2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011'05.31 (Tue)

萩・津和野旅行【Part4萩番外】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:萩・津和野旅行 【Part1萩城跡】 【Part2自転車で萩観光・前編】 【Part3自転車で萩観光・後編
道の駅 【萩往還


5/20(金)
萩観光を終えてまだお昼過ぎだったのでアル先生を少し散歩させる場所を探し、萩市の北東部に笠山という活火山(最新の噴火は三千年前)があるというので行ってみました。
DSC06466s-.jpg
萩市北東にあり日本海に突き出た陸繋島の笠山。一万年から三千年前の火山活動でできた小さな火山で、標高は112m。火山の定義に諸説ありますが世界一の小火山と言われています。

山頂付近まで車で行くことができ、立派な展望台がありました。笠山の先端部分にあたる虎ヶ崎灯台周辺には10haの広さに約2万5千本のヤブツバキが群生しているそうです。遊歩道が整備されているので山頂駐車場からでもいけるみたい。

交代で見てこようねって話だったのに、またもやアル先生が暴走。でも今度はアルパパにだっこだっこ!っておねだりしたらしくこの通り
DSC06474s-.jpg

しかも景色も見たがるのでアルパパ大変です。
DSC06479s-.jpg

展望台からの眺望は抜群です。
DSC06487s-.jpg DSC06484s-.jpg
左写真:菊ヶ浜と指月山が見えます。
右写真:大島をはじめとする大小さまざまな島が見えました。

重いのでアル先生を降ろしたところ
DSC06482s-.jpg
ちょーへっぴり腰に・・・。アルパパも意地悪してそんな台ののせなきゃいいのに

DSC06490s-.jpg
もう一回抱っこしてもらって記念撮影。うーん、イイ顔になった

DSC06498s-.jpg DSC06500s-.jpg
こちらは笠山の火口。階段があって降りられます。

お次は笠山のふもとにある明神池へ。
DSC06509s-.jpg
ここは笠山と本土の間の溶解岩と砂州によりできた海跡湖で国指定の天然記念物となっています。池の水は溶岩塊の隙間を通して外海とつながっており、外海の干満に応じて池の水も増減するそうですよ。

DSC06502s-.jpg
そして明神池全体はこの厳島神社の境内に位置しています。貞享3年(1686)萩藩2代藩主毛利綱広が、毛利元就が信仰していた安芸の厳島明神を勧請して分祀したもの。

明神池の水は海水なので池のお魚さんはもちろん海水魚。
DSC06501s-.jpg P1020024.jpg
右の写真、ちょっと見えにくいかと思いますがふぐさんです。他は見つけられなかった。この池でお魚にエサをやっているとトンビが群がってエサをかっさらっていくという話をあとになって友達から聞きました。やってみればよかった(笑)

池の奥の方には風穴があるそうですが、今回はパス。なんせこのあたり駐車場らしい駐車場がなかったので(涙)
この日の観光はこれで終了。それから北浦街道を東へ。宿泊予定候補だった道の駅ゆとりパークたまがわに到着。

道の駅ゆとりパークたまがわ
P1020030s-.jpg P1020028s-.jpg
住所:萩市大字下田万2849-1
電話:08387-2-1150
路線:国道191号
http://www5.ocn.ne.jp/~eki-tama/

施設
・駐車場
   普通車:191台
   大型車:10台
   身障者用:1台
・トイレ
   男:大 5器、小 11器
   女:8器
   小児用:1器
   身障者用:1器
・公衆電話:2台、公衆ファックス
・レストラン
   「味番地」 「ゆとり茶屋」 「六角亭」
・売店
・休憩所
・公園(子ども広場)
・体験施設
・情報コーナー

併設はされていないけれど温泉が近くにあるというのでここでの車中泊を考えていたのですが、田万川温泉(入浴料大人400円小人200円)があるのは田万川キャンプ場の西。1kmないくらいの距離だったんですが、どうにも面倒だなぁ。まだ時間も早かったのでトイレ休憩だけして翌日の車中泊予定地である津和野温泉なごみの里まで行ってしまうことにしました。温泉までの距離なんてたいしたことないじゃん!と思う方には、駐車場も大きいですし車中泊向きの道の駅かもしれないですね。

おまけ
P1020031s-.jpg
建物の中になぜか白くまくんがいた!

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:32  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.29 (Sun)

萩・津和野旅行【Part3自転車で萩観光・後編】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:萩・津和野旅行 【Part1萩城跡】 【Part2自転車で萩観光・前編
道の駅 【萩往還


5/20(金)
WS000081_20110525210618.jpg

さて、松蔭神社から引き返し、とある交差点で信号待ちをしていると唐樋札場跡に復元された「高札場」が目に留まりました。
D.札場跡
DSC06415s-.jpg DSC06416s-.jpg
説明によると

唐樋札場跡は藩政時代、萩往還や赤間関街道、石州街道など周防・長門両国の主要道路の起点に位置し、往来の多いその場所に幕府や藩のお触れを書き記した高札を掲げた。また、磔(はりつけ)や獄門の刑に相当する罪人の見せしめも行った。明治時代に廃止。


とありました・・・。萩往還の起点ていうのは知っていましたが、磔獄門て・・・おっかねぇ。昨年2月から萩市が発掘調査を行い、唐樋札場の遺構と判明し、咋年4月に復元されたのだそうです。つい最近なんですね。

続いて目指すは木戸孝允の旧宅。お昼くらいになって人通りも増えてきたので、御成道(商店街)は避けて別の道からアプローチしていくと
DSC06418s-.jpg
無事江戸屋横丁にぶつかりました。木戸孝允の旧宅はこの江戸屋横丁にあります。細い道なのにタクシーやら団体さんやらがいてプチ混雑。

E.木戸孝允旧宅
DSC06417s-.jpg DSC06419s-.jpg
入館料 100円。維新の三傑の一人、木戸孝允(桂小五郎)の旧宅です。木戸孝允はこの家で20歳まで過ごし、剣術修行のため江戸へと旅立ちました。入館しようかどうか迷っている時に団体さん御一行が到着したので入館は断念。父親は藩医だったらしく、この御宅は珍しい2階建て。そして来客用の玄関のほかに患者用の玄関も別にあるのだとか。

桂小五郎(すみません、なんかアル姉的にはこっちのほうがしっくりくるので)は高杉晋作や伊藤博文などのように松下村塾の門下生ではなく、吉田松陰が教授をしていた藩校明倫館で兵学を教えた学生の中の一人に過ぎないのだそうです。この二人は師弟関係というより同士であったと考えるべきなのかな?

この江戸町横町には他にも有名な方の旧宅が残ってまして
DSC06422s-.jpg
こちらは蘭学医の青木周弼(あおき しゅうすけ)宅。高杉晋作が幼少期に天然痘にかかった折、周弼の治療により一命をとりとめたというエピソードがあります。こちらも入館料は100円。母屋が来客用と家人用の座敷に分けられているのは全国から門下生が集まったからなのだそうです。

青木周弼の旧宅からさらに江戸屋横丁を南に少し進むと、
門の前に鳥居のあるお寺があります。

円政寺
DSC06424s-.jpg
入館料 大人200円 中・高生150円 小学生50円。
「両公幼年勉学之所」とありますが、伊藤博文は11歳のころからこのお寺で勉学に励み、また近所に住む高杉晋作もまたこのお寺で遊び、そして学んでいたのです。

次は・・・前編で素通りした菊屋横町に向かいます
DSC06436s-.jpg
菊屋横町。南から。北の入り口から見たほうがなまこ壁が美しいとされているのですが、”白壁の町倉敷”市民のアル姉にとってなまこ壁(白壁)はそれほど目新しいものではありません・・・(苦笑)
この横町にあるのが

F.高杉晋作誕生地

DSC06431s-.jpg DSC06434s-.jpg
入館料大人100円。長州藩士の中でも絶大的な人気の高杉晋作。日本初の民兵組織・奇兵隊の創設し、幕末期長州藩を倒幕の方向へと決定付けた志士です。明倫館で学び、また松下村塾の門下生でもあり久坂玄瑞と共に「松下村塾の双璧」と呼ばれていました。右の写真の碑に東行先生誕生之地碑とありますが、この東行先生というのはもちろん高杉晋作のことです。

DSC06433s-.jpg P1020014s-.jpg
生家はのちに改築されたので、 もとの広さよりも狭くなっているようです。庭には産湯に使ったとされる井戸や自作の句碑があります。屋内に入ることはできません。写真、書などが展示されているのを外から見られるようになっているだけでした。写真・・・うーん、大河ドラマ龍馬伝の高杉晋作役の方はえっらい男前でしたよね、伊勢谷くんだっけ。面長なとこは似てるかな、うん(笑) 

DSC06427s-.jpg
これは昨年完成した高杉晋作広場の像。生家のちょっと南にあります。高杉晋作のゆかりの地って下関に意外と多くて萩には少ないんですよね。ところで高杉晋作って何度脱藩したんでしたっけ・・・。

さて、ここもけっこう人が多かったので早々と引き上げ、土塀と夏みかんの風景で有名な鍵曲を目指して自転車を走らせます。

その途中にの微妙な雰囲気の荒地に
DSC06437s-.jpg
こんな石がポツンと立ってました。ここは旧明倫館跡なのだそうです。幕末に堀内から江向(現明倫小学校の敷地)に移転されてしまってそちらにばかりスポットが当たっているけれど、11歳の吉田松陰が13代藩主・毛利慶親の御前で『武教全書』戦法篇を講義をしたのはこの地なのです。なんだか寂れすぎてさみしいなー。

G.堀内鍵曲
DSC06438s-.jpg DSC06443s-.jpg
さらに進むとやっとお目当ての鍵曲。この堀内地区は伝統的建造物群保存地区。そして萩といえばやっぱりこの口羽家住宅そばの堀内鍵曲。鍵曲というのは道の左右を高い土塀で囲み、更にその道を直角に曲げて迷路のようににしたもので、城下に進入した敵を迷わせ追い詰めるための道路です。城下町ならではの工夫ですね。

P1020018s-.jpg
土塀と夏みかんが実に絵にります。

念願の鍵曲を通って満足したので後は帰るのみ。
DSC06450s-.jpg
倉敷でもそうなのですがメインストリートよりちょっと奥にはいった何もないような道の方が何だか趣があるんですよね。

さて、萩城跡入口の橋まで戻ってきました。
DSC06452s-.jpg DSC06453s-.jpg
萩八景の遊覧船がここから出ています。大人1200円、小人600円。

お店に戻ってレンタサイクルを返しお昼ご飯を、と思ったのですが、萩城跡の入場券が旧厚狭毛利家萩屋敷長屋の入場券を兼ねているのを思い出したので行ってみることに。ちょうどこのあとお昼ご飯を食べるお土産やさんの真向かいにありました。近い~

H.旧厚狭毛利家萩屋敷長屋
DSC06455s-.jpg DSC06463s-.jpg
厚狭毛利家の武家屋敷長屋。厚狭毛利家は毛利元就の5男元秋を始祖とする毛利氏一門で厚狭に領地を持っていたことから厚狭毛利と呼ばれています。この長屋、本当に長くて、現存する萩の武家屋敷の中では最も大きいそうです。

アル先生のことが気になったので駆け足で2時間強の萩観光となりました。アル先生が若くてタフなら城下町周辺くらい一緒に散策できたんだけどねぇ。萩観光を終えて次は日本海沿岸を通って津和野を目指します。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:11  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.27 (Fri)

萩・津和野旅行【Part2自転車で萩観光・前編】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:萩・津和野旅行 【Part1萩城跡
道の駅 【萩往還

5/20(金)
萩城跡の観光後、駐車場の隣のお土産屋さんで自転車を借りました。1時間200円です。
P1020019s-.jpg

ここでふと不安が過ぎる・・・アルママって自転車乗れるの
20年くらい自転車には乗っていないと言ってましたが
P1020010s-.jpg
さすが母車の運転免許を持たない身で2人も子育てしただけあって、身体に染み付いているようです。後ろに子供、前カゴには重い買い物袋をのせてびゅんびゅん走ってましたもんね(笑)

さて、自転車で回ったのはこんなコース
WS000081_20110525210618.jpg
萩城跡からまっすぐ西に向かい、菊屋家住宅を経て松下村塾・松蔭神社へ。そこから引き返して木戸孝允旧宅や高杉晋作誕生地など名所に寄りながらの約8kmです。

DSC06388s-.jpg DSC06389s-.jpg
気持ちのいい道路です。この道路は大きい方ですね。もう一本中に入ると御成道という武家屋敷らしいたたずまいの細い道があったりするのですが、自転車なので徒歩の方の邪魔になっても困りますから我慢。

DSC06392s-.jpg
萩といえば夏みかん。土塀石塀の向うに夏みかんが見えました。

B.菊屋家住宅前
DSC06394s-.jpg
外堀を過ぎたところで御成道(現田町商店街)に合流。この住宅の脇の道路が菊屋横丁。高杉晋作の誕生地がありますが、とりあえずそのまま真っ直ぐ西に向かっちゃいます。

自転車だと本当に楽ちんであっという間に松蔭神社に到着。

c.松下村塾(松蔭神社内)
DSC06399s-.jpg DSC06402s-.jpg
幕末に長州藩士吉田松陰が講義した私塾。松陰の叔父である玉木文之進が天保13年(1842年)に設立したのが始まりだそうです。著名な門下生には久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、入江九一、伊藤博文、山県有朋などがいます。アル姉は木戸孝允(桂小五郎)や井上馨も松下村塾の門下生だと思いこんでましたが違いました・・・。幕末の日本を動かした人物たちがこんな小さな講堂で一同に学んでいたのかと思うと何だかすごいですね。

P1020011s-.jpg
社会科見学でしょうか。小学生が一生懸命レポートを書いていました。

こちらも同神社内にあります、吉田松陰幽囚ノ旧宅
DSC06405s-.jpg DSC06407s-.jpg
木造瓦葺き平屋建て、家自体は立派ですが松陰が幽囚されていたのは東側の3畳半一室のみ。なぜ松蔭は幽囚させられたのか。吉田松陰は下田でアメリカ軍艦による海外渡航を試みます。しかし失敗して牢に捕えられ、萩に送られて野山獄に入れられました。安政2年には出牢しますが自宅で幽囚の身となり、読書のかたわら家族や弟子に書を講じ、それがやがて松下村塾での教育に発展したのだそうです。

松蔭神社
DSC06409s-.jpg
言わずもがな、吉田松陰を祭神とする神社。隣には末社である松門神社があり、門下生が祀られています。

さて・・・松蔭神社に来たら是非これを食べてみてねと山口の友達に言われたので
P1020012s-.jpg
買ってみました、松蔭だんご思ったよりもデカイ・・・
甘めの味噌ダレで美味しいです。でも食べ切れなかったので手伝ってもらいました。

おなかいっぱいになったところで(アル姉だけですが)引き返して萩城下町の名所に寄ることにします。松蔭神社の近くにも様々な名所がありますが・・・アル先生を何時間もお留守番させたくないのですよねぇ。ちっちゃいわんこならカゴにのせられるのに、残念。

自転車で萩観光・後編につづく。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

17:52  |  中国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT