2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012'06.28 (Thu)

ACN大鬼谷オートキャンプ場

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
前回の記事大鬼谷6月キャンプで泊まったキャンプ場の紹介です。

大鬼谷オートキャンプ場 利用日:2012/06/09
s-DSC05294.jpg
所在地:広島県庄原市高野町南257
電話番号:0824-86-2323
サイト:オート115区画(ノーマル72区画、AC電源付17区画、水道・流し台付9区画、AC電源・水道・流し台付17区画)
期間:通年、13:00~翌12:00(宿泊施設は15:00~翌11:00)、デイキャンプ10:00~16:00
http://www.ogidani.co.jp/index.html

【サイト使用料】  ( )内は休前日・シーズン期間
オートサイト 
 サイトのみ72区画:3,700円(4,200円)
 AC電源付17区画:4,700円(5,200円)
 水道・流し台付9区画:4,300円(4,800円)
 AC電源・水道・流し台付17区画:5,300円(5,800円)
※1区画の定員は車1台、テント1張り、5名まで。1名増ごとに320円追加(7名まで)。車またはテントの追加は1,000円追加。

デイキャンプ
 1人:320円
 車1台:500円

ログハウス(6棟)・ログバンガロー(4棟)・ツリーハウス(1棟)・貸別荘(4棟)については公式サイトをご覧ください。

【施設】
管理棟、露天風呂、売店、サニタリー棟、温水シャワー(200円/4分)、ランドリー、炊事棟、トイレ、自動販売機、夜間照明、子供の遊具、ダンプステーション、MTBコース、テニスコート、ツリーアドベンチャーほか


広島県庄原市、中国山地の標高570mに位置するオートキャンプ場です。年末年始に雪中の年越しキャンプが可能なことでも有名。林間サイト・しらかばサイト・芝生サイトなど3種類のサイトがあり、電源・水道・流し台などの条件によりどこに割り振られるか変わってくる様子。

場内マップ(クリックして拡大してご覧ください)
WS000148_20120627194258.jpg
センターハウスを中心にAサイトエリア、Bサイトエリアと分けられており、私たちが行ったときはBサイトエリアは使われていまんでした。予約時に「電源・流し台付をお願いします」と言ったところ、「流し台が必要ですか?混んでないので炊事棟のそばの電源サイトではいかがでしょうか」とのお返事。なんでかなーと思っていたのですがこの図を見て納得。流し台付サイトはBサイトエリアにしかありません。私たちがどうしても電源・流し台付がいいというとBサイトエリアにあるシャワートイレ棟などを開けなくてはならなくなるから管理が大変になっちゃうのですね。利用家族が少ないときはAサイトエリアしか使わないようです。

s-DSC05289.jpg s-DSC05247.jpg
センターハウス。受付・各種レンタル・売店・露天風呂もここ。このキャンプ場は露天風呂付で、料金は大人300円・子供200円。日帰り、たとえばデイキャンプでの利用だと少し高くなります。営業時間は土・日・祝日の10時~17時30分(変動あり、シーズン中は平日も営業)。シャンプー・ボディソープ・ドライヤーなどは備え付けられていてタオルさえあれば入れる感じ。露天風呂は本当に気持ちがいいのですが洗い場も吹きっさらし状態なので正直寒いです。少なくともこの日は風が吹くたびに寒くて、アルママや他のお客さんたちと悲鳴をあげました(笑) でも200円/4分のシャワーよりは身体も温まるし、何よりゆったりとリラックスできるのでおすすめです

さて、場内の案内です。
s-DSC05292.jpg
まずはAサイトから。センターハウス前を通る舗装道路の両端がAサイトエリアになっています。向かって右が林間サイト、左が芝生サイト。

芝生サイト(Aエリア)
s-DSC05293_20120628124241.jpg s-DSC05254.jpg
電源あり(6区画)と電源なしの2タイプがあります。我が家が割り当てられたのは芝生エリアの端っこの方。ログバンガローエリアのすぐお隣でした。炊事棟の近くということでこの配置になったようです。芝生サイトに我々以外の利用者がいなかったため、ご覧のとおりすっかり子供たちの遊び場に。芝生サイトというものの芝生はだいぶはげていて砂地むき出し状態。ペグは深めに打ち込まねばならないし、車内に砂が上がりやすく苦労しました。キャンピングカーの出入り口とタープの向きを考えるとなかなか位置取りが難しかったです。

林間サイト(Aエリア)
s-DSC05238.jpg s-DSC05242.jpg
こちらも電源あり(7区画)と電源なしの2タイプ。デイキャンプを含め利用者の大半がこの林間サイトに集中していました。緑の木立と小川、やっぱり林間の方がロケーションはいいですね。

しらかばサイト。
s-DSC05235.jpg
電源付は4区画のみ。この日は利用者はゼロでした、おそらくBサイトと同じく大人の事情でこちらへの割り当てはなかったのだと思います。

ツリーハウス。
s-DSC05249.jpg
場内に唯一のツリーハウス。手前に見切れているのはログバンガロー(4人用)。ログバンガローは4人用2棟、5人用2棟あるのですが見事に全部埋まっていました。芝生サイトの写真を見ていただけるとわかると思いますが、ほとんどの方がテントを設営されています。ログバンガローはかなり手狭な感じがしたので納得です。

ログハウス。
s-DSC05234.jpg
6棟あるうちのひとつ。これはなかなかしっかりとしたつくりになっていますね。詳しくはこちら

トイレ棟や炊事棟の写真を撮るのをすっかり忘れていました・・・。炊事棟には給湯器があり、お手洗いには便座暖房がありました。これは冬季も営業するからなのでしょうね。もちろん今の時期でも使えます。生ゴミは炊事棟に専用のゴミ箱があり、その他のゴミは分別してセンターハウス横のそれぞれの収集ボックスへ。

さてお次はBサイトエリア。おそらくAサイトエリアよりあとに整備されたのでしょうね。設備面や区画の広さから言って申し分のない作りになっています。

林間サイト(Bエリア)
s-DSC05269.jpg s-DSC05275.jpg
電源・水道・流し台付17区画、水道流し台付9区画。キャンピングカーならやはりこちらを使いたいなという広さ。

s-DSC05264.jpg
林間サイトにあるシャワー・トイレ棟。ランドリーもあります。林間サイトにはすべて水道流し台がついていますから炊事棟はありません。施錠されて中へは入れませんでしたがAサイトのトイレ棟とは雲泥の差・・・。

芝生サイト(Bエリア)
s-DSC05266.jpg
電源も水道・流し台もありませんがこの開放感。難があるとすればセンターハウスまでが一番遠いエリアということでしょうか。

s-DSC05265.jpg
芝生サイトのトイレ・炊事棟。もちろん給湯器つき。

遊びなど
MTBコース。
s-DSC05256.jpg s-DSC05287.jpg
マウンテンバイクはセンターハウスで1h300円。1日1,500円でレンタルできます。アル先生が嬉しそうにコースを走っていました。リードを離すわけにいかないので一緒に走ってるアルパパが大変そうでした(苦笑)

小川遊び
s-DSC05240.jpg
場内を流れる小川には浅瀬がたくさんあるので、子供が遊ぶにはもってこいだと思います。夏休みや休日にはヤマメのつかみどりが行われるそうです。16:00から約30分、料金300円/1匹。

ツリーアドベンチャー
s-DSC05283.jpg s-DSC05284.jpg
s-DSC05258.jpg
詳しくはこちらをご覧ください。地上8メートル、木の上に作られた18種類のエレメントをクリアしていくというもの。一周約40分ほどかかるそうですが90分間遊び放題。キャンプ場で宿泊する場合お値段が一般より少し安くなっていて大人2,300円、子供1,500円。さらに家族割引もあるそうなのでお子様の思い出作りに是非。なお、身長115㎝以上であること、小学生以下のお子様は保護者が同伴することが条件のようです。ちょっとやってみたかったけど、命綱をつけてやるほどちゃんとしたモノなのできっとアル姉の身体ではもたない(笑)

他にも沢登りや渓流釣り、テニスコートなど大人も子どもも楽しめそうなコンテンツが盛りだくさん。冬季キャンプもちょっと憧れちゃいますよね~。また来たいな~と思えるキャンプ場です。そして次は是非ともBサイトエリアを使ってみたいななんて思いました。次回は帰りに寄った備北丘陵公園の紹介になります。ではでは

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : わんことおでかけ♪ - ジャンル : ペット

21:00  |  オートキャンプ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.24 (Sun)

大鬼谷6月キャンプ

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。

s-DSC05293.jpg
今年の中国地方の梅雨入りは6月8日。梅雨入り直後の土日に広島県にあるACN大鬼谷オートキャンプ場にキャンプに行ってまいりました。暑さに弱いアル先生なので標高が高めのキャンプ場でなくてはなりません。昨年はもみのき森林公園に2回行きましたが、もみのきはちょっと遠いのよね。というわけで今回は初の大鬼谷。さて、キャンプ場の紹介はまた改めて致しますのでざっとプチ旅行記を。

6/9(土)
s-DSC05170.jpg s-DSC05171.jpg
本当は金曜日にキャンプをと思っていたのですがお天気がいまいちだったので一日ずれました。これは9日の午前中に途中の中国道の帝釈峡PAで撮った写真。空模様はこんな感じ。大鬼谷のある広島県庄原市は降水確率が20%だか30%だか、微妙な予報でした。それほど遠くないので今回はけっこう下道も使っちゃいましたよ。

oogidani.jpg
たいした距離ではないので地図はいらない気がしますが一応お約束。行きは新見IC~庄原IC間、帰りは庄原IC~東城IC間のみ中国道を利用でしました。

チェックイン時間が13時と聞いていたのですが、それより前に到着しても問題ありませんでした。
s-DSC05250.jpg
とりあえずタープ設置。電源付でなるべく炊事場に近い場所を予約したところ芝生サイトになりました。芝生サイトのほかに林間サイトやしらかばサイトもあります。

さてさて、キャンプ場の周辺を散策しましょうか。
s-DSC05174.jpg s-DSC05176.jpg
キャンプ場内を流れる小川。チェックインのときにいただいた地図によるとこの上流に雌滝雄滝という二つの滝があるらしい。他に行くあてがあるわけでもないしその滝に行ってみることにしました。キャンプ場から約1kmほど林道(舗装)を歩くとそれらしい看板がありました。

s-DSC05181.jpg
滝まで降りる道はなかなかのものです。す、すべるぅっ

こちらが雌滝。
s-DSC05182.jpg
看板によると落差は15mほど。昔この滝から「謄視正衣冠尊」の6文字が書かれた鏡が見つかり、鶴岡八幡神社の社宝とされているそうです。鶴岡八幡神社っていうとあの鎌倉のですかね?ていうか、さすがにそれはないかー。広島県神石高原町にも同じ名前の神社があるのでたぶんそっちかな。

s-DSC05185.jpg
なかなかの笑顔で写真に写ってくれたアル先生。

s-DSC05183.jpg
でもホントは水のそばで不安MAXなんですよー。

s-DSC05197.jpg
雌滝を上から。

さらに上流に300メートルほど歩くと滝の水音が聞こえてきました。
s-DSC05203.jpg
降りていく道はやっぱりこんな感じなわけで、アル先生と同じ速度で降りたらアル姉転んじゃうよっ。ひっぱらないでぇ

雄滝。
s-DSC05204.jpg
看板によると落差は21m。滝壺には龍が棲んでいるといわれているそうです。

s-DSC05207.jpg
お水は怖くないのよと教えてあげてもやっぱり怖いんだねぇ。腰が引けまくりじゃないですか。

s-DSC05218.jpg s-DSC05217.jpg
マイナスイオンたっぷり。ていうか湿度たっぷり~しかもねー、寒いんですよ。ここの標高600メートルくらいだったかなぁ。

s-DSC05222.jpg
帰り道、カニさんを発見です。

s-DSC05228.jpg
どこどこ?
んー、アル先生気付かなかったか。

s-DSC05230.jpg s-DSC05232.jpg
ピンクの花はウツギ。白いのはヨメナでしょうか。

s-DSC05246.jpg
一輪いただいてアル先生の頭にのせてみたり。

このあとキャンプ場の中をお散歩して、ゆっくり温泉に入ったあと(なんとキャンプ場に露天風呂があるのです)、晩ご飯とお酒を堪能。随分と酔っ払っちゃって片付けが大変そうなアルママでした 

翌日はお昼までキャンプ場でゆっくりまったりの予定だったんですが、せっかくここまで来たのに帰るだけはもったいないかなーと、備北丘陵公園に行くことにしました。それにね~、キャンプ場が思った以上に寒かったからアル姉は早く山を降りたかったのよ(笑) とりあえず次回はキャンプ場紹介、そのあと備北丘陵公園のレポになります。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : わんことおでかけ♪ - ジャンル : ペット

19:53  |  オートキャンプ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.21 (Thu)

5月下旬の笠岡湾干拓地ポピー畑

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。

梅雨ですねー。
これだけ雨が降っているとアル先生がぐーたら寝てばっかりで遊んでくれません。
そのくせ食欲は衰えを知らないので恐ろしいほどお腹がプヨプヨしてました・・・・。

さてさて、これから紹介するのは5月下旬に笠岡湾干拓地のポピー畑に行ったときの写真です。
もう既に見頃も終わって刈り取られてしまってポピー畑は跡形もないのですがせっかくなのでお付き合いください。
s-DSC05151_20120621133751.jpg
笠岡湾干拓地のポピー畑は道の駅笠岡ベイファームのすぐお隣。

※笠岡ベイファームは昨年の夏に開駅した国道2号線初の道の駅で国道2号笠岡バイパス沿いにあります。駐車場は普通車:31台、大型車:11台、身障者用:1台と規模は小さめ。ただ、大きな砂利の臨時駐車場があるので実際はもっと停められます。レストランのバイキングが人気で土日のお昼時は大行列です。
公式ホームページはこちら。まめにブログ更新もされています。

5/27(日)
s-DSC05124.jpg
う、あっちゅぃ・・・。この日最高気温は29度前後だったようで、アル先生は車を降りたときからちょっとバテ気味。

s-DSC05130.jpg s-DSC05131.jpg
私たちが行った前の週にポピーフェスティバルが開かれていたそうです。

s-DSC05132.jpg s-DSC05140.jpg
ポピー畑の真ん中には展望台が作られていてなかなかの混み具合。

s-s-DSC05133.jpg
アル先生を人ごみに連れて行くのは迷惑かなーと、私たちはポピー畑の外周を回ることにしました。しかしまぁ、アル先生はまったくお花に興味はないわけで・・・。

この写真何だと思います?
s-s-DSC05145.jpg
アルパパの行く所ならどこへでもついて行きたいアル先生。しかしついていったものの戻れなくなったので、アルパパが運搬中でございます。

s-s-DSC05146.jpg s-s-DSC05147.jpg
よっこいしょ。なんだかおまぬけな格好だな~。お腹丸見えだよ~(笑)

s-s-DSC05148_20120621135726.jpg
せっかくなので記念撮影。おーい、アル先生こっちむいてー。

s-s-DSC05149_20120621135902.jpg
あらら、アル先生の目線まで降りるとやっぱりお花はほとんど見えないのね。

s-DSC05157.jpg
仕方ないな、アル先生は抱っこして撮影じゃ。ちゅーしてやれ。
んぎゃ、ねーちゃんやめてっ

s-s-DSC05152.jpg s-DSC05141.jpg
6月の初旬には見頃を過ぎてしまうので「ご自由にお持ち帰りください」という看板が立ちます。摘み取り自由なんですよー。紹介がすっかり遅くなってしまったので申し訳ないですが今年行かなかった方は来年是非足を運んでみてください。笠岡湾干拓地は春の菜の花、夏のひまわり、秋のコスモスなんかも有名です。

s-s-DSC05160.jpg
ポピーとアルキング号。なかなか絵になるじゃんっ

ポピー畑を堪能してお次は笠岡ふれあい空港へ。
ここは我が家ではお馴染みのアル姉とアルパパ大好きスポット。
昨年も今年も行けなかったけれど過去に2010年春のラジコンフライトショーの記事をあげています。

お、ラッキーかも。JET Power飛行会ぽい。ラジコンジェット機のお店JET SETさんのサイトはこちら
s-DSC05161.jpg
ジェットエンジンは音も匂いも半端ないですよー。

s-DSC05163.jpg
詳しくないので間違ってたらごめんなさいなんですが、たぶんBAeホーク。カラーリングからしてレッドアローズ(イギリス空軍のアクロバットチーム)なのかな。

s-DSC05164.jpg
F22ラプター。きゃーきゃー、双発ジェットですよ迫力すごいです。

一枚目の写真にあるF-16が飛ばないかなーと思ってずっと待ってたんですがなかなか飛ばず、アルママも退屈そうにし始めたので帰ることにしました。ポピー畑を見学してた時にそれらしいのが飛んでいたのでタイミングを逃したようです。それにしても肝心の戦闘機が飛んでる写真が一枚もないってどういうことなの暑いからって車から降りないからダメなのよいや、うん・・・私もだけどさ。 7月の頭にまたJET POWERがあるようなので見に行こうかなと企んでみたりしているアル姉なのでした。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : わんことおでかけ♪ - ジャンル : ペット

20:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT