2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013'03.07 (Thu)

珍鳥・ノハラツグミ

担当:アルパパ

珍鳥・ノハラツグミ

3/3、日曜日、アル先生を連れて、倉敷市のお隣、総社市の国分寺周辺を、恒例のごとく散歩していました。

すると、国分寺前の草の生えた空地の周辺道路に、超望遠の砲列。
珍しい鳥でも! 聞けば、ノハラツグミだとか。
よく見ると、確かに、30mほど先の草地を、多くのカメラマンを気にすることもなく、悠然と歩く鳥影を発見。

こちらは、望遠鏡も双眼鏡も望遠のカメラもなく、必死で瞳を凝らす。

遠目の感じでは、姿はツグミ、頭とお尻はヒヨドリ。


【ノハラツグミ】
北部ヨーロッパからシベリア中西部、バイカル湖付近で繁殖し、冬期はヨーロッパ中南部、トルコからイラン方面に渡り越冬する。ロシア西部からドイツ北部では、留鳥として生息する。日本ではまれな迷鳥である。1960年に長野県で観察されたのが唯一の記録とされてきたが、その後北海道、埼玉県、神奈川県で数回記録されている。Wikipediaより

ノハラツグミ
947-1262622673pniL.jpg
Michael Drummond氏から

ツグミ 
300.jpg
フリー素材無料写真 森の父さん花鳥風穴から

ヒヨドリ 
hiyodori6245.jpg
フリー素材無料写真 森の父さん花鳥風穴から


やがて春を迎え、彼(彼女?:雌雄同色なので不明)は、たった一羽で、北へ飛び立っていく。朝鮮半島を北上し、満州、モンゴル平原を横切り、バイカル湖を飛び越え、目指すはシベリア中部。

人間は愚かしくも、地球の上に見えない線を引いて、いがみ合い争いを繰り返すが、彼にとって、地球村はただ一つ。どこまでも、心のままに飛んでいくだけ。

鳥を見ていると、イカロスならずとも、自由に空を飛べる翼が欲しいと思う。
僕らも、肉体にはムリでも、心に翼を持って自在に飛翔しよう。


初見の鳥は、久方振り。早速、ライフリストに追加。
うららかな春を感じさせる一日でした。


にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

20:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'03.05 (Tue)

道の駅 びわ湖大橋米プラザ

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉 
琵琶湖周遊旅行で利用した道の駅の紹介です。

道の駅 びわ湖大橋米プラザ

【住所】滋賀県大津市今堅田3丁目1-1琵琶湖大橋西詰め
【路線】国道477号
【電話】077-572-0504
http://www.umino-eki.jp/biwakoohashi/

琵琶湖大橋(レインボーロード)のふもと、湖西にある道の駅。

利用日:2013/2/9(土)

大きな地図で見る

【施設】
・駐車場
  普通車 : 135台
  大型車 : 19台
  身体障害者用 : 4台
・トイレ
  男:大 ?器、小 31器
  女:22器
  身障者用:3器
・公衆電話
・情報コーナー(9:00 - 17:00)
・展示施設「米プラザ:レークサイドファーム」

・レストラン
・滋賀県特産品直売所「おいしやうれしや」
・物産館(売店)
   4月~9月 : 9:00-19:00
   10月、11月 、3月: 9:00-18:00
   12月~2月 : 9:00-17:00

DSC08669.jpg DSC08653.jpg

駐車場
DSC08678.jpg
本館前の第1駐車場と、トイレからは少し遠くなりますが第2駐車場が在ります。我々は第1に停めたのですが、フラットな場所を探すのはなかなか困難で、通路から奥に向かって下り傾斜しています。

トイレ
女性用トイレの場合、24時間使えるトイレは和3・洋1で、洗面台は2つでした。清潔感は○。

騒音
琵琶湖大橋レインボーロードのふもとですが、橋を走る車の騒音は気になりません。ただ、これはタイミングの問題かもしれませんが、我々が利用した日は夜中でも改造車に乗った若者の出入りが激しく、排気音やエンジン音、話し声、ドアの開閉音などなど、何度も何度も目が覚めました。耳栓必須ですねぇ。第2駐車場ならこんなことはなかったのかもしれないですけどね。

入浴施設
雄琴温泉などもありますが、お値段がアレなのでおすすめはこちら。
やまとの湯 大津店(道の駅からの距離約14km)
滋賀県大津市柳が崎2-5
077-521-8426
営業時間
 朝10:00~深夜1:00(入館は24:00まで)
 年中無休
料金
 大人 平日 650円 土日祝 700円
 小人 平日 350円 土日祝 400円
 幼児 平日 150円 土日祝 150円
シャンプー・ボディソープの備え付け◎ ドライヤー◎
近々閉店するという噂も聞いていますので、ここ以外だと近場で1,000円以下で入浴できる温泉てどこになるのかしら?

犬の散歩
DSC08658.jpg
芝生の広場もありますしお散歩はさせやすいかと思います。

DSC08655.jpg
琵琶湖のほとりをのんびりと。

その他
道の駅には彫刻オブジェが8つあるそうです。
DSC08661.jpg
淀井 敏夫 作「夏の海」

DSC08671.jpg
清水 九兵衛 作「緋甲III」

あと気になったのがこちらの富士宮神社。
DSC08664.jpg DSC08666.jpg
琵琶湖大橋交通安全守護の神社だそうです。
ご祭神は、富士宮とくれば、勿論、木花咲耶姫様です。

DSC08654_20130303224230.jpg
琵琶湖大橋。安眠できるかどうかは運次第ですが早朝のこの景色を見る為に泊まるのも悪くはないかなと思います。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:21  |  道の駅 近畿  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'03.01 (Fri)

琵琶湖周遊 第二日目 その6

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

2/10(日)

さて、彦根城が長引きすぎてしまいましたが2/10(日)の午後からのレポになります。
s-s3-WS000191.jpg
午後からは長浜城を見て、あとは琵琶湖の北をぐるっと回る湖岸ドライブです。

長浜城
DSC08878.jpg
姉川の戦い後、羽柴秀吉は浅井長政攻めの功によって織田信長から浅井氏の旧領湖北12万石を拝領します。秀吉は北国街道と中山道の分岐点を押さえる要衝の地である今浜を、信長の名から一字拝領し長浜に改名し、新たに城を築きました。その後1615年には廃城となり、多くの資材が彦根城の築城に当てられましたが、長浜城自体も築城には小谷城の資材を流用したと言われていますね。

DSC08886.jpg
現在の天守は鉄筋コンクリート製の模擬天守で内部は歴史博物館になっています。入ってきてもいいよと言われたんですけど、模擬天守には興味がまるでなくてですね、彦根城のときとの温度差に我ながらびっくりです

DSC08887.jpg
長浜城は本丸跡を中心に作られた豊公園内にあり、ソメイヨシノを中心に約700本の桜が植えられていて「日本さくら名所100選」にも選ばれています。春には桜の海に浮かぶ模擬天守を見ることができるそう。

DSC08889.jpg DSC08890.jpg
ここには30メートルに渡って30数個の巨石の列が確認されたのだそうです。長浜城は、実際の遺構は本当に少ないので、こういうものがここにありましたよ、ここから出ましたよ、的な石碑が多いですね。太閤井戸というのも有名ですが、湖内に沈んでしまって石碑が立っているだけなので見に行きませんでした。アル先生も興味なさそうだしね~。

DSC08880.jpg
だって、こんな顔でほにゃ~っとしてるんですもん。

DSC08900.jpg
公園に住み着いているらしき猫さんたちは暖かい日差しの中元気に遊んでいます。

DSC08903.jpg
癒されるね~

DSC08882.jpg
ぼくも混ぜてもらえる?
無理だと思います。

DSC08885.jpg
長浜城・豊公園は結局ちょっとした日向ぼっこだけで終わってしまいました。アル先生少しは息抜きになりましたか?

湖北
さて、このあと白鳥が見られるという水鳥公園、琵琶湖水鳥・湿地センターへ向かうつもりだったのですが、実際の白鳥の飛来地とセンターがあまりにも遠かったので走るキャンピングカーの車窓からコハクチョウ4羽を見るだけで終わってしまいました。飛来地周辺には車を停めれるような場所はなく、立派なカメラ&レンズを構えた人たちは公園やセンターの駐車場から歩いてきてたんでしょうね。

DSC08907.jpg DSC08906.jpg
今日はずっと湖岸に沿って湖周道路を走っていたのですが、北上して行くにつれて雪が増えていきます。やがて琵琶湖の北へ。さすがに真北の湖岸沿いの県道は積雪のため交通規制がされていたので国道を利用しました。

15時。道の駅マキノ追坂峠でちょっとだけ休憩。
DSC08910.jpg DSC08911.jpg
追坂峠から琵琶湖を望む。近くにスキー場でもあるのかスキー帰りっぽい家族連れもちらほら。琵琶湖の最北は既に通り過ぎてしまってますが、何だか感動。思えば子供の頃から幾度となく来てる琵琶湖なのに湖北に来たのはこれが初めてなのです。でも・・・なんか、何にもないイメージでした、ごめんなさい(苦笑)

マキノ追坂峠を下りてまた湖周道路へ。湖周道路はいいですね、走ってて気持ちがいいです。でも北のほうは凍結防止剤があちこち撒かれているためアルパパがなんだか憂鬱顔。お掃除頑張ってください・・・。近江高島付近で湖周道路は終わってしまい、西近江路(国道161号)と合流しました。

湖西
片側2車線で爽快!と思っていたら途中で1車線になるらしく、気付けば車の流れがノロノロに。そんな時見つけた湖畔に浮かぶ鳥居。
DSC08915.jpg

DSC08919.jpg DSC08921.jpg
白髭神社。全国にある白鬚神社の総本社。近江国最古の神社とされる。沖島を背景として琵琶湖畔に鳥居が浮かび、「近江の厳島」とも称される。御祭神は猿田彦命。由緒ある神社だったのですね。

このあと志賀から湖西道路に乗り、そのまま京都東ICから高速道路で帰路へ!とスムーズに行けばよかったんですが、湖西道路でどっぷり工事渋滞にはまり京都東ICを通過できたのはなんと17時前。あとはもうひたすら帰るだけなので省略。自宅に着いたのは22時過ぎでした。最初から運転する気が全然なかったアル姉、全行程700km以上をアルパパ一人で完走。お疲れ様でしたっ。

今回の旅行はいつもと違った(※)琵琶湖を堪能できましたし、現存天守の彦根城にも行けてアル姉は大満足です。アル先生をあまり遊ばせてあげられなかったのが心残りですが、最近はあまりたくさん遊ばせると翌日辛そうにすることも増えてきました。10~14歳と言われるコーギーの寿命。アル先生は今年で11歳になります。10歳を過ぎてからは足腰の筋力の衰えも目立ってきました。アル先生の体のことを第一に考えてこれからの旅行を計画していかなければいけませんね。

※2010年の11月にも近江八幡や多賀大社などに来ています。
秋の旅行【三日目:近江八幡】
秋の旅行【四日目:多賀大社】

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

20:15  |  近畿  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |