2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013'11.30 (Sat)

大山・広島東部旅行【三日目:竹原 町並み保存地区その壱】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55、DSC-RX100
担当:アル姉

関連記事:大山・広島東部旅行 準備編、【一日目:大山】、【二日目:備北丘陵公園】、【二日目:竹原 憧憬の路


11/3(日)
道の駅よがんす白竜まで引き返して一泊。朝から雨が降っていました。前日の夜憧憬の路を見た竹原の観光するべく、再び道の駅たけはらへ。
DSC01376.jpg
驚いたことに8:30の時点で駐車場がけっこうぎっしりなのです。満車とまではいきませんけど今までに朝からこんなに混んでいる道の駅はなかったのでびっくりしました。

DSC01377.jpg
それもこのアニメのイベントが理由だったようです。スマホでちまちま検索すると、11/2(土)と11/3(日)は「たまゆらの日」なのだそうです。なんだかよくわかりませんがアニメにちなんださまざまなイベントが竹原で開催されているようですね~。

竹原は平安時代に下鴨神社の荘園として栄えた歴史を持つころから安芸の小京都と呼ばれる商家町で、江戸時代中期から明治にかけての町並みが残り重伝建にも選定されています。私は十数年前に何度か来ているのですが、そのときの印象は「人がいない」閑かな町でした。見るからに以前と違う雰囲気の竹原、今回の町歩きはどうなるかしら。天気予報どおり雨が降っているのでアル先生にはお留守番していただくことにします。まぁ、とりあえず、観光マップを片手に歩いてみますかね。
takehara.jpg
道の駅で何種類かの観光マップを入手できますがとりあえず今回は広島経済同友会ぐるっとひろしまから印刷してきたこちらを参考にしました。マップ右の方にある古美仁亭というのが今道の駅になっている場所です。ちなみに竹原の観光ポータルサイトはこちらにあります。こちらもおすすめ。

まずは竹原と言えばこの方。
DSC01378.jpg DSC01379.jpg
頼山陽銅像。江戸時代後期の儒学者です。歴史などで習った方もいるのではないでしょうか、「日本外史」の著者として有名です。頼山陽は竹原を故郷としたとありますが、頼山陽本人は母方の実家のある大阪で生まれ広島で育ち、学者としては京都で過ごしていました。ここ竹原には父方の生家があり、祖父である頼惟清をはじめとして頼家一族が暮らしていましたので、山陽にとってはおじいちゃんの住む町として身近な町だったのでしょうね。

さて、竹原のメインストリートへ行ってみましょう。
本町通り
DSC02314.jpg
南の端に位置するのは旧笠井邸。「浜主」と呼ばれた塩田経営者の邸宅で明治5年に建設されました。写真は前日の夜のライトアップ時のものです。2階からの眺めが素晴らしいそうですが開館時間は午前10時~午後4時なのでした。ざーんねんっ。

DSC01382.jpg
本町通りを北に向かって進んでいきます。昨夜の喧騒が嘘のよう・・・祭のあとの静けさといった感じですが実は今日がお祭り本番なのだとか。しかしあいにくの雨ですねぇ。

DSC01383.jpg
ライトアップのときは人がごった返していた地蔵堂もとても静か。竹灯り用の竹細工ですが灯りがともっていなくても不思議と絵になります。

DSC01390.jpg DSC01388_20131125092340883.jpg
竹鶴酒造。江戸時代から続く「竹鶴」の酒造元で、ニッカウヰスキー創始者、竹鶴政孝氏の生家でもあります。もともとは小笹屋の屋号で塩造りをしていましたが、やがて酒造業を営むようになりました。「小笹屋酒の資料館」を併設しています。建物は主屋、座敷、蔵を連ねた多棟連結型の町屋となっていてかなりの重厚感がありました。

DSC01337.jpg DSC02349_20131125094520a23.jpg
営業時間外だったので前日の営業中のお写真も少し紹介。

DSC01392.jpg
竹鶴さんのお向かいにある財満邸。この財満邸以外にも詳しい説明文などがなく○○邸とだけ書かれた町屋がそこかしこにあります。何屋さんだったのかなー、いつの時代の建物なのかなーと気になってしまうので何かしらの説明があればいいのにと思いました。

DSC01394.jpg DSC01398.jpg
松阪邸。こちらも「浜主」と呼ばれた塩田経営者の邸宅で、入母屋造り・平入りの独特な雰囲気をもっている表屋造りの町屋です。唐破風の屋根などは竹原では珍しいのではないでしょうか。菱格子に塗籠の窓彫りをはめ込んだ出格子もとても立派です。問屋・石炭問屋・酒造業・醸造業なども手がける相当な豪商だったといいますから納得の贅沢な作りですね。

DSC02362_20131125115309f5e.jpg DSC02355.jpg
前日は無料で中に入ることができましたが通常は200円かかるようです。人が多くてほとんど内部の写真は撮れなかったのですが、あじろ造りの廊下なども素敵でした。時間があれば入ることをお勧めします。

DSC01399.jpg
板屋小路。本町から新町へ抜ける道です。なかなかの風情ですが帰りにはここに長蛇の列が・・・。

DSC01401.jpg
道の駅の駐車場に車がたくさんある割りに人がまばらだと思ったらこんなところに集中していました。お好み焼き屋のほり川さん。でも看板は「OBORO」となっています。はてな?と思いましたらこれもアニメのイベントの一環で、2日間限定で作中の店名で営業していたようです。前日の夜も大人気で行列ができていましたが開店まで2時間もあるのにこの状態ですよ。私たちが帰る頃にはこの行列は板屋小路までずらっとのびていました。なんと言いますか皆さんお元気ですねぇ。

DSC01402.jpg
お好み焼き屋さんとして大繁盛しているようですが元々は大正8年創業の御醤油屋さんです。

DSC01404.jpg DSC01405.jpg
ほり川さんの向かい、上吉井邸の横に西方寺に伸びる道があるので今度はそちらへ。ちなみに上吉井邸は明治7年に竹原で初めての郵便取扱所として使用され、昭和9年まで60年間竹原の郵便局として使われていたそうです。石段の両端にやはり竹灯りの竹が整然と並んでいます。

DSC01417.jpg
西方寺。浄土宗のお寺で本堂は1702年築の入母屋造り。

DSC01406.jpg DSC01413.jpg
普明閣という観音堂が有名です。西方寺本堂横の高台にあります。1758年の建築で、西方寺の地に妙法寺があった頃の本尊であった木造十一面観音菩薩立像(県重要文化財)を祀っていたものを再建したもの。京都の清水寺の舞台に模して小早川隆景によって建てられたと伝えられおり、方三間宝形造、本瓦葺の二重屋根、舞台作りとなっています。

DSC01415.jpg
舞台は非常に小さな造りで可愛らしいです。ここから見下ろす竹原の町並みはなかなかのものですよ。

ちょっと長くなりそうなので分割しますっ。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:28  |  中国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.28 (Thu)

DM治療日記その22+α

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

今回も2回分。

11/20(水)
26回目の健笑館(岡山県倉敷市)の様子。

11/16(日)に鳴門ウチノ海総合公園に遊びに行った後だったので(レポはまだです、汗)ちょっと心配でしたが、取り立てて悪いという場所はないようでした。
s-DSC02522.jpg
お口がむずむず。思わずペロリ。

s-DSC02526.jpg
ただ右半身があまり使えていないため筋力が低下しているとのこと。左足の負担増です。今回は右半身を重点的にみていただきました。

その他車椅子の車輪の角度が作った当初と比べて変わってきているのではないかというご指摘をいただきました。毎日使っているとあまりわかりません。写真などをくらべると言われてみれば確かにと言う感じ。ガチャガチャ音も大きくなっているので一度メンテナンスに行ったほうがいいかも。

11/28(木)
本日分、27回目の健笑館(岡山県倉敷市)の様子です。

s-DSC02769.jpg
今回もプチおでかけ(11/24、吉備高原)後の施術なので心配なアル姉。でも先週より左前足の疲れは軽減されている模様。それでも右が弱いことにかわりはないのですが・・・。

ここのところアルはかなり前輪駆動気味になっています。前は破れまくっていたラバーシューズも破れなくなりました。地面を掴んで蹴る、という動作ができなくなっているからです。最近は足指の甲で蹴っていることが多く、お散歩も後半になると蹴るというかもうズリズリズリズリ、前足中心で後足は惰性で動いているような感じに。
s-DSC02779.jpg
でも先週も言われたのですが、触った感じ筋肉や神経の状態は後足が動かないという感じの状態ではないそうなのです。今でも後足の肉球をくすぐるとかなり強い力でイヤイヤというように蹴り返してくるんです。冬の寒い間、そういう刺激を与えてあげるのは冷え対策にもいいそうなのでこれからもちょっと悪戯していこうかな。

今日は施術の最後のほうで、先生が後足から気を送ると顔の筋肉がもぞもぞと小刻みに動き、足もかなり活発に動いていたのが印象的でした。あまりに面白くてカメラを持つのも忘れて見入ってしまいました。そして私に見られていることに気付いたときのアルのびっくりした顔も面白かった(笑)

車椅子のメンテナンスはどうしようかな。預けることになったら困ってしまうしもう一台作る?なんていう話もチラホラ・・・。

おまけ
11/20に久しぶりに玉野市の深山公園に行きました。ここはわんこは園内禁止なのでアルを飼い始めてからはほとんど来なくなっていました。
s-DSC02533.jpg s-DSC02535.jpg
カモさんがいっぱいでした。イノシシが出るようで池の周りのメインコース以外立ち入り禁止に。

s-DSC02565.jpg s-DSC02545.jpg
本当に久しぶりだったので、猫ちゃんのあまりの多さにびっくり。調べてみたらこんな記事が・・・。

2013/09/25 14:00 【山陽新聞】
玉野・深山公園に捨て猫200匹 愛護団体の不妊・去勢も後絶たず

 玉野市田井の深山公園で、捨て猫が相次いでいる。少なくとも200匹以上が居着いており、これ以上増えるのを防ぐため動物愛護団体が不妊・去勢手術に取り組むが、後を絶たないのが実情。公園を管理する市は「動物の遺棄はれっきとした犯罪。絶対に捨てないで」と呼び掛けている。26日まで動物愛護週間。

 広さ約200ヘクタール(東京ドーム約40個分)と広大な深山公園。何匹もの猫がわが物顔で歩き回り、路上や草むら、ベンチの上など至る所で寝そべったり座ったりしている。いずれも人懐こく、首輪をしている猫もいて、そのほとんどが捨て猫とみられる。ロシアンブルー、チャトラ、シャムなどペットとして人気の種類もいる。

 岡山動物愛護会(岡山市)が昨年5月、生息数を調査したところ、約200匹を確認。インターネットで呼び掛けて集めた寄付金約100万円を元手に、これまで180匹以上に不妊・去勢手術を施した上で公園に戻した。体の弱った一部の猫などは会員が自宅で一時的に保護し、里親を探している。

 ただ、その後も捨て猫は増えるばかり。今月施行された改正動物愛護管理法は、むやみな動物の遺棄に対する罰則が50万円から100万円に引き上げられ、飼い主の責任をより重くした。園を管理する玉野市都市計画課は「今後は警察と連携し、遺棄の防止に努めたい」としている。


私が散歩している間にも30匹以上の猫ちゃんを見かけた気がします。そして愛護団体関係の方なのでしょうか、何人もの方が猫ちゃんたちにお水やご飯、薬などをあげているのを見ました。

s-DSC02571.jpg s-DSC02543.jpg
s-DSC02541_201311282227077db.jpg s-DSC02557.jpg
s-DSC02599_201311282205464d1.jpg s-DSC02607.jpg

「猫にエサをやらないでください」という看板があちこちにあります。でも人間のエゴで捨てられて増えていった猫ちゃんたちに罪はないですよね。命ですよね。紅葉を見ながらお散歩でもしようかなという軽い気持ちで来たら、色々考えさせられてしまいどんよりした気持ちになってしまいました。

s-DSC02575.jpg
犯罪です、よ!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

23:02  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.24 (Sun)

吉備高原・宇甘渓

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY DSC-RX100
担当:アル姉

11/24(日)
DSC02767.jpg DSC02738.jpg
今日は見事な小春日和でしたね。大山・広島東部旅行のレポの途中なのですがたまにはタイムラグのないものをと思い、本日のお出かけレポをお送りします。
※上の写真は後半折りたたみで紹介している宇甘渓の紅葉です。

DSC02640.jpg
お出かけ前、近所が何やら賑やかだなーと思ったら、地元の朝市が二周年を迎えていました。

DSC02631.jpg DSC02632.jpg
朝市二周年記念行事に加え、地元倉敷市水島出身でプロ野球楽天を日本一に導いた星野仙一監督を称えるイベントなども開催されていましたが当然ながらご本人の来場はありませんでした。来場者にジュースが振る舞われ全員で乾杯、というタイミングでアル姉は引き上げたのでちょっと残念。

DSC02624.jpg DSC02625.jpg
昔に比べると出店も減ったなぁ、という気がしないでもありませんが、こじんまりした朝市も悪くないと思います。あまり盛況になりすぎて混雑するのも周辺住民としてはちょっとね・・・。いつもは5分500円のウォーターバルーンが今日は特別に100円になっていました。やってみたかったなぁ。このお得な価格設定は星野監督のはからいで、という話でした(笑)

あららいけない、出発前に寄り道しすぎました。今日はアル先生を連れて吉備高原の穴場スポットへお出かけなのです。
DSC02683.jpg DSC02658.jpg
吉備プラザ周辺がどんなに混んでいてもここは御覧の通り閑散としているのです。

DSC02647.jpg DSC02649.jpg
昔からこの広場が大好きなアル先生。来るたびにいつも元気に走り回っていたので、来た瞬間スイッチが入ってしまってハイテンションに・・・。車椅子のまま走りそうな勢いにみんなびっくりしてしまいました。

DSC02662.jpg DSC02665.jpg
楽しそうだねぇ~。

DSC02682.jpg DSC02676.jpg
以前は林間コースも行けたけどさすがにもう小川の回りしか無理になっちゃったね。

DSC02684.jpg DSC02696.jpg
でも家族全員そろってのんびりできて、たまにおやつももらえて言うことないですかな。

DSC02697.jpg
ア~ルちゃんっ。

呼べば笑顔で振り返ってくれます。
DSC02698.jpg
おやつくれる?
実際はおやつ目当てという現金なヤツです。

DSC02699.jpg DSC02700.jpg
車椅子になって困ったこと・・・橋が渡れなくなっちゃいました。どうやら動きの悪い後足が板の隙間に落ち込んでしまうのが不快なようですね。結局だっこしてもらって渡りました。

DSC02706_20131124192059b35.jpg DSC02707.jpg
1時間ほど広場を独り占めして大満足のご様子ですっ。えがったね~

さて、続いては帰りに寄った宇甘渓の紅葉をお届けしたいと思います。
クリックして御覧ください。

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:53  |  岡山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT