2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012'08.30 (Thu)

道の駅 蒜山高原

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:【大山鏡ヶ成7月キャンプ その2

夏風邪に撃沈されてしまいアップロードが遅くなってしまいました。これ以上たつと自分でも忘れてしまいそうなので今更ですが7月キャンプのときの道の駅情報です。

道の駅 蒜山高原

【住所】岡山県真庭市蒜山富山根694-129
【路線】岡山県道422号蒜山高原線
【電話】0867-66-7005 、冬季は0867-66-7018(ホテル蒜山ヒルズ)へ
http://www.hiruzen-hills.co.jp/michinoeki.html

s-DSC05748.jpg s-DSC05755.jpg

利用日 7/27(金)

大きな地図で見る

【施設】
・駐車場
  普通車 : 58台
  大型車 : 3台
  身体障害者用 : 1台
・トイレ
  男 : 大 3器、小 5器
  女 : 5器
  身体障害者用 : 1器
・公衆電話:3台
・郵便ポスト(郵便事業新見支店)
・宿泊施設「ホテル蒜山ヒルズ」
  レストラン「銀杏」(11:30 - 14:00)
  喫茶店「グリーンヒルズ」(8:00 - 20:00)
・売店(9:00 - 17:00)
・蒜山山菜茶屋(9:00 - 17:00)
・公園
・サイクリングセンター

駐車場
hiruzenmap.jpg
道の駅と併設するホテルの前にある第一駐車場、そして山菜茶屋前の第二駐車場があり、第一のほうはホテルのお客さんが多く利用するので混んでいます。また車の出入りも多い。

s-DSC05752_20120830093349.jpg s-DSC05753.jpg
第一駐車場に停めましたがけっこう傾斜しています。

s-DSC05762.jpg
こちらが第二駐車場。第一に比べればフラットに見えました。市道を挟んでいますがトイレまでの距離も遠くはありません。

トイレ
この道の駅は冬季(12月~3月)には閉鎖されてしまいますがトイレは年間を通して24時間利用できるようになっています。清掃も行き届いていて綺麗です。出入り口が自動ドアになっているせいか虫は少なめ。

騒音
ホテルのお客さんの出入りが少しありますが21時をすぎると静かになります。駅舎の前、第一駐車場側には小さな池があり、夏場は夜遅くまでカエルが元気に鳴いています。より静かな場所を求めるなら第二駐車場がいいかもしれません。

入浴施設
併設されているホテル「蒜山ヒルズ」のお風呂は宿泊者の利用のみとなっていて一時利用はできません。休暇村か快湯館を利用しましょう。
hiruzenmap2.jpg
道の駅からの位置関係はこんな感じ。車でだいたい15分前後かかります。

蒜山やつか温泉 快湯館
0867-66-2155(蒜山高原スポーツ公園)
http://www.asutopia.com/kaiyukan_top.html
営業時間
 4月~10月 / 10:00~22:00(受付終了21:15)
 12月~3月 / 10:00~21:00(受付終了20:30)
 休館日:毎週月曜日(祝・祭日の場合は翌日)
料金
 740円、小学生420円

大浴場、ジャグジー、サウナ、露天風呂のあるラドン温泉。シャンプーや石鹸が備え付けられているとは言え料金が高いのがネック。11枚つづりで¥4,200のクーポンも販売されていますがよく行くならともかく微妙ですね。道の駅などを覗いてみてください。以前見かけたときは740円→530円になる割引券を置いてありました。ドライヤー○。

休暇村蒜山高原 高原の湯

0867-66-2501
http://www.qkamura.or.jp/hiruzen/hotspa/
営業時間
 11:00~18:00(毎週火曜日は15:00~18:00)
料金
 大人500円・小人(4歳以上)300円

大浴場、サウナ。休暇村内にある大浴場に日帰り入浴することができます。休暇村奥大山と同じですね。こちらの大浴場は東館の3Fにある展望風呂となっており蒜山三座のパノラマや牧場風景を眺めることができるのが売りです。シャンプーや石鹸は○。ドライヤーも○。

犬の散歩
s-DSC05761.jpg s-DSC05760_20120830151953.jpg
道の駅の向かい側に八束自然牧場公園がありますのでお散歩をするならここ。サイクリングロードを散歩させている方もいらっしゃいますが、早朝でもサイクリングする人はいるので注意してください。

その他
蒜山高原自転車道
hiruzenmap3.jpg
蒜山高原には蒜山をぐるりと周って遊べる、1周約30kmの自転車専用道路が整備されています。
道の駅をはじめとして、ウッドパオ・休暇村・蒜山高原サイクリングターミナル(快湯館)などで自転車のレンタルが可能です。自転車を借りる際にはマップも配られると思いますが、やや勾配が急な場所もあるので注意。休憩所はたくさんあるので疲れたらのんびり蒜山三座を眺めながら休息をとるといいですよ。

おすすめ車中泊地
私たち自身が車中泊したわけではないのですが以前からここは良さそうと思っているのがこのブログでは何度も登場している三木が原白樺の丘の駐車場です。レストハウス白樺の丘の横といった方がわかりやすいかな。お風呂紹介のマップでいうとだいたい休暇村の位置になります。
s-DSC05783.jpg
左手奥の大きな建物がレストハウス白樺の丘。手前の小さな建物はトイレ棟。夜間も施錠されないようです。

なんとこのトイレ夜間照明がないそうです。コメントで情報を教えてくださった倉敷の通りすがりさんに感謝。我が家の場合アルママなんかは夜間は一貫してアルキング号のトイレを使うのですが、私は道の駅のトイレを利用しています。照明がないなら懐中電灯かランタンを持っていけばいいじゃない、と簡単に済む話でもないんですよね。う~ん、これは痛い・・・。

s-DSC05787_20120830154510.jpg
休暇村にも近いのでお風呂も徒歩圏内だし犬の散歩をする場所もたくさんあります。実際に車中泊される方を目撃しておりますので、ひとりぼっち車中泊にならなければここもありかなと思います。ひとりぼっちは怖いよね・・・(苦笑)


にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:40  |  道の駅 中国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012'08.24 (Fri)

ある朝の備中国分寺

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。

夏の間、アルキング号の出番はとても少なくなります。大きな旅行に行くことは皆無だし、そうそうキャンプにも行けません。そんなアルキング号は月に何度か早朝にだけ稼動します。夏の間ずっと動かさないわけにもいきませんし、アル先生の散歩を兼ねて備中国分寺や笠岡湾干拓地へ早朝にお出かけするのです。日の出前であればアル先生でも涼しくお散歩できますからね。

s-DSC05992.jpg
というわけでこれはある朝の備中国分寺の写真です。

s-DSC05981.jpg
午前5:30頃の様子。あたりはまだ薄暗く、気温も上がっていないのでお散歩にはもってこいです。

s-DSC05989.jpg
午前5:40。日曜日の早朝というのは、備中国分寺周辺にはカメラを携えた人がたくさん出没するそうです。ベストスポットと思われる場所にはずらりとカメラマンの姿が・・・。アルパパはその集団には入らずちょこっとはなれた場所から撮影したそうです。

s-DSC06001.jpg
午前5:45。

国分寺は国分尼寺とともに鎮護国家を祈るため、天平十三年(741)に聖武天皇の勅願によって 建てられた官寺で、備中国分寺は岡山県総社市にある吉備路を代表する史跡です。南北朝時代に焼けて、一時廃寺になっており、現在の国分寺は江戸時代中期に再建されたもの。

s-DSC06009.jpg
午前5:48。ついに朝陽が・・・。五重塔が美しいですね。この五重塔は備中国分寺のシンボルとなっていますがもともと奈良時代に建てられた際は七重塔だったそうです。先にも書いたとおり南北朝時代に焼失してしまったのです、残念。

s-DSC06010.jpg
午前5:51。日が昇りきると暑くなってくるのでアル先生は早々に退散でございます。

国分寺周辺には全国4位の規模の前方後円墳である造山古墳、そして県下で2番目の規模の作山古墳、こうもり塚古墳など古代ロマン溢れる古墳がたくさんあります。古墳が大好き!なんて人はあまりいない気もしますが、たまにはゆるーい時間の流れに浸ってみるのもいいですよ。菜の花、梅、桃、桜、蓮華、水田、ひまわり、黄金の稲穂、コスモス・・・四季折々の国分寺を長年見てきましたが本当に素敵な場所なので、近くに住んでいるけどまだ行ったことがないなーなんて方がいたらもったいないと思います。吉備路史跡めぐりレンタサイクルもありますので春や秋など季節のいいときにでも是非いらしてくださいませ。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル : 写真

21:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2012'08.20 (Mon)

アルキング号にも青棒

暑さ寒さも彼岸まで、なんて言葉はもう通用しないのでしょうか。皆様いかがお過ごしでしょう。本当に毎日暑いですね。ところで、キャンピングカーオーナーの皆様はやっぱりキャンピングカー雑誌を購入なさってますか?
キャンプカーマガジン(芸文社)
オートキャンパー(八重洲出版)
アル姉はこの二冊をよく買うのですが、キャンピングカー雑誌はあまりアルパパに見せない方がいいのかなーと思うできごとがありました。

ある晩届いた大きな箱。
s-DSC05969.jpg
コレ、な~んだ

s-DSC05973.jpg
お、この形を見ればアル姉でもさすがにわかるっ。スタビだよね、スタビっ。スタビってなんぞや、という方はあまりいらっしゃらないと思いますが、スタビライザーは左右のサスペンションを連結してロールを抑える働きをするパーツ。

この青いスタビはL.T.キャンパーズさんから出ているカムロード専用強化スタビライザー、通称青棒です。カムロードオーナーさんならご存知の方も多いはず。このブログに来てくださる方で既に装着済の方もいらっしゃいますよね。

取り付けはいつものチェリッシュさん。毎度持ち込みで色々やってもらってすみませんです。
s-DSC06020.jpg
装着後のインプレッションなどはまた後日になります。どこかに遠出してみないと・・・でも暑いなぁ。

そうそう、アルパパにキャンピングカー雑誌は危険だと思ったのはこれだけではありません。ブレーキパッドも欲しそうにしてました。来月から雑誌は見せない方がいいですかね でも他の方のブログなんかにも触発されちゃうし意味はないかしら。ちなみにこのスタビ、本体価格は¥39,800。安くはないと思うのですが効果から見ると高くはないという意見も。んー、でもやっぱり高いお買い物ですよね

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

20:42  |  キャンカー快適化  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT