2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013'03.07 (Thu)

珍鳥・ノハラツグミ

担当:アルパパ

珍鳥・ノハラツグミ

3/3、日曜日、アル先生を連れて、倉敷市のお隣、総社市の国分寺周辺を、恒例のごとく散歩していました。

すると、国分寺前の草の生えた空地の周辺道路に、超望遠の砲列。
珍しい鳥でも! 聞けば、ノハラツグミだとか。
よく見ると、確かに、30mほど先の草地を、多くのカメラマンを気にすることもなく、悠然と歩く鳥影を発見。

こちらは、望遠鏡も双眼鏡も望遠のカメラもなく、必死で瞳を凝らす。

遠目の感じでは、姿はツグミ、頭とお尻はヒヨドリ。


【ノハラツグミ】
北部ヨーロッパからシベリア中西部、バイカル湖付近で繁殖し、冬期はヨーロッパ中南部、トルコからイラン方面に渡り越冬する。ロシア西部からドイツ北部では、留鳥として生息する。日本ではまれな迷鳥である。1960年に長野県で観察されたのが唯一の記録とされてきたが、その後北海道、埼玉県、神奈川県で数回記録されている。Wikipediaより

ノハラツグミ
947-1262622673pniL.jpg
Michael Drummond氏から

ツグミ 
300.jpg
フリー素材無料写真 森の父さん花鳥風穴から

ヒヨドリ 
hiyodori6245.jpg
フリー素材無料写真 森の父さん花鳥風穴から


やがて春を迎え、彼(彼女?:雌雄同色なので不明)は、たった一羽で、北へ飛び立っていく。朝鮮半島を北上し、満州、モンゴル平原を横切り、バイカル湖を飛び越え、目指すはシベリア中部。

人間は愚かしくも、地球の上に見えない線を引いて、いがみ合い争いを繰り返すが、彼にとって、地球村はただ一つ。どこまでも、心のままに飛んでいくだけ。

鳥を見ていると、イカロスならずとも、自由に空を飛べる翼が欲しいと思う。
僕らも、肉体にはムリでも、心に翼を持って自在に飛翔しよう。


初見の鳥は、久方振り。早速、ライフリストに追加。
うららかな春を感じさせる一日でした。


にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

20:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT