備津神社、吉備津彦神社という備前・備中・備後の総鎮守であったり、備前国一之宮だったりという有名な神社ですが、この2社では、主催神は桃太郎として有名な吉備津彦命で、倭迹迹日百襲媛命は相殿となっています。それは、吉備津彦命が倭迹迹日百襲媛命の弟だからかも知れませんが、それにしても、何故、岡山県に多いのか。岡山は、これまた有名な謎の古代吉備王国があったところ。倭迹迹日百襲媛は吉備王国と繋がりがあるのか? 謎が謎を生み、頭の中がぐちゃぐちゃのアルパパであります。

DSC01972_201312290818586a5.jpg
箸墓古墳を北に回りこみと溜池があり、やっと、全貌が見渡せます。といっても、15mmの広角レンズでも端から端までは写せません。全長約280m。皇女の墓としてはあり得ない規模で、卑弥呼の墓説が広がりを見せるのももっともと感じます。右が前方部です。手前の池は、箸中大池といい溜池100選に選ばれているそうですが、訪ねたときは、すっかり干上がっていました。

箸墓古墳
この箸墓古墳、航空写真で見ると実にきれいな鍵穴形をしています。正に古代史を解き明かすための扉がここに隠されているのでしょう。


これにて、今回の旅行記は終了です。昼食後、予定を一日早めて帰路に着きました。ナビ任せで、右へ左へと言われるままに大阪の街中を通り抜け 18:00に無事帰着しました。

さて、大神神社と箸墓古墳を巡る謎。
とても興味深い話を紹介して締め括りとします。興味がおありでしたら、続きをお読みください。
スポンサーサイト

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

17:34  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'12.30 (Mon)

2013伊勢旅行記その4

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55
担当:アルパパ
前記事:2013伊勢旅行記その3


外宮参拝を無事終了したアルパパは、強風と降りしきる雨の中、140km先の奈良県・大神神社へと向かいます。国道25号線はアップダウンが激しいため、上り坂では、どうしても前を行くトラックを追い抜く場面が増えます。慣れたとはいえ、強風の中、風に煽られながらトラックを追い抜くのは、いつもながら嫌なもの。それなら、じっとついて行けばいいようなものですが、それも、また、どうも・・・です。そして、国道25号は、針を過ぎると天理までは急な下り勾配ときついカーヴの連続なりますが、このあたりになると大型トラックが俄然元気になって、アルキング号はどんどん追い越されていきます。リヤダブルタイヤともう少し長いホイールベースが欲しいと思う瞬間であります。

DSC01907_20131229081618c68.jpg
11:00前に大神神社に到着。すっかり正月の準備が整っているようです。

DSC01918_20131229081616b98.jpg
拝殿。大神神社は三輪山をご神体としているため本殿はありません。
この三輪山は、伊勢に天照大神が祀られる以前には、ここにおいて大和朝廷の太陽神祭祀が行われていたということです。
大神神社のご祭神は大物主大神。社伝では、大物主とは大国主大神の和魂(にぎみたま)であるとされています。大国主は云わずと知れた出雲族を代表する神。何故、大和朝廷のど真中に大国主が祀られているのか? 太陽神祭祀との関係は? 謎があります。


DSC01954.jpg DSC01951_201312290849574ab.jpg
今回は、一人の気軽さということで、境内の狭井(さい)神社に足を伸ばしました。
「くすり道」は狭井神社への参道です。

DSC01925_20131229081617e40.jpg DSC01926.jpg
鳥居。拝殿。狭井神社のご祭神は大国主の荒魂(あらみたま)です。

DSC01928.jpg DSC01929.jpg
狭井神社はご霊水でも有名です。

DSC01931.jpg DSC01933.jpg
ご神体山である三輪山への登拝口がここにあります。
いきなり急坂で始まっていますね。三輪山は470mぐらいの山で、この境内辺りが90mぐらいですから、標高差は380m。急坂で足元は滑りやすいとのことです。結構、多くの方々が登拝されていましたが、アルパパはこの後もしっかり歩く予定があるのでパスです。

DSC01935.jpg
こんな碑を見つけました。「清明」、三島由紀夫の揮毫です。「豊饒の海」4部作といえば、輪廻転生を主題とした三島由紀夫の遺作として有名ですが、その第2巻「奔馬」の主人公、飯沼勲が最初に登場するのがここ大神神社の境内における奉納剣道試合です。続いて、大神神社の摂社で、奈良市内にある率川神社(いさがわじんじゃ)の三枝祭(さいくさのまつり)に使うササユリを荷車に載せて運ぶ場面が描かれていますが、そのササユリは元々は、この三輪山一帯に自生していたもののようです。ササユリは日本特産のユリで、大神神社のご神花にもなっています。
三島はこの小説を書く数年前の1966年にこの大神神社に数日間滞在して三輪山にも登拝、その時に非常に感銘を受けたようで、お礼にこの「清明」という揮毫を届けたそうです。この記念碑は2004年、ある篤信家が奉納建立したものだそうです。
小説の主人公、飯沼勲は右翼少年で最後は自決するのですが、何となく三島の自決死(1970年)を暗示しているようでもあり、印象に残る作品でした。

DSC01938.jpg
境内には小さな池があり、そこに小さな赤い社とくれば、お決まりの市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)、弁天様ですね。

DSC01949_201312290817474a2.jpg
狭井神社の参道を少し外れたところに小高い丘があります。ここからは、三輪山が望めます。

DSC01943_20131229081745f26.jpg
反対を向けば、古の大和の国が遠望されます。大神神社の大鳥居が見えます。
こんもりした山は耳成山と畝傍山でしょうか。あの辺りが藤原京のあったところですね。

DSC01957_20131229081750d7e.jpg
再び大神神社の拝殿前に戻り、巳の神杉を写真に収めました。大物主神が蛇に姿を変えたという有名な伝承がありますが、この杉の洞から、白い蛇が出入りしていたので、その名がつけられた由。

DSC01960_20131229081819a3b.jpg
ササユリ園。今は、自生しているササユリは採取禁止なのでしょうか。きっと、数も減っていることでしょう。三枝祭に使うものなのでしょうか、境内の一角にササユリ園があります。花の見ごろは、6/16の祭りの頃でしょう。今は、球根が土の中で眠っています。

今回は、狭井神社を中心にレポートしてみました。
一旦ここで切ります。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

19:52  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'12.29 (Sun)

2013伊勢旅行記その3

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55
担当:アルパパ
前記事:2013伊勢旅行記その2


12/21(土)
6:00、朝食を済ませ、外宮へ向けて出発。6:50外宮到着。既に、30台ぐらいの駐車車両が。昨年は4、5台だったかな?

DSC01858.jpg
いつも早すぎて、垣間見るだけの遷宮館。

DSC01860_201312272027157fa.jpg DSC01861.jpg
それでも、少し待てば、人のいない瞬間を写すことができます。静かにお参りするには早朝に限ります。

DSC01864.jpg DSC01867.jpg
遷御を終えたご正宮。家族の一年の無事を報告しお礼申し上げました。

DSC01872.jpg DSC01873.jpg
皆が手をかざす三つ石と亀石。
実は、ここは関東から九州まで日本を貫く巨大な裂け目、大断層、有名な中央構造線が通る場所。当然、地球内部からエネルギーがほとばしり出ている場所ですから、紛れもないパワースポットなんですね。エネルギーに敏感な人は是非感じてみてください。昔々は、宮川がここを流れていたとか。断層の上の地層は脆いので川になっていることが多いのです。和歌山県の紀ノ川も徳島県の吉野川も中央構造線上を流れる河川です。

DSC01876_2013122720302194d.jpg DSC01877_201312272030230e4.jpg
風宮。土宮。

DSC01878.jpg
下御井神社(しものみいのじんじゃ)。ここは新しくなっています。ご祭神は下御井鎮守神(しものみいのまもりのかみ)、外宮の御料水の守護神、水の神とされます。昔、格式の高い多賀宮では神饌を調製する忌火屋殿(いみびやでん)を独自に持っていましたが、それが明治時代に廃された後、井戸だけが残されて下御井神社になったそうです。私の前に参拝された方が、祓詞に始まり祝詞を奏上されていたので、静かに待っておりましたが、ふと、振り向くと私の後に列が! 何ということでしょう。今まで、こんなの見たことがありません。ここは、片隅で、いつもひっそりとしていたのですが・・・。遷宮記念のガイド本がたくさん出たのでしょうね。なお、一般は立入ることが出来ませんが、外宮境内の所管社には、下御井神社と対をなす上御井神社という神社もあります。

DSC01880.jpg DSC01881.jpg
遷宮なった多賀宮。ご祭神は豊受大御神荒魂。多賀宮の上の樹々は何時見ても金色に輝いています。そして、アルパパはいつもこれを見てうっとりするのです。

DSC01870_201312272028287c3.jpg
旧のご正宮は奥まで扉が開け放たれています。


外宮の参拝を終えたアルパパは、今回、初めて外宮・別宮である月夜見宮を目指して歩を進めていきます。

DSC01895.jpg
神路通(かみじどおり)。外宮から月夜見宮へ続く小路。月読尊が豊受大神の元へ通う道なので「神路通」なのだそうです。月読尊は宮の石に杖を当てて白馬に変え、それに跨って通ったとか。

DSC01907.jpg DSC01902_20131227203257129.jpg
月夜見宮。

以上で、伊勢神宮参拝は終了です。
ここで、アルパパが神宮の謎に迫ります。
興味がおありでしたら、続きをお読みください。

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

19:16  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT