2013年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013'06.30 (Sun)

出雲大社参拝の旅 一日目:三瓶山北の原

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

6/8(土)
tizu23.gif
すっかり間が開いてしまいましたが三瓶山北の原編です。

三瓶山北の原
s-DSC09441.jpg 
北の原はキャンプ場、三瓶自然館サヒメルや青少年交流の家など三瓶山の観光活動の拠点となっている場所です。3年前に来た時とはちょっと別の駐車場に車を停めてお散歩へ。

s-DSC09347.jpg s-DSC09346.jpg
目指すは姫逃池ですが道が二手に分かれちゃいました。アル先生道案内頼んだよ。

s-DSC09348.jpg s-DSC09349.jpg
森林浴を楽しみながらアル先生の道案内で木陰の散歩道を歩きます。え?カメラさんの方が先に行ってるって?川口ひろしが洞窟に入る カメラマンと照明さんの後に入る~♪って歌を思い出しちゃったよ。若い人は知らないか~(笑)

s-DSC09355.jpg
まぁ、無事池に到着したので無問題ですわ!

s-DSC09363.jpg s-DSC09366.jpg
で・・・ここで何をするかっていうとぼけーっとするんです。アル一家らしいでしょ。

s-DSC09392.jpg
姫逃池は、男三瓶山の北麓、北の原草原の一角にあります。長者(北の原は長者原と呼ばれその昔長者が住んでいたと言われています)の娘が身を投げたという伝承がその名の由来とされ、周囲約300m、水深は最大1mほどの浅い池です。
池には浮島が漂い、初夏にはカキツバタの花におおわれます。カキツバタ群落でできた浮島は珍しく、池周囲の群落を含めて県の天然記念物に指定されています。

s-DSC09402.jpg s-DSC09367.jpg
カキツバタ。

s-DSC09357.jpg s-DSC09379.jpg
睡蓮。

s-DSC09391.jpg
浮き島は、その昔は風や水流によって移動していましたが、近年は根が池の底に届き、固定されてしまったそうです。水面の緑色はジュンサイですがもちろん採集は禁止ですよ。

s-DSC09368.jpg s-DSC09390.jpg

ここらでアル先生のいい顔せれくちょんです。アル馬鹿でごめんなさいねー(笑)
s-DSC09385.jpg s-DSC09387.jpg
s-DSC09388.jpg s-DSC09412.jpg
s-DSC09410.jpg s-DSC09415.jpg
君が変性性脊髄症っていう難しい病気にかかってるなんてアル姉は未だに信じられないよ。

s-DSC09420.jpg
池の周りには木道が整備されています。前回アル先生はここで見事におっこちた経験もあり、なかなか足を踏み出せません。

s-DSC09423.jpg
ということは結局こうなるんですよねぇ。

s-DSC09353.jpg s-DSC09436.jpg
自然の中に身を置くと心もふわりと軽くなりますよね。

s-DSC09431.jpg
アル先生がこんな顔をしてくれればなおさらです。

s-DSC09444.jpg
にぱっ。

s-DSC09445.jpg
かくれんぼー。お尻見えてるっ。

s-DSC09446.jpg
ありゃ、見つかってる?

s-DSC09448.jpg
お散歩もそこそこにアル姉はひたすらアル先生にちょっかいを出してました。アル先生を見てるだけで幸せになってニコニコする・・・なんてお安いのかしら。

s-DSC09453.jpg
あとの二人はこんな感じで(笑)
夕方までずっとぼけーっとしていられたら良かったのに。この旅行は出雲大社参拝がメインということで、今日中に出雲まで移動しておかなくてはなりません。芝生の上で根が生えてしまいそうなアル先生をアルキング号に乗せ、泣く泣く山を下り出雲へと向かいました。

車中泊地に選んだのは道の駅大社ご縁広場。次回は道の駅紹介をしたいと思います。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

16:45  |  中国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'06.27 (Thu)

DM治療日記その4

担当:アル姉
(この記事内では紛らわしいのでアル先生に先生はつけていません)

一週間経つのはあっという間です。先週は兄夫婦が帰省したり色々あってバタバタしてしまい、アルにかまってあげる時間がぐっと減ってしまいました。日々のお散歩では積極的に歩くこともあれば、ぼや~っとしてることもあり、あまり調子は良くないのかなといった感じ。
s-P1030890.jpg
これは25日のお散歩のときのアルの足跡・・・というか擦り跡です。右足だけじゃなく左足もすっちゃってます。

6/27(木)
さぁ、待ちに待った健笑館5回目です。アル、散歩のときは嫌がる胴輪を積極的につけて車へと急ぎます。健笑館(岡山県倉敷市)は我が家から車で15分ほどの場所なので本当に助かります。

右足がうまく動いてないのはもちろん左もいまいちみたい・・・。でも先生に指摘されたのはヘルニアでもなくDMでもなくメンタル面でした。精神的にとても不安定なんですって。足の力が抜けてぐにゃぐにゃだったんですが足は動かないのではなく、精神的にやる気がない、足を動かす気がない様子。

s-P1030894.jpg
先生にストレスポイントを押さえてもらい若干変顔になるアル。ストレスがたまると脳みその揺らぎにも影響が出てそれが身体の不調にもつながります。このあと全身の筋肉が緩み、顔もトロントロンに。これは先生じゃなくても撫でてあげるだけで効果ありですって。よし、禿げるくらい撫でてあげよう!

s-P1030897.jpg
左半身上の状態から今度は右半身を上に。先生は本当に誘導がうまい。

s-P1030898.jpg s-P1030899.jpg
今日は右足の内側にもだいぶ手を入れてらっしゃる様子。右足の内側に筋肉のコリコリとした塊があるんだそうです。人間でもよくわきの下なんかにできるらしく、もちろんアル姉にも・・・。というかわきの下に限らず全身にできるものなんですよね。これを素人が力任せに指先でグリグリやっちゃうのは間違いなので気をつけましょう。このコリコリをどんどん小さくしていくことによって不調や痛みは消えて行くのだそうです。これはアル姉も経験があるのでわかります。

左足に比べ右足は筋肉の反応が悪く押し返す力なども弱いのですが、それでも今日は右足の脈がふれるようになってきたと言われなんだか嬉しかったです。ただ、足の内側もほぐしたのでしばらくは力が抜けた状態になるとのこと。また14kgの軟体生物をつれて帰るのか~、アル姉ぎっくりいっちゃわないように気をつけなきゃ。

それにしても今回は本当に大反省です。ちょっとバタバタしてたからって不安定な梅雨の時期にアルを放ったらかしにしたのは問題がありましたね。意識的にではなくとも、少し調子が悪いとみんなが優しくしてくれるという経験が無意識のうちにアルを動かしているのかもしれません。メンタル面での疲労が目立っているということで今週の課題はメンタルケア。この状態が続くと足が動かなくて寝たきりモードになってしまうとのこと、そうなると甦らせるのも大変になるそうなので・・・でも今晩と明日は法事なの、ごめんね。

帰宅後、車から降りるなりお散歩モード。少し歩いてさぁ家に入ろうと思ったら「また車に乗る!」と激しく主張。健笑館に行きたいようです(苦笑)。今日は帰るときも帰りたがらなかったの。帰ってもみんなが相手にしてくれないのをわかっているからでしょうかね。法事の途中でも様子見に帰ってくるし終わったらいっぱい遊ぼうね!

そうそう、お散歩モードでは歩くのですが足を洗うときは再び軟体生物になります。やる気スイッチは散歩のときしか入らないようです。
以上、出かけなきゃならなくてやっつけになっちゃいましたが5回目の治療報告でした。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

15:12  |  DM治療日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'06.23 (Sun)

出雲大社参拝の旅 一日目:三瓶山西の原

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

こんばんは、アル姉です。先日の大雨の被害・影響などはありませんでしたか?こちらは恵みの雨となり高梁川水系の貯水率も84%まで回復してほっとしているところです。レポが前後してしまいますが6/8、9に行ってきた出雲大社参拝の旅の前半をご紹介。と、その前に今回のルートなどはこちら。1日目が三瓶山、2日目に出雲という感じで3年前とは逆回りになりました。

2013/6/8(土)~6/9(日)
総走行距離:580km 
燃費:10.7km/l
目的地:三瓶山・出雲大社
車中泊地:6/8 道の駅大社ご縁広場(島根県出雲市)

izumo.jpg

6/8(土)

自宅を出てナビに最初にセットしたのは島根県にある三瓶山。途中高速道路を利用しても片道4時間もかかってしまいました。一般道が多いと仕方がないのですが中国山地侮れません。到着したのがお昼ぐらいで陽射はかなり強くなっていました。

三瓶山 西の原
s-DSC09306.jpg s-DSC09302.jpg
ドーンと大きなお尻のアル先生。
4時間も車に揺られてやっと歩けるのに、アルママとアル姉が遅くてプンプンです。

s-DSC09307.jpg
西の原コースという男三瓶山(1,126m)への登山道入り口。標高差660m。

s-DSC09313.jpg
登れるはずもないのだけどアル先生がどんどん行ってしまうので困りました。

s-DSC09315.jpg
えー、行かないの?
行かないよ~。西の原のこの草原でまったりするつもりで来たんだから。
とは言え、暑い

s-DSC09298.jpg s-DSC09326.jpg
西の原は男三瓶山と子三瓶山の間の谷を頂点に、なだらかなスロープを描いて広がる扇状地で放牧なども行われています。標高はおよそ450m。風は気持ちがいいのですが日陰もない草原では直射日光が痛いくらいです。アル先生もちょっとハァハァと息が荒くなってました。

s-DSC09317.jpg s-DSC09322.jpg
西の原コースの基点にある定めの松。慶長6年(1601)頃に植えた松で、一里塚の基準として定めた松とのことです(一説には旅人や里人が雪道の道標として植えたとも)。

s-DSC09324.jpg
定めの松のそばで大きな松ぼっくりを見つけたのでのせてみました。帽子みたい?

s-DSC09330.jpg
アルパパにもイタズラされてました。

s-DSC09342.jpg
あまりに暑かったのでアルキング号へ避難。これは笑っているんじゃなくてたぶん苦しくてハァハァ言ってるとこですな(苦笑)。ここで長時間まったりんぐはできそうにないので早々に森のある北の原に移動することになりました。北の原は次回。
ちょっとバタバタしててやっつけ感たっぷりのレポでごめんなさいねー。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:34  |  中国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT