2013年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013'06.30 (Sun)

出雲大社参拝の旅 一日目:三瓶山北の原

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

6/8(土)
tizu23.gif
すっかり間が開いてしまいましたが三瓶山北の原編です。

三瓶山北の原
s-DSC09441.jpg 
北の原はキャンプ場、三瓶自然館サヒメルや青少年交流の家など三瓶山の観光活動の拠点となっている場所です。3年前に来た時とはちょっと別の駐車場に車を停めてお散歩へ。

s-DSC09347.jpg s-DSC09346.jpg
目指すは姫逃池ですが道が二手に分かれちゃいました。アル先生道案内頼んだよ。

s-DSC09348.jpg s-DSC09349.jpg
森林浴を楽しみながらアル先生の道案内で木陰の散歩道を歩きます。え?カメラさんの方が先に行ってるって?川口ひろしが洞窟に入る カメラマンと照明さんの後に入る~♪って歌を思い出しちゃったよ。若い人は知らないか~(笑)

s-DSC09355.jpg
まぁ、無事池に到着したので無問題ですわ!

s-DSC09363.jpg s-DSC09366.jpg
で・・・ここで何をするかっていうとぼけーっとするんです。アル一家らしいでしょ。

s-DSC09392.jpg
姫逃池は、男三瓶山の北麓、北の原草原の一角にあります。長者(北の原は長者原と呼ばれその昔長者が住んでいたと言われています)の娘が身を投げたという伝承がその名の由来とされ、周囲約300m、水深は最大1mほどの浅い池です。
池には浮島が漂い、初夏にはカキツバタの花におおわれます。カキツバタ群落でできた浮島は珍しく、池周囲の群落を含めて県の天然記念物に指定されています。

s-DSC09402.jpg s-DSC09367.jpg
カキツバタ。

s-DSC09357.jpg s-DSC09379.jpg
睡蓮。

s-DSC09391.jpg
浮き島は、その昔は風や水流によって移動していましたが、近年は根が池の底に届き、固定されてしまったそうです。水面の緑色はジュンサイですがもちろん採集は禁止ですよ。

s-DSC09368.jpg s-DSC09390.jpg

ここらでアル先生のいい顔せれくちょんです。アル馬鹿でごめんなさいねー(笑)
s-DSC09385.jpg s-DSC09387.jpg
s-DSC09388.jpg s-DSC09412.jpg
s-DSC09410.jpg s-DSC09415.jpg
君が変性性脊髄症っていう難しい病気にかかってるなんてアル姉は未だに信じられないよ。

s-DSC09420.jpg
池の周りには木道が整備されています。前回アル先生はここで見事におっこちた経験もあり、なかなか足を踏み出せません。

s-DSC09423.jpg
ということは結局こうなるんですよねぇ。

s-DSC09353.jpg s-DSC09436.jpg
自然の中に身を置くと心もふわりと軽くなりますよね。

s-DSC09431.jpg
アル先生がこんな顔をしてくれればなおさらです。

s-DSC09444.jpg
にぱっ。

s-DSC09445.jpg
かくれんぼー。お尻見えてるっ。

s-DSC09446.jpg
ありゃ、見つかってる?

s-DSC09448.jpg
お散歩もそこそこにアル姉はひたすらアル先生にちょっかいを出してました。アル先生を見てるだけで幸せになってニコニコする・・・なんてお安いのかしら。

s-DSC09453.jpg
あとの二人はこんな感じで(笑)
夕方までずっとぼけーっとしていられたら良かったのに。この旅行は出雲大社参拝がメインということで、今日中に出雲まで移動しておかなくてはなりません。芝生の上で根が生えてしまいそうなアル先生をアルキング号に乗せ、泣く泣く山を下り出雲へと向かいました。

車中泊地に選んだのは道の駅大社ご縁広場。次回は道の駅紹介をしたいと思います。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

16:45  |  中国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT