2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'08.30 (Fri)

DM治療日記その13

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

s-DSC00634.jpg
週末ごとに雨が降るのも困ったものですね。雨が降ると普段からただでさえ寝てばかりのアルの睡眠がさらに増えてしまってぜんぜん遊んでくれません。


8/29(木)

14回目の健笑館(岡山県倉敷市)に行ってきました。

s-DSC00626.jpg
三回連続で左中心に診ていただいてるので今回はどうしても右を・・・と頑張って右半身を上に横になってもらいました。アルは右半身を上にするのがあまり好きではなく、家でもずっと左半身を上にしているのでそのうち床ずれでもできるんじゃないかと不安でたまりません。それに、ここのところ気になっているのが右足の筋肉がもうほとんどなくなってしまっていること。車椅子では歩けているように見えても、車椅子なしでは右足はほとんど動きません。足先までの神経がぶっつり切れちゃってるんじゃないかというくらい無反応ですし油が切れた機械みたいにギシギシと固まっています。太ももの付け根辺りまでは力が入るのだけれど、その先は固まってしまって力が伝わりにくい状態になっていたそうです。

s-DSC00629.jpg
急速充電中。今日は息をしているのか心配になるくらい呼吸が落ち着いててびっくりです。ていうか、死体みたいです。旅行中なんかにもたまにあるんですよね。死んでるんじゃ?と不安になって揺すって起こしてしまいます。数週間前に痛めたらしい左足の先の方は順調に回復しているのですが、最近家の中を這って動くため左足の肉球の横が痛々しい感じになってきました。今のところ毛が禿げて少しブヨブヨと腫れています。硬いタコにでもなってくれればいいのですが・・・。

施術後、右足の動きはだいぶ良くなっていました。今日になってよく観察して見ると、力が入りにくいながらも右の足先を使って歩こうとしているように見えました。足先の感覚も少しよみがえっているのかつつくと反応があります。嬉しくてつついてたら「フンッ」と鼻息で怒られました

s-DSC00637.jpg
今週もお出かけは微妙かなぁ・・・。台風15号が近づいていますから皆さん十分気をつけてくださいませ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

20:18  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'08.23 (Fri)

DM治療日記その12

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

今週末はお天気が不安定なようでアルのお出かけはどうなるやら・・・。前回の健笑館からの一週間はアルは森林公園へお出かけしたり、その後も疲れを見せることなく元気に過ごしていましたよ~。
s-DSC00365_2013082316533658d.jpg

8/22(木)

森林公園で久しぶりにたくさん歩いたので車椅子による身体への負担はいかほどかと心配しつつ、通算13回目の健笑館(岡山県倉敷市)に行ってきました。

2回連続で左半身を見ていただいてますが今回も左です。
s-DSC00195_201308231704396cb.jpg
この日は最初から落ち着いていたので気の流れもスムーズに。施術中に先生がぼくだったらこういう車椅子を作ります、というようなお話をされていたのですが、さすがに工具やら機械やら専門的な道具がたくさん必要になりそうで一般人には敷居が高すぎました。鉄工所や町工場に知り合いでもいれば少しは違うのかもしれませんが。とりあえず今後どうしても変えたい部分が出てきたら車椅子を作ってくださった赤木さんに相談ですかね。

先生はアルの車椅子の歩行動画もチェックしてくださっているのですが、ここのところいい感じに歩けているそうです。あまり平坦な場所より、坂道や少し不安定な場所の方がしっかりとした足運びをする訓練になっておすすめなんですって。一瞬鳥取砂丘でも・・・と思いましたがどう考えてもスタックしますね。あと、芝生広場などがあればたまには足を引きずることになっても車椅子なしで歩かせてあげてください、と・・・ん~、今の時期近所の芝生広場は枯れちゃっているのでもう少し季節が良くなったらかなぁ。

前回左後足を触られるのを嫌がっていたアル。足の曲げ伸ばしを極端に嫌っていたのですが、先生はもしかしたら足先の部分に問題があるのではないかと気になっていたそうです。今回触ってみてやはり足先の部分を痛めていることが判明。人間で言う突き指のような感じになっているのだとか。幸い治りつつあるということでほっと一安心。実は先々週、勢いあまって車椅子から脱走、そのまま足を引きずりながらダッシュしてしまったことがありまして、そのときに痛めてしまった模様。

それを聞いて森林公園にお出かけしたことで足に余計な負担をかけてないか心配しましたが、安静に動かさずにいるよりは正しく使ってあげる方が治りがいいようでちゃんと回復中だそうです。確かに動かさずにいると変な風に固まっちゃうのよね。アル姉も昔左足の指を脱臼しましたが・・・おかげで変な方向に固まって歩くとき指先に力が入りませんもの。

前回させてくれなかった左後足の曲げ伸ばしも今回は嫌がらずにさせてくれました。でもまだ左の足先が治りきっておらず痛みがあるようなので、アルが嫌がらないようにとほどほどで切り上げました。左の足先は今後も気をつけてみてあげないといけませんね。洗ったり拭いたりするときに変にひねったりしないようにしないと。

先生としては
 ・左後足の足先の状況確認
 ・全身のリラックス
が本日の目的ということで、そちらのほうをしっかりやっていただいて終了となりました。車椅子に慣れてきたとはいえ、車椅子が完全にぴったりとアルに合うものではないですから、身体にかかった負担をできるだけケアしていくことが重要です。現状として先生に診てもらえるのは一週間に一度の1時間ですから、アル姉も普段からできる限りのことをしようと頑張っています。アルに触れてあげる時間も何倍にもなった最近では心なしかアルが私を見つめることが増えてきた気がします。ぐぬぬ・・・そんなに見つめたっておやつはやらないじぇ

s-DSC00603.jpg
アルは背中の張りなどもとれたせいかすっかり皮膚のたるみが目立ってたるんたるんになってました。おまけに身体全体がくにゃ~。夕方の散歩もあんまりシャキシャキした感じではなく、「今日は歩かずゆっくりしたい~」という雰囲気でした。うん、そういう日も必要だよね。でも、今日金曜日の午後には雷に怯えながらもかなりイイ足取りで歩いてくれましたよ。雷・・・アルもアル姉も雷が本当に怖いので勘弁してください。

あ、アルの歯肉腫瘍の病理検査の結果ってまだお伝えしてませんでしたよね。ありがたいことに悪性ではありませんでしたが、良性とも言い切れないという微妙な言い回しをされました。転移などはしないけれど、また再発する可能性はあるそうです。 電話での連絡だけでまだ診断書をもらいに病院へ行ってないのですがエプーリスのようですね。歯石などの慢性的な刺激が原因のひとつだということなので歯石がつかないようにがんばるしかないかな。最近はガーゼでの歯磨きをさせてくれるようになりました。たまにうっかり噛まれますけどね

今週末のおでかけはどうしようかなぁ。お天気悪そうだからどうなることやら。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

19:33  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'08.21 (Wed)

13年夏 岡山県立森林公園へ 後編

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY DSC-RX100
担当:アル姉 

8/17(土)岡山県立森林公園

s-DSC00401.jpg
さてさて、後編スタートです。いぼた園地で休憩した後、今度はドッグバギーで移動します。アル先生にはこの後遊んでもらう予定なのでそれまでは我慢してね。

で、到着したのはここ。熊押し滝に行く途中にある場所で小さな小川と木製の橋がかかっています。
s-DSC00419.jpg
水も嫌い、高いところも嫌いなアルにはまったく嬉しくないスポットです。

s-DSC07106.jpg
昨年の11月にも訪れました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

s-DSC00426.jpg s-DSC00429.jpg
昨年はなんとか木の橋を渡ったけれど車椅子ではそれも無理。小川を前に右往左往、逃げ惑うアル。
「嫌だからね、僕絶対渡らないからね」
バウバウと吠えて猛抗議。

s-DSC00427.jpg s-DSC00431.jpg
大好きなパパは川の向こう。
「ママ助けて~」
でも車椅子のアルを抱っこすることはできませんしねぇ・・・。

仕方がないのでアルパパが迎えに。
s-DSC00434.jpg
「ひーん、やめて~」

s-DSC00436.jpg
「ん・・・・」

s-DSC00437.jpg
「思ったより平気・・・かも」

s-DSC00449.jpg s-DSC00451.jpg
このあとアルは徐々に水に慣れていき、自分から水に入るようになりました。前回お伝えしたある変化というのは水遊びできるようになったことです。浅くて本当に小さな小川です。泳いでるわけでもありません。数センチ深さの水の中を歩くだけなのですが11年間アルを見てきた私たちには信じられないほどの大変化なのです。

s-DSC00455.jpg s-DSC00457.jpg 
アル姉も嬉しくて何度もアルを呼びました。水の中をじゃぶじゃぶ歩いてきてくれます。


s-DSC00484.jpg
安全な浅瀬(というか舗装されている通路に小川が流れている感じ)の先にはちょっとした段差があり、その先は普通に岩がゴロゴロしている川になっています。車椅子じゃなくて普通に歩けていた頃ならこの川でも遊ばせてあげたかったけどこればかりは・・・。もっと早く水を克服してくれてたらなと思いましたが、車椅子だったからこそこの川を渡ることができたので仕方がないですね。

s-DSC00495.jpg
こんな風に水の中を歩くアルを見ることができるとは夢にも思っていなかったので家族全員大喜び。

s-DSC00489.jpg
モザイクをかけてしまっているのでお見せできませんがアルパパは満面の笑み。アルママも嬉しくてにっこりピースサインを出しています。ちょっと呆れ気味のアルがそれを見ていました(笑)

s-DSC00497.jpg
身体が冷えちゃったらいけないので水遊びは終了。のはずだったんですが本人がまだ遊びたいというので休憩後再び車椅子装着。

s-DSC00513.jpg s-DSC00514.jpg
ご機嫌で水の中へじゃぶじゃぶじゃぶじゃぶ。

s-DSC00516.jpg s-DSC00517.jpg
顔についた汚れをパパに綺麗にしてもらっています。

あの場所で1時間近く遊んでやっと満足したアル先生。
s-DSC00539.jpg s-DSC00527.jpg
木漏れ日の中次なる場所へお散歩開始。

s-DSC00403.jpg s-DSC00538.jpg
かえで園地まで戻ってほっこり休憩タイム。車椅子が当たって負荷がかかってそうな場所をマッサージマッサージ。

いくらなんでももう歩かなくていいんじゃないのかな~?綺麗綺麗してあとはドッグバギーに乗ろうね。
s-DSC00545.jpg s-DSC00547.jpg
見て下さいよ、この顔。なんか不服そうじゃないですか。

s-DSC00558.jpg
結局こうなるわけね・・・。

s-DSC00573.jpg s-DSC00576.jpg
まゆみ園地まで戻ってきました。まゆみ園地には大きなトチノキもあるのです。アルに落ちていた実を見せてみたらくんくん匂いを嗅いでいました。
「なんか食べられそうにない・・・」

ラストはからまつ園地で休憩。
s-DSC00581.jpg s-DSC00582.jpg 
アルもよくがんばって歩いたね~。とっても幸せそうな顔をしていますがカラマツの葉がいっぱい(笑) 男前が台無しよ?

s-DSC00594.jpg
最後に入り口で記念撮影して夏の森林公園とお別れとなりました。気づけば5時間も経っていてびっくり。車椅子になったせいで山には登れないし、そんなにたくさん歩いてないのですがまったりしすぎたんでしょうか。岡山近隣で夏場に涼を求めるなら絶対ここがおすすめ。気持ちよかったですよ~。

s-DSC00596.jpg
禁止事項・注意事項はたくさんあるからちゃんと守ってね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:56  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT